2013年04月28日

バラクオバマのトルコとイスラエル2/アメリカの製造業の再興

オバマは彼の第二期の最初の外国訪問で、この取引はすばらしい成果であった。このことは彼らのまわりの地域が混乱している時にイスラエルとトルコの間の外交関係を再び確立した。トルコとイスラエル双方はシリアと国境を接している。そこは内乱が3年目に入っている。「我々はこの2国間の通常の関係を持たなかったことを今やこの2年のあいだ、後悔して来ている。」と政府高官はヨルダンに向かう Air Force Oneの中で記者団に語った。「そして我々は彼らとともに仕事をして来て、双方に、彼らとの間に手を差し伸べ、相互の違いを乗り越えようとさせて来た。」

The deal was a coup for Obama, on his first foreign visit of his second term. It reestablished diplomatic relations between Israel and Turkey at a time when the region around them is in turmoil. Both Turkey and Israel border Syria, which is entering its third year of civil war. “We have regretted for a couple of years now the absence of normal relations between those two countries,” a senior Administration official told reporters on Air Force One en route to Jordan. “And we have worked with them and urged them both to reach out and try to put their differences between them.”

オバマは彼の第二期の最初の外国訪問で、この取引はすばらしい成果であった。このことは彼らのまわりの地域が混乱している時にイスラエルとトルコの間の外交関係を再び確立した。トルコとイスラエル双方はシリアと国境を接している。そこは内乱が3年目に入っている。「我々はこの2国間の通常の関係を持たなかったことを今やこの2年のあいだ、後悔して来ている。」と政府高官はヨルダンに向かう Air Force Oneの中で記者団に語った。「そして我々は彼らとともに仕事をして来て、双方に、彼らとの間に手を差し伸べ、相互の違いを乗り越えようとさせて来た。」

Netanyahu on Saturday said the deteriorating situation in Syria and both countries’ concerns about the regime’s chemical and biological weapons prompted the reconciliation. Still, Erdogan warned on Sunday that normalization of relations would not be immediate. Turkey will wait for Israel to pay the families compensation before embassies in either country would reopen.

土曜日にNetanyahuはシリアの悪化している状況とこの政権の化学並びに生物兵器についての両国の懸念が和解を促したと言った。まだ、Erdoganは関係の正常化はすぐではないだろうと日曜日に警告した。トルコは両国の大使館が再開する前にイスラエルが家族の補償費用を支払うのを待つだろう。

Netanyahu told Erdogan that Obama had spent the last two days convincing him of “the importance of regional relations, the importance of Turkey-Israel cooperation, and that is what led him to take this initiative now,” the Administration official said. Up until the flotilla incident, Turkey and Israel had enjoyed close relations. Turkey was the first Muslim country to recognize Israel, though tensions began to fray in 2003 after Erdogan, who has Islamist ties, was elected Prime Minister of Turkey.

Netanyahuはオバマが最後の2日間を使って、「地域の関係の重要性、トルコとイスラエルとの協力の重要性を彼に納得させ、そして現在、そのことが彼にイニシャティブをとらせたことだ。」と言うことをErdoganに語った。と当局は言った。小型艦隊の事故まではトルコとイスラエルは親しい関係を享受して来た。イスラム教徒と連携を持っているエルドアンがトルコの首相に選出された2003年に緊張が始まったけれどもトルコはイスラエルを理解する最初のイスラム教の国家だった。

次の記事はタイムだ。
Is the U.S. Manufacturing Renaissance Real?
By Rana Foroohar and Bill Saporito
March 28, 2013

アメリカの製造業の再興は本当か?

welder

A worker welding the outside of a safe at the Champion Safe Co. manufacturing facility in Provo, Utah, on Wednesday, Feb. 22, 2012.

2012年2月22日水曜日にユタのプロボのChampion Safe Co.の製造工場で金庫の外部を溶接している作業者

U.S. manufacturing is back. That’s been the conventional economic wisdom now for several months, and there’s plenty of proof to back it up – rising factory output, strong manufacturing production gains, and lower labor costs that make American workers more attractive. Couple that with the natural gas boom underway in the U.S., which many experts believe will lower energy costs for U.S. manufacturers, and you’ve got a resurgence of a sector that has been shrinking as a percentage of the economy for several decades. 

アメリカの製造業は戻っている。それが現在数ヶ月の間世間一般の経済の見解であった。そしてそれを裏付ける数多くの証拠がある。ー 増大する工場の生産高、強い製造の生産損益の増加、アメリカの労働者をより魅力的にさせる低い労務費。それに合わせて、アメリカで進行中の天然ガスブーム。それはアメリカの製造業者のエネルギーコストを下げると多くの専門家は信じている。そしてあなたは何十年もの間この経済の割合を縮小させて来た部門が復活している。

“We are probably the most competitive, on a global basis, than we’ve been in the past 30 years,” says GE CEO Jeff Immelt. “Will U.S. manufacturing go from 9% to 30% of all jobs? That’s unlikely. But could you see a steady increase in jobs, over the next quarters and years. I think that will happen.”

「我々は多分過去の30年に於いて、グローバルベースで最も競争力があるだろう。」とGE CEOのJeff Immeltは言っている。「アメリカの製造業は全ての雇用のうちの9%から30%まで行くのだろうか?そんなことはありそうもない。しかし、次の数四半期と数年にわたって、あなたは雇用の着実な増加を見ることが出来るだろうか。私はそれが起こると思う。

日曜日、今日はこれまで。昨日は1日、2冊目の本の最終稿をチェックしていた。結局終わらず、羽田の出発まで、かかりそうだ。それでも今日中に終わる。中国ヘッドラインの原稿書きは飛行機の中だろう。今日は台北に移動だ。ではまた明日。明日からが暫く台北からの寄稿だ。時差が1時間ある。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 07:02コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓