2013年07月30日

安倍政権はどうなる?2

Now the LDP has a much freer rein. The election result also shows that some key opponents of the party’s economic-reform agenda, such as farmers, were in the event unable to punish it for adopting policies they dislike. Japan Agriculture (JA), the country’s most powerful political lobby group, which usually backs the LDP, regarded itself as having been betrayed by Mr Abe’s decision in March to join talks on the Trans-Pacific Partnership (TPP), a regional free-trade agreement which—JA reckons—will harm its members’ livelihoods. In a key battle in rural Yamagata, where JA was backing an independent politician, Yasue Funayama, against the LDP’s less-experienced candidate, Mizuho Onuma, who had been obliged to back joining talks on TPP, Ms Onuma won. This is a good omen for the coming struggle: to persuade the LDP’s vested interests to accept radical third-arrow reforms.

現在、自民党は更に自由な統制力を持っている。選挙結果はまた、農家のような党の経済改革課題に対する幾つかの主要な反対する人達は結局、彼等が好まない政策を採用することに対して、懲らしめることはできなかったことを示している。農協(JA)はこの国の最も力を持った政治のロビー団体で、いつもは自民党を支援していて、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への話し合いに参加するために3月に安倍氏の意思決定によって裏切られたと考えている。この協定は地域の自由貿易の協定で、それはー 農協が見なしているが、ー 会員の生活に害を与えるだろう。田舎の山形の激戦区で、そこでは農協が無所属の政治家 Yasue Funayamaを支持していたが、TPPの話し合いに参加することに戻る義務があるとしている自民党の経験の少ない候補者Mizuho Onumaに対抗した。Onumajy女史が勝った。このことは来るべき闘争の良い前兆だ。:徹底的な3番目の矢の改革を認めるための自民党の強い関心を説得するため。

Approaching the election, there were rumours that an increasingly confident Mr Abe had started to aim for an LDP majority all to itself. That would mean no longer needing to rely on New Komeito’s support. It did not achieve that. However, a good performance by two other, smaller parties, the Japan Restoration Party (JRP) led by the mayor of Osaka, and Your Party, an up-and-coming urban-oriented party, means that Mr Abe’s most closely held personal aim, of changing the post-war constitution laid down by America in 1946, may come into reach. Pursuing it could become a distraction from the third arrow of Abenomics.

選挙が近づくとますます自信を持った安倍氏は自民党が過半数を独り占めすることを目的にしだしたと言う噂があった。そのことはもはや新公明党の支援を当てにする必要がないことを意味するのだろう。選挙はそのことを達成しなかった。しかしながら、2つの他の小さな党である大阪市長が率いる日本維新の会(JRP)そして有望で、都市指向の党であるみんなの党による好成績は、1946年にアメリカによって制定された戦後憲法の修正の、安倍氏の最もしっかりと持っている個人的な目標が達成するかもしれないと言うことを意味する。それを追求することはアベノミックスの第3の矢を妨げるかもしれないだろう。

The JRP and Your Party broadly favour constitutional revision. New Komeito, on the other hand, which draws its support from Japan’s largest lay-Buddhist organisation, Soka Gakkai, cleaves to the country’s pacifist creed as laid down by the constitution’s Article Nine. If the LDP can persuade New Komeito to soften its stance, perhaps as a way to secure key government posts, the pro-revisionists would gain the two-thirds majority they need in the upper house to start the process. In his post-election comments, Mr Abe made clear that he intends to explore the possibility of constitutional revision sooner rather than later. That comes as something of a surprise; just before the election, revising the constitution seemed to have been put on the back burner.

日本維新の会とみんなの党はおおむね憲法改正を支持している。他方新公明党は日本最大の在家の仏教徒の組織である創価学会から支持を得ていて、憲法第九条によって制定されているこの国の平和主義信条を固守している。もし自民党が多分、主要な政府のポストを確保するようなやり方で、新公明党のその立場を和らげる為の説得が出来るのであれば、憲法改正賛成派は彼らが参議院で手続きを始めるのに必要な3分の2の過半数となる。彼の選挙後のコメントで、安倍氏はすぐにでも憲法改正の可能性を調査する意向があることを明らかにした。そのことはちょっとした驚きである。;まさに選挙の前では憲法改正は棚上げにしていたようだった。

Post-election, there should at last be an answer to the question of who Mr Abe really is. His opponents reckon that his new focus on economics may have been a mere strategy to secure a big upper-house win. With that achieved, goes the theory, constitutional revision will now become Mr Abe’s chief interest, along with changing Japan’s official view of its wartime record. Campaigning to lead the LDP last autumn, Mr Abe lived up to his earlier reputation as a right-wing historical revisionist. On more than one occasion he hinted to a conservative newspaper that an Abe government could revise earlier statements which have expressed remorse for Japan’s wartime record. He has also said he regrets that during his first term as prime minister he did not pay his respects at the controversial Yasukuni shrine in Tokyo, where the spirits of convicted war criminals are revered among the nation’s war dead, on August 15th, the anniversary of Japan’s defeat in the second world war.

選挙後、結局、安倍氏が本当に誰であるのかの質問に答えがあるべきだ。彼の反対派は彼の経済に対する新たな焦点は大きな参議院での勝利を確保する為の単なる戦略であったかもしれないと見なしている。そのことが達成されたので、理屈からすると、憲法改正は今や安倍氏の主要な関心事になっているだろう。その戦時記録の日本の公式な見解を変えることと合わせて。昨秋自民党を主導する為の選挙運動に於いて安倍氏は右翼の歴史修正主義者としての前評判に応えた。一度ならぬ機会に彼は日本の戦時記録に対して良心の呵責を表現して来た前の声明を安倍政権は修正しうることを保守系の新聞に示唆した。彼はまた彼が首相としての最初の任期の間、第二次世界大戦の日本の敗戦記念日である8月15日に東京の、議論のある靖国神社に参拝しなかったことも後悔していると語ってきた。そこは有罪判決を受けた戦争犯罪の霊がこの国家の戦死者とともに祀られている。

火曜日、今日はこれまで。もう7月も終わりなので、予定がだんだん少なくなって来ている。この機会に、今までの仕事の流れと、次の作業を考えている。一番の修正はこのブログの進め方だ。今までは翻訳をして来たが、8月半ばからは要約に変えたい。そうすれば、作業時間が3分の一になり、3時間が1時間ですむようになる。その2時間を次の本の作成の時間に当てたい。このブログの読者はこの5年間100名で低迷して来た。フェースブックとツウィッターで参照している人もかなりいるのではあるが。さらに、このブログで、次の本の内容を公開して行きたい。今日から朝30分スケボーの練習をこのマンションの外で行うことにした。6時前なら誰もいない。オートバイの時と違って、場所はいらないので、何処でも出来る。ではまた明日。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 06:15コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓