2014年03月26日

中国の改革:共産党の新しい青写真 三中全会での決議(2) アラブに対する西欧諸国の陰謀


Mr Xi’s speech is larded with reformist phraseology. He quoted Deng Xiaoping’s warning in 1992 of a “dead end” if the country failed to reform and improve living standards. (He made no mention of Mao Zedong, despite having shown a proclivity for Maoist rhetoric in many of his other recent speeches.) Mr Xi was blunt about the challenges China faces: a mode of development that is “unbalanced, uncoordinated and unsustainable” (though he is by no means the first Chinese leader to have said that); an increase in “social contradictions”; and a “severe” struggle to contain corruption.  Public expectations of reform were “high”, he said. “We absolutely must not waver”. Mr Xi said it was impossible that all reforms proceed smoothly, without risk: “Things that we have to do, we have to do with courage.”

larded:飾り立てる/ラードを塗る
phraseology:言葉使い
quoted:言葉を引用する
living standards:生活水準
dead end:「袋小路/手詰まり」
proclivity:傾向/性癖
rhetoric:言葉使い
blunt: 単刀直入の/率直な
mode:style/system
uncoordinated:ぎくしゃくした
contain:封じ込める
waver:ためらう
contradictions:矛盾

習近平のスピーチは、改革者としての言葉遣いで飾り立てられている。彼は、もし生活水準の向上と改善することを国が失敗した場合には、1992年には「袋小路」入ってしまうと言った小平の警告を引用した。(彼の近年の他の多くのスピーチでは毛沢東主義者の言葉使いを好んでいるにもかかわらず、彼は毛沢東に言及しなかった。)習近平は中国が直面している挑戦に単刀直入であった。すなわち、それらは(彼は決して、そうしたことを言って来た中国の最初のリーダーではないにも関わらず)「安定しておらず、ぎくしゃくしていて、持続可能でない」開発のやり方、「社会の矛盾」の増加、そして汚職を抑制するための「厳しい」争いだ。改革に対する一般大衆の期待は「高い」と彼は言った。「我々は絶対に改革をためらうべきではない。」全ての改革はリスクなしに順調にすすむことは不可能だと習近平は言った。「我々が行わなければならないことは、勇気をもって行わなければならない。」

More details of what Mr Xi has in mind are likely to emerge in the weeks ahead. Party and government leaders will hold another meeting in December to decide an economic strategy for the coming year. A similar meeting devoted to rural issues will be held later in the month. The rhetoric is very positive. But Mr Xi will have to battle a deep resistance to change among state-owned enterprises, local governments, and even an urban middle class that likes his notion of “social fairness” but does not want to see its own privileges eroded by the granting of equal access to health care and education to migrants from the countryside. As the resolution rightly said, reforms have entered “deep water”.


devote:時間を割く
resistance:抵抗運動
state-owned enterprises:国営企業
privileges:特権
erode:浸食する

習近平が思っていることの更なる詳細は、これから数週間以内に公になるだろう。共産党と政府の指導者達は、来年の経済戦略を決定するために12月にもう一つの会議を開催するだろう。農村問題に向けた同様の会議がその月の後半に開催されるだろう。彼の言い方はかなり積極的である。しかし習近平は、国有企業、地方政府、そして彼の「公平な社会」の考え方を好んでいる都市部のミドルクラス層を変えるために、根深い抵抗と戦わなければならないだろう。しかしそのミドル層は、健康医療や教育を農村からの移住者に対して公平に与えることによって彼ら自身の特権が浸食される事を好んでいない。決議がまさしく言っているように、改革は「困難なところ」に入って来ている。

これはエコノミストだ。

  Arab conspiracy theories
A Western plot to dish the Arabs
Nov 12th 2013, 18:07 by M.R. | CAIRO

アラブに対する陰謀:西側諸国のアラブをやっつける計画

conspiracy:陰謀
plot:計画
dish:料理する/やっつける



THE Middle East has seldom been more confusing. Not only is the region more politically turbulent than in decades, with old certainties everywhere challenged by unexpected twists and shifting alliances. The volume of news has swollen, too. New media and new freedoms generate more and more information and a wider range of views, yet this is filtered through ever more kaleidoscopic prisms of cant, wishful thinking, prejudice, deliberate disinformation and propaganda. If only the picture could be clearer and more simple, sigh the region's people. If only there were some overarching narrative to explain the one big, pressing question: why are we in such a mess? 

turbulent:不穏な/騒然とした
certainties:確実性/確実に起きること
twists:ねじれ/思わぬ展開/confusing situation
shifting alliances:変わりやすい同盟
swollen:増大する
kaleidoscopic prisms:万華鏡のようなプリズム
cant:上辺だけの言葉
wishful thinking:甘い考え
prejudice:ひいき、偏見
deliberate :故意な
disinformation:〔真実を隠すため・人を欺くため・人を混乱させるためなどに故意に発信される〕偽情報、虚報、がせネタ、デマ
sigh:ため息をつく
pressing:差し迫った
overarching :全てにかかわる、重要な、包括的な

中東はめったにこれほどまで混乱することはなかった。ここ数十年、この地域はさらに政治的に不穏なだけでなく、予期せぬ思わぬ展開や同盟関係の変化によって、以前は確かだとされていたものが何処でも挑戦された。そうしたニュースの量も増加してきた。新しいメディアや新しい自由が、ますます多くの情報や様々な考え方を生み出している。しかしながらこのことは、今まで以上の上辺だけの言葉による万華鏡のようなプリズムや甘い考え、偏見、故意なデマ情報、プロパガンダを通して流れてくる。もしその映像がより明確でシンプルだったら、この地域の人々はため息をつくだろう。もし大きな差し迫った質問を説明する包括的な言葉があるとすれば、なぜ我々はこんな乱雑状態にいるのだろうかと言うことだ。


According to many in Egypt, there is. The story goes something like this. Western powers, led by America, are realising their long-held aim of dividing and weakening the Arab and Muslim worlds. 

long-held:長年抱いて来た

エジプトにいる多くの人によればにその通りだ。その話は以下のようなことだ。アメリカによって導かれている西洋の力は、アラブとムスリムの世界を弱め分割するために彼らが長年抱いて来た狙いを実現している。

The first phase of this plan—so the theory goes—unfolded in Iraq, where the Americans achieved a double purpose. They destroyed a powerful Arab army and ignited a civil war, driving a wedge between Sunnis and Shias that has sent fissures streaking across the region. Western meddling also broke Sudan in half, detaching a freshly hatched and hostile new state in the south from the Arab and Muslim north.

so the theory goes:そう言う理論だが、
ignited:点火する
unfolded:展開され
wedge:分裂させる
fissures:亀裂
streak across:猛スピードで通り過ぎる
meddle:干渉する
hostile:非友好的な、敵意を持った
detach:引き離す
hatched:ふ化したての

この計画の第1フェーズは、イラクにおいて展開され、そこではアメリカ人は二つの目的を達成した。彼らは力強いアラブ軍を撃破し、内戦に火をつけ、この地域でのシーア派とスンニ派の分裂を加速させた。西側の干渉はスーダンを半分に分割し、アラブとイスラムの北部から南部に新たに出来た敵対する新しい国家を分離させた。

水曜日。今日はこれまで。昨日は一日自由な時間だったので、午後は今までたまっていた所用を消化した。雑事はほっておけば幾らでもたまってしまう。疲労と一緒だ。夜は9時まで仕事をした。今日は昼には会食があり、夜は西出さんの会がある。気をつけないと過食になる。酒は先週日曜日から止めた。ではまた明日。


swingby_blog at 07:43コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓