2013年04月30日

アメリカの製造業の再興3

それから生産性の数字をどのように見るかの問題がある。アメリカの生産性はここ数年のわたって、いわば、中国と比較して上がって来ていて、中国は変化していないし、(そしてまた賃金の上昇に苦しんでいる)ので、その大きな疑問はどれほど上昇するのかと言うことだ。材料科学や「企業のインターネット」の進展がアメリカの有利に製造業をどのように新たにしているかを考えると、我々はそこに成長の可能性を牽引する理由があると思う。

Then there’s the question of how to look at the productivity numbers. While U.S. productivity is up over the last several years relative to, say, China, which has been flat (and also suffers from rising wages), the big question is how much more it can go up. We feel there’s reason to be bullish on the growth potential there, given how materials science and the evolution of the “industrial internet” are fundamentally reshaping manufacturing in the U.S.’s favor. 

それから生産性の数字をどのように見るかの問題がある。アメリカの生産性はここ数年のわたって、いわば、中国と比較して上がって来ていて、中国は変化していないし、(そしてまた賃金の上昇に苦しんでいる)ので、その大きな疑問はどれほど上昇するのかと言うことだ。材料科学や「企業のインターネット」の進展がアメリカの有利に製造業をどのように新たにしているかを考えると、我々はそこに成長の可能性を牽引する理由があると思う。

The once separate steps of designing a product, making or buying the parts, and then putting everything together are beginning to blend — a consequence of technologies such as additive manufacturing and 3-D printing. It means that manufacturing wants to be closer to engineering and design — a dynamic that would likely benefit the U.S., which still rules those high-end job categories. Add the ability to include sensors in every part and process, and you’ve got a whole new manufacturing ecosystem that allows companies to accelerate product development cycles and deliver more variety and value more quickly to ever more fickle consumers.

製品を設計し、部品を製造、もしくは購買し、それから全てを一緒にするかっての個別のステップは混ざっていている。ー 積層造形や3-D印刷のような技術の結果として。そのことは製造業が設計や技術に近づこうとしていて、ー アメリカに利益をもたらすような原動力であり、それはまだハイエンドの職域に位置づけられている。この能力に全ての工程にセンサーを取り入れることに加え、そしてあなたは新しい製造業の環境を得ることになり、企業が製品開発サイクルを早め、より多くの多様性と価値をもっと多くのきまぐれな消費者により素早く提供することが出来る。

Of course, the jobs that are being created aren’t your father’s (or grandfather’s) factory jobs of knocking in four bolts a minute for eight hours a day. The new economics of Made in the USA are built in large part around acquiring cutting-edge technologies ahead of global competitors and then using those new techniques to produce more efficiently on super-automated factory floors. And while all the technology will translate into higher end jobs, it will also mean — barring dramatic growth — fewer jobs overall, especially in the middle. Positions will either be high end, or lower paid, since workers still have to compete with cheaper overseas labor (even with wage inflation in China, it will be years before the Chinese are on par with U.S. wages).

もちろん、造り出された雇用は1日8時間、一分間で4つのボルトを打ち込むようなあなたの父親のやったこと(もしくは祖父の)ではない。アメリカ製の新しい経済は主に、グローバルの競争相手に先んじた最新のテクノロジーを取得し、そしてそれから超自動化された工場でより効率的に製造する為にこうしたら新たな技術を利用することで形成されいてる。そしてこの全ての技術がよりハイエンドの雇用に転換されて、それはまたー劇的な成長がなければ、ー 特に中間層に於いて、全体的により少ない雇用を意味する。立場はハイエンドであるが、低い給与であり、労働者達は海外のより安い人たちと未だ競争しなければならないからだ。(中国に於いて給与のインフレかがったにしても、中国がアメリカの賃金に同等になるには何年もかかるだろう。)

It’s no accident that many of the new manufacturing clusters in the U.S. are in the South, where unions hold less power. “Yes, manufacturing is coming back, but it’s evolving into a very different type of animal than the one most people recognize today,” says James Manyika, director of McKinsey Global Institute, which recently did an exhaustive study on this shift entitled “Manufacturing the Future.” “We’re going to see new jobs, but no where near the number some people expect, especially in the short term.”

アメリカの多くの新しい製造業の集団は組合の力が弱い南部にあるのは決して偶然ではない。「そうだ、製造業は戻って来ているが、今日殆どの人たちが知っているものよりも全く違ったタイプの動物に進化している。」とMcKinsey Global Instituteの理事のJames Manyikaは言うが、そこは最近、「将来を製造する」と言うタイトルのこの変化に対しての徹底的な調査を行った。「我々は新しい雇用を探そうとしている。しかし幾人かの人々が期待している数に近いものは何処にもない。特に短期間では。」

火曜日、今日はこれまで。昨日は忙しかった。海外はいつも忙しい。今日はネットは繋がったのだが、このブログを更新出来なかったので、遅くなってしまった。ではまた明日。




これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 11:17コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓