2011年04月28日

中国の2つの顔の外交3

もう初夏だな。いよいよ明日から、連休だ。今年はどこにも行く予定はないが、一週間の休みは有難い。正月の時もあっという間だったが、それでも、一週間もあれば何か出来そうな気がするからだ。では始めよう。今日も昨日の続きで、暫くは原子力発電所はお休み。

Thinking Local

地域で考える。


So who signs off on the most vital foreign policy decisions? Much of the real power rests in the hands of men who technically aren't even in the government; instead, they are Communist Party leaders with impeccable ideological credentials. Wang Jiarui, for instance, the head of the Communist Party's International Department, sits higher in China's leadership hierarchy than Foreign Minister Yang. During the 29 overseas trips that Hu took from 2008 to early 2010, the directors of the party's Policy Research Office and General Office traveled with Hu on every occasion, according to SIPRI. Shielded from normal government proceedings, many of these men have little interaction with the outside world that can be publicly scrutinized.


そこで、誰がこの最も極めて重要な外国政策の決定を認めるのか?多くの権限は厳密に言えば政府の中にすらいない男達の手中にある。;彼等は非の打ち所の無いイデオロギーの経歴を持った共産党の指導者達だ。例えば、王家瑞(Wang Jiarui)は共産党の国際部門の長であり、外交部長の楊よりも中国の指導者の地位は高い。スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によれば胡錦濤が2008年から2010年始めまでの29ヶ国の海外旅行の間、党の政策調査局並びに総務局の主任達は毎回彼と旅行した。通常の政府の一連の活動から隠れて、これらの人たちの多くは公に調べることの出来る外部の世界との関わりは殆ど持っていない。


Their insularity helps explain why some of China's foreign policy decrees sound so at odds with the oratory of its smoother emissaries. "Americanand European officials get promoted in a democratic and open political context, and these democratic elements nurture these officials and train them how to express themselves," says Peking University professor Zhu. "But Chinese officials are appointed and promoted without a competitive environment. They don't know how to present themselves eloquently. So their public gestures feel rigid, static and even provocative."


彼等の狭量さはなぜ外交政策の命令の幾つかがそのより洗練された外交官の美辞麗句とかなり意見が食い違っているのかを説明している。「アメリカとヨーロッパ官僚達は民主的で、自由な政治の背景の中で昇進し、これらの民主的な要素がこうした官僚を養成し、自分の考えをどのように表現するかを教育する。」と北京大学の教授Zhuは言っている。「しかし、中国の官僚は競争の環境なしで、指名され、昇進する。彼等は自分の考えを流暢に表現する方法を知らない。だから、彼等の公での表現はこわばっていて、活気がなく、挑発的ですら感じる。」


Of course, any leader — insular or not — wants to stay in power. With communism hardly able to serve as a guiding force anymore, the party has used nationalism as a tool to rally the Chinese people. China's youth, who never lived through the deprivations of the People's Republic's early history, are among the most patriotic citizens. "Young Chinese tend to look for a muscular, more masculine foreign policy from their leaders,"says China Foreign Affairs University's Qin. Within that context, the jingoistic drumbeat of China's official media makes perfect sense. These messages are not designed for a foreign audience but rather a nationalistic crowd back home.


勿論、どんな指導者もー 偏狭であろうとなかろうと、ー 権力を保持したがる。共産主義がもはや指導的な力として果たすことが出来ないので、この党は中国人を結集する為の道具として、愛国主義を利用して来た。中国の若者は人民共和国の早い頃の歴史に於ける困窮を経験して来ていないし、最も愛国的な国民だ。「若い中国人は彼等の指導者から力強く、より男らしい外交政策を求める傾向にある。」と中国外交学院のQinは言っている。この状況の中で、中国の公的メディアの好戦的な愛国主義の太鼓の音はつじつまが合っている。これらのメッセージは外国の聴衆に対してではなく、むしろ祖国の国家主義的な群衆に対して仕組まれている。


Last year, a Chinese submarine containing three scientists drove to the bottom of the South China Sea. The region is contested by several countries, and may hold significant gas reserves. The feat was trumpeted in the state-run English-language press as a scientific breakthrough that allowed China to join the select club of nations with deep-dive technology. But in the Chinese-language press the story was more that a Chinese flag now flew on the seabed of the South China Sea. When it comes to Chinese diplomacy, there always seems to be two sides to the story.


昨年、3人の科学者を乗せた中国の潜水艦が南シナ海の海底に行った。この地域は幾つかの国家によって争われていて、かなりのガス埋蔵量があるようだ。この偉業が科学的な大躍進として、国営の英語放送で大々的に報道され、中国が深海技術を持った国家の選択された仲間に加わることが許されたと言うことである。しかし、中国語の報道ではこの話はそれ以上で、中国国旗が南シナ海の海底に今や旗めいていると言っていた。中国の外交の話になると、いつも、その話には2つの側面があるようだ。


With reporting by Chengcheng Jiang and Jessie Jiang / Beijin

http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,2042220,00.html


これは以上で終わりで、今日は中国の話をもう一つ。これはThe Economistの記事だ。

Catching a whiff of jasmine in Kashgar

カシュガルのジャスミンのほのかな香りを捉える。

Feb 20th 2011, 16:30 by J.M. | KASHGAR



TWO fire engines stood parked by the road leading past Kashgar's main mosque. They were clearly not deployed to fight any fires. Atop one sat a helmeted officer behind a shield. The nozzle of the vehicle's waterhose pointed to the junction where an alley leads into the maze-like old city of this ancient oasis town. An officer in camouflage uniform sat on the other vehicle. In a nearby government compound, several more security personnel could be seen wearing helmets and carrying shields, standing next to a line of armoured vehicles. They had not been there the day before.


2台の消防車がカシュガルの中心的なモスクのそばに通じる道路に止まっていた。彼等は明らかに如何なる消火活動をする為に配置されているのはなかった。一台の上に盾の背後に一人のヘルメットをかぶった警官が座っていた。この車の放水のノズルは道路がこの古いオアシスの町の迷路なような旧市街に行く交差路に向いていた。迷走服を着た警官がもう一台の車の上に座っていた。近くの政府の建物の中には幾人かの公安の職員がヘルメットかぶって、盾をもっているのが見えた。武装車両の列の隣に立っていた。彼等は前日にはそこにいなかった。


Kashgaris no stranger to security measures. It belongs to a part of China's Xinjiang region that is periodically racked by separatist incidents, sometimes violent, involving members of the ethnic Uighur community.  It has been particularly edgy in the past two or three years. An outbreak of deadly clashes between Uighurs and Han Chinese in 2009 in Urumqi, the provincial capital, has left the authorities uneasy.


カシュガルは治安対策では良く知られている。そこは中国の新疆地区の一部で、定期的に分離独立派の事件で悩まされ、時には暴力があり、少数民族のウィグルの人々もそこに含まれる。それは過去2、3年で、特に神経が高ぶって来ている。ウルムチで2009年にウイグル人と漢民族との間で、激しい衝突が勃発し、そこは省都だが、当局を動揺させた。


But today the government perhaps had reason to be a little more jittery than usual. Calls had been circulating on the internet for Chinese to gather in central areas of 13 major cities (none in Xinjiang were named) on February 20th to stage a "jasmine revolution"—in reference tothe upheavals that have are convulsing the Arab world.


しかし、今日、政府がいつもより少しばかりイライラしているには理由があった。「ジャスミン革命」を組織化する為に2月20日に13の主要都市(新疆では都市名はなかったが)の中心地域で集まるよう中国人に対してインターネットでの呼びかけあった。ー アラブ世界に騒動を起こさせている激変に関連して。


今日はこれまで。ライブドアがこのフォームを変更して、おかしくなったと以前言ったが、本当に滅茶苦茶になってしまった。毎日その為に時間を相当使っているが、その理由がわかった。ここのSEたちはWindows用に修正したので、MACには対応していない。だから、行替え、HTML編集、段落取りがすべてめちゃくちゃになってしまうようだ。特にひどいのは行替えすると行が消えてしまったりする。これではもうすでに、道具としての域を超えてしまっている。まるで、ゴミ箱を編集しているようだ。だから、現在はゲラ前のベタ印刷を編集してこのブログを書いているのとおなじだ。20年前のパソコンよりひどい。まったくひどい物だ。何度クレームを言っても彼等はおかしくないと言っていたが、これで原因が分かった。本当にシステムの素人は困った物だ。MAC仕様をやめるのであれば、MAC用に前のスペックのままで利用させるべきで、今までの利用者をやめてくれとは言えないはずだ。ではまた明日。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 05:34コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓