2014年04月25日

アメリカ人の子供が欲しい!中国人女性が出産するためにアメリカに押し寄せている。

これはタイムだ。

I Want an American Baby! Chinese Women Flock to the U.S. to Give Birth
Lured by U.S. citizenship for their children, thousands of Chinese women give birth annually in the States, supporting a thriving birth-tourism industry
By Hannah Beech Nov. 27, 2013

flock to:押し寄せる
Lure:おびき出す
thrive:繁栄する

アメリカ人の子供が欲しい!中国人女性が出産するためにアメリカに押し寄せている。
子供のためにアメリカ市民権に魅せられて、年間数千人の中国人女性がアメリカで子供を産み、繁盛する「出産旅行産業」を支えている。

chinese_baby_1127A woman feeds a baby in a residential area in Beijing on Aug. 8, 2013
1人の女性が2013年8月8日、北京市の住宅地で子供にミルクを飲ませている。

Jiang was getting ready to go to America. His wife, due to give birth to their son any day, was already there. Like any expectant parents, the Shanghai couple agonized over how best to prepare for the arrival — and upbringing — of their firstborn child. American citizenship, they decided, was one of the finest gifts they could bestow. “America is the strongest country in the world,” says Jiang, whose son was born just days after he eventually arrived in California this month. “We want our child to have the best future.”

expectant:妊娠している
agonize over:〜で必死に努力する
upbringing:養育
arrival :誕生
bestow:授ける、与える

Jiangはアメリカに向かう準備が既にできていた。いつでも息子を生めるように彼の妻は既にアメリカにいた。何処の妊娠している親のように、上海のこの夫妻は、第一子の誕生、そして養育のための最高の準備をするための必死な努力をしていた。彼らはアメリカの市民権が子供に与えることの出来る最高なプレゼントの一つだと決めた。「アメリカは世界で最強の国だ」と Jiangは言う。彼の息子は、彼が今月ようやくカリフォルニアに到着したわずか数日後に生まれた。「私たちは子供に最高の将来を手に入れる事を望んでいる。」

The U.S. is one of the few nations where simply being born on its soil confers citizenship on a newborn. That policy has spawned a birth-tourism industry, in which pregnant foreigners flock to American hospitals to secure U.S. passports for their babies. Although the foreign couple can’t acquire U.S. nationality themselves, once their American-born offspring turn 21 they can theoretically sponsor their parents for future U.S. citizenship. Another perk: these American-born kids can take advantage of the U.S. education system, even paying lower in-state fees for public universities, depending on where they were delivered. (California is a popular birth-tourism destination because of its well-known university system.) 

confer:与える
soil:国
spawn:引き起こす
pregnant:妊娠した
flock:集まる
secure:確保する
offspring:子
theoretically:理論上は、名目上は
perk:perquisite 役得

アメリカは国内で生まれた新生児に簡単に市民権を与えるごく少ない国家のひとつである。その政策は「出産旅行産業」を生み出し、そこでは妊娠した外国人が自分たちの子供のために合衆国のパスポートを手に入れるために、アメリカの病院に集まってきている。外国人の夫妻自身はアメリカ国籍を得られないが、ひとたびアメリカで生まれた彼らの子供が21歳になれば、子供達が建前としては彼らの両親が将来アメリカ市民権を得るための保証人になることができる。他にも良い事がある。生まれた地域にはよるが、公立大学へ州のより低い授業料を支払いさせすれば、こうしたアメリカ生まれの子供達は、アメリカの教育システムの恩恵を得ることが出来る。(カリフォルには良く知られた大学のシステムがあるため、出産旅行の目的地として有名だ。)

More rich Chinese than ever are sending their families and money abroad. One study of Chinese millionaires found that half had either emigrated or were thinking of doing so. Boston Consulting Group estimates that Chinese have some $450 billion stockpiled overseas. What’s driving the exodus? Some wealthy citizens are spooked about the impact of an anticorruption campaign on their murkily sourced income. Others worry about the long-term risks of raising their kids in a polluted environment with dirty air, water and food. The pressure-cooker atmosphere of Chinese schools makes overseas schooling attractive. And even though China’s draconian one-child policy is being loosened, some couples feel it’s easier to give birth overseas and circumvent meddling by Chinese family-planning bureaucrats.

than ever:以前に増して、かつてないほど
stockpil:大量に蓄える
exodus:集団移動
spook:怖がらせる、おびえる
murkily:murky:不正な
an anticorrption campaign:汚職撲滅キャンペーン
pressure-cooker:プレッシャーをかける
draconian:厳しい、残忍な
bureaucrats:官僚
meddle:干渉する
circumvent:避ける
family-planning:産児制限

かってないほどの裕福な中国人は、家族と金を外国に送り込んでいる。中国の大金持ちの調査では、半数が米国に移民をしたり、もしくはそうすると考えている事がわかった。ボストン・コンサルティング・グループは、中国人は海外に約4500億ドルを蓄えていると算出した。なにがこの集団移動を駆り立てているのだろうか? 裕福な国民の一部は不正な所得に対する汚職撲滅キャンペーンの影響におびえている。他の国民は汚れた空気や水、食べ物などの汚染された環境下での子供の発育への長期的なリスクについて心配している。中国の学校のプレッシャーをかける雰囲気は、海外留学を魅力的にしている。そしてたとえ中国の厳しい一人っ子政策は緩和されたとしても、中国人夫婦の中には海外で出産し、中国の産児制限を取り締まる官僚による干渉を回避する方がもっと簡単だと感じる人もいる。

金曜日。今日はこれまで。昨日は昼は磯村さんと三坂さんと会食し、そのあとはSamの面接を行った。彼は28才だが、よく勉強しているので、教育すればなんとかなりそうだ。今日はトクヤマの中原さんとの会食がある。その合間に引っ越しの荷物をまとめなければならない。ではまた明日。


swingby_blog at 06:02コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓