2014年04月26日

アメリカ人の子供が欲しい!中国人女性が出産するためにアメリカに押し寄せている。(2)

All of which has led to a proliferation of so-called anchor babies. At least 10,000 such Chinese babies were born in America last year, according to an estimate by an online platform dedicated to monitoring and rating confinement centers for Chinese women giving birth in the States. Naturally, a thriving business catering to these tiny foreign passport holders has developed. The Jia Canadian and American Baby Counseling Services Center, with offices across China, charges between $30,000 and $40,000 to women who want to deliver babies in the States. The fee includes a plane ticket, accommodation in Los Angeles or Chicago in a two- or three-bedroom apartment or house, plus all the citizenship paperwork for the newborn. Women spend two months in the U.S. before delivery and one month postpartum. Nannies, drivers and a chef will be shared among three women, promises Jia Mei. Of course, Chinese-speaking doctors will be on call. 

anchor baby:在留許可のための赤ん坊◆米国で生まれた赤ん坊は無条件で米国の市民権が得られ、その家族にも在留許可が出るため、外国人の妊婦が正規あるいは不法に入国し、米国内で出産する子どものこと。
proliferation:急増
confinement:出産
naturally:必然的に
cater to:応える
accommodation:宿泊施設
postpartum:出産後の
nannies:乳母

それらすべてがいわゆる在留許可のための赤ん坊の急増を導いている。米国で子供を産む中国人女性のための出産センターをモニタリングし評価することを専門とするオンラインプラットフォームによる推定では、少なくとも1万人のこうした中国人の子供が去年アメリカで誕生した。必然的にこれらの小さな外国人パスポート保有者に応えるビジネスが発達してきた。中国全土にオフィスを構えるThe Jia Canadian and American Baby Counseling Services Centerは、アメリカで子供を産みたがる女性達に3万〜4万ドルの料金を請求している。この料金は、飛行機チケット、ロサンゼルスかシカゴで2、3のベッドルームがあるアパートなどの宿泊施設、更に新生児のための市民権手続きの代行料金も含んでいる。女性達は出産の2ヶ月前と出産後の1ヶ月をアメリカで過ごす。1人の乳母とドライバー、そして料理人が3人の女性を世話し、それらはJia Meiが請け負っている。もちろん、中国語を話す医者も待機している。

Last month, Jia Mei, which has been in business for seven years, helped eight clients give birth in the U.S. and another six in Canada, according to an employee surnamed Lu. The agency’s extensive website features pictures of cheerful blond kids — though it’s not clear how the average Chinese couple will produce such a child. A 24-hour online hotline allows clients in the U.S. or China to write in with any question they might have. The agency even offers a primer on how the U.S. welfare system works and recommends the best organic beauty products for pregnant Chinese staying in the States.

extensive:多方面にわたる
features:紹介する
primer:手引き

従業員のLuによると、7年間このビジネスをおこなってきたJia Meiは先月、8人の顧客を米国で、他の6人の顧客をカナダでの出産を支援した。この仲買業者の大掛かりなウェブサイトでは、ブロンドヘアーの元気のいい子供の写真を紹介している。どのように普通の中国人夫婦がこのような子供を産むのかは明らかではないが。24時間のオンライン・ホットラインは米国や中国にいる顧客が書き込んでくる如何なる質問に対しても対応している。この仲買業者はアメリカに滞在している中国人妊婦のために、アメリカの福祉制度がどのようなものかとか、最高のオーガニックな美容商品を推奨した手引書さえ提供している。

Jiang and his wife, the Shanghai couple, didn’t use an agency. An English-speaking sales manager, his wife simply procured a business visa to the U.S. — something she had successfully done before — and set up camp in Rowland Heights, Calif. The L.A. County community, among others, has become notorious for a proliferation of “maternity hotels” for privileged expectant mothers from China. Jiang’s wife has hired a nanny for her son and expects to return to Shanghai with the newborn in a month’s time, after the U.S.-passport paperwork is completed. 

notorious:悪評の
maternity hotels:出産ホテル
privileged:特別扱いされた/恩恵に浴した
expectant:妊娠している

上海の夫婦のJiangと彼の妻は仲買業者を利用していない。英語が話せるセールスマネージャーである彼の妻は、以前も彼女はうまくやってきたことだが、簡単に米国へのビジネスビザを入手し、そしてカリフォルニアのRowland Heightsに滞在場所を用意した。L.A.County communityはとりわけ、中国から特別扱いされた妊娠している母親のための「出産ホテル」が急増しているために悪評となっている。Jiangの妻は息子のために乳母を雇い、そしてアメリカのパスポート発給手続きが終了したら、一ヶ月以内に子供と一緒に上海に戻るつもりである。

China doesn’t allow for dual citizenship, so American-born babies will have to procure Chinese residency through sometimes shady means. (Yes, there are plenty of agencies that help with that task as well.) There are other catches. Eventually, young Americans, even those living abroad, are supposed to file tax returns and possibly pay taxes, something that’s not widely known among many Chinese parents. Jia Mei’s website, for instance, doesn’t mention this potential financial obligation. 

shady:いかがわしい
procure:(苦労して)手に入れる
catches:わな、問題点
tax returns :所得申告

中国は二重国籍を認めていないため、アメリカ生まれの子供は、場合によっては不正手段も使うことになるが、中国の住民権を手に入れる必要が出てくる(勿論、このような作業を助ける代行業者がたくさん存在する)。他にも問題点がある。外国に住んでいても、結局若いアメリカ人は所得申告の提出と税金の支払いをしなければならない。これはあまり中国人の両親の間では広く知られていないことである。例えばJia Meiのウェブサイトでは、金銭的な義務の可能性について言及していない。

Jiang, 31, doesn’t expect his son to return to America until he’s in junior high school and can profit from the relative freedom of the U.S. education system. But his wife has so enjoyed her time in California that she’s considering adjusting their timetable. “My wife thinks the air in L.A. is very good, and the food safety is good,” he says. “The weird thing is that many products are actually cheaper in America than in China. Maybe it makes sense for my son to live there sooner rather than later.” 

weird :奇妙な、変な
sooner rather than later:意外に早く

31歳のJiangは、彼の息子が中学校に在学しそして比較的自由なアメリカの教育システムからの利益が得る事ができるまでは、彼の息子をアメリカに戻すつもりではない。しかし彼の妻はカリフォルニアでの時間をとても楽しく過したので、彼女はアメリカで過せないか検討してる。「私の妻はロスが素晴らしく、食べ物は安全だと考えている」と彼は言う。「奇妙なのは、多く製品が中国よりもアメリカの方が実際に安い。恐らく、意外に早く息子がそこに住むことは道理にかなっているのかもしれない。」

土曜日。今日はこれまで。昨日はトクヤマの中原さんと恵比寿で会食した。彼が以前シカゴで食べていたステーキハウスの日本支店だそうだ。アメリカの肉も結構いけた。午後は4時前に自宅に戻り引越の準備をした。引越は5月3日に決めたが、その前に整理する作業が山ほどある。大物は3日に運ぶにしても8割方は事前に整理しておく必要がありそうだ。今日はいつもの研修だ。楽しい一日だ。これからその準備だ。ところで、英語の研修は7月から月2回だ。ブログの勉強会は平日の夜になる。ではまた明日。


swingby_blog at 06:42コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓