2011年02月27日

日本企業の海外買収

昨日はやっと大連研修が終了した。昨日の朝は新しい青空市場を見つけて,そこに行った。以前行っていた市場の数倍あって,ベルトとカッターナイフを買った。こうしたものは日本の5分の一の値段なので,安い。ここでは偽物が多く、薬も売っているが、汚いし、口に入れるものは危ない。私はこの青空市場では行くたびに必ず何かを買うようにしている。そこでの値段を知るためだ。値切ることも勉強だ。今回は2年ぶりの研修なので, 懐かしい人が殆どだ。レストランは参加人数が少なかったので,中華料理は殆ど企画しなかったが,それなりに楽しかった。次回は北朝鮮の平壌館に行こう。マブチモーターも出来れば訪問したい。戴さんが書記をしている丹東にも行きたいがここは一日がかりなので,大連研修では無理なようだ。これは5月のウォーキングラリーの時に行く事にしようと思う。来月の3月の大連研修でこの研修はひとまず終了だ。研修の参加者はご苦労様でした。

地図の説明

さて、今日は日本の記事で,Financial Timesの記事だ。今日の記事はたしかに、円高は追い風であるが、日本企業が幾つかの大型買収はあるが、全般的に小型が多く、海外展開は活発ではない。 それはM&Aに不慣れなこともあるが、日本企業自体が小粒が多いので、買収するための資金力が無いと言っている。私が日本のグローバリゼーションを提唱しているが、この部分は入っていない。入れなければ片手落ちだが、今まで専門でないので、言及していない。

Japanese companies struggle to do overseas deals
日本の企業は海外の取引に奮闘している。
By Lindsay Whipp in Tokyo
February 6 2011 19:58 | Last updated: February 6 2011 19:58

The mantra on the lips of many Japanese chief executives these days is “overseas expansion”. With a shrinking domestic market due to a rapidly deteriorating demographic profile, they are keen to find new opportunities abroad.

近頃の多くの日本の社長達の口から出てくるマントラは「海外展開」だ。急激に人口の動態が悪化しているので,国内市場が減少していて,彼らは海外に新たな機会を見いだそうと熱心になっている。

Noriyuki Inoue, chief executive of Daikin, voiced the increasingly common view last month when he told reporters that the air conditioner manufacturer wanted to make foreign “tie-ups, joint ventures and acquisitions an everyday practice”.

ダイキン工業の 社長井上礼之は先月、報道記者に語った所によると空調の製造業者は外国企業との「提携、合弁、買収が日常の業務」になろうとしていると言う事がますますの 一般的な見方だと言った。

Japanese companies should be well placed. Their improved spending power due to recovering profits after the financial crisis has been boosted by the strong yen, which is hovering close to a 15-year high. Meanwhile, many overseas companies that have not recovered from the crisis are still considered to be cheap.

日 本企業はいい位置にいるだろう。金融危機のあとで,利益が回復したので,彼等の改善した購買力は強い円によって押し上げられて来た。それは15年間で最も 高いところまで舞い上がった。一方で,この危機から回復してきていない多くの海外企業は依然として,安いと考えられる。

While the volume of outbound mergers and acquisition activity rose by a quarter last year, however, the total of $34.4bn was way below the $74.2bn record set in 2008, according to data from Dealogic. Why has there not been more activity? “Japanese outbound deals are just not there in the numbers you’d expect,” said Edward Cole, a lawyer at Freshfields Bruckhaus Deringer in Tokyo.

外 国との合併と買収活動の件数は昨年、第1四半期で上昇したが,Dealogicのデータによると,344億ドルの合計は208年に達成した742億ドルの 記録よりも遥かに少なかった。なぜもっと多くの活動がなかったのか?「日本の外国との取引はあなたが期待した数ほどない。」と東京の Freshfields Bruckhaus Deringerの弁護士であるEdward Coleが言った。

“There’s a lot of interest for the limited number of opportunities out there. Some companies lack recent M&A experience and thus tread too carefully ... and miss out on deals.”

「そこには限られた数の機会の対してたくさんの利害関係がある。幾つかの企業は最近のM&Aの経験が不足していて,そのため、あまりに慎重に進めている。...そ して取引のチャンスを逃している。」

In fact, Japan has historically punched below its weight in cross-border M&A. Last year, it accounted for just 3.4 per cent of deals. Its biggest share, in 2008, was only 6.6 per cent. In the 1980s, Japanese companies, buoyed by a booming domestic economy, snatched up assets around the world, generating fodder for countless books on how Japan would take over the world.

事 実,日本は国境を越えたM&Aで歴史的にその能力以下の仕事しかして来ていなかった。昨年は取引のたった3.4%しか占めていなかった。2008 年の、その最大のシェアはわずかに6.6%だった。1980年代には日本の企業は急に景気づいた国内経済によって元気づけられ,世界中の資産を手に入れ, 日本が世界をどのように乗っ取るだろうという数えきれない本の「ねた」 を作って来た。

M&ABut three decades later, the impetus for overseas purchases is the opposite due to a weak domestic economy. And the targets are no longer marquee buildings in Manhattan, but companies that can help compensate for a shrinking market back home.

しかし、30年が過ぎて,海外での購買の勢いは弱い国内経済のためにその反対となっている。そして、目標はマンハッタンの有名なビルではなく,母国の縮小する市場を補う事の出来る企業だ。

Analysts say one reason Japanese companies have not done more M&A is that they face growing competition for a smaller number of targets. Their competition spans from private equity firms which have recovered from the financial crisis to cash-rich foreign companies, including an increasing number from China.

ア ナリストが言うには日本企業がM&Aをあまり行ってこなかった一つの理由は数多くのより小さな目標となる企業の増大する競争に直面していたから だ。これらの競争は金融危機から回復してきた未公開の株式会社を投資する企業から資金力のある外国企業に及んでいて,中国からのますます増える企業が含め られる。

“Last year, the completion rate on deals that were being worked on was ... disappointing,” said Steven Thomas, managing director of M&A at UBS in Tokyo.

「昨年,取り組んで来た取引の完成率は....期待に反していて,」と東京のUBSのM&Aの社長であるSteven Thomasは言った。

Mr Thomas added that since the financial crisis there had been a lag translating overseas ambitions into deals, but that there has been a recent increase in activity. At the end of December, for example, Dai-ichi Life Insurance announced a plan to take over Tower Australia Group in a $1.2bn deal.

トーマス氏は金融危機が海外への野心を取引に変えて行く上でのためらいがあったが,活動が最近は増えて来ていると付け加えた。例えば,12月の終わりに,第一生命保険は12億ドルで,Tower Australia Groupを買収する計画を発表した。

Other big deals completed last year included Shiseido’s $1.7bn acquisition of Bare Escentuals of the US. Also, NTT group purchased Dimension Data of South Africa for $3.2bn, while Kirin acquired Singapore’s Fraser and Neave, the beverage company, for $1bn.

他 の大きな取引で、昨年終了したものに,資生堂によるアメリカのBare Escentualsの17億ドルの買収がある。NTTグループは南アフリカのDimension Dataを32億ドルで購入し,一方,キリンはシンガポールの飲料会社であるFraser and Neaveを10億ドルで買収した。

While there have been some large deals, however, the vast majority have been relatively small. According to data from Dealogic, the top 10 deals in 2010 accounted for more than half the total in value, with the remaining $16.4bn in transactions split between 474 mergers and acquisitions.

し かしながら、幾つかの大きな取引があったのだが,膨大な大多数は比較的に小さかった。Dealogicのデータによれば,2010年のトップ10位までの 取引は全体の取引金額の半分以上を占めていて,残りの164億ドルは474の合併ならびに買収の取引に分散されていた。

Kenji Fujita, head of M&A at Mitsubishi UFJ Morgan Stanley, says another problem for Japanese companies wanting to make overseas acquisitions is their size. He says Japan has too many companies in many sectors, which means that each one is unable to maintain a large enough market share, and thus profitability at home, to make the bold overseas acquisitions they need.

藤 田健司は三菱UFJモルガンスタンレーのM&Aの責任者だが,日本の企業が海外での買収をしようとするもう一つの問題は彼等の企業規模だ。彼が言 うには日本は多くの部門にあまりに多くの企業があり,それぞれが十分な大きさのマーケットシェアを維持し、そして、自国内で利益を上げることができず,彼 等が必要な挑戦的な海外での買収することができない。

Indeed, telecoms and healthcare companies – two of the most profitable domestic industries, according to Macquarie – have been more likely to do overseas deals than companies in the more crowded information technology and industrial companies.

実際に、テレコムと健康医療企業はー Macquarieによれば、この2つは最も利益率の高い産業だが,ー より混雑した情報技術の中の企業並びに(その日本の中の)産業の企業よりも海外で取引をした方がもっと適切だった。







これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 06:32コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓