2014年06月20日

中国は自身の魅力を失っている。 外国企業にとってだんだん生きづらくなってきた。居続けたい企業は適応しなければならない。(2)

Competition is heating up. China was already the world’s fiercest battleground for global brands but local firms, long laggards in quality, are joining the fray. Many now have overseas experience, and some are developing inventive products. Xiaomi and Huawei have come up with world-class smartphones, and Sany’s excellent diggers are taking on costlier ones made by Hitachi and Caterpillar. Consumers will no longer pay a hefty premium just because a brand is foreign. Their internet savvy and lack of brand loyalty makes them the world’s most demanding customers. 

fiercest:激しい
laggard:後発の企業・製品
fray:争い
inventive:創意に富んだ 
digger:切削機械
take on:対決する
costlier:高価な
hefty:高い 
savvy:実際的な能力
premium:割増料金

競争が激化してきている。中国は既に世界的なブランドにとって世界で最も激しい戦場であるが品質で大きく遅れをとっている地元企業はその争いに参加してきている。多くの企業が現在外国での経験を持っており、そして創意に富んだ製品を開発している企業もある。Xiaomi小米とHuawei華為技術はスマートフォンで世界クラスに追いついており、そしてSany三一重工の卓越した掘削機器は日立やキャタピラーのより高いコストの製品に対決している。消費者達は最早ただ外国ブランドというだけで高い割増料金を払わないだろう。消費者達のインターネットを使う能力とブランドにたいする忠誠真の欠如は、かれらを世界一要求が厳しい消費者にしている。

Some companies are leaving. Revlon said in December that it was pulling out altogether. L’Oreal, the world’s largest cosmetics firm, said soon afterwards that it would stop selling one of its main brands, Garnier. Best Buy, an American electronics retailer, and Media Markt, a German rival, have already left, as has Yahoo, an internet giant. Tesco, a British food retailer, last year gave up trying to go it alone, and entered a joint venture with a state-owned firm. 

afterward:その後 

いくつかの企業は中国を離れている。レブロンは12月に全撤退すると発表した。世界最大の化粧品会社のロレアルは、その後すぐにGarnierという主要ブランドの1つの販売を中止すると発表した。アメリカの家電量販業者であるBest Buyとドイツの競合であるMedia Marktは、既に中国を離れており、インターネットの巨人であるYahooもまた同様である。イギリスの食品小売業者であるテスコは昨年単独で中国に参入することをあきらめ、中国の国営企業と合弁企業を起こした。

Some of those who are staying are struggling. IBM this week said that revenues in China fell by 23% during the last quarter of 2013. Remy Cointreau, a French drinks group, reported that sales of its Remy Martin cognac fell by more than 30% during the first three quarters of last year because of a plunge in China. Yum Brands, an American fast-food firm, said in September last year that same-store sales in China had fallen by 16% in the year to date. Its problems were partly the result of a government investigation into alleged illegal antibiotic use by its chicken suppliers. 

cognac:コニャック 
plunge:急落 
allege:主張する、申し立てる year to date:累計で、年初来 antibiotic:抗生物質 government investigation:政府捜査 
chicken suppliers:ブロイラー 

こうした残っているいくつかの企業は奮闘している。IBMは今週、2013年の第4半期目の収益が23%減少したと発表した。フランスの飲料グループのRemy Cointreauは当グループのコニャックの売上げが、中国での停滞が原因で去年の3つの四半期で30%以上減少した。アメリカのファストフード会社であるYum Brandsは、去年の9月に中国の同じ店舗の売上げが年初来で16%低下したと発表した。この問題は、ある程度はブロイラー業者によるいわゆる違法な抗生物質使用への政府捜査の結果である。

Investors no longer celebrate firms with big investments in China. Our Sinodependency Index weights American multinationals by their China revenues. Sino-dependent firms used to outperform their peers, but in the past two years their share prices have done worse than others’. As Jeffrey Immelt, the boss of GE, puts it, “China is big, but it is hard…[other] places are equally big, but they are not quite as hard.” Companies that want to stay in China will have to put in even more effort. Many will have to change strategy. 

investor:投資家
weight:負わせる、圧迫する
Sinodependency Index:中国依存度指数
outperform:しのぐ、上回る
share price:株価

投資家達は最早中国での大きな投資を行なう企業を賞賛しない。我々の中国依存度指数が中国の収益でアメリカの多国籍企業を圧迫する。中国に依存した企業は彼らと同業他社を収益で上回っていたが、しかし過去2年間そうした企業の株価は同業他社よりも悪化している。GEの代表取締役であるJeffrey Immeltが述べたように「中国は大きいが、難しい…他の市場は同様に大きいが、しかしそうした市場は中国ほど厳しくはない。」中国に残りたいと考えている企業はもっと苦労もしなければならないだろう。多くの企業は戦略を変える必要がある。

金曜日。今日はこれまで。まさしく、今の日本企業が直面している中国の現状だ。政治問題だけではない。このマーケットに日本企業は真っ正面から挑む必要がある。そうしていない企業が大半だが。さて、昨日の昼は損保ジャパンの奈良さんとの会食。楽しい時間を過ごした。午後は東洋経済の訪問。後は講演資料のレビュー。今日は昼にはブライアンとの会食で、大手町まで行く。今日で講演資料の英訳が完了するので、その最終化に入る。明日は英語の研修だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:23コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓