2013年10月27日

中国の水資源は河川の消滅とともにますます枯渇して来ていて、壮大な運河の計画がその正鵠を得た答えではない。そもそも水がないのだから、その少ない水をどう利用するかが先決だ。

これはエコノミストだ。

  Water in China
Desperate measures
Rivers are disappearing in China. Building canals is not the solution
Oct 12th 2013 |From the print edition

窮余の策
消失している
運河


中国の歴代の皇帝は水を制することが国家を制する基本的な要素の一つだと見なして来た。6世紀に完成した北京から杭州まで通じる大運河もその一つだ。中国共産党中央政治局常務委員会の前の9人の委員のうち7人が水の技師だった。中国南方地域の水を北方地域に送り慢性的な水不足を解消する南水北調プロジェクトが現在のそれだ。総工費500億ドル、2,000マイルに及ぶ。

水分ストレスの国際標準で言うと一人当たり年間1,000㎥だが、中国北部はその5分の一にもみたない。中国は世界の人口の2割もいるのに水は7%しかない。1950年代は50,000あった河川が今は23,000しかない。その理由は農業や工場の水の使い過ぎから来ている。シェールガスも水がないので開発できない。こうした水の費用はGDPで換算すると2.3%になる。

この問題は環境破壊を引き起こすだろうし、中国だけでなく、ブラマプトラ川やメコン川流域の諸国に与える影響も大きいが、中国の水利には数%しか寄与しない。今までは水の供給にしか目が行ってなかったが、需要に目を向けるべきだ。まず持って、水の無駄遣いが多すぎる。ヨーロッパの水の値段の10分の一で安すぎる。水のないゴビ砂漠に100万都市を作るのはナンセンスだ。そして、環境汚染対策も大事だ。それを解決するのは水の技師ではなく、経済学者であり、環境監督官だ。

なるほどと言う論文だ。確かに水の少ないところは水の浄化とリサイクルは有用な手段だろう。廃油から食用油が10%も再生されていると聞くが、水も同様にそうした努力を行えば、結構な成果が上がるのかもしれない。国家の支配層が水の専門技師が多いようなので、こうした環境対策による手当が薄いと言うことはうなずける。


CHINA’S emperors regarded control over water as one of the principal ways of controlling the country. They poured their kingdom’s resources into vast projects such as the Grand Canal between Beijing and Hangzhou, which was finished in about 500AD. The country’s Communist leaders have inherited this passion. Eight of the nine members of the previous Politburo’s standing committee were engineers and a former president, Hu Jintao, was a water engineer. The country has built as many large dams as the rest of the world put together.

大運河 中国東部,北京から杭州まで通じる運河
中国共産党中央政治局常務委員会

The Grand Canal now forms a link in one of the biggest engineering projects the world has ever seen, whose first stage is due to open by the end of this year. It goes by the unlovely name of the South-North Water Diversion Project. If it is ever finished it will move water along 2,000 miles of new canals, some of them across the Himalayan plateau, from the Yangzi in the south to the Yellow River in the north, at a cost of more than $50 billion.

見栄えのしない
南水北調(中: 南水北調工程)は、中国南方地域の水を北方地域に送り慢性的な水不足を解消する構想(プロジェクト)の事
排水路

日曜日。今日はこれまで。昨日はほぼ一日勉強していた。散歩の時間が一時間半。今日はこれからスケートで、午後は語学の学習。4時まで。大変だ。ではまた明日。


swingby_blog at 06:26コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓