2011年05月29日

パキスタンの諜報機関

昨日大連から戻った。たかが、4日間だったが、日本が久しぶりのように感じる。研修は密度が濃いので、そう感じるのだろうか。ブログも最近は研修期間でも書いている。だから、研修期間中は一分も無駄には出来なかった。ただし、毎日1時間寝不足になった。今日は台風が来ているので、インラインスケートは出来そうにない。久しぶりに、今日はパキスタンだ。ワシントンポストの記事だ。では始めよう。

In Pakistan, rare doubts about military and intelligence service over bin Laden case
パキスタンで,ビンラディンの場合に軍や諜報機関を疑うことはめずらしい。
By Karin Brulliard, Wednesday, May 4


ISLAMABAD, Pakistan — As neighbors and reporters swarmed the streets around Osama bin Laden’s compound this week, men in sunglasses and white tunics lurked about on motorbikes. Residents presumed they were Pakistani intelligence agents, there to keep tabs on who spoke to whom. That counted as nothing unusual in a nation where the security establishment has cultivated an image as a nearly omnipresent force that is watchful above all of foreigners who go near military installations.

ISLAMABAD, Pakistanー この週末はオサマビンラディンの屋敷の回りの通りに近隣の人々や記者達があふれたので、サングラスをかけて、白い制服を着た男達がバイクに乗ってうろついていた。彼等はパキスタンの諜報員だと住人は思っていて、そこで、誰が誰に話をしているのか監視している。そのことは国の中で特異なものとしてではなく見なされていて、この公安組織は近くのどこにでもいる軍隊としてのイメージを育んで来ており、軍事施設の近くに来るすべての外国人に対して監視している。

Yet given the choice between pleading incompetence or complicity in bin Laden’s years-long stay in the garrison city of Abbottabad, Pakistani authorities have opted for the former. It is an explanation that strains credulity for many international observers, including U.S. policymakers, who have demanded an investigation into whether Pakistan sheltered the al-Qaeda leader.

さらに、Abbottabadの要塞都市の中にビンラディンの長い年月の滞在において、嘆願するような無能もしくは 共犯のいずれかを考えれば、パキスタン当局は前者を選んできた。それはアメリカの国会議員たちも含めた多くの国際観察者にとってとても信じがたい説明であ り、彼等はパキスタンがアルカイダの指導者をかくまったかどうかの調査を要求している。

Pakistanis have been more inclined to believe that their government was unaware of bin Laden’s presence. But the admissions of error by Pakistani authorities have prompted unusual questioning of a central tenet of the national narrative: that the military and intelligence services are untouchable guarantors of Pakistan’s safety.

パキスタン人は彼等の政府がビンラディンの存在に気がつかなかったと信じている傾向がより強かった。しかし、パキスタン当局による間違いを認めることは国家の記述の中核である見解:軍と諜報機関はパキスタンの安全の疑う余地の無い保証制度であると言うことに対して尋常でない疑問が出て来ている。

Some of the discord centers on the United States, which the Pakistani government rebuked for carrying out an “unauthorized” operation when it choppered in Navy SEALs to raid bin Laden’s sanctuary. But in a development that some analysts hope will buoy Pakistan’s weak civilian government, critics — including hawkish retired generals — are also questioning the ability of the nation’s military to protect nuclear facilities, its large defense budget and even its perception of India as an archenemy.

幾つかの不協和音がアメリカ合衆国の中で集まっている。それはパキスタン政府はネイビーシールズ(アメリカ海軍特殊部隊)がビンラディンの聖所を急襲する為にヘリコプターで飛んできた「許可されていない軍事行動」を行ったことを非難したことである。しかし、幾人かのア ナリストの希望がパキスタンの弱い文民政府を元気づける展開の中で、タカ派の退役将軍達も含めて批判する人たちはまた、核施設を保護するこの国の軍隊の能力、その大きな防衛予算そして、最大の敵としてのインドの認識でさえ疑問視している。

Lt. Gen. Hamid Gul — a nationalist former chief of the nation’s primary spy agency and a vocal backer of the Afghan Taliban — has decried Pakistan’s intelligence capabilities. Letters to newspapers have called for explanations from the military, both for bin Laden’s presence and the undetected U.S. raid. MAK Lodhi, a columnist for the News, an English-language newspaper that typically champions the army, called bin Laden’s killing “shameful for every Pakistani, particularly our intelligence outfits, which bothered little to capture the most wanted and hated man on earth.”

Hamid Gul中将はー 民族主義者で、前の国家の主要なスパイ機関の長であり、アフガニスタンのタリバンの代弁者であるが。ー パキスタンの諜報の可能性について公然と非難して来た。幾つかの新聞社への投書ではビンラディンの存在と気づかれなかったアメリカの急襲の双方に対して、 この軍からの説明を要求してきている。通常は軍隊を支持している英語の新聞のthe NewsのコラムニストであるMAK Lodhiはビンラディンの殺害を「すべてのパキスタン人、特に、我々の諜報組織にとって恥であり、彼等は地球上で最も指名手配され、嫌われている男を捉 えようとは殆どしなかった。」と言った。

Many here assume that the Pakistani military took part in the killing and is withholding information about its parti-cipation, perhaps to prevent a backlash from Islamist insurgents, who have targeted the Pakistani state in recent years. “I think the Pakistanis did have some information and idea about the operation. But if it is accepted that they didn’t, it’s very disgusting and shameful on their part,” said Asad Munir, a retired senior official with the Inter-Services Intelligence (ISI) directorate, Pakistan’s top spy agency. “If they didn’t, they need to put their house in order.”

ここでの多くの人々はパキスタン軍がこの殺害に参加し、その参加の情報を隠してるのは多分、過激派の反乱分子からの反動を避ける為であり、彼等が近年はパキスタンの国家を目標にして来ている。「パキスタン人はこの軍事行動についての何らかの情報とか考えを持って いたんだと思う。しかし、もし彼等が持っていなかったことを認めたら、彼等にとってみればそれは極めてむかつくような、そして、恥ずべきことだ。」とパキスタンの最高スパイ機関である、統合情報局(ISI)の理事職だった退役した上級役人の Asad Munirが言った。「もし持っていなかったとしたら、彼等は自分の振る舞いを正す必要がある。」

Pakistan, juggling criticism from various corners, has scrambled to soften the damage through at times mixed messages. While insisting that they had no knowledge of the raid, Pakistani officials maintained that their intelligence cooperation since 2001, and particularly over the past two years, helped lead the United States to bin Laden and dozens of other al-Qaeda operatives in Pakistan.

パキスタンは様々な方面からの批判をこなして来ていて、時には矛盾した報告があり、その被害を和らげる為に対応を急いで来た。彼等が急襲を知らなかったことを主張する一方で、パキスタン当局は2001年以来、特に過去2年において、彼等の諜報活動の協力として、パキス タンにいるビンラディンと数多くのアルカイダの工作員をアメリカ合衆国に導く支援をしてきたと主張し続けた。

In 2003, an ISI official said, spies looking for Abu Faraj al-Libi, another al-Qaeda member, raided a construction site that would become the bin Laden compound in Abbottabad. They found nothing at the time, he said. “We are not apologetic, not in the least, for this oversight, omission, for want of a better word, a failure,” the official said. “Why is it that 10 years’ work goes down the drain with just this one?”

2003年にISIの役人が言ったのはもう一人のアルカイダメンバーであるAbu Faraj al-Libiを探しているスパイ達はAbbottabadのビンラディンの屋敷となった建設現場を急襲した。彼等はその時は何も見つけなかったと彼は言った。「我々はこの見過ごし、手抜かり、他に適当な言葉を見つけるとすれば、失敗に対して、少しも自己弁護はしない。」とこの当事者は言った。 「10年間の仕事がただこの一人の為に失敗に終わったのはなぜだ?」

Other security officials emphasized that the ISI was more concerned with homegrown militants than with bin Laden, whom, they noted, the CIA took a decade to find. Prime Minister Yousaf Raza Gillani, speaking in Paris on Wednesday, said this was an intelligence failure of “the whole world, not Pakistan alone.”

他の公安の当事者達はISIがビンラディンよりも国内の過激派により関心を持っていたことを強調した。CIAは彼を見つけるのに10年要したと彼は言及した。Yousaf Raza Gillani首相は水曜日にパリで話をして、これは「全世界の、パキスタンだけではない」諜報の失敗だったと言った。

Pakistani military officials, meanwhile, also focused on the superior technological capabilities of the United States, which, they said, had helped the CIA find bin Laden and allowed U.S. helicopters to slip in and out of Pakistan unnoticed. “Pakistan is spending billions of dollars on the military and the defense budget, and yet they are incapable of intercepting incursions into Pakistan?” asked Javed Hussain, a retired army brigadier and security analyst. “The authorities will have to do something about it, and soon, before they lose total credibility.”

一方で、パキスタンの軍の当局者達はまた、アメリカ合衆国の優れた技術の可能性に焦点を 当てて、彼等が言ったのは、それによってCIAがビンラディンを発見する手助けをし、アメリカのヘリコプターが気づかれずにパキスタンにこっそり出入りしたりできた。「パキスタンは軍隊と防衛予算に数十億ドルを使っている。そして、今なお、パキスタンへの侵入を途中で取り押さえることができないのか?」と 退役した陸軍の准将で安全保障アナリストのJaved Hussainは尋ねた。「当局はそれについて何かをしなければならないだろう。そしてすぐに、彼等が全部の信用を失う前に。」

The Pakistani military, even while pleading ignorance about the U.S. raid, has argued that it is fully capable of protecting the nation’s nuclear weapons. “You give precedent to the area where you expect the threat from, and therefore you take adequate security measures to ward off that threat,” said Maj. Gen. Athar Abbas, the chief military spokesman. “This place was not considered as a very highly vulnerable area.”

パキスタンの軍はアメリカの急襲について知らなかったことを弁明すしているのに、この国家の核兵器を完全に保護することが出来ると主張している。「あなた(ビンラディン)は危険な兆候が予想されるところに対して(新たな)前例を与えた。そして、それ故にあなたはその危険な兆候を避けるために適切な安全措置を取った。」軍の主席スポークス間であるAthar Abbas少将は言った。「この場所は極めて高い攻撃を受けやすい地域とは考えられていなかった。」

But critics — even some within the government — say outrage about U.S. violations of national sovereignty or bin Laden’s hideout drives the debate away from graver questions about the growth of Islamist radicalism in Pakistan and possible state support for it. One official said Pakistanis should be asking why the dozens of al-Qaeda members arrested in their nation came here in the first place or why the military is more focused on India than on terrorism. “Didn’t bin Laden violate Pakistani sovereignty? He’s not a Pakistani citizen,” the official said. “The questions that need to be asked are, ‘Why did he come to this country? Why did he think this country was a safe haven?’ ”

しかし、批判する人はー 政府の中にさえ幾人かいるがー 国家主権もしくはビンラディンの隠れ家に対するアメリカの侵犯についての憤慨がパキスタンのイスラム過激主義の増大とそれに対しての国家の支援の可能性についての大問題を討論から追い出している。ある役人が言ったのはパキスタンはなぜ彼等の国で逮捕された多くのアルカイダが最初の場所としてここに来るのか, もしくはなぜこの軍はテロよりもインドに焦点を当てているのか尋ねるべきだと言う。「ビンラディンはパキスタンの主権を侵犯しなかったのか?彼はパキスタンの市民ではない。」とこの役人は言った。「尋ねる必要のある質問は『なぜ彼がこの国に来たのか?なぜ彼がこの国が安全な避難場所だと考えたのか?」

Special correspondent Shaiq Hussain in Islamabad contributed to this report.


今日は長かったが、これまで。政権とアルカイダとの関係そして、それをかくまうISI。そうした複雑な関係がこの国に歴史的な背景を持ちながら存在する。簡単ではない。アメリカはそうしたことをわかった上で戦争をしているのだろうが、どう考えても、介入するところではない。しかし、このトライバルエリアをアメリカの正義感が放置できなかったのかもしれない。いや、アメリカと言うより、ブッシュかもしれない。今日はこれまで。










これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 07:02コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓