2012年06月26日

中国経済の今後

昨日は苦しい思いをしながら、本の原稿を100ページまで読んだ。あと少しだ。今日は2回目を読む事にしている。3回目から編集をして、本の体裁を考える。7月中には原稿を完成させたいと思っている。こうした書き物は集中できないと進まないので、頭のサイクルを調整している。こうした作業は一月以来なので、未だ順調ではない。体調を整えるのに、数日はかかりそうだ。さて、今日は中国の経済の話だ。これはファイナンシャルタイムの記事だ。

Is China running out of options?
May23 2012
Yukon Huang

中国は万策尽きているのか?

China’s economy seems to be going gradually downhill but with the dips particularly steep at times. When Premier Wen Jiabao announced in March that the growth target would be 7.5 per cent this year, no one took him too seriously since outcomes have always been significantly higher. Beijing was comfortable with growth moderating to around 8.5 per cent for this year compared with last year’s 9.2 per cent but prolonged uncertainties in the eurozone combined with the continuing lid on housing purchases now suggest that a soft landing may be more difficult to realise.

中国の経済は徐々に悪化しているようで、時々特に大幅に下落している。温家宝首相が3月に成長目標は今年7.5%だろうと発表した時に,成果がいつもかなり高かったので,誰も彼の言ったことを真剣に取り上げなかった。北京は昨年の9.2%に比較して今年は8.5%あたりの中程度の成長に満足していたが、ユーロ圏の不確実性が長引き、住宅購買に於ける継続している制限とあわせて,現在、ソフトランディングを実現するのはさらに困難かもしれないことを示唆している。

April’s economic indicators took markets and seemingly even Beijing by surprise in the uniformity of the shortfalls from forecasts. Some have speculated that the leadership has been distracted by the Bo Xilai and Chen Guangcheng affairs on top of the manoeuvring relating to the leadership transition. Industrial production grew by only 9.3 per cent year-on-year compared to the consensus forecast of 12 per cent. Growth in investment and retail sales were also below expectations particularly since various business surveys had been more reassuring. All this was corroborated by the slow growth in electricity sales and tax receipts. 

予測から一様に不足しているという驚きによって、4月の経済の指標は市場の、そして、一見したところ北京でさえも関心を引いた。指導者の移行に関連した駆け引きのトップに薄煕来と陳光誠の事件によって指導部は取り乱されて来ていると幾人かは憶測している。工業生産高は合意した12%の予測と比較して,対前年比9.3%しか成長しなかった。投資と小売りの成長もまた、期待を下回った。特に様々なビジネスの調査がそれをさらに再確認して来ている。このことすべては電力販売と税金の申告書の緩慢な伸びによって裏付けられた。 

Particularly worrisome, bank lending has fallen off sharply – with medium and long-term loans down nearly 50 per cent from last year. Firms find profits evaporating with demand becoming increasingly uncertain for those depending on export markets. The problem is not lack of liquidity in the banking system but lack of credible borrowers.

特に懸念すべき銀行貸出は急激に下落して来ている。ー 中長期のローンは昨年から50%近く減った。企業は輸出市場に依存する人たちにとって、ますます不確かになっている需要によって利益が消滅していることがわかった。この問題は銀行システムに於ける流動性の欠如ではなく、信用出来る借り手の欠如である。

But the final straw came with demand from Europe collapsing last month along with the US market remaining tepid. The reality now is that external demand by itself could subtract a full percentage point from this year’s growth. China analysts have responded by lowering their growth estimates closer to 8 per cent with some even predicting a collapse. This morning the World Bank lowered its forecast to 8.2 per cent.

しかし、最後の一撃は熱意に欠けているアメリカ市場と、先月、崩壊しているヨーロッパからの需要とともにやって来た。現実は現在,外部需要はそれだけで今年の成長から1%の全額を引くことができるということだ。中国のアナリストは幾人かは崩壊を予言してさえいるが,8%により近く彼等の成長予測を低めることによって,答えて来ている。今朝,世銀はその予測を8.2%に下げた。

Beijing still has ample financial resources, however, to avoid a crisis. The premier’s recent statement on “giving more priority to maintaining growth” signalled that decisive actions would now be taken. But with its infrastructure-cum-land sales fueled growth model under stress and exchange and interest rates still tightly managed, it does not have all the necessary policy options at its disposal.

しかしながら、北京はまだ危機を回避するための豊富な金融資源を持っている。「成長を維持するための更なる優先度を与える」主席の最近の声明は断固たる行動が現在とられるだろうという合図だった。しかし、そのインフラと土地とともに、販売は圧力があるままで成長モデルに拍車をかけた。そして為替と金利は未だに厳しく管理され,自由に使える必要なすべての政策の選択の自由を持っていない。

圧力があるままで:銀行が貸出制限をしていると言う意味。注
Prospects have worsened in part because of the legacy of China’s enormous 2008 stimulus programme. That programme, which relied heavily on credit expansion, pushed growth above sustainable levels and fostered the borrowing spree that spawned the property bubble and inflation, which has absorbed the attention of policy makers ever since. Even as macro conditions have seemingly been brought under control over the past six months, China’s longer-term strategy of becoming less reliant on external demand and investment and more dependent on consumption to drive growth is becoming harder to realise.

見通しは一部には中国の膨大な2008年の景気刺激プログラムの遺産のために悪くなって来ている。そのプログラムはかなり与信拡張に頼ったが,成長を維持可能な水準以上に押し上げ,不動産バブルとインフレを生み出した借入ブームを助長した。このことはその後政策作成者の注意を引きつけて来た。マクロの条件は一見したところ,過去6ヶ月にわたって,管理されて来ているが,外部の需要と投資に依存しなくなり,成長をおし進める消費にさらに依存する中国の長期戦略は実現がより難しくなって来ている。

Premier Wen has shown no inclination thus far to remove the lid on the commercial housing sector, which broadly defined accounted for some 10 per cent of gross domestic product in recent years. Losing this demand driver cannot be easily offset even if efforts are made to accelerate construction of social housing.

温家宝首相は今までのところは商業住宅部門の制限を取り去ろうと言う意向は示して来ていない。それは近年、総国内生産の約10%を占めていると広く定義されている。この需要ドライバーの喪失は仮に低所得者向けの住宅建設を加速するための取り組みがなされたとしても容易に埋め合わせることはできない。

今日はこれまで。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 05:20コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by YK   2012年06月26日 06:10
5 海野さんの次回作の書籍、楽しみにしております。

産みの苦しみはあるでしょうが、頑張って下さい!

ありがとう。頑張ります。
2. Posted by 海野   2012年06月26日 11:29
大変ですが,9月の出版を考えています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓