2013年06月30日

中国の景気停滞と贅沢品市場2

そこで一体何が起こっているのか?中国は高級品産業の最大の市場のようだ。しかし、たやすく手に入れることが出来る儲けはもうなくなった。贅沢品の企業は容易に幸運をつかんで来た沿岸都市を飛び越えて危険を冒して進み、新たなタイプの顧客とニッチの市場を開拓し、新たなビジネスモデルで実験を行わなければならない。そのことは取り組む価値があるだろう。昨今の心配にもかかわらず、コンサルティング企業のBain & CompanyのBruno Lannesは「中国人は最も重要な贅沢品の消費者になってきていて、そして長い間そうであり続けるであろう」と言っている。彼の企業はグレーターチャイナ(台湾、香港、マカオを含めた)に於ける嗜好品の売上は今年6-8%成長し、350億ドルを越え、結局アメリカに次ぐ第2の嗜好品の市場にになっていると予測している。

So what is really going on? It seems that China remains the biggest prize in the luxury industry, but the low-hanging fruit is gone. Luxury firms must now venture beyond the coastal cities where they have made easy fortunes, cultivate new types of customers and market niches, and experiment with new business models. It will be worth the effort. Despite the recent troubles, Bruno Lannes of Bain & Company, a consultancy, insists that “Chinese have become, and will remain for a long time, the most important luxury consumers.” His firm estimates that luxury sales in greater China (which includes Taiwan, Hong Kong and Macau) will grow by 6-8% this year, to exceed $35 billion, making it a luxury market second only to America.

そこで一体何が起こっているのか?中国は高級品産業の最大の市場のようだ。しかし、たやすく手に入れることが出来る儲けはもうなくなった。贅沢品の企業は容易に幸運をつかんで来た沿岸都市を飛び越えて危険を冒して進み、新たなタイプの顧客とニッチの市場を開拓し、新たなビジネスモデルで実験を行わなければならない。そのことは取り組む価値があるだろう。昨今の心配にもかかわらず、コンサルティング企業のBain & CompanyのBruno Lannesは「中国人は最も重要な贅沢品の消費者になってきていて、そして長い間そうであり続けるであろう」と言っている。彼の企業はグレーターチャイナ(台湾、香港、マカオを含めた)に於ける嗜好品の売上は今年6-8%成長し、350億ドルを越え、結局アメリカに次ぐ第2の嗜好品の市場にになっていると予測している。

But even that does not tell the full story. China’s rich are travelling more and farther, and do lots of luxury shopping on their travels, especially in Europe, whose weak currencies encourage Chinese visitors to splash out. Measured by the nationality of the buyer, China is now the world’s biggest luxury market, and growing fast (see chart). Last year mainland Chinese took 83m foreign trips, up 18.4% on 2011. Global Blue, a big tax-free-shopping firm, says its refunds to Chinese shoppers shot up by 58% last year to more than 24 billion yuan ($3.9 billion).

しかしそのことでも全てのことを語ってはいない。中国の金持ちはより多くの人がより遠くに旅行している。そして、彼等の旅行で、多くの贅沢品の買い物をしている。特にヨーロッパに於いて。そこの弱い通貨は中国人の訪問者達に派手にお金を使わせている。買う人の国籍によって分類すると、中国が現在世界最大の贅沢品の市場だ。そして急速に成長している。(表参照)昨年大陸の中国人は8300万人が海外旅行をしていて、2011年に18.4%上昇した。Global Blueは大きな免税店の企業だが、中国人の買い物客への税金の払戻が昨年58%上昇し、240億元(39億ドル)以上になった。



販売の洗練さ
国や地域の贅沢品の販売高 単位:10億ドル/2012年


ダース単位のハンドバックの購入
消費者の国別の贅沢品市場 %
この表では2012年では中国人が世界のマーケットの25%を占めているという意味。

To make the most of this trend, firms need to rejig their shops worldwide. They need Mandarin-speaking assistants, VIP rooms big enough to accommodate large tour parties and payment systems that can handle Chinese credit cards. Philippe Leopold-Metzger, who runs Piaget, a Swiss watch and jewellery brand, says he regards the firm’s outlets in China itself more as showcases than profit-earners: half of his global business comes from mainlanders, but they mostly buy while on foreign trips.

この傾向を最大限に活用する為には企業は世界中の彼らの店を再編成する必要がある。彼らは中国語が話せるアシスタント、大きな旅行団体を収容するに十分な大きさのVIPルーム、そして中国のクレジットカードを取り扱うことの出来る支払いシステムが必要だ。スイス時計と宝石のブランドのピアジェを運営しているPhilippe Leopold-Metzgerはこの企業の中国に於ける直販店は利益を稼ぐよりもショーケースとして見ていると言っている。:彼のグローバルビジネスの半分は大陸の人たちだが、彼等は殆どが海外旅行をしている時に買っている。

That said, there are still plenty of opportunities to expand sales inside China. Kent Wong, managing director of Chow Tai Fook, the world’s largest jeweller, with over 1,700 sales outlets on the mainland, says their takings are continuing to grow. Any weakness is seen chiefly in coastal cities exposed to China’s struggling exports. In the interior, where locals are not yet used to foreign shopping jaunts, “middle-class incomes are still rising.”

そのことはまだ中国の内部で売上を拡大する多くの機会があるということを言っている。世界最大の宝石業者で、大陸に1700店舗以上のある周大福(Chow Tai Fook)の経営者であるKent Wongは彼等の売上は成長し続けていると言っている。中国の不振の輸出にさらされている沿岸都市が主に弱いようだ。内陸部ではそこの現地の人たちはまだ外国への買い物旅行には慣れていないが、「中間層の所得はそれでも増大している。」

日曜日、今日はこれまで。昨日は英語の勉強をした後で、両親を訪問。そのあとは人形町経由で小川町。大分歩いたので、疲れた。今日は午前がスケートで、午後は新大久保で新規事業の仕事の話。ではまた明日。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 07:53コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓