2011年07月28日

アフガニスタン戦争は無益だ。

最近はアフガニスタンの記事を取り上げなかったので、久しぶりだ。この戦争はもはやアメリカに勝ち目は無いと言う記事で、 そうした背景を説明している。アメリカ人らしい戦争だったが、もともと勝てる戦争ではなかった。それにもかかわらず、なぜここまで引っ張って来たのか理解できない。50数カ国も参加して来ている。そうしたことに対して、アメリカ人の考えを見てみよう。では始めよう。

これはタイムの記事だ。
The U.S. Is Spinning Its Wheels in Afghanistan, No Matter What Troop Levels Obama Maintains
アメリカはアフガニスタンで、時間を浪費している。どれほどの軍隊のレベルをオバマが維持しようとも。
President Obama will announce on Wednesday the size of the troop withdrawal from Afghanistan that he will order in July in keeping with the symbolic drawdown he has promised. His top military men appear to want to keep most combat troops in the field for at least another two years; other advisers want the withdrawal to involve substantial numbers of troops and an accelerated schedule. But the number of U.S. troops deployed in Afghanistan appears increasingly unlikely to decisively determine the outcome of the war.
オバマ大統領は水曜日にアフガニスタンから軍隊の撤退の規模を発表するだろう。それを彼が約束した象徴的な削減との調和を保つ為に彼が7月に命令するだろう。彼の軍の最高幹部は少なくとも次の2年間は戦場に殆どの戦闘部隊を維持するよう求めているようだ。;他の顧問団は軍隊のかなりの数を含めた撤退と早期の予定を求めている。しかし、アフガニスタンで展開したアメリカ軍の兵士の数はますますこの戦争の成果を全く決めていないようだ。

Soon after he arrived in office, Obama buckled to pressure from the Pentagon and doubled down on the U.S. commitment of blood and treasure in Afghanistan, sending an extra 30,000 soldiers as part of a surge. Whatever tactical gains have been made since then — and are likely to be made in the next two years, even if current force levels are maintained — Obama will be well aware that a decade of warfare in Afghanistan has failed to transform the strategic equation. The key argument from the generals and Administration figures like Defense Secretary Robert Gates in support of keeping the full complement of troops in Afghanistan is that the gains made there are "fragile."

彼が就任してすぐに、オバマはペンタゴンからの圧力に対して一生懸命やり、アフガニスタンの中のアメリカの血と財の責務に、二倍賭け、大軍の一部として,さらに3万人の兵士を送った。それ以来、戦術的な利益がなんであったとしても、ー そして、現在の軍事力のレベルが維持されたとして、次の2年間で得られそうであってもー オバマはアフガニスタンに於ける戦争行為の10年は戦略の方程式を作るのに失敗して来たことをよくわかっているだろう。国防長官のRobert Gatesのような将軍達と陣営要員の主要な議論はアフガニスタンに軍隊が完全に補充されていても、そこから得られる利益は「壊れやすい」ということだ。

Of course they are: experience has shown that there's no reason to expect that any area cleared by NATO forces will remain that way once they reduce their force levels. It was ever thus, and there's little reason to expect anything different in a conflict that pits foreign armies against an indigenous insurgency backed by a significant section of the population, and with sanctuary in a neighboring country. But who'd want to be the President who has to call time on a failed expeditionary war?

勿論彼等は壊れやすい。:NATO軍 によって一掃された如何なる地域も、彼等がひとたび軍事力を削減したら,そのような状態のままにあると言う事を期待する根拠などないことを経験が示して来た。それはその後ずっとそうだったし,そして、その住民のかなりの部分に支持されたその地域に固有の暴動に対して外国の軍隊を戦わせる争いに於いて何らかの違いを期待する根拠などほとんどない。そして、その連中は隣国に避難する場所を持っている。しかし、失敗した遠征戦争にタイムを宣告しなければならない大統領に誰が一体なろうとするのか?

Obama's track record suggests that his withdrawal will involve a desultory figure of fewer than 5,000 of the 100,000 troops the U.S. currently has deployed in Afghanistan. Expect to see the President define downward the benchmark of success, focusing it narrowly on protecting the American mainland from another transnational terrorism attack by al-Qaeda and using the killing of Osama bin Laden to underscore the fact that the job is almost done. The terrorist network, much reduced by a decade of pummeling, today operates more from Pakistan than Afghanistan.

オバマの業績には彼の撤退はアメリカがアフガニスタンで展開して来た10万人の軍隊のうちの5千人よりも少ないのろのろした数字が絡んでいる。大統領が成功の評価基準を下方に定義した事に期待し,アルカイダによるもう一 つの国境を越えたテロ攻撃からアメリカ本土を守ることに焦点を狭め、仕事が既に終わったと言う事実を強調する為にオサマビンラディンの殺害を利用することだ。このテロのネットワークは猛撃の10年によって、多くが減少し、今日はアフガニスタンよりかはパキスタンから軍事行動を行っている。


今日はこれまでで、明日も続くが、アメリカはアフガニスタンで、無無益に過して来ていることを主張している。今更と言う感があるが、アメリカ国民がようやくこの戦争にうんざりして来たと言うことだろう。こうした無益な戦争によって、アメリカの国力が大きくそがれて来たことは間違いないが、それでもアメリカが世界を牽引で来ることには脅威だ。ではまた明日。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 05:31コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓