2010年04月29日

沖縄基地移転の問題

昨日昼食をしたオリックスの服部さんはこの3月に退職されたが、時間が出来たので、私のこのブログを書かさず読んでいると言っていた。最近は新聞の記事からな ので、読みやすいと言っていたが、その通りで、テーマの選択がずいぶん楽になった。

その分、翻訳する時間が出来たともいえる。今までは探す時間が大変だったが、いまは、ニュースそのものがメールで送られてくるので、そこから選んでいる。ただ、たまりすぎてしまっているのも問題だ。このブログは日本人が国際会議に出席した時に一緒に参加できるための内容を書いている。

日本人はこうした会議では意見がいえない。言おうとする中身がないからで、そうした意見は日本の報道から手に入れることが出来ない。日本の政府がだめだというぐらいでは欧米人の話には参加できない。最初の2、3分で後は壁のシミだ。

そうならないためのブログだ。本題に入る前に、相手にされなくなってしまっているのが現状で、日本人がアフガニスタンになぜ派兵しないのか。そう言ったことをきちんと説明できなければ、いつまでたっても欧米人の仲間にははいれない。日本の唯一の味方であったアメリカですら最近はぎくしゃくして来た。これは相当まずい。アメリカが相手にしてくれなくなったら、言った世界のどこの国が相手にしてくれるのだろうか。

以下の文章を読めばわかるように、アメリカ人も日本のかなりの内容について理解している。そうしたことをわきまえて、我々も彼等との話に参加しなければならない。どうせ知らないだろうと言うのは全くの間違いで、日本の報道機関の情報以上に議論されている。逆日本人の方が考えていない。

以下は日本で話題騒然のワシントンポストの4月14日の記事の後の記事だ。混迷の普天間基地をアメリカ人の目で見ている。例の「愚かな総理」の記事の引用もある。その全文だ。この記事もインターネットでもあちこちで取り上げられているが、改めて読んでみよう。今日もちょっと長い。



日本は沖縄基地移転の問題で、アメリカとの論争を解決しようとしている。

Japan moves to settle dispute with U.S. over Okinawa base relocation


Residents protested Sunday on Tokunoshima against a plan that was     reportedly under consideration by the Japanese government to relocate     the Futenma air station on Okinawa to their island.
住民が日曜日に計画に反対して、徳之島で、抗議集会を開いた。噂によれば、沖縄の普天間空軍基地からこの島に日本政府は移転を検討していると言うことであっ た。

Residents protested Sunday on Tokunoshima against a plan that was reportedly under consideration by the Japanese government to relocate the Futenma air station on Okinawa to their island. (Takaki Yajima/associated Press)

By John Pomfret
Washington Post Staff Writer
Saturday, April 24, 2010

日本政府は金曜日に、二つの同盟国の数ヶ月の不和を緩和することが出来る措置として沖縄の米国海兵隊基地の移転計画を大まかに承認したと言うことを日米の当局者は語った。外務大臣岡田克也はアメリカ大使John V.Roosに議論を治める提案を提出し、日本は2006年の取り決めの重要な部分を承認する方向で動いていて、普天間空軍基地を9万2千の人口の都市の中心から沖縄の人口の少ないところに移動するが、敏感な問題なので、場所は匿名にしたいと語った。

The Japanese government indicated Friday that it would broadly accept a plan to relocate a U.S. Marine Corps base on Okinawa, a move that could ease months of discord between the two allies, U.S. and Japanese officials said.
Foreign Minister Katsuya Okada presented U.S. Ambassador John V. Roos with a proposal to settle the dispute, telling him that Japan was moving toward accepting significant parts of a 2006 deal to move the Futenma air station from the center of a city of 92,000 to a less populated part of Okinawa, the sources said, speaking on the condition of anonymity because of the sensitivity of the issue.


しかしながら、岡田はいくつかの変更を示唆し、新し い空軍基地の滑走路の設計を変更し、辺野古の町のために計画したものだが、海兵隊の施設の一部を沖縄から100マイル離れた島に移動するとその筋が語った。アメリカの当局者は提案はうれしいが、これは最初のステップであり、日本の当局者は来週に、より詳細なものを提供するように強く主張した。

Okada, however, suggested some changes, including altering the design of the runway at the new air station, planned for the town of Henoko, and moving parts of the Marine Corps facility to an island about 100 miles from Okinawa, the sources said. U.S. officials said they were pleased by the proposal but stressed that it was a first step and that Japanese officials would be providing more details next week.

新しい日本の政府が昨年9月の歴史的な選挙の後で政権を取って以来、双方は緊張と不信感と困惑した関係であったが、東京でのアメリカ大使館での会合は最初の重要な良いニュースであった。ーー反対政党が政権を取ったのは1950年代以来わずかに2度目であった。

The meeting at the U.S. Embassy in Tokyo marked the first significant good news in a relationship that has been marked by strain, mistrust and befuddlement on both sides ever since a new Japanese government took charge in September after a historic election -- only the second time since the 1950s that an opposition party has taken power.

首相鳩山由紀夫の党である民主党はアメリカとより対等の関係を要求する綱領の宣言をして政権を取った。この点を自国内で進めるためには鳩山は260億ドルの基地の再配置計画を凍結し、海兵隊がその飛行基地を沖縄の外に、そしてむしろ完全に日本の外に移動することを提案した。

Prime Minister Yukio Hatoyama's party, the Democratic Party of Japan, came to power on a platform calling for a more equal relationship with the United States. To drive that point home, Hatoyama froze the $26 billion base relocation plan and suggested that the Marines move their airfield off Okinawa and even out of Japan altogether.

日本とアメリカの同盟関係はアジアに於けるアメリカの政策の中核であり、何十年にもわたって、この地域の安全保障の基礎であった。この同盟関係が動揺しているので、この懸念がこの地域にまたがって広が り、韓国からオーストラリアの当局はアメリカの安全保障の役割の将来について不安を表明して来てる。

The U.S. alliance with Japan is the centerpiece of American policy in Asia and has been a foundation of security in the region for decades. As the alliance has wavered, concern has spread across the region, with officials from South Korea to Australia expressing worries about the future of the U.S. security role.

この金曜日の会議は核安全保障サミットで首相がワシントンを訪問をしていた4月12日にオバマ大統領と鳩山との間で、短く率直な2人だけの会議のあとに行った。この10分の出会いの間に、オバマは鳩山にこの二ヶ国は「時間がなくなって」しまったと語り、彼を信頼することができるのかどうか聞いた。

日本の当局者はオバマの声の強さにびっくりして、2人のリーダーの間で取り交わされた言葉の記述の記録を作成しなかったとその筋は語った。

The meeting Friday followed a brief and blunt tete-a-tete between President Obama and Hatoyama on April 12 during the prime minister's visit to Washington for the Nuclear Security Summit. During the 10-minute encounter, Obama told Hatoyama that the two countries were "running out of time" and asked him whether he could be trusted. Japanese officials were so taken aback by the toughness of Obama's tone that they did not draw up a written record of the words exchanged between the two leaders, sources said.

「大統領は状況の重大さと我々が前に進む必要性を強調した。」と
日本 との話し合いに今まで参加して来ているアメリカの当局者は言った。アメリカの当局者たちはこの週にワシントンに訪問している間、鳩山の秘書官である佐野忠克にたしても同様の扱いをした。

"The president underscored the seriousness of the situation and the need for us to move forward," said a U.S. official who has been involved in the talks with Japan. U.S. officials gave similar treatment to Hatoyama's executive assistant, Tadakatsu Sano, during his visit to Washington this week.

Mike Hammerは国家安全保障審議会のためのスポークスマンであるがオバマと鳩山は「この関係の重要性を完全に合意し、同盟問題に協力することをコミットした。」と言った。

Mike Hammer, a spokesman for the National Security Council, said Obama and Hatoyama "agreed fully on the importance of the relationship and committed to cooperate on alliance issues."

 また日本にその態度を変えさせるような出来事があった。4月中旬に中国海軍の軍艦は日本の付近の
公海上で彼等の最大の演習の一つを行った。中国は日本に演習のことを知らせなかった。そして、作戦行動の中で、中国軍のヘリコプターが日本の駆逐艦に飛んで来たので、日本は外交上での抗議を行った。

Other events might also have pushed Tokyo to modify its tune.
In mid-April, warships from China's navy conducted one of their largest open-water exercises near Japan. China did not inform Japan of the exercise, and during one of the maneuvers a Chinese military helicopter buzzed a Japanese destroyer, prompting a diplomatic protest from Japan.

基地計画は一つには中国の拡大する軍隊に対決するために立てられていて、より合理的に、日本にいるアメリカ軍を配備し、北京の成長する海軍に釣り合いを取って、グアムを増強して来ている。計画では7000人の海兵隊は日本からグアムに移動するだろう。

The base plan was worked out in part to confront China's expanding military by deploying U.S. forces in Japan more rationally and building up Guam as a counterweight to Beijing's growing navy. Under the plan, 7,000 Marines would move from Japan to Guam.

鳩山はまた、日本内部から圧力を受けて来ている。ワシントンポストのコラムニストのAl Kamenは4月14日のコラムで、サミットの「敗者」と考えてたので、日本ではメディアの嵐を引き起こした。水曜日に、鳩山はこの記事の酷評に同意したかのように見えて、議会で多くの議員を驚かせた。

Hatoyama also has faced pressure from inside Japan. When Washington Post columnist Al Kamen deemed Hatoyama the "loser" of the summit in a column on April 14, it caused a media storm in Japan. On Wednesday, Hatoyama surprised many in the Diet, Japan's parliament, by seeming to agree with the thrust of the piece.

「ワ シントンポストが言っているように、私は確かに、愚かな首相かもしれない。」と彼は言って、と言うのは普天間の問題を再開しようとして来たからだ。 「もし私が昨年の12月に,,,,決着を付けていても、私は物事がどれほど容易だったであろうとは言えない。しかし、我々は埋め立て作業が出来る状況ではなかった。」と彼は言った。その東海岸の埋め立て地への普天間の移転について沖縄では長期的な反対があったことに言及した。

''As The Washington Post says, I may certainly be a foolish prime minister," he said, because he had sought to reopen the Futenma issue. ''If I'd settled . . . last December, I can't say how much easier things would have been, but we weren't in a situation where we could work on reclamation work," he said, referring to long-standing opposition in Okinawa to Futenma's relocation to a landfill site on its east coast.

移転計画に反対した大きなデモが日曜日に沖縄で計画されている。12月に鳩山は日本は5月の終わりまでに普天間問題に対する代替案をアメリカ合衆国に出すと約束した。3月に日本政府はアメリカ当局が「アイデアであって提案ではない」といってはねつけたようなものをアメリカ政権に提案した。

一つは沖縄ではあるが、ホワイトビーチの海軍施設の近く大きな埋め立て地に新しい基地を作ることも入っていた。もう一つは要するに、海兵隊が沖縄の施設と北東に100マイル離れた徳之島に基地を分散させるものであった。これらのアイデアのいずれもが「作戦行動上持続可能なものではないし、政治的にも実行可能ではない。」と上級のペンタゴンの当局者は言った。

A large demonstration against the relocation plan is scheduled in Okinawa on Sunday.
In December, Hatoyama promised the United States that Japan would come up with alternatives to the Futenma issue by the end of May.
In March, the Japanese government presented the Obama administration with what the U.S. official dismissively referred to as "ideas, not proposals." One involved building the new station on a massive landfill near the White Beach Naval Facility, also on Okinawa. The other would have had the Marines basically split the air station between a facility on Okinawa and Tokunoshima, an island more than 100 miles to the northeast. None of the ideas was "operationally sustainable or politically viable," a senior Pentagon official said.

しかし、金曜日の会合の後で、アメリカの当局者は岡田の新しいパッケージを「提案書」と見なして、両国が解決に向けて行動していることに満足を表明した。日本はより明確なアメリカの雰囲気がこの計画の広範な承諾に向けて日本を後押ししてくれるものだと信じた。

But after Friday's meeting, U.S. officials characterized Okada's new package as a "proposal" and expressed satisfaction that both countries were now working toward a solution.
Japanese officials credited a clearer U.S. tone with helping to push Japan toward a broad acceptance of the plan.

新しい日本政府とのアメリカとの関係を支配していたよりソフトな雰囲気からより厳しい戦術に変わって来ている。国防長官のRobert M. Gatesのように幾人かの当局者は東京に対して、より強い姿勢をとって来ているが、国務長官のHillary Rodham Clintonのような人たちはよりソフトであった。Clintonは日本の当局者がアメリカ合衆国は移転協定の再交渉にオープンであると言うサインとして解釈していると発言している。

The tougher U.S. tactics mark a break from the softer tone that had dominated U.S. interactions with the new Japanese government. Although some officials, such as Defense Secretary Robert M. Gates, had taken a stronger line with Tokyo, others, such as Secretary of State Hillary Rodham Clinton, had been softer. Clinton made statements that Japanese officials interpreted as a sign that the United States was open to renegotiating the relocation deal.

この政府の幾人かが言っているのはアメリカ合衆国は日本の新しい政府にたいして敏感になるべきであり、この政治的な変化の歴史的な特徴を認識する必要がある ということである。しかし、他の人たちは鳩山の政府は友好的なアメリカのトーンを誤って解釈していると主張して来た。

「明らかに両サイドには間違ったシグナルと誤解があった。」とアメリカの当局者は言った。「しかし、まだ生きている患者の死体解剖をする必要は無い。物事はよりスムースになれば、事態は良くなって行く。

Some in the administration had argued that the United States needed to be sensitive to Japan's new government and recognize the historic nature of the political changes. But others contended that Hatoyama's government misinterpreted the friendly U.S. tone.
"There were clearly mis-signals and misunderstanding on both sides," the U.S. official said. "But it's not necessary to conduct an autopsy on a patient that's still alive. It would have been nice if things had been smoother."


この記事は数多くの人が取り上げているので、いろいろ探せばいろいろあるが、今ホットであることには間違いはない。原文が長いので、コメントは今日はしないが、ここに書いてある通りだ。

明日は久しぶりに中国のテーマを取り上げよう。温家宝が失脚した胡耀邦を賞賛しているのはなぜかと言った記事だ。中国らしい面白い記事だ。

http://www.economist.com/daily/news/displaystory.cfm?story_id=15949249

今日はここまで。




これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 07:16コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓