2012年12月28日

アメリカの石油大鉱脈2

化石燃料の燃焼は温室効果ガス排出を増加させる。この事は地球を過熱する。ガスにつき進む事はガスが石炭よりもクリーンなので、アメリカのガス排出を削減して来た。対照的にヨーロッパでは二酸化炭素取引システムはあるが、シェールガスを開発して来ていないので、ガスの排出は過去3年以上上昇し来ている。ヨーロッパ人達は原子力プラントを閉鎖していて、汚れる石炭に逆戻りしている。北アメリカの炭化水素の大鉱脈は巨大な利益をもたらす。アメリカは1日あたり、ほぼ1,900万バーレルの石油を消費する。輸入原油は1バーレルあたり109ドルする。このためにサウジアラビアの払う必要がないと言う事はありがたい事だ。アメリカの政府の仕事は石油とガスを循環させるべきだし、そこでは危険は無い。;しかし同時に、その燃料のすべての費用をそれを利用する人々に支払わせー 環境と地球に対する費用も含めてー そして、かれらは代替エネルギーの開発を展開しようと努める。このすべての新たなエネルギーの最大の大鉱脈はユーザーが石油とガスを消費する本当のコストを支払うかどうかだろう。

 The environmental scorecard is more mixed. Burning fossil fuels adds to greenhouse-gas emissions, which cook the planet. But the dash for gas has reduced American emissions, since gas is cleaner than coal. By contrast, in Europe, which does have a carbon-trading system but never developed shale gas, emissions have risen over the past three years. Europeans are shuttering nuclear-power plants and backsliding to filthy coal.

環境のスコアカードはより混じり合っている。化石燃料の燃焼は温室効果ガス排出を増加させる。この事は地球を過熱する。ガスにつき進む事はガスが石炭よりもクリーンなので、アメリカのガス排出を削減して来た。対照的にヨーロッパでは二酸化炭素取引システムはあるが、シェールガスを開発して来ていないので、ガスの排出は過去3年以上上昇し来ている。ヨーロッパ人達は原子力プラントを閉鎖していて、汚れる石炭に逆戻りしている。

The North American hydrocarbon bonanza offers big benefits, but also some pitfalls. The economic pluses are obvious: cheap gas yields cheap electricity, which boosts American industry, especially power-hungry sectors such as aluminium, steel and glass. Cheap gas also buoys petrochemicals firms, which use it to make useful stuff such as plastic. Also, America consumes some 19m barrels of oil a day. Imported oil costs $109 a barrel. Not having to pay Saudi Arabia for this is a boon.

北アメリカの炭化水素の大鉱脈は巨大な利益をもたらすが、また幾つかの落とし穴がある。経済的な脈動は明らかだ。:安いガスは安価な電力をもたらし、アルミニウム、鉄やガラスにような特に電力消費部門に対してアメリカの産業を押し上げる。安いガスはまた石化企業を元気づけ、プラスチックのような有益なものを作るためにそれを使う。また、アメリカは1日あたり、ほぼ1,900万バーレルの石油を消費する。輸入原油は1バーレルあたり109ドルする。このためにサウジアラビアの払う必要がないと言う事はありがたい事だ。

How to use a windfall wisely
It will be years before renewable energy is cheap and reliable enough to replace fossil fuels entirely. For now, hydrocarbons and the warming they bring with them are necessary evils. Rather than trying to distort their supply, the American government’s job should be to let the oil and gas flow, where it is safe; but at the same time force those who use it to pay the full costs of that fuel—including those to the environment and the planet—and seek to spread the development of alternatives.

賢く風車をどのように使うか。
再生可能エネルギーが完全に化石燃料に置き換わるに十分なほど安く、信頼出来るようになるまでに何年もかかるだろう。差し当たり、炭化水素や彼等がもたらす温暖化は必要悪だ。彼等の供給をねじ曲げようとするよりも、アメリカの政府の仕事は石油とガスを循環させるべきだし、そこでは危険は無い。;しかし同時に、その燃料のすべての費用をそれを利用する人々に支払わせー 環境と地球に対する費用も含めてー そして、かれらは代替エネルギーの開発を展開しようと努める。

America has got the first part of that right, especially when it comes to encouraging innovation. Its landowners own the minerals below their turf, giving them a huge incentive to allow exploration (unlike Europe’s). There are a few barmy rules, such as a ban on crude-oil exports, but it can still sell the refined version. Barack Obama should approve the proposed Keystone XL pipeline, which would carry Canadian oil to the Gulf of Mexico. Greens fear leakages, but overland pipes are far less risky than, say, shifting oil in trucks, and the pipe’s owners would have to pay for any clean-up.

アメリカは特に革新を奨励するようになると、その権利の最初の部分を得てきた。その土地の所有者達は彼等の土地にある鉱物を所有していて、巨大なインセンティブを与えて、開発を許可している(ヨーロッパとは違って)。原油輸出の禁止のような幾つかの馬鹿げた規則がある。しかし、まだ精製したものを売ることができる。Barack Obamaは提案されたKeystone XL pipelineを承認するべきだし、それはカナダの石油をメキシコ湾に運ぶことになるだろう。環境の団体の人たちは漏れを恐れているが、陸路のパイプラインは例えば、トラックで原油を運ぶよりもかなり危険が少ない。そして、このパイプラインの所有者は清浄の費用を払う必要はないだろう。

Where American energy policy is far less sensible is when it comes to the price reflecting the true cost. Tiny petrol taxes take no account of the damaging effects of pollution. This newspaper has long argued for a carbon tax to make dirty energy more expensive and thus curb demand. If that happened, some of the new oil might not be worth extracting: Canada’s heavy oil, for instance, emits about 6% more carbon dioxide than normal oil, which in turn can be 30% dirtier than gas. The biggest bonanza from all this new energy would be if the users paid the real cost of consuming oil and gas. 

アメリカのエネルギー政策が現在、全く良識がないと言う核心は本当の原価を反映している価格になる時だ。わずかなガソリン税は公害の悪影響を無視している。汚染源となるエネルギーをより高価なものにし,それゆえ、需要を抑制するためにこの新聞は炭素税を長い間議論してきた。それが起こると一部の原油は採掘の価値がないのかもしれない。:カナダの重油は、たとえば、通常の原油よりも、約6%より多くの二酸化炭素ガスを排出する。一方で、ガスよりも30%汚染源となっている。このすべての新たなエネルギーの最大の大鉱脈はユーザーが石油とガスを消費する本当のコストを支払うかどうかだろう。

今日はこれまで。今日の英語は難しいだけでなく、先ほどロスに着いたので、寝不足だ。昨晩から殆ど寝ないで、仕事をして来た。そうすれば、2、3日で時差が解消するだろう。だからこのブログを書いているが、徹夜しているのと同じだ。ロスは日本よりも暖かく、快晴だ。今モールから送信しようとしたが、繋がらない。日本時間の午後になってしまいそうだ。このブログを書いていたら、中国系のアメリカ人の老人がよって来て、「中国語を話せるか。」と聞いて来た。話せないと言うと、韓国人かと聞いて来た。このロスでは日本人よりも韓国人の方が多そうだ。それとこのモールには白人がいない。大半はメキシカンで、4分の一ぐらいが中国系のアメリカ人だ。ではまた明日。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 07:47コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓