2011年05月28日

レベル7の原子力災害3

この中国では突然テレビが切れる。CNNを見ていて,中国のニュースで,民主化の活動家のニュースになったら,突然画面が消えてしまった。テレビのスウィッチが切れてしまったのである。さて、昨日は旅順とマブチモーターを見学し、相変わらず,この研修はきつかった。旧日本人街はあらかた壊されてしまったが,それでもまだたくさん残っていて,当時の豊かさをしのばせてくれた。また、勝利広場の地下4階まで広がった岩盤の中の喧噪と活気も味わうことができた。今日は研修最終日で、これから反省会をして,市場に向かう。この市場は低所得者層向けの市場で,なんでもゴミのようなものを売っている。中国の活力もここでは感じとることができる。今日の午後には成田に向かう。昨日から同じテーマだが、もう一日、原子力発電所だ。では始めよう。

Hironobu Unesaki, a nuclear physicist at Kyoto University Research Reactor Institute, said the revision was not a cause for worry, that it had to do with the overall release of radiation and was not directly linked to health dangers. He said most of the radiation was released early in the crisis and that the reactors still have mostly intact containment vessels surrounding their nuclear cores.

宇根崎(うねさき)博信は京都大学原子炉実験所の原子物理学者だが,この(段階の)改訂が心配の種ではなく、その事は放射能の総合的な放出を扱わなければならないということだ。そして、それは健康の危険とは直接リンクしていないと言った。殆どの放射能はこの危機の早い時期に放出され、こ の原子炉はまだ、原子炉の炉心を取り巻くの格納容器の殆どが損傷を受けていないと彼は言った。

The change was “not directly connected to the environmental and health effects,” Unesaki said. “Judging from all the measurement data, it is quite under control. It doesn’t mean that a significant amount of release is now continuing.”

この変化は「環境と健康への影響に直接関係」しなかったと宇根崎は言った。「すべての測定データから判断するとそれはまったく管理下にある。それは重大な量の放出が現在続いている事を意味しない。」

The revision came a day after the government added five communities to a list of places people should leave to avoid long-term radiation exposure. A 12-mile (20-kilometer) radius already had been cleared around the plant.

 人々が長期間放射能にさらされる事を避けるために離れなければならない場所の一覧表に政府は5つの市町村を加えた次の日にこの改訂が出された。発電所の回りの12マイル(20km)の半径は既に解決されていた。

Continued aftershocks following the 9.0-magnitude megaquake on March 11 have impeded work in stabilizing the Fukushima plant — the latest a 6.3-magnitude one Tuesday that prompted plant operator Tokyo Electric Power Co. to temporarily pull back workers.

3月11日の震度9の地震の後の続いた余震は福島原発を安定化させる作業を遅らせた。ー 最近の震度6.3の火曜日の地震は東電のオペレーターに一時的に作業者を引き上げるように促した。

Officials from Japan’s Nuclear and Industrial Safety Agency said that the cumulative amount of radioactive particles released into the atmosphere since the incident had reached levels that apply to a Level 7 incident. Other factors included damage to the plant’s buildings and accumulated radiation levels for its workers.

日本の原子力・安全保安院(NISA)からの担当者達はこの事故以来、大気中に放出された放射能を持った粒子の累積した量はレベル7の事故に適用されるレベルに達していたと言った。他の要素は発電所の建物の損傷並びにそこでの作業者の累積した放射能レベルを含んでいた。

“We have upgraded the severity level to 7 as the impact of radiation leaks has been widespread from the air, vegetables, tap water to the ocean,” NISA official Minoru Oogoda said.The revision was based on cross-checking and assessments of data on leaks of radioactive iodine-131 and cesium-137, NISA spokesman Hidehiko Nishiyama said.

「放射能漏れの影響が大気,野菜、水道水から海洋にまで広がってきたので我々は深刻度の評価を7に上げた。」とNISAの担当者Minoru Oogodaは言った。この改訂は放射能をもったヨウ素131とセシウム137の漏洩データの照合と評価に基づいているとNISAのスポークスマンの西山秀彦は言った。

“We have refrained from making announcements until we have reliable data,” Nishiyama said. “The announcement is being made now because it became possible to look at and check the accumulated data assessed in two different ways,” he said, referring to measurements from NISA and Japan’s Nuclear Security Council.

「我々は信頼出来るデータを得るまでは公表を差し控えてきた。」と西山は言った。「この発表が現在なされたのは2つの異なったやり方で評価された累積されたデータを見て、チェックする事が出来るようになったからだ。」と彼は言って、NISAと日本の原子力安全委員会の測定に言及した。

Nishiyama noted that unlike in Chernobyl there have been no explosions of reactor cores at the Fukushima Dai-ichi plant, although there were hydrogen explosions. “In that sense, this situation is totally different from Chernobyl,” he said. He said the amount of radiation leaking from the Fukushima Dai-ichi nuclear plant was around 10 percent of the Chernobyl accident.

西山が言及したのはチェルノブイルと違って、水素爆発はしたが、福島第一原子力発電所で原子炉の炉心の爆発はなかった。その意味ではこの状況は全面的にチェ ルノブイルとは異なる。」と彼は言った。福島第一原子力発電所から漏れている放射能の量はチェルノブイルの約10%だと彼は言った。

However, plant operator TEPCO is still estimating the total amount of radioactive material that could be released, company spokesman Junichi Matsumoto said. He acknowledged that, if leaks continue, the amount of radioactivity released might eventually exceed the amount emitted by Chernobyl.

しかしながら、TEPCOの発電所のオペレーターは放出されうる放射能物質の総量をまだ見積もり中だと、この会社のスポークスマンである松本順一は言った。漏洩が持続すれば放出される放射能の量はチェルノブイルで排出された量をそのうちに超えるかもしれないことを認めた。

The company, under fire for its handling of the accident and its disaster preparedness before the March 11 earthquake and tsunami, issued yet another apology Tuesday.

“We humbly accept this. We deeply apologize for causing tremendous trouble to those who live near the nuclear complex and people in the prefecture,” TEPCO spokesman Naoki Tsunoda said.

この事故の扱いと3月11日の地震と津波の前の災害の備えが非難されているこの会社は火曜日にさらにもう一つの謝罪をした。「我々は謙虚にこれを認めます。我々は原子力のコンプレックスの近くに住む人々とこの県にいる人々に多大なご迷惑をおかけしたことを深く謝罪 します。」とTEPCOのスポークスマンの角田直樹は言った。

In Chernobyl, in the Ukraine, a reactor exploded on April 26, 1986, spewing a cloud of radiation over much of the Northern Hemisphere. A zone about 19 miles (30 kilometers) around the plant was declared uninhabitable, although some plant workers still live there for short periods and a few hundred other people have returned despite government encouragement to stay away.

ウクライナのチェルノブイルでは原子炉が1986年4月26日に爆発し、北半球の殆どに放射能の雲を吐き出した。発電所の回りの約19マイル(30km)の地域は住むことが出来ないと宣言された。幾人かの発電所の作業者は短期間の間、まだ住んでいて、他の数百人の人々は政府が近づくなと勧告しても戻っていたのではあるが。

In 2005, the Chernobyl Forum — a group comprising the International Atomic Energy Agency and several other U.N. groups — said fewer than 50 deaths could be confirmed as being connected to Chernobyl. It also said the number of radiation-related deaths among the 600,000 people who helped deal with the aftermath of the accident would ultimately be around 4,000.

2005年に、チェルノブイルフォーラムはー 国際原子力エネルギー機関と幾つかの他の国連のグループからなるグループだが、ー 50人よりも少ない死亡がチェルノブイルに関連して確証しうると言った。また、この事故の直後の処理を手伝った60万人のうち放射能に関連して死亡した数は最終的には約4,000人であっただろうと言った。

The U.N. health agency, however, has said about 9,300 people are likely to die of cancers caused by radiation. Some groups, including Greenpeace, have put the numbers 10 times higher.

しかしながら、国連の健康機関は約9,300人が放射能が原因のがんで死んだようだと言って来てる。グリーンピースを含めていくつかのグループはその数は10倍以上だとしている。

The Fukushima plant was damaged in a massive tsunami March 11 that knocked out cooling systems and backup diesel generators, leading to explosions at three reactors and a fire at a fourth that was undergoing regular maintenance and was empty of fuel.

The magnitude-9.0 earthquake that caused the tsunami immediately stopped the three reactors, but overheated cores and a lack of cooling functions led to further damage.

Engineers have pumped water into the damaged reactors to cool them down, but leaks have resulted in the pooling of tons of contaminated, radioactive water that has prevented workers from conducting further repairs.

福島発電所は3月11日の巨大な津波で、損傷を受け、この津波は冷却システムとバックアップのディーゼル発電機を不能にし、3つの原子炉を爆発させ、4番目に火災を起こさせ、そこは定期メンテナンスをしていたので、燃料は空だった。 震度9.0の地震は直後に津波を起こさせ、3つの原子炉を止めたが、過熱した炉心と冷却機能の欠如で更なる被害を起こした。技術者達は損傷した原子炉に水をポンプでくみ上げ、冷やしたが、漏洩が汚染された、放射能を持った数万トンの貯蔵水となり、作業者が更なる修理をする上で、阻害することとなった。

A month after the disaster, more than 145,000 people are still living in shelters. The quake and tsunami are believed to have killed more than 25,000 people, but many of those bodies were swept out to sea and more than half of those feared dead are still listed as missing.

災害から一ヶ月、14万5千人以上の人々がまだ避難所で生活している。地震と津波が2万5千人以上の人々を殺したと信じられている。しかし、これらの死体の多くは海に流しだされ、死んだと思われている人々の半数以上がまだ行方不明としてリストされている。

___

Associated Press writers Shino Yuasa and Noriko Kitano in Tokyo and Eric Talmadge in Soma contributed to this report.


以上。明日は東京からだ。明日はテーマを戻して、パキスタン当局とオサマビンラディンだ。ではまた明日。






これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 06:28コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓