2012年06月30日

世界の不安定な経済2

さあ、 土曜日だ。今日は朝から英語の勉強と昼からは徳山の墓参りだ。大学の仲間も一緒だ。もう彼が亡くなってから、10年以上は経つ。さて、今日も昨日の続きだ。

 “Weak data to prompt effective support,” is how Barclays headlined a typical report Friday. 
There are two problems with this optimistic take. The first is about will: authorities may be more willing to tolerate a slowdown and less enthusiastic about stimulus of the kind used in 2008 since it would delay rebalancing away from investment.  The second is about ability. China’s record of managing growth is not to be taken lightly but the policy that guarantees 8% growth with no booms or busts has yet to be invented. If China suffers a hard landing this year, it will only prove its leaders are human. Odds of a good outcome: 80%.

「効果的な(経済を)支援を促進する迫力の無いデータ」がバークレイが金曜日に象徴的な報告書に大見出しをつけたやり方だ。この楽観的な解釈に2つの問題がある。第1は意思についてだ。:当局は景気下降を寛容に扱い、そして投資を回避して、バランスを取り戻すのが遅れているので、2008年に利用した類いの景気刺激策についてはあまり熱心ではない傾向があるのかも知れない。第二は能力に関してだ。成長を管理する中国の記録は軽んじられるべきではなく、急成長もしくは不況に関係なく8%成長を保証すると言う政策はまだ考案されねばならない。中国が今年ハードランディングに苦しむとすればその指導者達が人間だと言う事を証明するだけだろう。良い結果の確率は:80%だ。

2. The most insoluble is Europe. It has faithfully followed Robert Feldman’s CRIC cycle: crisis, response, improvement, complacency. The European Central Bank bought the euro zone valuable time with its long-term loans to banks earlier this year; that time has been wasted. This is hardly a novel observation, but Greece isn’t about Greece; the euro zone can survive without it (the reverse is not necessarily true).  Whether it can survive a sudden and disorderly departure that precipitates runs on banks throughout the periphery is another matter. 

2. 最も解決できない問題はヨーロッパだ。それは忠実にRobert FeldmanのCRICサイクルに従って来た。:危機、反応、改善、怠慢。ヨーロッパ中央銀行は今年に入って既に,銀行に対して長期ローンの件で貴重な時間をユーロ圏に費やした。;その時間は無駄だった。このことは新奇な見解とは言いがたい。しかし、ギリシャはギリシャについてではない。;ユーロ圏はそれなしでやって行ける。(その反対は必ずしも当てはまらない。)存続することができるかどうかにかかわらず,周辺諸国の至る所で銀行の取り付け騒ぎを引き起こす突然の、かつ無秩序の離脱はもう一つの問題だ。

CRICサイクル:危機(Crisis)→反応(Response)→改善(Improvement)→怠慢(Complacency)→危機、というサイクルを繰り返すこと。モルガン・スタンレー証券チーフエコノミストのロバート・フェルドマンが指摘しているもの。危機が来ると急場しのぎの対策をとるが、事態が改善し景気が回復してくると、危機の根源を除去する努力を怠ってしまう。構造問題に手をつけないままの状態なので、景気が下降局面に入ると再び危機が顔を出してくる。このサイクルのつながりを根元的に断ち切らない限り、経済の再生はあり得ないと識者は指摘している。

To fireproof the euro zone, most everyone outside Germany thinks euro members should share responsibility for each other’s banks (via common deposit insurance) and sovereign debt (via Eurobonds). Germany has refused to countenance this, and presumably won’t until Greece is in the process of leaving the euro. The optimists are convinced that Germany will bend if that’s the price of saving the euro. What they may not appreciate is that there is no single “Germany” to nod his head when some line is crossed; the country is a mosaic of competing power bases who may not coalesce around a solution in time to save the region. Odds of a good outcome: 60%.

ユーロ圏を燃え上がらないようにするためにはドイツ以外の殆ど誰もがユーロメンバーはお互いの銀行(共通の銀行預金保険を通じて)そして公的債務(ユーロ債を通じて)に対して責任を共有しなければならないと考えている。ドイツはこれを支持することを拒否して来た。そして多分ギリシャがユーロを離れるプロセスの中に入るまでそうしないだろう。楽観主義者達はドイツがそのことがユーロを救う値段であれば屈服するだろうと納得している。彼等が耳を傾けようとしないのはある方針が一線を越えている時にうなずくような一つの「ドイツ」はない。;この国家はこの地域を救うためにそのうちに解決について連合しないかもしれない競合する権力の基盤の寄せ集めだ。良い成果の可能性:60%。

3. The most perplexing is America. The fiscal cliff at the end of the year is a problem in itself, and symptom of a larger problem. If all the tax increases and spending cuts programmed to take effect at year-end do so, GDP will suffer a 5% hit. Neither party wants this to happen. The larger problem this symptomises is the parties' inability to agree on any sort of stable fiscal policy that would take the place of the cliff. If they could, there wouldn't be a cliff in the first place. Optimists love to quote Winston Churchill’s line about Americans always doing the right thing after exhausting all other possibilities. 

3. 最も当惑しているのはアメリカだ。今年の終わりの「財政の崖」がそれ自体問題だ。そして、より大きな問題の兆候だ。年末に効果が現れるようにプログラムされたすべての増税と支出削減がそうするのであればGDPは5%の打撃に苦しむだろう。どの党もこのことが起こるのを求めてはいない。これが兆候であるより大きな問題はこの崖に取って代わる安定した財政政策の類いに合意する上でのこれらの党の無能である。もし彼らがそれが出来るのであればそもそも崖はなかっただろう。楽観主義者達はウィンストンチャーチルの言葉を引用する事を好むが、アメリカ人はいつもすべて他の可能性が無くなってから正しい事を行うと。

Yet Congress and the administration have precious little time and incentive to do the right thing. Countless things could happen: Republicans who thought their leaders gave away too much before could force the government to shut down or default on the debt; a lame duck Barack Obama could refuse to override the fiscal cliff and bail out president-elect Mitt Romney; and who knows what the campaign may bring. Odds of a good outcome: 70%.

けれども、議会と当局は正しいことをする為の貴重な時間とやる気を殆ど持っていない。数えきれない事が起こりえる。:共和党は彼らの指導者達が以前あまりに譲りすぎてしまったと考えていて、政府を停止させてしまうか、債務不履行をさせてしまうかも知れない。;レームダックのバラクオバマは財政の崖を乗り越える事を拒み、大統領候補のミットロムニーを救済するかも知れない。;そしてこの選挙運動が何をもたらすのか誰も知らない。良い結果の可能性:70%

The key takeaway is that while a good outcome is the likeliest scenario for each, the combined probability of all three turning out well is only one-third. And by the way, that’s without throwing in all sorts of other risks such as: Israeli attack on Iran; civil war in Syria; a victory by the populist Lopez Obrador in Mexico; and so on. Is it any wonder that the marginal investor or business would prefer to hold Treasury bonds or sit on cash? And that sort of disengagement can make economic pessimism self-fulfilling.

主要な取り上げられる事は、良い結果がそれぞれ最も可能性のあるシナリオだが、結果的にうまく行く3つすべての結合した可能性はわずか3分の一だということだ。そして、ところで、次のような他の類いのリスクを投げ出さない事だ。:イランに対するイスラエルの攻撃;シリアの内戦;メキシコの大衆主義者Lopez Obradorの勝利;など。利益が殆ど出ていない投資家や企業が国債を持つか現金を持つかのいずれかを好んでもおかしくないだろう?そしてこうした類いの離脱は経済的な悲観主義を自らその通りにさせてしまいうる。

今日はこれで終わり。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 06:25コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓