2011年12月15日

イラクのシリアへの支援3

昨日は20台のカメラを引っ越しの為にパッキングした。今はカメラは趣味ではないので、いろいろな部品がなんだか忘れてしまった。後は本棚の雑品とライティングデスクの中の雑品だけとなった。万年筆はあるが、これは引っ越し直前に整理する。よくもまあ、貯め込んだものだ。今回の引っ越しで、整理できて良かった。今日は海野会があり、講師は久々に原先生が来てくれる。旦那のマーチンも来るそうだ。彼女の話もすごいが、久々に会食できるので、楽しみだ。さて、今日も昨日の続きで、イラクのシリアに対する支援についての記事だ。では始めよう。


But other experts say Iraq’s support for Syria underscores the influence of Iran, which has staked billions of dollars on ensuring Assad’s survival. Pollock, the former State Department adviser, said Iraqi leaders fear repercussions from Iran and its Syrian protege as much they covet increased revenue from trade.

 

しかし、他の専門家達はシリアに対するイラクの支援はイランの影響力を浮き彫りにしていると言っていて、イランはアサドの存続を確保する為に数十億ドルをつぎ込んで来ている。前国務省顧問のPollockはイラクの指導者達はイランとその貿易による増大する収入を切望しているシリアにいるイランの子分の反撃を恐れていると言っ た。 

 

“Iran is certainly important behind the scenes, and the Iraqis know the Iranians are looking over their shoulders,” said Pollock, now a researcher for the Washington Institute for Near East Policy, a think tank. Pollock noted that Iranian-backed cleric Moqtada al-Sadr — a firebrand Iraqi Shiite with tens of thousands of devoted followers — has publicly backed Assad, calling him a “brother.” Iraqi leaders know that hostility toward Syria could invite reprisals against politicians and ordinary civilians in Baghdad, or perhaps against the estimated 1 million Iraqi refugees living in Syria, he said.


「イランはこの舞台の背後で明らかに重要であり、そしてイラン人が彼等を監視していることをイラク人達は知っている。」とPollockは言った。彼は現在、シンクタンクである近東政策のワシントン機関の研究員だ。 Pollockはイランが支援している聖職者Moqtada al-Sadrがー 数万人の献身的な追従者達がいるイラク人シーア派の扇動者であり、ー 公にアサドを支援して来ていて、彼を「兄弟」と呼んでいる。イラクの指導者達はシリアに対する敵対行為はバクダッドの政治家や一般市民への報復を招きうる事を知っている。もしくは多分、シリアに住んでいる大体百万人のイラクの避難民にたいしても。


Still, U.S. officials have privately expressed disappointment over Baghdad’s reluctance to take a more forceful stance against Syrian brutality, which millions of Iraqis witness daily on Arab-language cable news networks. Only in mid-September, after six months of worsening violence, did the Iraqi government issue a statement that appeared to call for Assad’s ouster. In that statement, on Sept. 20, Iraqi spokesman Ali al-Moussawi was quoted as telling New York Times reporters in Baghdad that Iraq had privately urged Assad to step down. “We are against the one-party rule and the dictatorship that hasn’t allowed for free expression,” Moussawi was quoted as saying.


依然として、アメリカ当局はバクダッドのシリアの残虐行為に対してより強い立場を取る事に乗り気でない事に対する失意を非公式に表明して来ている。そのことは数百万人のイラク人達がアラブ連盟のケーブルニュースネットワークを通じて毎日見て来ている。9月中旬に於いてだけ、悪化している6ヶ月の暴力の後で、まさにイラクの政府はアサドの追放を要求するように思われる声明を出した。その声明の中で、9月20日に、イラク のスポークスマンAli al-Moussawiはイラクは非公式にアサドの辞任を強く迫って来たとバクダッドのニューヨークタイムズの記者に語った事を引用した。「我々は表現の自由を許していない一党の規則と独裁に反対している。」とMoussawiは言ったと伝えられていた。

 

But less than 24 hours later, the Iraqi government began to backpedal. The same spokesman, Moussawi, told reporters on Sept. 21 that Iraqi leaders had never called for Assad’s resignation and said he had been misquoted. “It was neither the nature nor the followed discourse of the Iraqi government to intervene in the affairs of other countries,” Moussawi said.


しかしその後24時間も経たないうちに、イラク政府は撤回し始めた。同じスポークスマン Moussawiが9月21日に記者団に語ったところによるとイラクの指導者達はアサドの辞職を求めたことはなかったし、彼は間違って伝えられたと言った。「他の国の出来事に干渉するようなイラクの政府の本質とかそれに伴った談話はあり得ない。」とMoussawiは言った。

 

Maliki’s broadcast interview Sept. 30 reflected a further retreat. While calling for an end to violence, the prime minister rejected regime change as destabilizing and said the crisis should be resolved gradually through reforms. Assad has survived by relying on hard-currency reserves and Iranian loans to maintain subsidies for Syria’s military and business elites, ensuring their continued loyalty and preventing the further spread of the country’s pro-democracy uprising, which took hold in March.


マリキの9月30日の報道のインタビューでは更なる後退を反映していた。暴力を止めるように要求をする一方で,首相は不安定になるとして,政権変更を拒否し、この危機は改革を通じて,徐々に解決されるべきだと言った。アサドはシリアの軍隊とビジネスエリートのための助成金を維持するために通貨準備金とイランの借入金に頼ることによって存続して来ていて、彼等の継続した忠誠心を確保し,3月に開花した, この国家の民主化暴動の更なる広がりを防いで来た。

 

Faced with international sanctions — including a new European Union ban on oil imports — Syria also has found support from Iraq and other neighbors as it scrambles to refill its hard-currency coffers, now hemorrhaging at a rate estimated at $1 billion a month.


国際的な制裁に直面して,ー 石油輸入の新たなEUの禁止も含めて、ー シリアはまたイラクや他の近隣諸国から支援を得て来ていて,通貨の財源を急いで補充し、毎月、10億ドルと推定される額が現在流出している。


Iraq and Syria, which share historical and cultural ties, have long been trading partners, and smuggling in border towns has generated immense profits even during times of war. Scores of private traders regularly ferry tons of diesel fuel and other goods in vans and pickup trucks, specially modified with heavy suspensions that cause their backsides to jut out like monster trucks at a car show.


イラクとシリアは歴史的にも,文化的にも結びつきがあって、長い間の貿易のパートナーであり,国境の町で密貿易をして来たが,戦争のときでさえ、非常に大きな利益を生んできている。多数の民間の貿易業者達が定期的に何トンものジーゼル燃料や他の商品をバンやピックアップトラックで運び、特にサスペンションを固くして、自動車ショーのモンスタートラックのように彼等の後部を張り出させている。

 

Officials in both countries are cracking down on the black market in favor of legitimate ventures, particularly in the energy field. In early August, as other Arab countries were recalling their ambassadors to Syria, Iraq put on an unusual tour for 100 of Syria’s top government and business leaders. The visitors, led by Syria’s trade minister, were shown factories and refineries and applauded by Iraqis eager to cut deals with their Syrian neighbors.


両国の役人達は特にエネルギー分野において,合法的なベンチャーに味方して,ブラックマー ケットを取り締まっている。8月の初めに、他のアラブの諸国は彼等の大使をシリアにたいして召還していたので,イラクはシリアの政府高官とビジネスの指導者達のために例外的なツアーを行った。シリアの貿易大臣に引率された訪問者達は工場や製油所を案内され,シリアの隣人と取引をしたがっているイラク人達に拍手喝采を得た。


The week-long visit yielded a new pact designed to boost a soaring bilateral trade that already tops $2 billion a year and will solidify Iraq’s status as Syria’s biggest trading partner. Iraqi Trade Minister Khayrullah Babakir, praising the pact, spoke of a new focus on “empowering the private sector in both countries.” There was no mention of sanctions, or of the Syrian uprising.

Staff researcher Julie Tate and staff writers Greg Miller and Liz Sly contributed to this report.


と言う事で、イラクがシリアを支援していることがわかった。アラブ連盟が支持しても、アサドを倒す事は容易ではなさそうだ。今日はこれまで。明日からは中国とロシア国境の貿易がテーマだ。ではまた明日。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 06:29コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓