2012年10月31日

中国政府の反日運動での奨励と統制2

抗議者達とのインタビューは私服警官によって監視され、彼等は幾人かに日本に対する怒りを表現する事が許されたが、質問が個人的になると幾つかの例では速やかに介入された。彼等は抗議者達がこのデモのうわさをどのように耳にしたのかそしてどこで行ったのかを尋ねた。反米抗議行動のような過去の事例では、現地の当局者達は学生や他の人たちを組織化する事を知っていて、数を増やすために彼等をバス輸送し、そして彼等にふらせるための旗まで用意した。中国人の記者達は最近、彼等はデモが民族的、愛国的な性格について報道し、如何なる暴力も目立たせないように、宣伝担当官からの指示が与えられていた。多くのブログは抗議者達を批判することを書いていて、暴力はマイクロブログから消されていた。急速に広まったあるインタネットの記事は西安の抗議行動の指導者が現地の警察官のID写真と比較して、警察がこの抗議行動のある部分を組織化している証拠としていた。ー 現地の警察はこの主張を否定した。

Interviews with protesters were monitored by plainclothes police, who allowed some to express their anger at Japan but swiftly intervened in several cases when questions turned personal. They asked how the protesters had heard of the demonstration and where they worked. In past cases, such as anti-U.S. protests, local officials have been known to organize students and others, busing them in to increase the numbers and even providing flags for them to wave.

抗議者達とのインタビューは私服警官によって監視され、彼等は幾人かに日本に対する怒りを表現する事が許されたが、質問が個人的になると幾つかの例では速やかに介入された。彼等は抗議者達がこのデモのうわさをどのように耳にしたのかそしてどこで行ったのかを尋ねた。反米抗議行動のような過去の事例では、現地の当局者達は学生や他の人たちを組織化する事を知っていて、数を増やすために彼等をバス輸送し、そして彼等にふらせるための旗まで用意した。

Chinese journalists say that in recent days they have been given instructions by propaganda officials to report on the nationalistic, patriotic nature of the demonstrations, but not to emphasize any violence. Many blog posts criticizing the protests and violence were wiped off China’s microblogs. One post that quickly went viral compared a protest leader in Xian to the ID photo of a local police official as proof that the police were organizing some aspects of the protests — an allegation local police denied.

中国人の記者達は最近、彼等はデモが民族的、愛国的な性格について報道し、如何なる暴力も目立たせないように、宣伝担当官からの指示が与えられていた。多くのブログは抗議者達を批判することを書いていて、暴力はマイクロブログから消されていた。急速に広まったあるインタネットの記事は西安の抗議行動の指導者が現地の警察官のID写真と比較して、警察がこの抗議行動のある部分を組織化している証拠としていた。ー 現地の警察はこの主張を否定した。 

But the biggest proof of government encouragement of the protests is that they happened at all. Communist Party officials, anxious about retaining their grip on power, allow virtually no protests critical of their government. Demonstrations are banned without legal registration. But there are competing theories about who within the government is encouraging recent anti-Japan protests and why. 

しかし、抗議行動の政府によるけしかけの最大の証拠はそれらがとにかく起こったと言う事だ。共産党の当局者達は彼等の権力を保持する事に躍起になっていて、実際には抗議者達が政府への批判を許さない。デモは法的な登録が無いと禁止されている。しかし、政府の中の誰が最近の反日抗議行動を奨励しそしてなぜなのか幾つかの意見がある。

Some analysts contend that rival factions, such as the security ministry or the military, are using them to gain political power ahead of the leadership change in coming weeks that will appoint China’s top leaders for the next decade. Others point to specific banners and well-organized groups of protesters in outdated Maoist garb in certain areas as proof that supporters of recently fallen leader Bo Xilai are using the anti-Japanese demonstrations as an excuse to push their leftist ideology and rally support for Bo.

幾人かのアナリスト達は国家安全部とか軍部のような対立勢力が次の10年の中国のトップリーダーを指名する、次の数週間の指導者変更の前に政治的な権力を得るために彼等を利用していると主張している。他の人達は、最近、失墜した指導者薄煕来に支持者達が極左のイデオロギーを押し進め、薄煕来の支持を呼び集めるための口実として反日デモを利用している証拠として、ある地域に於いて、特別な垂れ幕と時代遅れの毛沢東主義者の服装をしたよく組織化された抗議者のいくつかのグループを指摘する。

Most experts believe that the party is using the demonstrations to release built-up pressure and frustration among citizens and to redirect their attention to foreign issues rather than dwelling on mounting internal problems. “Foreign threats are certainly a useful diversion during a period when people would otherwise be paying attention to the domestic issues and leadership,” said Susan Shirk, a former U.S. deputy assistant secretary of state for Asia. “This is also happening at a moment of succession, when everyone is competing with everyone else for a seat in the system. You can’t go wrong by talking tough on Japan.”
Liu Liu and Zhang Jie contributed to this report.

多くの専門家達は、この党が国民の間の積み上げられた苦悩と欲求不満を解放する為に、そして高まる国内問題をあれこれ考えるよりも外国の問題に彼らの関心を仕向ける為にデモを利用していると信じている。「外国の脅威は、人々がさもなければ、国内の問題や指導力に関心を払う時期に、確かに有効な気晴らしだ。」と元アジア太平洋局担当の次官補Susan Shirkは言った。「このことはまた引き継ぎの時に起こっている。誰もがこのシステムの中で1つの席の為に他の誰かと戦っている。あなたは日本に強気の発言をしても悪くならない。」

今日はこれまで。 昨日は寝不足をしたので、夕方一時間半ほど寝たので、夜の仕事は楽だった。研修の資料作成に入ったが、グローバルな3日間の知見の研修は後回しにして、中国の3ヶ月研修にまずはしぼることにした。2本同時に資料を作成することは無理なことがわかった。ではまた明日。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 06:42コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓