2014年12月29日

弱体化する西側諸国 アメリカは何のために闘っていたのか? (4)

Second, Mr Obama has been an inattentive friend. He has put his faith in diplomatic coalitions of willing, like-minded democracies to police the international system. That makes sense, but he has failed to build the coalitions. And using diplomacy to deal with the awkward squad, such as Iran and Russia, leads to concessions that worry America’s allies. Credibility is about reassurance as well as the use of force.

inattentive:不愛想な
of willing:有志の
like-minded:同じ考えを持った/同志の
awkward squad:しきたりに従わないグループ /扱いにくい連中
reassurance:安心させること

2つ目は、オバマ氏が不愛想な友であることである。彼は国際的な仕組みの秩序を維持するために、有志の外交同盟、同じ考えを持つ民主主義諸国に信頼を置いてきた。それは理にかなっている。しかし、彼は同盟を構築し損ねている。イランやロシアといった扱いにくい連中に対応するために外交交渉において譲歩するので、アメリカの同盟国を不安にさせている。信頼性は武力行使と同様に安心を与えることでもある。

Credibility is also easily lost and hard to rebuild. On the plus side, the weakened West, as we dubbed it after the Syrian debacle, is still stronger than it thinks. America towers above all others in military spending and experience (see article). Unlike China and Russia, it has an unrivalled—and growing—network of alliances. In the past few years Malaysia, Myanmar, Vietnam and the Philippines have all moved towards it, seeking protection from China. And events can sway perceptions. Back in 1991 George Bush senior’s pounding of Saddam Hussein vanquished talk of America’s “Vietnam syndrome”.

dub:音響効果を付け足す
debacle:大災害/大失敗/大混乱
tower above:抜きん出る
unrivalled:無類の
sway:影響を与える/揺さぶる
move toward:近づく
pounding:打撃/たたくこと
vanquish:克服する/打ち負かす

信頼は簡単に失われ、再構築するのが大変でもある。プラス面では、弱体化した西側諸国は、シリアの大混乱の後に信頼を再生しているため、自分が思うよりもまだ力を持っている。アメリカは軍事支出と軍事経験で他を圧倒している(記事を参照)。中国やロシアとは違い、アメリカは無類のそして成長を続ける同盟のネットワークを持っている。中国からの防衛を求めて、過去数年、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、フィリピンはアメリカにかなり近づいてきている。また、色々な出来事はそれまでの認識に影響を与えている。1991年に遡ると、ジョージ・ブッシュ・シニアによるサダム・フセインへの打撃はアメリカが持っていた“ベトナム症候群”のうわさを克服した。

But there will be no vanquishing as long as the West is so careless of what it is losing. Europeans think they can enjoy American security without paying for it. Emerging-world democracies like India and Brazil do even less to buttress the system that they depend on. America is preoccupied with avoiding foreign entanglements. Mr Obama began his presidency with the world wondering how to tame America. Both he and his country need to realise that the question has changed.

vanquishing:優位に立つ
buttress:強化する
entanglement:もつれ/絡み合い
tame:おとなしくさせる/弱める

しかし、西側諸国自身が失っているものに不注意でいる限り、優位に立つことはないだろう。欧州諸国は何の対価も払わずにアメリカの安全保障を享受できると考えている。インドやブラジルなどの新興世界の民主主義国は、彼らが依存するシステムを強化することはほとんどしていない。アメリカは国外でのもつれを避けることに夢中になっている。オバマ氏は、世界がアメリカをどうおとなしくさせるかと考えている状況から任期を始めた。彼と彼の国家、両方ともその問いが変わっていることに気付く必要がある。

月曜日。今日はこれまで。昨日はスケートもきつかったが、午後の英語もきつかった。言った通りで、週末は小説に手が出せなかった。今日は新会社海野政界戦略研究所の設立総会がある。その前に昼食会もある。また時間が取れないなあ。携帯も壊れた。参ったなあ。もう、29日になってしまった。ではまた明日。

swingby_blog at 06:28コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓