2014年06月24日

彼らのやり方で進んでいる。 市場は猛烈な勢いで拡大しているが、外国企業に取ってはますます難しくなっている。(3)

A massive push to urbanise is also under way, which should produce tens of millions of richer citizens seeking retail therapy. McKinsey, a consultancy, forecasts that consumption by urban Chinese households will increase from 10 trillion yuan in 2012 to nearly 27 trillion yuan in 2022 (see chart 1). 

urbanise:都会化する、洗練する 
under way:進行中で 
retail therapy:ショッピング療法 買い物でストレスを発散すること 

都会化への大規模な促進もまた進行中であるあり、それはショッピング療法を求めている数千万人もの更に裕福な市民を産み出すに違いない。コンサルティング会社のマッキンゼーは、中国の都市世帯による消費が2012年の10兆元(1.6兆ドル)から2022年には27兆元(4.32兆ドル)近くまで増加するだろうと予測している。(図1参照) 


都市住民(都会ずれした人達)左側:世帯数 百万単位 右側:個人消費 兆元
濃い青:裕福 薄い青:上中流 ピンク:下中流 アズキ:貧困層

Fickle sophisticates
How much China spends is striking. Even more so is the way it spends. This is now one of the world’s most sophisticated consumer markets, heavily skewed towards expensive goods. Local property barons are now building half the world’s new shopping malls in China, many of them in smaller cities, because even punters without big incomes are becoming big shoppers. Research by IDEO, a consultancy, has found that many young migrant workers earning less than 5,000 yuan ($830) a month will spend a month’s wages on an Apple iPhone.

Fickle:移り気な、気まぐれな、不安定な 
sophisticate:世慣れた人、教養人 
striking:目立つ/著しい
skew:歪ませる、曲解させる
property baron:大資産家
punter:顧客 

不安定な洗練された人たち
中国が消費する量はどのくらい際立っているのだろうか。その消費するやり方が尚更そうさせている。こうした中国は現在世界で最も洗礼された消費者市場の1つとなっていて、ひどく高価な商品に偏っている。地元の不動産の大資産家は現在中国に世界の半分にあたる新しいショッピングモールを建設しており、それらの多くはより小さな都市にあり、その理由は高い収入を持たない顧客でも大きな買い物客になっているからである。コンサルティング企業のIDEOによる調査では、月5,000元(830ドル)未満しか稼がない多くの若い農民工が、AppleのiPhoneに毎月の賃金を使っていることを発見した。 

That points to another difference from previous consumption booms elsewhere: with the world’s largest e-commerce market at their fingertips, Chinese shoppers are online from the start. As a result, what was once a foreign marketers’ fantasyland is now the world’s fiercest battleground for brands. Sanford C. Bernstein, a research firm, calls the Chinese “increasingly aspirational and conspicuous consumers” who routinely trade up to fancier labels even on staples. Newly middle-class types in cities in the interior are keen to try out new products, especially the ones they have seen on foreign television shows. Jeff Walters of the Boston Consulting Group (BCG) points out that even country bumpkins are consuming global media, thanks to the wild popularity of local online-video services. Chinese consumers, he says, were watching the latest season of “Downton Abbey” on Youku, a video-sharing website, well before it was released in America.

at their fingertips:すぐ手に入る
fantasyland:空想の世界、夢の世界 
from the start:元々、自体、ぶっつけ
fierce:激しい、猛烈な、険しい 
aspirational: 上流指向者好みの、向上心のある 
conspicuous:派手な買い物をする 
routinely:日常的に、いつものように
trade up:より高い物と買い替える
fancier:高級な
staple:生活必需品
label:ブランド
try out:試してみる
country bumpkin:田舎者 

こうしたことは、どこの他の地域の以前の消費ブームとのもう一つの差異を指摘している。:手の届く所にある世界最大のe−コマース市場で、中国人の買い物客は始めからオンラインを利用している。結果として、かつては外国企業にとって夢の世界だったが、今では商品ブランドにとっては世界で一番激しい戦場となっている。調査会社のSanford C. Bernsteinは中国人を「ますます上流思考で、派手な買い物をする消費者」と呼んでいて、彼らは常に生活必需品であってもより高価なブランドに買い替えている。内陸部の都市の新たな中流層は新しい商品、特に外国のテレビショーで見たものを試してみようとする。Boston Consulting Group (BCG)のJeff Waltersは現地のオンラインビデオサービスの高い人気のおかげで、田舎者でさえグローバルメディアを見ていると指摘する。中国の消費者はずっと前にアメリカで放映された “Downton Abbey” の最新シリーズをビデオサイトのYoukuを通じて見ていると言う。

This passion for fashion is, in theory, good news for multinational marketers. Unlike, say, Japan, where consumers heavily favour local brands, Chinese consumers hold foreign brands in high esteem. Torsten Stocker of AT Kearney, a consultancy, observes that foreign brands are doing well in sectors they introduced to China (chewing gum, chocolate); those that have “heritage” appeal (premium cars, luxury goods) and those where local brands are not trusted, such as powdered baby milk. The world’s fast-food and consumer-goods giants—Procter & Gamble, Pepsi, General Mills and so on—are also big in China, but they are increasingly dogged by local rivals. A recent study by Bain, another consultancy, found that although foreign brands still lead in some areas (biscuits, fabric-softener, bottled water), local brands are surging in others (toothpaste, cosmetics, juice). 

heritage:遺産、継承物
dog:悩ませる、徹底的にやっつける 
surge:殺到する、急増する、押し寄せる 
esteem:尊敬、評価 
fabric-softener:柔軟仕上げ剤
toothpaste:歯磨き粉 

こうした流行への熱狂は、理論的に、多国籍企業にとっては良い知らせである。消費者が自国ブランドをこよなく愛用すると言われる日本と違って、中国の消費者達は外国ブランドに高く評価している。コンサルティング企業のATカーニーのTorsten Stockerは、外国ブランドは中国に広めて来た分野(チューイングガムやチョコレート)ではうまくやっていると述べている;それは「受け継がれている伝統」をアピールできる商品(高級自動車や高級商品)や乳児用粉ミルクのような地元のブランドが信用されていない分野である。世界のファストフードや消費材の巨人達ーP&Gやペプシ、General Millsなどーは中国でも巨大な存在であるが、しかし彼らは徐々に地元の競合に悩ませられている。他のコンサルティング企業であるベインによる最近の研究では、外国ブランドはまだいくつかの分野(ビスケット、柔軟仕上げ剤、ペットボトル飲料)では優位であるが、一方で地元ブランドは他の分野(歯磨き粉、化粧品、ジュース)では台頭してきていることを明らかにした。

火曜日。今日はこれまで。昨日は珍しく朝から夜まで、人に会うこともなく、三菱樹脂の資料の準備をして来た。今日は昼には大連から来た柳田さんに会うがその他は昨日同様に資料準備だ。いよいよ発表は明日だ。楽しみだ。ただ準備に時間を使うと資料がだんだん重くなってしまう。ではまた明日。

swingby_blog at 07:36コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓