2014年05月23日

微博WeiboからWeChantへ ミニブログへの取り締まりがあったので、慎重に扱うべきオンライン上の議論が変化して来ている。

これはエコノミストだ。
From Weibo to WeChat 
After a crackdown on microblogs, sensitive online discussion has shifted 
Jan 18th 2014 | BEIJING 

crackdown:取り締まり
microblogs:マイクロブログ/ミニブログ

微博WeiboからWeChantへ
ミニブログへの取り締まりがあったので、慎重に扱うべきオンライン上の議論が変化して来ている。
 
WHEN Luo Changping, an investigative journalist, tried on November 22nd to post the latest chapter of his big scoop on WeChat, a popular Chinese mobile messaging service, censors blocked it. But he was able to work round them. In a follow-up message he told his subscribers they could send him the words “Chapter Seventeen”; users who did so automatically received the post on their mobile phones,
uncensored.

investigative journalist
:調査ジャーナリスト
chapter:エピソード的事件
censor:検閲当局
work round:克服する
subscribers:寄付者、購読者

調査ジャーナリストのLuo Changpingが11月22日に人気のある中国のモバイル・メッセージサービスのWeChatで、彼の最新の大きなスクープネタを投稿しようとした際に検閲当局がそれを削除した。しかし彼はこれを克服すること出来た。彼が購読者達に伝えたその後のメッセージでは、彼らは彼に「Chapter Seventeen」という単語を送れば購読者は自動的に自身の携帯電話でその記事を検閲されずに受信できた。

WeChat, or Weixin in Chinese, is known mostly for private chatting and innocuous photo-sharing among small circles of friends. With more than 270m active users, it has become the star product from Tencent, an internet conglomerate. Some have compared it to WhatsApp, an American messaging service. More quietly, it has become the preferred medium for provocative online discussion—the latest move in China’s cat-and-mouse game of internet expression and censorship. 

innocuous :当たり障りのない
active users:頻繁にサービスを利用するユーザー
conglomerate:コングロマリット 複合企業
quietly:静かに、目立たないように
medium:媒体
provocative:物議を醸す
cat-and-mouse game:鼬ごっこ

WeChat、または中国語の微信Weixinは、主に、小規模の友達グループ間での個人的なチャットや当たり障りのない写真共有を行なうことで知られている。2億7千万人以上のアクティブ・ユーザーに使用されており、WeChatはインターネット・コングロマリットであるTencentが提供する花形商品だ。アメリカのメッセージ・サービスであるWhatsAppと比較する人もいる。それほど目立たずに、WeChatは物議を醸すようなオンライン上での議論にとって好ましい媒体となってきており、中国のインターネット表現と検閲との鼬ごっこが最近の中国の動向となっている。

Mr Luo began posting his serialised stories on WeChat in May. They related how he had exposed the alleged corruption of Liu Tienan, a senior economic official. He had tried tweeting them on Sina Weibo, a Twitter-like microblog on which he had accused Mr Liu of corruption months earlier, but internet censors blocked him from doing so: hence his switch to WeChat. Though his initial attempts there were also blocked, the loophole that enabled him to send out the file is typical of WeChat’s more relaxed approach to censorship.

serialised stories:連載小説
alleged:疑惑の
Sina Weibo:新浪微博 中国の新浪が運営するミニブログ。TwitterとFacebookの要素を併せもっている。中国全体のミニブログユーザーのうちの57%、投稿数にして87%を占める。
tweet:(ミニブログ上に投稿することで)つぶやく
hence:それゆえ、後に
loophole :抜け穴、盲点
relaxed:緩んだ

Luo氏は5月にWeChat上に彼の連載記事を投稿し始めた。それらは、どのようにして上級経済当局者である劉鉄男Liu Tienanが汚職疑惑をLuoが摘発したかということに関することだった。Luo氏は数ヶ月前にLiu氏の汚職を告発したことを新浪微博Sina Weiboというツイッターのようなミニブログサイト上でつぶやこうとしたが、インターネット検閲がそれを拒んだ:これを機に彼はWeChatへと移り替えた。同様に阻止された彼の最初の試みにもかかわらず、彼にその情報を送ることを可能にした盲点は、WeChatの検閲に対して寛容な対応という特徴である。

以下補足説明:
Luo Changping:羅昌平
Liu Tienan:劉鉄男 2012年12月6日、中国経済誌「財経Caijing」の羅昌平Luo Changping副編集長がミニ・ブログ(微博)で、政府のシンクタンクである国家発展改革委員会の副主任、国家能源局トップを務める劉局長が、学歴詐称、巨額不正融資、愛人への脅迫などを行っていると実名で告発したが、羅編集長は劉氏の元愛人から汚職の証拠提供を受けて告発に踏み切ったことを明かした。劉局長はかつて中国駐日本大使館で経済参事官として勤務し、女性とは駐在中に知り合い、交際に発展、その後、関係がもつれたため、何度か女性を脅迫していたという。劉氏は、あの反日教育を推進した江沢民元国家主席の側近として国家エネルギー局を掌握していた。江沢民元主席の息子に利権を独占された通信事業や、周永康元政治局常務委員に牛耳られている石油業界はいずれも、同局に管轄されている。同氏の失脚で江沢民一派の勢力後退が加速するとみられる。

A WeChat account works much less publicly than accounts on microblogs (of which Sina Weibo is the most prominent). Anyone using Sina Weibo can see almost anyone else’s tweets and forward them on, meaning a single tweet can spread very quickly. On WeChat, it is usually only subscribers to a public account who will see a post (though such posts may also be viewed on a separate web page), and if a subscriber forwards a post, only that subscriber’s circle of friends see it. Its non-public accounts are even less open. Information on WeChat spreads at such a slow burn that authorities feel they have more control over it. Also in contrast to microblogs, many types of public account (like Mr Luo’s) can send out only one post to subscribers a day, making them much easier for authorities to monitor. 

even less:更に低い
slow burn:気がつくのが遅いこと

WeChatのアカウントは、(Sina Weiboが最も有名な)ミニブログのアカウントよりも公開性がずっと低い。Sina Webioを使用している誰もが、殆どの誰のつぶやきを見てフォワードすることが出来るし、これはあるつぶやきがすぐに拡散する事が可能だということを意味している。WeChatでは通常、投稿を見る事ができるのは公開アカウントの購読者だけであり(そのような投稿は別のwebページでも見られるかもしれないが)、もし購読者が投稿を転送したら購読者の友達だけがそれを見ることができる。WeChatの非公開アカウントはさらに公開されにくい。WeChan上の情報はでゆっくり拡散するので、当局は更に管理を強化する必要があると感じている。またミニブログと比べて、(Luo氏のような)多くの公開アカウントは購読者達へ一日に一度だけ転送するので、当局者が監視し易くしている。

Mr Luo does not always have problems sending out his stories on WeChat and, since switching to the service, he has posted the equivalent of a blog post every week or two, and built a following of more than 60,000—“higher than the actual subscription figure of many Chinese magazines”, he says. WeChat is now his prime delivery platform for newsy titbits, including sensitive information that would be censored more rigorously on microblogs. (He has not published for Caijing magazine, his former employer, since being transferred in November to a non-reporting position at an affiliated research institute.) Meanwhile, he makes much less use of his Sina Weibo account, even though it has more than four times as many followers: “The ground for public opinion has begun to shift toward WeChat,” he says.

subscription:定期購読
titbit:ちょっとした情報
rigorously:厳格な、厳しい
affiliate:加入している

Luo氏は通常はWeChat上で記事を発信するのに問題はなく、そしてWeChatに移行してから彼は1、2週間ごとのブログでの投稿に相当する量を投稿し、60,000人以上のフォロワーを作ったー「多くの中国の雑誌の実際の定期購読数よりも多い」と彼は言う。WeChatは今や彼のニュース性のあるちょっとした情報の主な発信基盤であり、ミニブログ上ではもっと厳しく検閲されるだろう微妙な情報も含んでいる。(所属していた研究機関で報道しない役職へと11月に移動してから、彼は前の雇用者であるCaijing magazineで掲載をしていない)。その間、Sina Weiboには4倍以上のフォロワーがいるにも関わらず彼はSina Weiboのアカウントを使用していない:「公共の意見の基盤が、WeChatへ移動し始めている。」と彼は言う。
 
金曜日。今日はこれまで。昨日は昼はex-ACの影山さんと本当に久しぶりに会食し、午後は講師のLeeのレビューをした。彼のオーストラリア英語がちょっと心配だが、良い性格なので何とかしよう。今日の夜は早稲田で白木先生のセミナーがあるのでそれに出席する。明日は海野会なので今日中に研修資料を見ておかなければならない。いい天気だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:28コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓