2011年02月

2011年02月22日

日本の製造業の成否

昨日は「ブラッスリー ジョンティ」(東京都台東区浅草橋2-5-3 5829-9971 http://b-gentil.com/top.html)と言うところで、食事同好会の仲間と会食した。主幹は日本フォーム印刷工業連合会の専務理事の山口さんだ。アルザスの料理と言うことだった。2ヶ月に一度、こうした会食を催して いる。こうして、時々集まっての会食は楽しいが昨日は私が一人で話をしてしまったようだ。反省している。今日はマイクロソフトの元CFOの大野さんと会食だ。明日から大連研修なので、そ の準備をしないと行けない。今週は慌ただしい。

さて、久しぶりに日本の記事で,これはFinancial Timesの記事だ。日本の製造業の最近の動向を書いているが、中国の量とは異なり、質だと言っているが、この質が価格に跳ね上がって、日本が苦戦している。私はこれをJapanese Standardと言っている。日本はこれからGlobal Standardにしなければいけない。トヨタは中国では負けてしまっている。日産は負けてはいない。パナソニックも負けてはいない。さて、この記事はどう言う意見だろうか。では始めよう。

Make or break time for Japan
日本にとって成功を左右する時だ。
By Jonathan Soble  February 6 2011

Announcing the latest expansion of his company’s solar panel business at a news conference last month, Tetsuo Kuba, president of the Japanese technology group Kyocera, kept the focus on quality rather than quantity.

先月、記者会見で、彼の企業の太陽光パネルビジネスの最新の拡張を公表した時に、日本の技術企業グループである京セラの社長久芳徹夫は量よりも質に焦点を当てた。

Kyocera’s solar modules were outperforming specifications at power plants in Thailand and Spain, Mr Kuba reported, while a German product-testing group had given them top marks for durability after pummelling them with heat, humidity and cold.

京セラの太陽光モジュールはタイやスペインの発電所で、選りすぐれた性能を発揮していた。と久芳氏は報告し、一方で、ドイツでの製品テストグループは熱、湿度、寒さの過酷な検査をした後、耐久性に於いて最高点を与えた。

“There are customers who just want to keep initial costs down, and others who are more concerned with long-term reliability,” Mr Kuba said. “We are not simply pursuing market share.” That is lucky for Kyocera. After accounting for nearly half of global solar panel output in 2005, Japanese manufacturers as a group saw their share plummet to 14 per cent by 2009, according to Japan’s industry ministry, as low-cost producers in China flooded the market with cheaper alternatives.

「初期投資の費用の削減だけを求める顧客がいて、一方では長期的な信頼性に、より関心のある顧客もいる。」と久芳氏は言った。「我々は単にマーケットシェアを追求していない。」それは京セラにとって幸運である。2005年には世界の太陽光パネルの生産高のほぼ半分を占めていたが、日本の製造業全体で、2009年 にはそのシェアは14%に急減した。日本の経産省によれば、中国の低コスト生産業者がよりやすい代替品によって市場にあふれたからだと言う。

Other industries are also in retreat. Over the past decade, Japanese electronics groups have lost a third of their foreign markets to rivals Toyota’s flagship Camry mid-size saloon shrank 17 per cent last year – in part due to recalls by the carmaker – while demand for the rival Hyundai elsewhere in Asia, according to analysts at CLSA. In automotive, US sales of Sonata more than doubled.

他の産業も撤退している。過去10年にわたって、日本のエレクトロニクス企業グループは彼等の外国市場の3分の一をライバルに失って来ていて、トヨタの主力商品カムリ中型セダンは昨年17%落ち込んだ。ー 一部はこの自動車会社のリコールのためだがー 一方で、ライバルの現代に需要はアジアの各地で、CLSAのアナリストによれば。自動車ではソナタのアメリカの売上は2倍以上だ。

“There is a lot of introspection going on among Japanese companies right now,” says Craig Naylor, the American chief executive of Nippon Sheet Glass, one of Japan’s biggest glassmakers, who contrasts the anxious mood with the brimming confidence he saw in the 1980s when he worked in Tokyo for DuPont.

「今まさに、日本企業の間で、続いているのが数多くの自己反省だ。」とCraig Naylorが言っているが、彼は日本の硝子メーカーの最大の一つである日本板硝子のアメリカ人の社長だが、彼がデュポンで東京で働いていた1980年代に彼が見たあふれんばかりの自信とこの不安げなムードと対比している。

Japan has fretted before about the decline of monozukuri – its often idealised culture of “making things”. Employment in the manufacturing sector peaked at 15.7m in 1992, but has fallen by a third during two “lost decades” for Japan’s economy. In surveys, Japanese students express less interest in science and technology careers than do their peers in other developed countries.

日本は「もの作り」の衰退にイライラして来ている。ー 多くの場合、その「ものを作る」ことの理想的な文化。製造業部門での雇用は1992年に1,570万人がピークであって、日本の経済の「失われた20年」 の間に3分の一減ってしまった。幾つかの調査では日本の学生は他の先進国の同輩よりも、科学や技術のキャリアにはあまり関心を示さない。

Japan’s performance in many areas looks weak only in comparison to that of its fast-rising neighbours. Solar-panel makers such as Kyocera are adding capacity, albeit at a slower pace than their Chinese rivals, thanks to robust demand for renewable energy.

多くの分野に於ける、日本の実績は急激に上昇している近隣諸国に比べるだけでも弱そうだ。京セラのような太陽光パネルメーカーは中国のライバルよりもスローペースではあるが、能力を増強して来ている。再生エネルギーの旺盛な需要に感謝しよう。

Yet, in capital-intensive industries even relative declines can be a problem: China’s ballooning solar output allows it to cut costs ever faster, forcing Kyocera and other Japanese groups to work harder to justify their premium prices.

しかし、資本集中型産業に於いて、更なる相対的な減退は問題かもしれない。:中国の急増する太陽光の生産高はさらに早くコストを削減することができ、京セラやその他の日本のグループが彼等の割り増し価格を正当化するためにより努力を強いられている。

この最後で言っているところが今日本が深刻なコストダウンに悩まされているところだ。それはTQCとかTPMがこうした品質の究極のレベルを追求して来たのだが、当然コストも上昇してしまった。こうしたもの作りの世界では簡単にはコストは半分には下がらない。しかし、下げなければならない。技術本部を中国に移さなければだめな企業もあるかもしれない。こうした革新に技術者がついて来れないからだ。日本は生産技術では世界最先端かもしれないが、技術ではもはやそうではないのかもしれない。品質だけだと市場は日本とアメリカに限定されてしまう。しかもそれは当面だけだ。やがて安いコストの製品に駆逐されてしまうのは歴史が証明している。今日はここまで。又明日。





続きを読む

swingby_blog at 07:09 

2011年02月21日

2011-05Backup

2011-05Backup続きを読む

swingby_blog at 16:24コメント(0)トラックバック(0) 

ビルクリントンの減税支援

昨日は大忙しだった。結局北陸の原稿は今日に持ち越しになってしまった。あとは予定通りだった。ただ、問題は何と、浜松町の貿易センタービルが昨日は閉館だった。信じられないことだが、地下鉄、JRの通路で、店が一杯あるのが、どう言う理由か知らないが、今日はしまっていた。ここの管理会社の考え方が理解できない。私はそのお陰で、いつもの帰り道が通れずに、会合の場所も変更せざるをえなかった。許しがたことだ。世の中には変な会社もあるものだ。もうひとつ。宮崎の講演の前に戴いたお茶がすごい。飲むと疲労が取れる。今日どなただったか調べて、コンタクトしよう。

さて、今日はビルクリントンのホワイトハウスに久しぶりに戻って来た時の記事だ。オバマの意図に反して、彼が主役となって、いろいろ意気揚々と話をしたこ とを皮肉った記事だ。内容はあまりないが、こうしたことも記事になる。日本の新聞では絶対に記事にはならないだろう。たまにはこういうのも良いかもしれない。では始めよう。


Bill Clinton Takes Back The White House
ビルクリントンがホワイトハウスを取り戻す。
Posted by Michael Scherer Friday, December 10, 2010

Count this among the greatest miscalculations of President Obama's career: “I'm going to let him speak very briefly,” Obama said Friday, upon introducing Bill Clinton in the White House briefing room for his triumphant, self-adulating return.

オバマ大統領の活動歴の最大の計算違いの中でこれを考慮に入れよう。:「私は彼に極めて手短に彼に話をしてもらおうとしている。」とオバマは金曜日に言った。ホワイトハウスの記者会見室でビルクリントンを紹介し、彼は彼の意気揚々とした、自画自賛してここに戻って来た。

Clinton, a former president who still pines for the limelight, did not speak very briefly. He spoke, rather, at length, about the tax cut deal, about Hong Kong stimulus, the Haitian prime minister, green energy investors in Nevada and the number of events he did supporting candidates in the 2010 midterms. “I did 133,” he said.

クリントンは以前の大統領だが,まだ人目を引く立場に憧れていて、極めて短くは話をしなかった。むしろ、彼は長々しく,減税の取引について話をし,香港の景気刺激策について,ハイチの首相、ネバダのグリーンエネルギーの投資家,彼が2010年の中間選挙で支援した候補者に行った諸々の出来事。「私は133個の支援をやった。」とかれは言っ た。

The idea was to have Clinton come out to show his support for Obama's tax cut compromise, but Clinton spoke more about himself. Nearly every verb he spoke was preceded by the word “I.” Even his simple statements about his devotion to altruism sounded inappropriately self-referential. “I had quite a good time governing,” Clinton said at one point. “I'm glad to be here because I think the president made a good decision, and because I want my country to do well.” At another point, he put it this way, “I'm out of politics now, except to say I love my country and I want to get this economy going again.”

このアイデアはオバマの減税妥協策の支援をクリントンの口から出させるためであった。しかし、クリントンは彼自身についてより多くを話した。殆ど彼が話したすべての動詞は「私」と言う単語が先行した。愛他主義への彼の献身についての彼の単純な意見ですら自分のことを言っていて、適切でないような印象を与えた。「私は政務の良い時を過ごした。」ある時点で、クリントンは言った。「私はここにいるのがうれしい。と言うのは大統領が良い意思決定をしたと思うからであり、私は私の国がうまく行ってほしいからだ。」他の時には彼はこのように言っている。「私は現在、政治家ではない。私は私の国を愛し、そして私はこの経済が再びうまく言ってほしいだけだ。」

For the first part of Clinton's performance, Obama, the current president, who never acts so freely in the briefing room, calling on reporters at will, stood by stoically watching the spectacle. The television cameras cut Obama out of the shot, making it look for most of the world like Clinton was again president, holding forth before the presidential seal.

クリントンのパーフォーマンスの最初の部分のために、オバマ、現在の大統領だが、彼は記者会見室で、それほど自由に振る舞ったことはなかったが、リポーター に好きなように発言を求め、平然と光景を眺めながら、そばに立っていた。テレビカメラはオバマを撮影からカットし、世界の多くの人々に、大統領の紋章の前で、長々と話をしているクリントンが再び大統領であるかのように見せかけた。

When a reporter's question gave Obama a brief moment to take back the microphones, he seemed to move towards them, but Clinton did not give way. So leaning, Obama said that his wife had been waiting for him for a half hour, at a previously mentioned holiday party, and he was going to leave. “I don't want to make her mad,” Clinton responded. “Please go.” Indeed.

リポーターの質問はオバマにマイクをちょっとだけ戻すように言った時に彼は彼等の方に動こうとしたが、クリントンは譲らなかった。そこで、身を乗り出して、 オバマは以前から言っていた休日のパーティで か彼の妻が彼を30分待っていたと言って、彼は帰ろうとした。「私は彼女を怒らせたくない。」とクリントンは答えた。「行ってください。」いかにも。

On the substance, Clinton was there to endorse the economic stimulus message that the White House has been sending out in defense of the tax cut compromise Obama has struck with Republican Senate leader Mitch McConnell. “This is the best economic result for America,” he said. His arguments had been heard before by everyone in the press room—albeit with less self-referential pronouns—so the historical fact of Clinton's presence and his clear enthusiasm to back in the briefing room.

内容についてはクリントンがそこにいたのは経済刺激策のメッセージを支持し、それはホワイトハウスが減税の妥協策を防御するために持って来たのであって、そ れはオバマが共和党の上院のリーダーMitch McConnellと手を結んで来たものだった。「これがアメリカのための最善の経済の結果だ。」と彼は言った。彼の議論はこのプレスルームの誰もが以前聞かされて来ていた。ー(以前は) あまり自己に言及した代名詞は少なかったがー だから、クリントンの存在の歴史的な事実と彼の明確な熱意がこの記者会見室に戻った。

“First of all I feel awkward being here,”Clinton said, when he first took the microphone. Nothing could have been further from the truth.

彼が最初にマイクを握った時に「まず第一に、ここにいるのがぎこちなく感じる。」とクリントンはいった。何も真実からかけ離れることはできない。

ちょっと短いが今日はこれで終わり。今リビアが大変なことになっている。エジプトはこれからは誰が政権を取るかだ。これも混迷しそうだ。リビアについては近々取り上げよう。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:43コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月20日

2011-07Backup

2011-07Backup続きを読む

swingby_blog at 21:12コメント(0)トラックバック(0) 

2011-06Backup

2011-06Backup続きを読む

swingby_blog at 20:55コメント(0)トラックバック(0) 

2011-08backup

2011-08backup続きを読む

swingby_blog at 13:05コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓