2016年03月29日

レイプを報告したが、彼女はレイプされていないことを望んでいる ある大学がどのように性的暴行の申し立てを取り扱ったか (17)

“I think the school has been receiving a lot of pressure from the press, alums and certainly from students to act,” Ms. Carroll said. “As a campus we know it’s not the case that rapes and sexual assaults are not happening on campus — it’s that they aren’t reported or the reporting system is failing.” 

alum: 卒業生 
It is the case that: 〔that以下〕のことは事実である

“大学は報道機関、卒業生、確かにこうした運動をしている学生から多くのプレッシャーを受けてきている。我々の知っているキャンパスと同じように、レイプや性的暴行が起きていないわけではない。報告されていないか報告の仕組みが機能していないのだ。”とCarroll女史は言った。 

Mr. Tantillo, the district attorney, said that after prosecuting a campus rape case seven years ago, he had worked with the school to improve its handling of sexual-assault reports. He praised what he said was the thoroughness of its investigation of Anna’s case. 

district attorney: 地区検事長 

地区検事長であるTantillo氏は、7年前に学内レイプ事件を起訴した後、その大学と協力し性的暴行報告の取り扱いの改善にあたったと言った。彼の言ったことがアンナの事件に関する捜査の完全さとなったと称賛した。 

But he also understands the questions that might lead a woman to stay silent. “Is this going to be publicized? Is everybody going to know about this? Am I going to be ostracized? Is this going to affect me for the rest of my life? Am I going to lose friends? Are people going to believe me?” 

ostracize: 仲間外れにする exclude (someone) from a society or group
 
しかし、彼は女性を沈黙させ続ける可能性のある問題も理解している。“このことは公表されるのか?皆がこのことを知ることになるのか?私は仲間外れにされるのか?このことが私の残りの人生に影響するのだろうか?友達を失うことになる?皆は私を信じてくれるだろうか?” 

If a woman does decide to come forward, he said, she should do so immediately. “If you wait hours, days or weeks, that gives people plenty of time to get their stories together, to engage other witnesses to support them, and it makes it much, much more challenging.” 

ある女性が前に進み出るのなら、すぐに動かなければならないと彼は言った。“もし数時間、数日、数週間待てば、彼らがそのことを取りまとめ、彼らを支持する他の目撃者を取り込みんでしまうので、ずっと問題を難しくする。 

Looking Back
Disappointment is a recurring theme among many students who ask their schools to adjudicate their sexual-assault complaints. 

recurring: 繰り返し発生する 
adjudicate: 〜に判決を下す 

振り返り 
大学に対し性的暴行の告訴に判決を下すことを求める多くの学生の間の落胆は繰り返えされる論題である。 

“Most of the students I work with say, ‘Had I known how bad the school process was, I would not have reported at all,’ ” said Annie E. Clark, who counsels assault victims on their rights.  

“私が携わった学生のほとんどは、‘もし大学の手続きがこれほどひどいことを知っていれば、何も報告はしなかった’と言っている”と性的暴行の被害者をカウンセリングするAnnie E. Clarkは述べた。 

One reason for this disappointment is that many college hearing panelists lack even the most basic training, said Senator Claire McCaskill, a Missouri Democrat who has investigated the quality of campus rape investigations. The senator recently surveyed 440 colleges and universities and found that one-third had failed to properly train officials adjudicating claims.  

この失望の1つの理由は、多くの大学公聴会の委員達は最も基本的なトレーニングでさえ不足していることだと、学内レイプ調査の質を調査しているミズーリ州の民主党議員であるClaire MsCaskill上位議員は述べた。上院議員は最近、440の大学を調査し、3分の1が告訴に判決を下す職員を適切にトレーニングしていないことを見出した。 

The District Attorney 
R. Michael Tantillo, the Ontario County district attorney, discusses the ideal process for dealing with sexual assault. Video Credit By Leslye Davis on Publish Date July 12, 2014. 

地区検事長 
オンタリオ地方地区検事長のR Michael Tantilloは性的暴行に取り組む理想のプロセスを議論している。 

A lack of transparency in student hearings makes it difficult, if not impossible, for students to evaluate the way their schools adjudicate complaints. “They are a little like snowflakes — they are all different,” said Ms. McCaskill, a former sex-crimes prosecutor. 

学生公聴会の透明性の欠如によって、不可能ではないにしても、大学が申し立てに判決を下す方法を学生達が評価することを難しくしている。“それらは雪の結晶のように小さく、それぞれ異なっている”、と前・性犯罪の検事であるMcCaskilll女史は述べた 

The police have their own shortcomings, she said, citing the flawed inquiry in the Jameis Winston case in Florida. 

flawed: 欠点のある 
inquiry: 審理 

警察にも至らない所があると、フロリダでのJameis Winstonの事件での欠点のある審理を引用して述べた。 

The Geneva police hardly distinguished themselves in Anna’s case. Detective Brian E. Choffin, relying primarily on his reading of school records, sent the prosecutor an error-filled report.  

detective: 刑事 

ジェニーバ警察はアンナの件ではほとんど目立たなかった。Brian E.Choffin刑事は主に大学の報告書を読み取りだけに頼り、間違いだらけのレポートを検事に提出した。 

Detective Choffin mischaracterized witness statements, put the words of one student in the mouth of another, and stated that he “never saw any discrepancies or alterations” in what the two football players told the authorities, even though they had initially lied about having sexual contact with their accuser. And while Anna’s blood-alcohol tests had been done many hours after she last had a drink, he also stated unequivocally that her level “would not make a person impaired to the point of blacking out.”  

unequivocally: 明白に 
impaired:酔っ払った・十分に機能しない weakened or damaged
black out:失神する
 
Choffin刑事は目撃証言を間違って認識して、ある学生の言葉を他の学生のものとし、2人のフットボール選手は原告と性的接触を持ったことについて当初、嘘を付いていたが、彼らが当局に話したことに“食い違いや修正は全くない”と述べた。また、アンナの血中アルコールテストは彼女が最後に飲んだ後、長時間経っていたのだが、彼は彼女のアルコールレベルは“意識を失わせるほどのものではない”とはっきりと述べた。 

The detective defended his report, which disputed much of Anna’s account, calling it “thorough and based on facts.” 

dispute:異議を唱える

刑事はアンナの証言のほとんどに異議を呈した自身のレポートについて、“完全で事実に基づいている”と言って正当性を主張した。 

Looking back, Anna said she knows only too well the price of pursuing her complaint — physical threats and obscenities on her dormitory door, being pushed in the dining hall and asked to leave a fraternity party. Her roommate moved out with no explanation.  

obscenity: わいせつなもの 

食堂に押し込まれたり社交パーティーから去るように求められるなど、身体的な脅威や学生寮の扉へのわいせつなものなど、思い起こすと、アンナは自身の申し立てを押し進めたことの代償のみを嫌と言うほど理解していると言った。 彼女のルームメートは何も言わずに出て行った。

Mr. Flowers said the school continued to strengthen programs to stop sexual violence. Over the last two years, he said, seven students have undergone disciplinary hearings for sexual assaults; four were expelled. 

Flowers氏は、大学は性的暴力と無くすための取り組みを強化し続けていると言った。過去2年で、7人の学生が性的暴行について懲戒委員会にかけられ、4人が退学させられたと述べた。 

Against her parents’ wishes, Anna plans to return to Hobart and William Smith in the fall.  

両親の願いに反し、アンナは秋にホバート・アンド・ウィリアム・スミス大学に戻るつもりでいる。 

“Someone needs to help survivors there,” she said.
  
“誰かが逆境を乗り越えた人を支援する必要がある”と彼女は言った。

火曜日。今日はこれまで。金も名誉も地位もいらないという人が一番怖いと西郷隆盛のことを評しているが、彼女はそういう人だね。本人の言っていることは正しいのだが、その原因が彼女にあったことは事実だ。それを本人が未だに自覚していないところが、まだ子供なのかもしれない。世間のこととか基準とか規範を知らないということかもしれない。それは親の責任だろう。この事件はこれで終わり。

昨日の昼はフィンテックをビジネスにしている福富さんとの会食。夜は西出さんのパーティがあった。本読みは余った時間を効率よく使った。12時過ぎまで読んでいた。おかげで、今日から安岡正篤先生の論語だ。これも大変そうだ。昼はアグニコンサルティングの高橋社長。午後は銀行に行って返済の相談。夜は原先生の講演会。ではまた明日。 
 


swingby_blog at 08:42コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓