2013年07月31日

安倍政権はどうなる?3

Governing, say Mr Abe’s close advisers, is not the same as campaigning. But as the prime minister’s popularity soared this spring he sparked anger in South Korea and in China by appearing to question the 1995 Murayama apology (his government quickly backtracked). Already, says Jakob Edberg, of GR Japan, a political consultancy in Tokyo, there are signs that after six months of unity and intense discipline ahead of the election, different voices within the LDP are now competing to control the policy agenda. There are calls for quick “attack” on both the economic reform front, and also on constitutional revision, he notes. A key signal will be whether or not Mr Abe chooses to visit the Yasukuni shrine on August 15th. Such a visit would send a chilling message to Japan’s neighbours in the region, and also to the more left-leaning voters Mr Abe represents.

安倍の側近が言うには政権運営は選挙運動とは同じではない。しかし、首相の人気がこの春、上昇しているので、彼は1995年の村山の謝罪(彼の政府がすぐに撤回した。)に疑問を呈することによって韓国や中国での怒りに拍車をかけた。既に、東京の政治コンサルタント会社のGR JapanのJakob Edbergが言っているように、選挙の前の調和と強い規律の6ヶ月が経って、自民党内部で異なった意見が政策課題を統制する上で、張り合っている。経済改革の前面とまた憲法改訂の双方に鋭い「攻撃」の要求があると彼は言う。主要なメッセージは安倍氏が8月15日に靖国神社に参拝することを選択するかどうかだろう。そうした参拝はこの地域の日本の近隣の諸国に冷えきったメッセージを送るだろう。そしてまた安倍氏を選んでいるより左翼系の投票者達に対しても。

There are other compelling reasons to concentrate on Abenomics instead. With the first two arrows of the programme already fired, foreign investors are watching closely to see if the third will reach its target. If Mr Abe slackens the pace on economic reform to concentrate on the constitution, says someone close to him, there could be a run on the equity and bond markets. The government must soon make a difficult decision on whether or not to raise a crucial tax on consumption in April 2014. To offset the tax’s dampening effects, strong structural reforms aimed at boosting growth will be essential.

そのかわり、アベノミックスに集中的に取り組む他の切実な理由がある。既に実行されているこのプログラムの2つの矢とともに、外国の投資家達は3番目が目標に到達するかどうかを見る為に常に監視している。もし安倍氏が憲法改正に集中した為経済改革のペースが弱まるのであれば、彼の側近の誰かが言っているが、株式と債券市場への取り付け騒ぎが起こるかもしれない。政府は2014年4月の極めて重要な税金を上げるかどうかの困難な意思決定をすぐにしなければならない。税金の景気の足を引っ張る影響を相殺する為に成長を押し上げる目的の強力な構造改革が必須だろう。

 Mr Abe now looks to be in a stronger position than any Japanese leader has been since Junichiro Koizumi, the prime minister from 2001 to 2006. He is not expected to face a general election until 2016. And yet his support could evaporate quickly. Overall turnout on July 21st was low, which suggests the party may have thinner support than its winnings would seem to indicate. Just 53% of those eligible to vote went to the polls: a 20-year low, according to Koichi Nakano of Sophia University. Only about one in six Japanese actively backed the LDP. 

安倍氏は2001年から2006年までの首相である小泉純一郎以来、日本の如何なる指導者よりもより強力は立場にあるようだ。彼は2016年まで総選挙を行うことはない。そしてけれども彼の支持は消滅するかもしれない。7月21日の全体の投票率は低かった。この党がその勝利が示しているよりかは支持が少ないかもしれないことを示唆している。有権者のわずか53%が投票した。:上智大学の中野浩一によれば20年来最低だ。日本人の約6人に一人しか前向きには自民党を支持していなかった。

Having swung wildly away from the LDP in 2009, in favour of the DPJ, and then back again in 2012, the voters are as volatile as ever. For the time being, the DPJ is on the ropes; it won a miserable 17 seats and now faces pressure to split or reshape itself radically. But voters could easily swing away from the LDP again in 2016, to whatever opposition grouping has formed in the meantime. These results have delivered a resounding cheer for Abenomics, but there is everything still to prove. 

2009年に民主党を支持して、自民党からひどく離れてしまって、そしてそれから2012年に再び戻ったので、有権者達は相変わらず移り気だ。当面の間、民主党は瀬戸際だ。;民主党は惨めな17議席を勝ち取り、現在徹底的にそれ自身が分裂するか再建するかの圧力に直面している。しかし、有権者は2016年に再び自民党から容易には慣れてしまいうるだろう。その間に反対派がどのような集団が形成されようと。こうした結果がアベノミックスの際立った喝采をもたらして来た。しかし、依然として立証するべきあらゆることがまだある。

水曜日、今日はこれまで。昨晩は久しぶりにアクセンチュアのOBの会合があった。楽しいひとときだったが、食べ過ぎた。今日は朝からアポがあって、午後から本当に久しぶりに名古屋だ。一泊の予定で、明日帰る。今日も会食なので、食べ過ぎが心配だ。では又明日。



 


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



swingby_blog at 06:22コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓