2013年09月25日

ロシアがシリアの化学兵器の廃却提案を出して来て、アメリカは渋々それに乗らざるを得ない状況となった。

これはエコノミストだ。

The Syria deal
Russian reading
Sep 14th 2013, 22:46 by J.P.P. | WASHINGTON, D.C.

アメリカとロシアがシリアの化学兵器を移動するか破壊するかの合意をした。一週間でその在庫をアサド政権は明らかにしなければならない。それは大変なので、ロシアの対外情報庁(SVR。KGBの後の組織。)が支援するだろう。アサド政権は2014年の半ばまでに化学兵器を処分しなければならない。シリアがその条件に応じることができないと国際連合憲章第7章の適用となり、国連軍の出動の可能性が出て来る。それの判断はアメリカ、ロシアそれぞれが違って来るかもしれない。

この化学兵器の処分の提案はアメリカ軍の軍事介入の阻止がロシアの目的で、アメリカはアサドへの攻撃を阻止されることによって今までの戦略の実行が袋小路に入ってしまうことになる。そうなると、ロシアはアサド政権を弱めることはしないで、アサドの軍隊は再編成をして、やがては反対派を粛正することになるかもしれない。それはプーチンのやり方かもしれない。もう一つの考えはシリアが他の国へ出て行ってサリンガスを使ったりして侵略しないようにすることだ。その考えはアメリカも同じだ。

国内のアメリカの政治の観点からは議会は当面シリアを攻撃する決議はしないだろう。国連がどう動くかだが国連がシリア制裁の決議をしなかったら、オバマは再び議会に訴えるであろうが、議会が否決したら、シリアの内戦は棚上げとなり、暫くは予算の問題とか債務上限の引き上げとかの国内の問題にオバマは精を出すことになるだろう。

AMERICA and Russia have an agreement on removing or destroying Syria’s extensive collection of chemical weapons. The headline points are that Bashar Assad’s regime must submit a full inventory within a week. Should his government find that deadline too exacting, Vladimir Putin’s former colleagues in the SVR, the successor organisation to the KGB, can probably help out. Then the weapons must be destroyed or removed by mid-2014. If Syria fails to comply with these terms it will face a chapter seven resolution in the UN Security Council which, for those who have not looked at their copy of the organisation’s charter since 2003, is the one that covers the use of force. Compliance will be in the eye of the beholder.

大規模な貯蔵
厳しい
対外情報庁
応じる
国際連合憲章第7章(Chapter VII of the United Nations Charter)は、「平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動」を定めている。
軍事力の利用を認めているのがそれだけだ。
2003年に修正されたこの組織の憲章の中身を見て来ていない人にとって、この章が唯一の軍事出動を認めている章だと言う意味
世界の人達はこれをしらない
遵守は見ている人の目の中にあるだろう
と言うことは国連、アメリカ、ロシアの判断によって異なるだろうと言う意味

Whether this agreement works depends largely on what you think Russia’s intentions are. Some see the deal as merely a stalling tactic to head off an American military intervention that might have tipped the balance in Syria’s civil war against Mr Assad. “It requires a willful suspension of disbelief to see this agreement as anything other than the start of a diplomatic blind alley, and the Obama Administration is being led into it by Bashar Assad and Vladimir Putin,” say Senators John McCain and Lindsey Graham.

情勢を変化させる
行き詰まった
食い止める
不信の意図的な停止
袋小路/行き詰まり 
ここではロシアがオバマを袋小路に追い込んだことを書いている

On this view, which tends to be shared by The Economist, Mr Putin has no intention of doing anything that might weaken the regime that his government has propped up with weapons, protected at the UN and which hosts a useful Russian naval base. Any ceasefire, which presumably is a prerequisite for weapons inspections, would probably benefit the regime—which has bases where its forces can regroup—more than it helps the rebels. After a pause, during which the threat of an American strike would have receded, Mr Assad could get back to the business of killing the large numbers of Syrians who do not want him as their president. This is Mr Putin as a cold warrior: anything that is bad for America must be good for Russia.

同じ考えの
強化する
停戦
おそらく
再編成する
手を引く

There is another way to read Russia, which I heard put forward by Fiona Hill at Brookings recently. On this analysis Mr Putin has no great attachment to the Assads or to Syria. What he does not want is busloads of jihadis armed with chemical weapons travelling from Syria via Chechnya to Moscow. Even the Russians can see that Mr Assad’s lot will not be able to rule over a country that resembles Syria after this war, so the important thing is to make sure that who or whatever follows the Assad regime will not have sarin gas on tap. On this, America and Russia can agree.

 Fiona Hill:10年前にブルッキングズ研究所の研究員 Fiona Hill 他が出版した"The Siberian Curse"(シベリアの呪い)では、ソ連がシベリアに眠る資源開発に膨大な経済資源を投入したことが経済効率を低下させ、体制崩壊につながったことを論証している。
アサドを強力に支援すること
バス1台の最大収容能力、バスいっぱいの乗客
lot: 集団
誰であろうと
いつでも使えるように用意されて

From the point of view of domestic politics, the agreement makes any vote on the use of force in Syria in Congress unlikely for the time being. In order to make the deal stick, Barack Obama’s administration will have to be careful not to look like it is in a hurry to launch the Tomahawks. That means trying to get a UN resolution threatening force first. If that fails then Mr Obama is back to asking Congress for its authorisation for a missile strike—and the question of what happens if the House votes no. Meanwhile, there is a government to fund and a debt ceiling to raise.

当面は
取引を印象づける為に
債務限度
この最後のところはアメリカの国内の政治事情について語っていて、国連が決議しない時にはアメリカ議会に、それでもだめなら、暫くはオバマは国内問題に集中するしかないだろうと言っている。

今日はこれまで。昨日は朝早くから病院に行ったが、いつもは待っている間中仕事をしているので、病院に行く時は逆に仕事の効率がいい。昼食会があったので、それまではその近くで仕事。午後はお客様とすれ違いで、早く会社に戻れたので、契約書を一つ作成。そのあとはもう一つの契約書で、自分が作成したものを最終レビューしたが、夜の電話会議が11時半まであったのでそのまま終了。散歩は中止して、ぶっ通しで仕事をした。夜はブログの準備。ブログをアップする前に3回チェックすることにしている。要するに3回英語を読み直している。さて、今日の夜は石油会があるので、昼食前後は明日の毎日新聞社のセミナーの準備。資料がまだ中途半端なので、大変。今週は3連休明けだけあって大変だ。この週末から、英語ともう一つ中国語の勉強を始めることにした。9年前の中国語の先生が北京から戻って来たので、この日曜日から始める。できれば、英語の後に両親のところにも行きたいが無理かな。ではまた明日。




swingby_blog at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓