2012年12月29日

ガザに戦争がなぜあるのか。

そもそもイスラエルとガザの戦争がなぜあるのか?占領に対する抵抗だとハマスと国際メディアの多くは言っている。何の占領か? 7年前、世界の目の前で、イスラエルはガザから撤退した。イスラエルは全ての移住を撤収し、全ての軍を引き上げ、全てのユダヤ人を立ち退かせ、背後に何ものも誰も残さなかった。入植者が輸出の為に果物や花を育ててきた温室を除いて。それらはガザの経済を助ける為にもとのままにした。ー パレスチナ人が引き継いだ時に壊されただけだ。それから、イスラエルは国家間の国境である為にガザとの国境を宣言し、領土に対しての如何なる主張も断念し、独立体としてパレスチナを考慮したことを意味した。実際、イスラエルは永久に最初のパレスチナ国家を創造して来た。仲間のイスラム諸国によって許されなかったことだ。ー オスマントルコもエジプトもそうではなかったし、1967年の6日間戦争でイスラエルによって排撃されるまでは20年間の間彼らはガザを容赦なく占領した。

この記事はイスラエルを支持する記者が書いている。そう言う意味では面白い。

これはワシントンポストだ。

Why was there war in Gaza?
By Charles Krauthammer, November 23

ガザに戦争がなぜあるのか?

Why was there an Israel-Gaza war in the first place? Resistance to the occupation, say Hamas and many in the international media. What occupation? Seven years ago, in front of the world, Israel pulled out of Gaza. It dismantled every settlement, withdrew every soldier, evacuated every Jew, leaving nothing and no one behind. Except for the greenhouses in which the settlers had grown fruit and flowers for export. These were left intact to help Gaza’s economy — only to be trashed when the Palestinians took over.

そもそもイスラエルとガザの戦争がなぜあるのか?占領に対する抵抗だとハマスと国際メディアの多くは言っている。何の占領か? 7年前、世界の目の前で、イスラエルはガザから撤退した。イスラエルは全ての移住を撤収し、全ての軍を引き上げ、全てのユダヤ人を立ち退かせ、背後に何ものも誰も残さなかった。入植者が輸出の為に果物や花を育ててきた温室を除いて。それらはガザの経済を助ける為にもとのままにした。ー パレスチナ人が引き継いだ時に壊されただけだ。

Israel then declared its border with Gaza to be an international frontier, meaning that it renounced any claim to the territory and considered it an independent entity. In effect, Israel had created the first Palestinian state ever, something never granted by fellow Muslims — neither the Ottoman Turks nor the Egyptians who brutally occupied Gaza for two decades before being driven out by Israel in the 1967 Six-Day War.

それから、イスラエルは国家間の国境である為にガザとの国境を宣言し、領土に対しての如何なる主張も断念し、独立体としてパレスチナを考慮したことを意味した。実際、イスラエルは永久に最初のパレスチナ国家を創造して来た。仲間のイスラム諸国によって許されなかったことだ。ー オスマントルコもエジプトもそうではなかったし、1967年の6日間戦争でイスラエルによって排撃されるまでは20年間の間彼らはガザを容赦なく占領した。

Israel wanted nothing more than to live in peace with this independent Palestinian entity. After all, the world had incessantly demanded that Israel give up land for peace. It gave the land. It got no peace. The Gaza Palestinians did not reciprocate. They voted in Hamas, who then took over in a military putsch and turned the newly freed Palestine into an armed camp from which to war against Israel. It has been war ever since.

イスラエルはこの独立したパレスチナ国家と平和に暮らして行く以上のことを求めていなかった。結局のところ、世界がひっきりなしに、イスラエルが平和の為に土地を諦めることを要求してきた。イスラエルは土地を与えた。平和は得なかった。ガザのパレスチナ人は恩を感じなかった。彼らはハマスに投票した。ハマスはその後、軍事クーデターでひっくり返した。そして新たな自由なパレスチナをイスラエルと戦争をする為の軍事キャンプに変えた。それ以来戦争をして来た。

Interrupted by the occasional truce, to be sure. But for Hamas a truce — hudna — is simply a tactic for building strength for the next round. It is never meant to be enduring, never meant to offer peace. But why, given that there is no occupation of Gaza anymore? Because Hamas considers all of Israel occupied, illegitimate, a cancer, a crime against humanity, to quote the leaders of Iran, Hamas’s chief patron and arms supplier. Hamas’s objective, openly declared, is to “liberate” — i.e., destroy — Tel Aviv and the rest of pre-1967 Israel. Indeed, it is Hamas’s raison d’etre.

確かに、時折の停戦によって中断されている。しかしハマスにとって停戦ー hudnaーは次のラウンドの為に力を蓄える為の戦術でしかない。それは我慢したり、平和を提供しようとすることを決して意味していない。しかし、ガザをもう占領しようとしていないのに、なぜか?ハマスが重要なパトロンであり、武器の提供者のイランの指導者達に示す為に占領していて、非合法で、人道に反したガンであり、犯罪であるイスラエルのすべてを考えているからだ。ハマスの目的は公になっているが、テルアビブと1967年以前のイスラエルの他の部分を「解放」ーすなわち破壊ーする為である。それはハマスの存在理由だ。

Hamas first killed Jews with campaigns of suicide bombings. After Israel built a nearly impenetrable fence, it went to rockets fired indiscriminately at civilians in populated areas. What did Hamas hope to gain from this latest round of fighting, which it started with a barrage of about 150 rockets into Israel? To formally translate Hamas’s recent strategic gains into a new, more favorable status quo with Israel. It works like this:

ハマスは初めて自爆テロで、ユダヤ人を殺した。イスラエルが殆ど通過する事の出来ない柵を作ったあとで、密集地域の市民に対して無差別にロケット弾を発射した。ハマスはイスラエルに150のロケット弾の集中攻撃を始めて、この最近の一連の戦闘から何を得ようとしたのか?イスラエルとの新たなより有利な現状に公式にハマスの最近の戦略的な利益を移すために。それはこのように機能する。:

今日はこれまで。昨晩は3時間で目が覚めてしまったので、今朝は1時半から仕事をしている。もう12時間が過ぎようとしている。さすがに眠いが我慢している。本の校正の方は一回目が終了し、あともう一回行うから、明日一杯だ。ではまた明日。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 06:23コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓