2013年12月30日

日本はTPPへの参加に向けて農業や健康医療、金融の自由化を進めることができるのだろうか。(2)

Back at home attention is now shifting to questions about what, precisely, the LDP promised of the five sacred areas. Over the summer, when an election for the upper house of parliament was ahead of them, the LDP had feared a backlash from anti-TPP farmers and their powerful lobbying group, Japan Agriculture (JA). It pledged promptly to withdraw from talks on the TPP if the five areas were not to be defended. On the campaign trail in Yamagata, a rural heartland to the north of the country’s main island, Mr Abe wooed the crowds with a promise to protect agriculture in “Japan, the land of vigorous rice plants”.

より先だって
反発
保証する/誓う
守る
同意を求めた

日本の国内に着目すると自民党がこの5つの神聖な領域に何を約束するかだった。自民党はこの夏の参院選を前にして、反TPPの農民と全農の反発を恐れた。山形では安倍は日本の農業を守ると民衆に約束し同意を求めた。

It worked; despite widespread anti-TPP sentiment in the countryside, the LDP won handily. One reason was that the farmers and JA had no other party to turn to; the Democratic Party of Japan (DPJ) also backs the TPP, mildly. But this week LDP lawmakers who were elected from rural areas are complaining that their constituents can now accuse them of outright betrayal.  In response, Mr Abe and his government can just about claim that there was always a grey area. Even before the elections in July, observers noted that “sanctuaries” were not quite the same as full “exceptions” to trade liberalisation. And Japan will lower tariffs on as little as it can in order to meet a target of liberalising 95% of products over time. It should be able to achieve that by targeting secondary agricultural products, which are slightly less sensitive. In the case of rice, for instance, that would mean rice flour and rice flakes, rather than the symbolic rice bowl itself. 

感情/心情
たやすく
頼る
地元/有権者
明白な
as little as:だけ
米粉
プレスして乾燥さえた米

反TPPの感情が広く行き渡ったとしても自民党は容易く勝った。他に投票する党がなかったからだ。農村から選ばれた自民党の議員達は有権者達がいまや彼らを完全に裏切ったことに不満を持っている。政府は聖域は貿易の自由化に対する完全な除外とは同じではないことを言っている。徐々に製品の95%を自由化する目標に会わせる為に関税を下げるだろう。その目標を達成する為には米そのものでなくても二次的な農産物でそれを達成することはできる。

Nevertheless, the government’s signal on TPP suggests that Mr Abe’s government is more firmly committed to an ambitious trade agreement than anyone had thought. Farmers and the JA, after all, are by sheer numbers the country’s most powerful vested interest. The statement also speaks well of Mr Abe’s determination to press ahead with economic reform more broadly. If he dares to disappoint the farmers, other vested interests should also tremble.

数にものを言わせて
既得権者
のことを良く言う/褒める
困難を排しながら計画を敢行する/押し進める
あえて失望させる
おびえる/恐れる

安倍政権はこのTPPに対しては以前の誰よりも並々ならぬ意欲を持っていて、それによって経済改革を押し進めようとしている。こうしたことにおびえているのは農民だけではなく他の既得権益を持った人たちもおびえるべきだろう。


30日月曜日。今日はこれまで。さあ、いよいよ来年まで後一日だ。昨日は林先生に会った。いろいろご意見を頂戴し、5時になってしまった。今日も1日研修のシナリオを考えるのと孫子をまとめよう。方向は見えて来た。国民と櫻井先生が靖国参拝を支持しているので、その反論を今日書こう。ではまた明日。

swingby_blog at 08:21コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓