2013年09月30日

エジプトはムスリム同胞団を解体した。しかし、今の政府がどうなるのか、革命のときの若者はどうするのか?まさに混迷のエジプトだ(2)

昨日のエジプトの続きだ。

But if state repression is nothing new, the Brothers are being challenged as never before by the strength of feeling against them expressed by a broad swathe of Egyptians. This has been fanned by a wave of near-hysterical denigration in the press, where few voices now dare to suggest even mild sympathy for the deposed Islamists. The Brotherhood is gleefully blamed for every ill and lumped with more extreme Islamist groups, such as those fighting an armed insurgency in the borderlands of the Sinai peninsula, or those responsible for a car-bomb assassination attempt against Egypt’s interior minister on September 5th.

抑圧
かってなかったほど
エジプト人の幅広い集団
ヒステリックな中傷
退陣させられた
同情をする声は殆どない
すべての罪悪
手控えすることなく
ひとまとめにする
暴動を鎮圧するために戦っている
辺境の地

Public hostility, accompanied by cheerleading for Egypt’s army and police, has left the Brothers hard pressed to respond. Since the violent crushing of a pro-Morsi sit-in last month his supporters have tried to adjust their message. They no longer use the unpopular former president as a symbol and have stopped demanding his return to office. Their small but persistent demonstrations now chant not about “Islamising” Egypt, but more generally against tyranny and in defence of the democratic ideals of Egypt’s January 2011 revolution.

大衆の反抗
応援する
答えるのに窮する
座り込みのデモ
いつまでも続く
唱える
を守るために

The Brothers are not alone in feeling betrayed. Many non-Islamist supporters of change fear that the revolutionary pendulum has swung back with excessive vengeance. The reimposition of emergency laws made notorious during the 30-year rule of Hosni Mubarak, the release of the fallen dictator and his cronies from prison, and the demonization of political opponents as enemies of the state all smack to them of a counterrevolution by Egypt’s “deep state”, the powerful security, intelligence and judicial apparatus that grew up under Mr Mubarak.

振れる[揺れる]意見[立場・状況]◆一定の間隔で極端に変化するものを指す。 
復讐/仕返し
非常事態法を再び課すこと
取り巻き
対抗者
悪者扱いすること
彼らに対して反革命のように感じられる
「凄まじい状態」
裁判の組織


A surge of xenophobia has seen Egypt flip abruptly from a haven where 300,000 Syrians fled from civil war, to a place where many refugees now fear to venture into the street for fear of arrest or deportation. On September 19th the Egyptian coast guard, attempting to disable a fishing vessel crammed with Syrian and Palestinian families trying to escape to Europe, shot dead two refugees. Government-owned media outlets, citing security officials, now speak ominously of the need to crack down on a purported fifth column of activists, including human-rights organisations, pursuing a devious foreign agenda.

外国人嫌い
急展開
唐突に
危険を冒して通りに足を踏み入れる
国外追放
すし詰めになった
停止させる
政府系報道機関
治安当局の理由で
厳重に取りしまる
不気味な口調で
噂されている
不正な外交議題
fifth column :第五列 戦時中に、敵の内部に潜んで破壊工作や諜報活動など後方攪乱に従事する人々。
活動家

今日はこれまで。昨日は朝はスケートで、昼から中国語、英語の勉強をした。意外と、あっという間に過ぎた。家に帰ったら5時になってしまった。昨晩は9時過ぎに仕事を終えた。
最近は夜が遅いので、寝るのが遅くなってしまった。それと昨晩はなぜか3時まで寝付けなかった。こう言うことは最近無かった。今朝はそのため起きるのが遅かった。でも体調は悪くない。今日は一日会社でデスクワークだ。久しぶりだ。ではまた明日。




swingby_blog at 08:16コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓