2014年04月28日

だれがファルージャを失ったのか? アルカイダは10年前に100人のアメリカ人の生命を犠牲にしたイラクの都市を占領した。(2)

Strangely, or perhaps not, the Pentagon was officially silent. 
“This is a fight that belongs to the Iraqis,” Secretary of State John Kerry said on Sunday in Jerusalem. “That is exactly what the President and the world decided some time ago when we left Iraq. So we are not, obviously, contemplating returning. We’re not contemplating putting boots on the ground.” But he pledged unspecified U.S. help in returning stability to western Iraq. 

Strangely:不思議なことに、
some time ago :先頃、先般
obviously:言うまでもなく
contemplate:予期する
pledge:約束をする
unspecified :明記されてない、不特定の
stability:安定性、固定 

不思議なことに、それともそうではないのかもしれないが、ペンタゴンは公式には口をつぐんでいる。
「これはイラクの戦闘だ。」ケリー国務長官はエルサレムで日曜日に言った。
「まさにこれは大統領と世界がイラクを退去した暫く前に決めた事である。だから我々は言うまでもなく戻ってくるつもりはない。我々は地上戦をするつもりはない。」しかし彼は、西イラクに安定を戻すためアメリカが詳細不明だが援助を行なう約束をした。

Some Republicans were quick to pin at least some of the blame on the White House. “When President Obama withdrew all U.S. forces from Iraq in 2011, over the objections of our military leaders and commanders on the ground, many of us predicted that the vacuum would be filled by America’s enemies and would emerge as a threat to U.S. national-security interests,” GOP Senators John McCain of Arizona and Lindsey Graham of South Carolina said in a joint statement. “The thousands of brave Americans who fought, shed their blood, and lost their friends to bring peace to Fallujah and Iraq are now left to wonder whether these sacrifices were in vain.” 

pin at least some of the blame on:すくなくとも某かの責任を負わせる
objections:反対、意義
commanders:指揮官
on the ground:現場の
vacuum:空白地帯
enemy:反対者
GOP:アメリカの共和党の一般的な呼称
joint statement:共同表明
shed:流す

共和党の中には、すぐにホワイトハウスへ少なくとも某かの責任を負わそうとした人もいる。「われわれ軍隊の現場リーダーや指揮官の反対を押し切って、オバマ大統領が2011年にイラクから全てのアメリカの軍隊を撤退させたとき、我々の多くは空白地帯には敵が入って来て、アメリカの国家安全保障上の利益への脅威となることを予測した。」と共和党の上院議員であるアリゾナ州のJohn McCainとサウスカロライナ州のLindsey Grahamは共同表明で述べた。「数千人もの戦った勇敢なアメリカ人がファルージャに平和をもたらす為に血を流し、戦友を失ったが、今現在こうした犠牲が無駄であったのかという疑問が残る。」

Outsiders, including Saddam Hussein, have always had trouble dealing with the restive city of 200,000, and foreign militaries have done no better. One reason: an errant British bomb during 1991’s Gulf War intended to take out a bridge over the Euphrates took out a market instead, killing about 100 civilians. Tensions spiked in March 2004 when Iraqi militants killed four U.S. contractors and hung their bodies from a bridge. That sparked two 2004 battles for Fallujah, during which about 100 U.S. troops were killed before the U.S. regained control. 

restive:手に負えない
errant British bomb:イギリスの誤爆
the Euphrates:ユーフラテス川◆トルコ東部に発し、シリアとイラクを通ってチグリス川に合流、ペルシャ湾付近でシャッタルアラブ川になる。下流域は古代文明の発祥地。
take out:破壊する

サダム・フセインなどの第三者は、20万の手に負えない都市に取り組む問題をいつも持っていたが、彼らと外国の軍隊は一向に良く出来ないでいた。ここに1つの理由がある:1991年の湾岸戦でイギリス軍による誤爆は、ユーフラテス川にかかっている橋の破壊を狙ったが、その代わりマーケットを爆撃し、およそ100人の市民を殺した。緊張が2004年3月に起こったが、その時イラク人の過激派が4人の米国の請負業者を殺害し、橋に死体を吊るした。そのことが2004年にファルージャで2つの戦闘を勃発させた。その間に米軍がこの地域を占拠するまで約100人の米国軍人が死んだ。

The U.S. battles for Fallujah are seared into the memories of the troops who fought there because of their brutality, according to Marine Colonel John Ballard: 

sear:焼き付ける
brutality:残忍な行為

海兵隊大佐のJohn Ballardによると、このファルージャでの米国の戦闘は残忍だったため、この戦闘で戦った兵士達の記憶の中に焼き付いていた。

月曜日。昨日はいつもの通りだが、引越の片付けをした。今日も昼には渡邊五郎さんとの会食があるが、午後は引越の荷物の整理がある。引越のせいで、毎日が慌ただしい。ではまた明日。

swingby_blog at 05:36コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓