2012年06月29日

世界の不安定な経済

久しぶりにアウトソーシング時代の劉が会社の来てくれた。3ヶ月ぶりで懐かしかった。この7月から大連に転勤になるので、そのお別れにやって来た。送別会もしなかったので、残念だったが、双方とも忙しかったのでやむを得ない。又いつか会えるだろう。いつも別れは寂しいものだ。彼は単身赴任で、大連に行くようだ。たいしたものだ。さて、今日は世界の経済の話だ。これはエコノミストの記事だ。

The many things that prey on our minds
A big hairball of risk
Jun 4th 2012, 3:09 by G.I. WASHINGTON

心の中で、祈っている多くの物事
リスクの大きな毛玉

PERHAPS the most disconcerting aspect of the world’s current flight to safety is the lack of a single overriding threat to justify it. China is slowing, but hardly in recession. Europe is in crisis—but when has it not been in the last three years? And America—well, there’s that fiscal cliff later this year but it’s hard to find any investor thinking that far ahead. The puzzle was underlined by May’s weak jobless report in America. What fundamental factors could explain it? Consider the usual suspects:

多分世界の現在の安全な状態に向けての飛行の最も当惑した局面はそれを正当化する為の単一の決定的な危険な兆候がないことだ。中国は景気が緩慢であるが、不況ではない。ヨーロッパは危機にあるが、ー それは過去3年の中でいつまでなかったのか?そしてアメリカー さて、今年中にその財政の崖があるが、その遥か先を考えている投資家を見つける事は難しい。この難題はアメリカの5月の弱い失業報告書によって明確に示された。どんな根本的な要因がそれを説明することができるのだろうか?よくある疑わしいものを考えてみよう。:

1. Petrol prices rose much less this year than a year ago, and peaked in the first half of April. Retail sales, the most obvious place where petrol prices would be felt, didn't signal distress. 

1. 原油価格は一年前よりも今年はあまり上がっていない。そして、4月の前半が頂点であった。原油価格が影響される最も明白な所である小売は苦痛の信号を送っていない。

2. The current episode of European stress can be traced to Spain’s announcement in early March that it would miss its deficit targets, but equity markets in America didn’t take notice until the Greek elections in the first week of May. That’s too late to explain a slowdown that began in April.

2. ヨーロッパの緊張の現在の出来事はスペインの3月初めの発表にさかのぼれるが、赤字削減目標に失敗した事だろう。しかし、アメリカの株式市場は5月の第一週のギリシャの選挙まで気に留めなかった。それは4月に始まった景気後退を説明するには遅すぎた。

3. Emerging markets are slowing sharply. But even after extraordinary growth, exports to China, Brazil, India and Russia only equal 1.3% of American GDP. And a slowdown in emerging markets would be ambiguous for America by both hurting exports and pulling down oil prices.

3. 新興市場は急激に緩慢になって来ている。しかし異常な成長の後でさえ、China、Brazil、India、Russiaへの輸出はアメリカへのGDPの1.3%でしかない。そして新興市場に於ける景気後退は輸出に損害を与え、原油価格を引き下げる事の双方に於いて、アメリカに対してあいまいだ。

It’s tempting to chalk it up to technicalities. Consider the following contrast. GDP grew 2.2% annualised in the first quarter and Macroeconomic Advisers thinks it’s growing 2.4% in the current quarter. But employment growth shows a completely different picture: it plummeted from 225,000 per month in the first quarter to 73,000 so far in the second. 

そのことは専門的なことだと決めてしまいそうだ。次の差異を考えてみよう。GDPは第1四半期に年率で、2.2%増加し、マクロ経済顧問団はこの四半期では2.4%成長していると考えている。しかし、雇用の増大は完全に異なった絵を描いている。:第1四半期の月あたり225,000人から第二四半期において今までのところ、73,000人まで急落した。

Perhaps in reality employment grew 165,000 every month from January to May but warm winter and off-kilter seasonal adjustment telescoped most of it into the first three months at the expense of the next two. However, I have learned over the years that blaming bad data on seasonalities or technicalities usually reflects wishful thinking. Better to take it at face value. What I think preys on the minds of financial and business-world risk takers is not a single threat but a multitude of them, regurgitated in one big hairball of risk. And all are about policy.

多分、実際には雇用は1月から5月まで毎月165,000人増加したが、暖冬と不調の季節調整が次の2ヶ月を犠牲にして、最初の3ヶ月の中のその多くをはめ込んだ。しかしながら、私は季節性や専門的な事項による悪いデータを責める事は甘い考えを反映していると言う事を長年にわたって学んで来ている。額面通りにそれを受け止めた方が良い。金融上で、そしてビジネス世界でリスクを負う人の心を苦しめていると私が思っている事は一つの
危険な兆候ではなく、リスクの大きな毛玉の中に繰り返された複数の危険な兆候である。そしてすべてが政策に関する事だ。

1. The easiest to understand is China. The fall in credit, property prices and industrial activity are the result of a deliberate government effort to corral inflation and rebalance from investment towards consumption. The downsides of China's tiao kong  (”macro control”) are well known: state-directed allocation of credit and investment is wasteful and distortionary. But the upside is that when the taps are opened, the effect is almost immediate. 

1. 理解が最も簡単なのは中国だ。与信枠、不動産価格、産業活動の低下はインフレを取り囲み、投資から消費へのバランスを取り戻す為の入念な政府の取り組みの結果だ。中国の宏观调控(マクロコントロール)の否定的側面はよく知られている。:与信枠と投資の国家の直接の割当は無駄があり、歪みがでる。しかし、肯定的な側面は準備ができていればその効果は殆ど直裁的だということだ。

For example, businesses routinely pay their bills with bank drafts. When the authorities increase bank reserve ratios, those drafts immediately become harder to come by. Investors have learned to put enormous faith in tiao kong: as quickly as the authorities put the brakes on, they can release them. 

例えば、通常、商取引は銀行の手形でその請求書を支払う。当局が銀行の準備金比率を引き上げると、こうした手形は直ちに手に入れにくくなる。投資家はマクロコントロールに多大な信頼を置く事を学んで来た。:当局がブレーキを踏むや否や、彼らはそれを始動する事が出来る。

今日はこれまで。明日も続く。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 03:57コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓