2012年01月30日

韓国のFTA/アラブの民主化の動き

2月は企業は暇な月だが今年は忙しそうだ。では始めよう。これはエコノミストの記事だ。最初は韓国のTPP承認の国会の騒動で、次は中東の情勢だ。

Free trade in South Korea
Don't shed a tear

Nov 23rd 2011, 2:34 by D.T. | SEOUL


韓国のフリ−トレード
涙を流すな。

AFTER weeks of stalling, South Korea’s parliament at last has ratified the country’s Free-Trade Agreement (FTA) with America, “Korus”. After calling a surprise vote to catch opponents of the deal off-guard, the ruling Grand National Party (GNP) managed to force it through without the kind of brawl that many were expecting. There was no parliamentary brawl per se, that is—and only a bit of physical scuffling.


何週間もの立ち往生の後で、韓国の議会はついに、この国のアメリカとのFTA(自由貿易協定)「Korus」を承認した。交渉の反対者達の不意をつくためにびっくりさせるような投票をした後で、与党のハンナラ党(GNP)は多くの人たちが予想をしていた騒々しいけんかの類いをせずに法案を強行可決してしまった。議会での騒々しいけんか自体はなかった。すなわち、ー そして多少の物理的な小競り合いだけで。


What caught almost everyone off-guard was the tear-gas canister that was detonated in the debating chamber. South Korean politicians exhibit a great deal of flair when it comes to parliamentary fisticuffs; makeshift battering rams and chainsaws have made appearances, the better to break down doors that might be blockaded by members of an opposing party. Tuesday’s action though, which came courtesy of the Democratic Labour Party’s own Kim Seon-dong, raises the bar on outrageous conduct (the incident was captured on video by GNP member Jung Ok-nim).


殆 どすべての人の不意をついた事は議論している部屋で、爆発した催涙ガス弾だった。韓国の政治家は議会での殴り合いになると、大いに才能を発揮する。;一時 しのぎの城を壊す槌と鎖のこが顔を出して、反対派の議員によって封鎖されているドアを壊す為にはこれが良いからだ。しかしながら、火曜日のアクションは民 主労働党(DLP)に所属しているKim Seon-dongによるもので、法外な行為の水準を上げている。(この事件はハンナラ党の Jung Ok-nimによってビデオで撮られた。)


Though the left-wing minority opposition DLP ought to feel most embarrassed, the GNP itself is unlikely to be celebrating today’s victory too loudly. They could have pushed Korus through several weeks ago, but continuing concerns among voters over income inequality and youth unemployment have seen the political pendulum making an unusually pronounced leftward swing. With parliamentary elections due in April, many GNP members fear losing their seats.


左 翼の少数派であるDLPは最もきまりの悪さを感じなければならないけれども、GNP自身はやかましく今日の勝利を祝っているようでもない。彼らは Korusを数週間前に押し通す事が出来ていたが、所得の不平等と若者の失業に対する有権者達の継続した懸念が滅多にないほどはっきりと左の方に振れてい る政治的な状況を起こして来ている。4月に議会選挙をする事になっているので、多くのGNP議員は議席を失う事を恐れている。


“Angry” young voters are thought to have punished the GNP in October’s Seoul mayoral by-election, selecting the independent Park Won-soon ahead of Na Kyung-won, the ruling party’s candidate. The ratification of Korus without the support of opposition parties could cause further subsidence of the GNP’s ratings in opinion polls. At the time of writing, a group of several thousand anti-FTA protesters was gathered in Yeouido, outside the parliament building.


「怒った」若者の有権者達は10月のソウル市長の補欠選挙でGNPを処罰したと考えられている。与党候補のNa Kyung-wonに対して無所属のPark Won-soonを選んだ。反対派の支援なしで、Korusを承認した事は世論調査に於いてGNPへの評価の更なる地盤沈下を引き起こしうるだろう。書いている時に、数千人の反FTAグループの抗議者達は議事堂の外のYeouidoに集まっていた。

韓国はアメリカとのFTAを締結した。彼らはアメリカとの貿易を有利にするで、自動車を始めとした工業製品の対米輸出がこれで日本よりも有利になる。かっ ての日本の安全保障条約をアメリカと締結したときのようで、国会が相当混乱しているようだ。以上だが、今日はもう少し続けて,アラブの話を久しぶりに行お う。これはエコノミストの記事だ。

One year on
Most Arabs will edge towards democracy—but anti-modernisers will still stand in their way




The wind of Arab freedom that suddenly began to billow at the beginning of 2011 will gust across the entire Arab world throughout 2012. But it will do so in patches, and inconsistently. In some quarters democracy will begin to entrench itself. In others it will be fended off by autocrats determined not to let it blow their houses down.


2011年の始めに突然押寄せ始めたアラブ自由の風は2012年の間中、アラブの世界全体に吹き荒れるだろう。しかし、それは所々でそうなるだろう し、一貫しないだろう。幾つかの場所では民主主義がその立場を固め始めるだろう。他の場所では彼らの家を吹き飛ばさせないと決めていた専制君主によってそれは回避されるだろう。


The most promising region for democrats will be a swathe of north Africa that runs from Tunisia through Libya to Egypt. Tunisia, in particular, will set a hopeful example for the rest of the Arab world. Its elected constituent assembly will pave the way for a free election under a new constitution. The Islamist Nahda party will emerge as the largest in parliament but with only around a fifth of the vote. As a result, it will become just one part of a broad ruling coalition in which more secular groups will hold a majority. Tunisia’s economy will start to recover.



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 03:54コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓