2011年04月26日

中国の2つの顔の外交

昨日は大忙しで、最後は丹下さんのところのセミナーで終了した。間違えて、2時間半のセミナー資料を配賦してしまったので、早口で一時間で話をした。参加者はきっと半分ぐらいしか理解できなかったかもしれない。このブログを宣伝しておいたので、この紙面でお詫びしたい。是非5月の弊社のセミナーに参加してほしい。そうすればもう一度聞くことが出来る。セミナーは5月12日だ。今日も中国のことだ。久しぶりだ。では今日も始めよう。これはタイムからだ。


Tuesday, Jan. 18, 2011
Fierce and Friendly: China's Two Diplomatic Faces

激怒したり、そして、友好的であったり:中国の二つの外交の顔

With his carefully mussed hair, University of Southern California T-shirt and black blazer, Zhong Shi is the very model of laid-back West Coast cool. But while studying for a graduate degree in public relations at USC, the 23-year-old Chinese native got an offer he couldn't refuse: to serve as an anchor for CNC, a new 24-hour English news channel beamed worldwide by Xinhua, China's biggest news agency. "Now my friends in California say they've seen my programs, and I'm like, That's so awesome," says Zhong. "I'm back in China, but our message is going out to the world."

入念に無茶苦茶にした髪の毛をした南カリフォルニア大学のTシャツと黒のブレザーを着たZhong Shiはのんびりしたウェストコーストのかっこいいモデルそのものだ。しかし、南カリフォルニア大学の広報の学士の学位を勉強していて,23才の中国人のネイティブは彼が断る事の出来ない就職の申し出を受けた。:中国最大の通信社である中国国営新華社によって世界中に発信する24時間英語のニュースチャ ンネル「CNCワールド」のアンカーとして働くこと。 「現在、カリフォルニアの私の友人は彼等は私のプログラムを見て来たと言っている。 そして私はそれはすごくすばらしい事だとか言ったりして。」 とZhongは言う。「私は中国に戻る。しかし、私のメッセージは世界に出て行く。」

Though it has 15,000 Chinese employees and plans to open a newsroom in New York City's Times Square, Xinhua isn't just a media behemoth. Founded in 1931 as the Red China News Agency, it is also the propaganda arm of the Chinese government.

そこは15,000人の中国人の社員がいて,ニューヨーク市のタイムズスクウェアにニュース編集室を開こうとしているが、中国国営新華社はただのメディアの巨人ではない。1931年に赤い中国通信社として設立され,中国政府のプロパガンダの部門でもある。

Scurrying around CNC's makeshift newsroom squeezed in a former canteen, Zhong and his co-workers earnestly talk about objectivity and target audiences. But make no mistake: Xinhua is still the mouthpiece of the Chinese Communist Party, releasing reports praising China's top leaders while omitting nearly all criticism of the party. "Our ultimate goal is to be responsible for our nation and our people," says Wu Jincai, deputy editor in chief at Xinhua, adding, "a lot of foreigners have a stereotyped view of Chinese, and we would like to slowly correct these prejudices."

以前の社員食堂に押し込められたCNCワールドの当座のニュース編集室の周りを走り回っていて,Zhongと彼の同僚は真面目に客観性と目標の聴衆について語る。しかし、間違いなく:中国国営新華社はまだ、中国共産党の代弁者だ。中国の最高指導者を賞賛する報告書を出し, 一方で,党のほぼすべての批判を割愛する。「我々の究極の目標は我々の国家と我々の人々に責任を持つ事だ。」と中国国営新華社の副編集長であるWu Jincaiが言い,加えて,「多くの外国人は中国人に対して型にはまった見方をしていて,そして、我々はこれらの偏見を少しずつ訂正しようとしてい る。」

The dual nature of Zhong Shi — California hipster vs. cog in the Communist Party machine — mirrors the two faces of China in the world today. One side is suave and cosmopolitan. The other is assertive and even arrogant, demanding global respect while bridling at any international criticism with the petulance of a teenager.

Zhong Shiの二面性ー カリフォルニアのジャズファンに対して共産党マシンの中の歯車ー 今日、世界の中の中国の二つの顔を映している。一つの側面はもの柔らかで感じが良くそして国際的だ。もう一つは自分の意見をはっきり述べ,そして、横柄ですらあり,グローバルな配慮を要求する一方で,10代の気短な言動とともに、如何なる国際的な批判に対して怒る。

As President Hu Jintao has prepared for his state visit to the U.S. starting Tuesday, China's softer side has been on display. The U.S. is eager to tackle specific issues, like Beijing's recent crackdown on political dissidents and its unwillingness to allow its currency, the yuan, to appreciate, which would reduce China's yawning bilateral trade surplus with the U.S. But Beijing traditionally views such leadership summits as more symbolic than substantive. The goodwill surrounding Hu's visit may fade quickly, but the battle between the two sides of Chinese diplomacy shows no sign of abating.

胡錦濤主席が火曜日に始まるアメリカ訪問の準備をしている時に, 中国のよりソフトな側面が映し出された。アメリカは特定の課題に取り組みたがっていて、北京の政治の反体制派の人たちに対しての最近の取り締まりとかその 通貨である元を正当に評価さえようとしないことであり、それをすればアメリカとの中国の大きく開いた二国間貿易黒字を削減するだろう。胡錦濤の訪問を取り 囲んだ善意は急激に消えてしまうかもしれない。しかし、中国外交の二つの側面の間の戦いは衰える兆候はない。


A Different China
異なる中国


In 2004, Qin Yaqing, executive vice president of China Foreign Affairs University in Beijing, the breeding ground of future diplomats, gave a speech to China's Politburo. Qin was a bit nervous to be addressing such an elite group. It was the first time, he says, that anyone had used the term global governance in an official Chinese document. What would China's leaders think of someone daring to ask Beijing to involve itself more productively in international relations? "I finished my lecture, and there were no questions," recalls Qin. "I realized, what I thought might be controversial and quite new was something that [China's leaders] were ready to accept. It was a new era." 

2004年に北京の中国外交学院の副学長であるQin Yaqing、ここは将来の外交官の育成場所であるが,共産党政治局で講演をした。Qinはそのようなエリート集団に講演をするのは少しばかり神経質になった。彼が言うには、誰もが公式な中国文書の中で、グローバルガバナンスと言う言葉を使っていたのは初めてであった。中国の指導者達が国際関係の中で, より生産的に北京自身を参画させるためにだれに何を考えさせるのか?「私は私の講義を終えた。そして、質問はなかった。」とQinは思い起こす。「私は気づ いたが,私が思っていた事は議論のあるところかもしれない。そして、全く新しい事は中国の指導者が認めようとしている事だった。それは新しい時代だった。」

It always bears reminding just how far China has come diplomatically, and how fast. In the late 1960s, China was cloistered behind a bamboo curtain. Its major diplomatic ally was Albania. Even a generation ago, most of China's international envoys were Soviet-schooled party men who, as former high-ranking diplomat Wu Jianmin puts it, "had no idea what to do with a butter knife and wore white socks with suits." Today's men of power — there are few women of power, despite Mao Zedong's principle that women "hold up half the sky" — are fluent in the argot of international diplomacy.

中国が外交上まさにど こまで来たのか,そしてどれほど早くきたのかを思い起こさせることをそれ(グローバルガバナンス)はいつも担っている。1960年代後半に中国は竹のカー テンの背後に引きこもった。その主な外交上の同盟国はアルバニアだった。一世代前でさえ,中国の多くの国際的な使節はソビエト学校の卒業組の党員であった し,以前の高官の外交官であったWu Jianminが言ったように,彼等は「バターナイフで何をするのか考えを持っていなかったし,そしてスーツに白い靴下をはいていた。」今日の権力を持っ た男達はー 女性が「空の半分を支えている」との毛沢東の原則にも関わらず、幾人かの権力を持った女性は殆どおらず,ー 国際外交の仲間言葉に於いてよどみがない。


今日はここまでだが、最近の中国のグローバリゼーションぶりが浮き彫りになっている。こうしたソフトウェアがどんどん進出して行くのだろうか。ではまた明日。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 05:17コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓