2013年09月27日

公金横領、収賄、権力の乱用の罪で、中国の法廷は薄煕来に終身刑を言い渡した。かれは上訴するのか?

これはエコノミストだ。誤訳があったので今朝10時に直しました。

Bo Xilai's life sentence
End of the road?
Sep 22nd 2013, 4:07 by T.P. | BEIJING

薄煕来の終身刑
彼はこれで終わりか?

中国の法廷はこの日曜日の朝、薄煕来に終身刑を言い渡した。公金横領、収賄、権力の乱用の罪で。中国の近年の歴史において最もセンセーショナルな裁判だった。薄煕来の妻である谷開来がイギリスのビジネスマンに対する殺害で2011年に判決がくだされ、そして、数ヶ月後に、彼の側近の王はアメリカに亡命しようとした。

薄煕来は谷開来と王の陳述を激しく非難したが、裁判長はその彼の言葉を退けた。ただ、彼は死刑ではなく、終身刑であったのは彼にはその根拠があった。彼は他の高級官僚のこうした収賄とか汚職に事実を知っているはずであったが、そうしたことには一切発言はしていないからだ。

それと彼には彼を支持する毛沢東に憧れている左寄りの見解を持った人たちがいる。それに彼の家系もあるから薄煕来は積極的な抗弁に出たのかもしれない。2012年の3月から10月にかけて全ての職を解かれ、党籍も剥奪された。
ある日彼の身の潔白が証明されるまで静かに獄で過すと言ったような彼の手紙らしきものがあったようだが、彼は上告できる。この事件は汚職の問題ではなく、明らかに権力闘争だ。まだそれは終了した訳ではない。

この裁判は出来レースで、彼の過去のうち、大連での汚職の問題しか取り上げていない。彼は上訴できるが、どうなるのかわからないが、未だに彼の支持者とか力を持った関係者が多くいるから、習近平は彼の政治生命を絶つところまでで、それ以上のことは出来ないだろう。習近平としてはこの競争相手を抹消し、鉄道相の更迭の後は中国石油の高官を逮捕し、ついでに汚職を摘発することによって、国民の不満を解消しなければならない。そうした意味では今国内の貧富の格差、汚職、環境問題への政府の対応が緊急の課題であり、そうした意味では尖閣諸島の問題も愛国主義者をどうなだめて落ち着かせるかが今の習近平の本当の意図だろう。国外に目を向けている余裕がないからだ。

Bo's last stand?
A CHINESE court sentenced disgraced former leader Bo Xilai to life imprisonment Sunday morning on multiple convictions for embezzlement, bribery and abuse of power. The verdict and sentence were announced by the Jinan Intermediate People’s Court, which last month conducted Mr Bo’s five-day trial.

最後の抵抗
不祥事を起こした/汚名を負わされた
終身刑
公金横領の有罪判決
判決
中国東部・山東(Shandong)省済南(Jinan)市の中級人民法院(Intermediate People's Court、地裁)

It was a sensational trial that capped one of the most sensational political dramas in modern Chinese history. Mr Bo, the “princeling” son of one of Communist China’s founding revolutionary leaders, held numerous high posts and appeared on track to rise even further. But all that began to unravel when his wife, Gu Kailai, was implicated in the 2011 murder of a British businessman in China and then, months later, when one of Mr Bo's top lieutenants made his way to an American consulate in an apparent effort to seek asylum.

最後を締めくくる
「小君主」
明らかになる
関与させる/巻き込む
副官

In announcing the verdict the presiding judge, Wang Xuguang, dismissed the arguments Mr Bo had made in his defence, which included colourful condemnations of the testimony of Ms Gu and Mr Wang, as “ridiculous” and “full of lies”.

議長を務める
供述書に対する興味深い激しい非難

In addition to the sentence of life imprisonment, the ruling called for seizure of all his assets and a lifelong revocation of his political rights. Mr Bo did dodge the death penalty, which had seemed a remote possibility, but many analysts expected a shorter sentence than the one he got. The expectations for a relatively lenient sentence were not groundless. Mr Bo is sure to have in his possession information that could be damaging to China’s top leader, Xi Jinping, and the rest of his new government. It seems even now that he might be able to threaten to disclose it, through relatives or other associates who live abroad. 

判決は求めた
取り消し
巧妙に逃れた
可能性がありそうになかった
大目に見る
根拠のないものではなかった
財産の情報

Mr Bo also retains a strong following for his left-leaning, Maoist-nostalgic political outlook. This, together, with his elite pedigree, might have been enough to protect him from such a severe sentence. Perhaps it was Mr Bo’s decision to mount a feisty defence rather than go down quietly that led to this outcome.

支持者
左寄りの
家系
積極的な抗弁を仕掛ける
結末

Before the scandals emerged, Mr Bo was the party secretary of the province-level municipality of Chongqing and a Politburo member. Sunday’s verdict marked the latest and presumably final stage in his career’s dramatic downward spiral. He was dismissed as Chongqing party secretary in March 2012. One month later, he was suspended from his Central Committee and Politburo posts; in September 2012 he was expelled from the party. In October 2012 he was removed from his last remaining post, on the Standing Comittee of the National People’s Congress, and only after that was he prosecuted formally. 

おそらく
解任する
停職処分にする

But the verdict may not be the last stage of the drama. According to Chinese law, Mr Bo should be entitled to an appeal. In the days leading up to the verdict a report in Hong Kong’s South China Morning Post suggested he would indeed pursue that course. Prior to that, the Post had published excerpts of a purported letter from Mr Bo in which he said he would “wait quietly in the prison” until his name is one day cleared. 

上訴の資格が与えられる
判決に至る日々に於いて
その方針に従う
引用/抜粋
手紙らしきもの
ある日彼の身の潔白が証明されるまで

An appeal would not please party leaders, who have argued forcefully—though unconvincingly—that Mr Bo’s case is a simple matter of corruption, and that it “should not be interpreted as a political struggle”. There is little reason to doubt that a political struggle is precisely what the case is, and it may not be quite over yet. By law, Mr Bo would have ten days from the reading of the verdict to launch an appeal.

力強く
説得力なく
法令により

今日はこれまで。昨日は久しぶりにロスアンジェルスからきたフレッド・シールドとまきこさんと会食できた。アメリカ人で、グローバルの政治経済に関心のある人は少ない。楽しかった。そのあとは毎日新聞社の講演があった。さすが毎日新聞社で、ものすごい立派な会場だった。講演の後の懇親会はアラスカで楽しく過した。今日は昼食会の後は早稲田の白木先生のイベントが夜ある。夜の会合は3連チャンだ。しんどいが今日までだ。父親がまた入院したので、この週末は病院に行かなければならないかもしれない。ではまた明日。


swingby_blog at 07:03コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓