2014年05月22日

中国はイノベーションの仕方を学ぶことが出来なければ、中国の経済が米国を追い越すことは出来ないだろう。(8)

The dearth of capable managers, says Bob Boyce, CEO of Shanghai-based Blue Horizon Hospitality Group, "is the biggest thing holding our business back." Since almost none of his 800 employees had relevant experience when joining the restaurant chain, Boyce has had to train his managers from scratch, intensively immersing promising staffers in different aspects of the business and carefully moving them up into more senior positions. Some, he says, turn into top-notch managers. But he has to implement measures that probably wouldn't be necessary in the U.S. Responsibilities are broken up into narrowly defined slivers among numerous managers — one monitors the kitchen, another oversees the waiters, yet another the facilities. Boyce has designed detailed checklists and procedures on everything from how a waiter should interact with customers to personal hygiene to food preparation, all carefully monitored by a general manager. To compensate for such green management, Boyce staffs his restaurants with some 30% more people than a similar one in the U.S. "Without proper managers, everything has to be overengineered," Boyce says. 


The dearth:不足
hold back:押しとどめる 
intensively:集中的に 

immerse in:入れる

promising:見込みのある
staffer:社員 

from scratch:ゼロから、始めから
top-notch:一流の 
broken up into:に分かれる

oversee:監視する
interact with:と接触する 

hygiene:衛生、衛生学

procedures:手順、やり方

compensate:補う

green management:環境管理
ovrengineer:
に過剰な機能を持たせる


能力のある管理職の不足は「我々のビジネスを抑制している最大の課題だ」と上海に拠点を置くBlue Horizon Hospitality GroupCEOであるBob Boyceは言う。レストランチェーンに参入した時に彼の会社の800人の従業員のほぼ誰も適切な経験を持っていなかったため、Boyceはゼロから管理職達を訓練する必要があり、集中的にこのビジネスの異なった部署に有望な従業員達を配置し、そして注意深く彼らを更に上級の役職へと昇進させた。何人かは一流の管理職になったと彼は言う。彼はアメリカの責任分担では多分必要ない評価基準を多くの管理職に対して細かく定義した規定に分けて実行しなければならない。ーある者は調理場を監視し、他の人はウェイターを監視し、しかしまた他の人が設備を監督した。 Boyceはウェイターはどのように顧客と接触するべきかという事から、衛生や食事の配膳までに至る全てのやり方や細かいチェックリストを作成し、そして総支配人によって全てが注意深く監視されるようにした。こうした環境管理を補う為に、Boyce はアメリカの同等のレストランよりも30%以上も多くの従業員を彼のレストランに配置している。「適切な管理職なしでは、全てに過剰な機能を持たせる必要がある。」とBoyceは言う。


Despite these challenges, don't count China out. It has routinely silenced naysayers and defied gloom-and-doom predictions. The economy, even amid a current slowdown, remains enviably robust, expanding by 7.8% in the third quarter. And a major slate of reforms may be unveiled at a Communist Party plenum in November. Yet transforming a fractious, developing country of such gargantuan size into an economically advanced nation has simply never been done before. "You've got 50 years of business innovation in the U.S. trying to happen here in 10 years," says GGV's Richards. That may be too much to ask of any country, even China. 


count out:を数を入れない

routinely:日常的に、いつものように

naysayer:強く否定的な態度を取る人
gloom-and-doom:将来に希望が持てない 
prediction:予想/予測 
defy:否定する 

enviably:うらやましい程の

robust:活発
slate:予定表 

gargantuan:巨大な

fractious:手におえない
too much to ask:無理な注文で 


これらの難問はあるが、中国を外してはならない。その企業は日常的に強く否定的な態度を取る人たちを黙らせ、暗い見通しの予測を否定してきた。最近は減速の最中ではあるが中国の経済は羨ましいほど活発なままであり、第3四半期には7.8%成長している。そして改革の主な予定が11月の秘密党大会で公表されるかもしれない。しかし経済的に先進国に属すこのような巨大な発展途上国の手に負えない発展は、全くこれまで一度も経験した事がない。「アメリカでのビジネスのイノベーションの50年をここでは10年で起こそうとしてきている」とGGVRichardsは言う。それはどんな国でも、中国でさえ、無理な注文なのかもしれない。


COMPANIES LAG BEHIND IN TECHNOLOGY.

Some Chinese companies, most notably telecom-equipment maker Huawei, are globally competitive. But they are rare. Most lag behind in critical technology. Ask Li Shufu, founder of Hangzhou-based Geely. In 2006, Geely made history by becoming the first Chinese automaker to display a model at the North American International Auto Show in Detroit. Back then, the hard-charging Li had a grand plan to export his small sedans to U.S. consumers. That never happened. Li wisely decided his cars simply weren't ready to compete in the tough American market. "Geely needs to improve in many aspects: skills, quality, maintenance, management," he admits. 


most notably:なかでも注目すべきは

lag behind:遅れる

hard-charging:責任の重い

grand plan:壮大な計画


企業は技術で遅れを取っている

いくつかの中国企業、特にテレコム機器メーカーの「為華」Huaweiはグローバルで競争力がある。しかし彼らのような企業は稀だ。多くは重要な技術で遅れを取っている。杭州市に拠点を置いている吉利汽車の創設者であるLi Shufuに聞いてみよう。2006年に吉利汽車はデロイトでの北アメリカ国際自動車展示会にモデルを展示した最初の中国の自動車メーカーという歴史を作った。当時重い責任があったLiは、アメリカの消費者に小型セダンを輸出するという壮大な計画を持っていた。それは一度も実現されなかった。Liは彼の自動車は厳しいアメリカ市場で全く戦う準備が出来ていないと賢明にも判断した。「吉利汽車はスキル、品質、メンテナンス、マネージメントなどの多くの側面において改善する必要がある。」とLiは認めている。


Li could be speaking for his entire industry. China has dreams of becoming a rival to the U.S. and Japan in car manufacturing, but despite bottomless investment and state protection, the country's carmakers have not been able to compete head-to-head with foreign players. At home, international brands like Chevy, Volkswagen and Hyundai dominate 70% of the passenger-car market, according to research firm LMC Automotive. Overseas, Chinese exports are often driven by price-conscious consumers in poor nations. Geely and other Chinese carmakers have desperately been trying to improve by investing heavily in R&D and automation, and they are making progress. But a 2012 quality survey from the market-research firm J.D. Power shows Chinese-branded cars still suffer 80% more initial defects and other problems than international ones in China. "Putting together long-lasting, world-tested products — it takes years," says Kevin Wale, former president of GM in China. Chinese carmakers "are still going through a learning phase." 


speak for:〜の意見を代弁する

bottomless:底がない

head-to-head:接近して、まともに(head on

price-conscious consumers:価格に敏感な消費者

desperately:必死になって、やけになって


Liは彼の自動車産業全体の意見を代弁してくれた。中国は自動車製造でアメリカと日本のライバルになるという夢をもっているが、しかし尽きることがない投資と国の保護があるにもかかわらず、中国の自動車メーカーは外国企業と互角に戦うことができなかった。リサーチ会社であるLMC Automotiveによると、自国内でシボレーやVWそして現代自動車は自国の乗用車市場の70%を占めている。外国では、中国の輸出は多くの場合、貧困な国で価格に敏感な消費者達に依存している。吉利汽車と他の中国自動車メーカはRDやオートメーションにかなり投資する事で必死になって改善しよう努力しており、彼らは進歩してきている。しかしマーケット調査会社のJ.D. Powerによる2012年品質調査では、中国内における中国ブランド自動車は国際的なブランドの自動車よりも、未だに初期欠陥やその他の問題点で80%以上も劣っているという調査結果を示した。「長持ちし世界基準の製品を造ることーそれには何年もかかるだろう」と中国GMの前社長のKevin Waleは言っている。中国メーカーは「いまだに学習の段階にある。」


木曜日。今日はこれまで。昨日はWEICの森谷さんと会食し、研修事業のいろいろな課題を教えてもらった。料金体系とか顧客が求めているテーマとかである。私は今まで日本企業のもとめるべきグローバリゼーションを追求して来たが、企業は必ずしも私の求めているものを求めてはいない。そのギャップをどう埋めるのかをここ数週間悩んで来た。金を稼ぐ目的だけであればそうすればいい。そうではなくて、日本の将来を考えると自ずとそのギャップがでて来る。この目標を満足させながら、企業の課題に答えて行かなければならない。だんだんそのギャップが鮮明になって来て、その対処の仕方も見えて来た。今月はその研修プログラムを全面的に変えて行く。午後は講師のSamがきて、彼の31日のセッションの解説をしてあげた。今日は久しぶりに影山さんと会い、そのあとは講師のLeeの指導だ。最近は一日忙しい。忙しいのは体よりも、頭の方かもしれない。目まぐるしく、方向を変えているからだ。何が正しいのか何をしなければならないのか一つ一つ間違いないように進んで行かないと後で変えることは信用をなくしてしまうので、慎重にしなければならない。中小企業は誰もこうした経営方針をレビューはしてくれない。では又明日。






swingby_blog at 05:42コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓