2011年05月

2011年05月25日

シリアへの制裁2

昨日はこのブログの宣伝と8時テレビの宣伝で、Facebookの私の友人とその又友人に膨大なメールを送ったが、実はその返信が膨大で、困っている。よく考えたら、そうなるんだよなあ。今日もその返信が数百通も来るのかと思うと困っている。でもそうしないと、人のネットワークは拡大しない。昨日、藤井papaは私の送った紹介メールがスパムだと思ったらしい。そうだよなあ。そうではないと言っておいたが、そう思った人もたくさ んいたに違いない。

そろそろビジネスも含めて、交友関係の流れを変えようと思っている。迷惑に思う人もいるに違いないが、この場を借りて、お詫びしておく。ともかくも、8時テレビサイト www.8jitv.com を数多くの人に見てもらいたい。この読者も是非、宣伝してほしい。マル禁の単語もでてくるが、私が言うのも変だが、ともかく面白い。このブログの一ヶ月の総括なのだが、是非宣伝してほしい。書籍は9月を目処に出版しようと考えているが、これからの時代はインターネットだし、それを利用した動画だ。この媒体がこれからの時代の主流だ。アメリカでは大きな書店はすべて倒産したし、DVDのレンタル店も倒産した。そう思って、青木さんにお願いして、8時テレビで宣伝してもらっている。その為に、一 生懸命私も勉強している。私が集めた個人の書籍3,000冊は昨年廃棄してしまった。やはり、これからは紙ではない。勿論、電子媒体で読むと言うことは当然ある。

さて、いよいよ、今日から大連研修で、今回が最後だ。7月からは新規に上海と西安の研修になる。大連研修はもう70回近く行ったので、次回からは高度成長期真っただ中の上海と将来の中国の中心地であるシルクロードの西安での研修となる。7月20日から23日までだ。これから成田だ。早速始めよう。昨日の続きだ。

The protests in Syria on Friday reportedly occurred in more than a dozen cities and included a large gathering in the central Damascus neighborhood of Midan, adjoining the historic old city, where demonstrators marched down a main street chanting, “The people want to topple the regime.” They were dispersed by troops firing live ammunition and tear gas.

金曜日にシリアの抗議行動は報道によると,歴史的な旧市街に隣接するMidanの中央ダマスカス地区の中の大きな集まりを含めて10以上の都市で起こり,デモ隊は目抜き通りを唱和しながら行進した。「人々はこの政権を倒したい。」彼等は実弾と催涙ガスを発射した軍隊によって散りじりとなった。

Until Friday, Damascus had remained largely immune from the surge of unrest that has engulfed Syria for weeks, posing the biggest challenge yet to 40 years of Assad family rule. There were also reports of protests in dozens of other locations that previously had not experienced any unrest, said Wissam Tarif of the human rights group Insaf. He said he counted demonstrations in 104 towns and villages, compared with 43 a week earlier.

金曜日まで,ダマスカスはシリアを数週間巻き込んでいた混乱のうねりからまったく逃れていた。この混乱はAssadファミリーの支配の40年の今までで,最大の抗議である。また、抗議行動の報告が数多くの他の場所からあり,以前はなんらの混乱も経験することはなかったところだと人権グループのInsafのWissam Tarifは言った。彼はデモ隊が一週間前の43と比較して104の町村であったと言った。

“The whole country was on the streets,” said Razan Zeitouneh, a human rights lawyer in Damascus. “This shows the Syrian people are not afraid of anything anymore.” In the town of Deir al-Zour, several thousand people chanted “not scared, not scared,” in a challenge to the regime’s use of military force to suppress dissent, according to a video posted on YouTube. “We are going bravely to heaven in our millions,” the crowds roared.

「国家全体が解放された。」とダマスカスの人権弁護士であるRazan Zeitounehは言った。「この事はシリアの人々がもう何も恐れていないことを示している。」YouTubeに登録されたビデオによると、反対意見を鎮圧するための政権が軍隊を利用する事に抗議して,Deir al-Zourの町の中で,数千人の人々が唱和した。「怖くない。怖くない。」「我々は数百万人が勇敢に天国に行こうとしている。」と群衆はわめいた。

‘Regime is in big trouble’

「政権は大きな問題を抱えている。」

Although the opposition movement in Syria has yet to attract the kind of huge crowds that toppled the leaders of Egypt and Tunisia, the army’s willingness to use force has seemingly backfired, said Salman Shaikh, director of the Brookings Doha Center in Qatar’s capital.

シリアに於ける反対運動がエジプトやチュニジアの指導者を倒した巨大な群衆の類いをまだ呼び寄せてはいないけれども,力を利用しようとする軍隊の意欲は裏目に出て来たようだとカタールの首都のBrookings Doha Centerの理事のSalman Shaikhは言った。

“The regime is in big trouble and at a critical stage of survival,” he said. “We’re consistently seeing new demonstrations, and though some of them are small in scale, they are taking place across the length and breadth of the country.”

「この政権は大きな問題を抱えていて、存続の危機的な状況にある。」と彼は言った。「我々は一貫して新しいデモ隊を見てきている。そして、その幾つかは規模では小さいけれども,彼等はこの国の至る所で,起こっている。」

The death toll appeared to be lower than it was the previous Friday, when soldiers killed more than 100 protesters. But human rights groups said casualties were expected to rise as reports of shootings emerged from remote areas and as protests and killings continued into the night.

兵士が100人以上の抗議者達を殺した前の金曜日よりも死亡者数は減ってきているようだ。しかし、射撃の報告は遠隔地域から出て来ていて、抗議行動と殺害は夜間に継続しているので、人権グループは死傷者数は増えると予想した。

Although troops clearly used force to disperse protesters in some areas, demonstrations proceeded unhindered in other places, suggesting that local authorities and army units may not be united behind the regime’s strategy of using overwhelming force. Dozens of low-ranking politicians in several areas resigned last week to protest the brutality of the crackdown, and there have been persistent reports of defections from the army in the besieged town of Daraa.

軍隊はある地域では抗議者を追い払う為に明らかに力を利用したけれども、デモ隊は他の場所では妨げられることなく続 行し、現地の政府と軍隊は圧倒的な力を利用するこの政権の戦略に協調していないかもしれないことを示している。幾つかの地域ではかなりたくさんの地位の低い政治家が取り締まりの残虐行為に抗議して先週辞めたが、Daraaの包囲された町の中の軍隊から離脱する報告が幾つもあった。

Syrian state television reported that four soldiers had been killed in Daraa, though the circumstances were unclear. The government has portrayed the situation as a rebellion by armed Islamist extremists.

シリアの国営テレビは状況が明確ではないが4人の兵士がDaraaで殺害されたと報告した。政府は武装したイスラム過激派の反乱としてこの状況を描き出している。

Sly reported from Beirut. Staff writers Mary Beth Sheridan and Scott Wilson contributed to this report.


 以上。この記事は4月29日のワシントンポストで、もう一ヶ月ぐらい前のものだが、状況は変わっていない。そのうちにリビアみたいに一般大衆が武装してくるだろう。どう言う状況になってくるのか、何とも言えないが、そう少し様子を見よう。明日は原子力災害の記事に戻 ろう。さ、これから成田だ。バスは6時40分だが、朝は毎日一時間歩いて、体操をしている。今日はそこまで出来ないが、30分だけ運動しようと思っている。ではまた明日。


続きを読む

swingby_blog at 05:34コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月24日

シリアへの制裁

昨晩は久しぶりに日本化学工業協会の専務理事の西出さんと化学企業のトップの方々と会食をした。日本アイソトープ協会の中村さんも参加し、原子力発電所の今回の問題に対する知見を伺うことが出来た。遅くなったが、有意義な会食だった。

土曜日のグローバリゼーション研究会の録画がアップされたので、是非見てほしい。良くとれている。先月同様に、好き放題言っているので、このブログの一ヶ月の総括をしている。以下のところだ。
8時テレビサイト www.8jitv.com 

さて、今日はまたシリアだ。では始めよう。
これはワシントンポストだ。

U.S. imposes sanctions on Syria’s intelligence service, security officials

アメリカはシリアの諜報機関と治安当局に制裁を課す。
By Joby Warrick and Liz Sly,
Friday, April 29, 7:24 PM

The Obama administration slapped sanctions on three Syrian officials and Syria’s intelligence service on Friday in what was described as a warning shot against President Bashar al-Assad’s government after weeks of steadily worsening violence against protesters.

この数週間で、抗議をする人たちへの暴力がだんだんひどくなった後で、Bashar al-Assad大統領の政府に対する威嚇射撃として言ったことの中で、オバマ政権は金曜日に3つのシリア当局とシリアの諜報機関に制裁を課した。

Tens of thousands of people are taking part in the uprising against Bashar al-Assad’s regime.

数万人の人々がBashar al-Assad政権に反対して暴動に参加している。

The measures targeting key members of Assad’s security apparatus came amid reports of dozens more deaths across the country as Syrians rallied in several cities — including, for the first time, in large numbers in Damascus, the capital — for a national “Day of Rage” denouncing government brutality.

シリア人達は幾つかの都市で,新たに集結した時に、国中の更なる数十人の死の報告の最中に、Assadの公安組織の主要メンバーを目標にした行動が出て来た。ー 始めて,首都のダマスカスでたくさんの人たちを含めて,ー 政府の残虐行為を非難する国民的な「怒りの日」の為に。

Tens of thousands of Syrians poured out of mosques and into the streets after Friday prayers for what appeared to be the biggest demonstrations yet in the country. The large turnout, after days of deadly clashes, suggests that the will of the protesters remains unbroken despite the government’s stepped-up efforts to crush the uprising.

数万人のシリア人達がこの国でこれまでに最大のデモとなるような事のために、金曜日の 礼拝の後で,モスクから通りに大量に出て来た。この大きな集まりは、犠牲者を出した衝突の数日後に、抗議する人たちの意思が、暴動を押しつぶすための政府の強化された結果にも拘らず,くじけないでいる事を示している。

Human rights groups said that at least 48 people were killed nationwide when troops opened fire on demonstrators on Friday. Fifteen of them were killed outside the southern town of Daraa, the epicenter of the protests and a rallying point for the uprising after civilians there were besieged by army tanks on Monday.

人権グループが言うには金曜日に軍隊がデモに発砲し,国中で少なくとも48人が殺された。そのうちの15人はDaraaの南方の町の郊外で殺され,そこは市民が月曜日に軍隊の戦車に囲まれた後の、抗議する人たちの中心地であり,そして、暴動の集合地点だった。

The Obama administration, facing pressure at home and abroad to act against the Assad regime, announced that it was freezing the assets of Syria’s intelligence service and its director, Ali Mamluk, as well as those of Maher al-Assad, the president’s brother and a brigade commander in Syria’s 4th Armored Division. White House officials said the army unit and the intelligence agency played leading roles in the violent attacks that have killed hundreds of people since March 16.

オバマ政権はAssad政権に反対する国内外の圧力に直面し,諜報機関とその長のAli Mamlukの資産のみならず,大統領の兄弟であり,シリアの第四機甲師団の師団長である Maher al-Assadの資産もまた凍結する事を発表した。ホワイトハウス当局はこの軍隊と諜報機関が3月16日以来、数百人の人々を殺してきた激しい攻撃に於いて指導的な役割を演じてきたと言った。

The administration also announced sanctions on Atif Najib, the president’s cousin and a political operative in Daraa province, and on Iran’s Quds Force, a paramilitary division of that country’s Revolutionary Guard Corps. A Treasury Department statement announcing the sanctions accused the Iranian group of providing material support to the Syrian intelligence service in the crackdown.

この政権はまた,大統領のいとこであり、Daraa州の、そしてイランの革命防衛隊の準軍事組織であるイランのQuds軍の政治工作員であるAtif Najibに対しても制裁を発表した。この制裁を発表した財務省の意見はこの取り締まりの中で,シリアの諜報機関に物資援助をしているイランのグループを非難した。

U.S. officials made clear that the sanctions were intended to pressure Assad to halt the violence. The presidential order authorizing the economic penalties also permits the administration to add the names of any Syrian government officials who participated in the attacks on protesters or were “complicit” in them.

アメリカ当局はこの制裁はAssadが暴力を止めるように圧力をかける事を意図していることを明らかにした。経済のペナルティを承認した大統領命令はまた、抗議者に対するこの攻撃に参加した、もしくは攻撃に「共謀」した如何なるシリアの政府の役人の名前を加える事を当局に許可している。

“This sharpens the choice for Syrian leaders who are involved in the decisions,” Jake Sullivan, the State Department’s director of policy planning, told reporters shortly after the sanctions were announced. Another administration official familiar with internal discussions about Syria policy added: “If this continues, Assad could be next.”

「この事はこの意思決定に参画したシリアの指導者に対する選択を鮮明にした。」国務省の政策立案の局長であるJake Sullivanは制裁が発表された後で手短に記者に語った。シリアの政策について内部の議論に精通しているもう1人の当局の役人が付け加えた。「もしこの事が続けばAssadが次だ。」

Few diplomatic options

外交上の選択肢はほとんどない。

The White House has been frustrated by a lack of diplomatic options in dealing with Syria, a country that is barred from most trade with the United States and is labeled a terrorist-sponsoring nation by the State Department. Washington continues to maintain formal diplomatic ties with Damascus, and the administration has not called on Assad to step down, as it did in the case of Libyan leader Moammar Gaddafi and now-deposed Egyptian President Hosni Mubarak.

ホワイトハウスはシリアを扱う外交上の選択肢がないことにイライラしてきた。この国はアメリカ合衆国との殆どの貿易が禁止されていて,国務省によってテロ支援国家として烙印を押されている。ワシントンはダマスカスと公式の外交の関係を維持し続けていて,この政権はAssadが辞任する事を要求してきていない。リビアの指導者Moammar Gaddafiや現在は引退しているエジプトの大統領Hosni Mubarakの場合にしたようには。

Several key congressional leaders this week pressed the administration to break publicly with Assad, saying the Syrian leader has lost legitimacy. On Friday, the U.N. Human Rights Council, meeting in Geneva, added to the pressure with a resolution condemning the killing of protesters and appointing a delegation to travel to Damascus to investigate the crackdown.

今週幾人かの主要な議会の指導者達は当政権にAssadと公式に断絶するようせきたて,シリアの指導者は合法性を失っていると言っている。金曜日に,国連の人権委員会はジュネーブでの会合で,抗議者達の殺害を非難し、この取り締まりを調査するためにダマスカスに送る派遣団を任命した決議を行い、圧力をかけた。

Senate Foreign Relations Committee Chairman John F. Kerry (D-Mass.), who has met repeatedly with Assad and publicly encouraged the Syrian leader’s past efforts at political reform, applauded the imposition of sanctions by the White House. “Decisions to kill unarmed civilians have consequences,” Kerry said.

上院の外交問題委員会の 議長F. Kerry (マサチューセッツ民主党員)は幾度もAssadにあってきて、公に、政治的な改革に於けるシリアの指導者の過去の努力を助長して来たが,ホワイト ハウスの制裁を課す事を賞賛した。「武装していない市民を殺害する決定は重大だ。」とKerryは言った。


今日はこれまで。この記事は明日も続く。






続きを読む

swingby_blog at 06:03コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月23日

シリアのアサドの一族の不和3

昨日は午後から雨だったが、ぬれずにすんだ。久しぶりに昨晩、投稿があって、英語の翻訳文の質問だったので、以下のように 答えた。今年の4月5日の「大震災への挑戦1」の冒頭の文章の解釈だ。是非こうした質問は聞いてほしい。このブログは英語の勉強が目的ではないが、できる限り忠実に翻訳しているので、意訳のところも多々あるが、英語の勉強にはなるように日本語を選んでいる。訳は以下の通り。

このitは前の文章全体にかかっていて、直訳すれば「着の身、着のままで逃げて来たこと」が感情を引き起こす最小の欠乏状態である。それを意訳すると本文のようになり、正確に訳せば、前の文章も、逃げる人たちではなく、逃げることになるが、文章にならないので、逃げる人たちとしている。

さて、今日も昨日の続きだが、英語の勉強という視点で見ると、この英語も易しくない。さて始めよう。

This is not a regime whose security forces are likely to turn in the face of popular  protests in the way that Tunisia's and Egypt's did -- or to split in the way that Libya's have -- and protests appear to have been limited in the two key cities of Damascus and Aleppo. Landis points out that the rebellion has not managed to draw in the middle and upper classes of the main cities, who prefer stability or fear the consequences of chaos.

 このことはチュニジアやエジプトがしたようなやり方で、公安部隊が大衆の抗議行動に直面しようとしている政権では ない。-- もしくはリビアのように分裂して -- そして抗議行動はDamascusとAleppoの2つの主要な都市に限定されて来ているようだ。Landisは反乱は主要都市の中上流階級を引き込んでいないと指摘し、彼等は安定性を好 み、もしくは混沌の帰結を恐れている。

The same may be true for the Western powers. Beirut-based analyst Rami Khouri suggests that from a geopolitical standpoint, many of the key international stakeholders approach Syria as the equivalent of a bank deemed too big to fail.

 同じようなことが西側の権力にも当てはまるのかもしれない。ベイルートを本拠地としたRami Khouriは地政学的な見地から主要な国際利害関係者の多くはシリアを銀行のように大きすぎて倒産できないように考えていると言っている。

Statements in Western capitals about imposing new sanctions on Syria are almost a pro-forma response to an unconscionable escalation of violence by the regime against its own citizens. But the measures likely to be adopted, targeting the foreign holdings of key individuals in the regime, are unlikely to alter the power calculations of the key decision makers in Damascus.

 シリアに新しい制裁を課すことについての西側国家の意見は彼等自身の市民に対してのこの政権の不合理な暴力の拡大に対しての殆ど形式上の反応である。しかし、方策がとられるようだし、この体制の中の主要な個々人の外国の所有財産を狙っているが、ダマスカスの主要な意思決定者達の権力への考えを変更しようとはしていない。

That could simply be an illustration of the problem with sanctions -- experience from Cuba to Iraq and beyond shows that regimes adapt to long-term sanctions, removing the leverage that any new measures could create over important decision makers. But nobody expects Western powers to escalate to any more direct forms of coercion against Assad of the sort now facing Libya's Colonel Gaddafi.

そのことは制裁を伴った問題の明瞭な説明かもしれない。-- キューバからイラクそしてそれを越えた経験が示しているのは政権が長期的な制裁に順応してしまうので、如何なる新たな方策が重要な意思決定者達に対して作ることの出来る影響力を取り除くことであることを示している。しかし、西側の権力が、現在、リビアのカダフィ大佐に向けているような類いのことをAssad にたいして、あらゆるより直接的で、強制的な形にエスカレートすることを誰もが期待していない

Curious, perhaps, because Assad is the Arab leader most closely aligned with Iran, the enabler of Hizballah's military capability, and host to the headquarters of Hamas. His regime remains formally at war with Israel, and has been accused by Iraq's government of enabling the Sunni insurgency there.  But that doesn't mean the U.S. or even Israel are ready to see the back of Bashar al-Assad. Secretary of State Hillary Clinton just a couple of weeks ago was still referring to him as a "reformer", and the Administration's policy had long been to woo his regime away from Iran.

 不思議なのは、たぶ ん、Assadはイランともっとも親密に協調したアラブの指導者であり、ヒズボラ(レバノンを中心に活動しているイスラム教シーア派の政治組織)の軍事力 の陰の助力者であり、そして、ハマス(パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織)の本部の主人役であるからだ。彼の政権は公式にはイスラエ ルと交戦状態にあり、イラク政府にそこでのスンニ派の反政府活動が出来るようにしていることを批判されてきている。しかし、そのことはアメリカもしくはイ スラエ ルでさえBashar al-Assadを追い払おうとしていることを意味しない。国務長官Hillary Clintonは丁度2週間前にまだ彼を「革新者」として彼を呼んでいたし、この政権(アメリカのこと)の政策はイランからはなれて、彼の政権の支持を得 ようと長い間努めて来た。

Trying to topple it, by contrast, would be a geopolitical roll of the dice: The Western powers, and many Syrians, fear the regime's collapse would unleash a sectarian civil war that could spread into Lebanon and Iraq. And they fear that the Muslim Brotherhood would emerge as the strongest opposition group.

それに反して、それを覆そうとすることは地政学的な時の運だろ う。:西側の権力とそして、多くのシリア人達はこの政権の崩壊が宗派による内戦になることを恐れ、それはレバノンやイラクに広がりうる。そして、彼等が恐 れているのはイスラム同胞団が最強の反対勢力として現れることだ。

Even for the Israeli security establishment, Assad is the devil they know, and there's an assumption that the Machiavellian calculations of Damascus actually function as a restraint on Hizballah -- the Israelis would make Syria pay a price for any sustained offensive launched by the movement, and the assumption has long been that negotiating a peace agreement with Damascus could cut off Hizballah's arms supplies and cool Syrian ties with Iran. If the regime goes, all bets are off. And it's fear of the power vacuum that gives many middle class Syrians, and international stakeholders, pause before committing to topple Assad.

 イスラエルの公安機関にとってさえ、Assadは彼等がよく知っている悪魔であり、そして、ダマスカスの策略に長けた計算が実際にヒズボラに対する抑制として機能すると想定している。-- イスラエルはこの運動によって着手されたいかなる持続した攻撃姿勢に対してシリアに代償を支払わせるだろう。そして、ダマスカスとの平和協定の交渉がヒズ ボラへの武器の供給をやめさせ、イランとのシリアの関係をさめさせることが出来ると長い間、想定されて来た。この政権が無くなるなら、すべての賭けも終わ る。そして、権力が空白になるのを恐れていて、それは多くの中産階級のシリア人と国際的な投資家達に、Assadを打倒することをコミットする以前に躊躇させている。

At the same time, however, the scale of the current rebellion suggests that it won't be as easily contained by the brutality unleashed in Hama, in 1982, to suppress an insurrection by the Muslim Brotherhood. The economic and social despair of too many Syrians has stripped them of their fear; for a traditionally authoritarian regime the past month has seen previously unthinkable public defiance -- and it's not showing any sign of ending.

 同時に、しかしながら、現在の反乱の規模は1982年にイスラム同胞団による暴動を抑圧する為にハマで爆発した残 虐行為によって容易には抑制されないだろうことを暗示している。あまりに多くのシリア人の経済的かつ社会的な失望は彼等の恐怖をはいでしまった。;これまでの独裁的な政権に対して、前月の出来事では以前には考えられないような大胆な反抗があった。-- そしてなんらの終わる兆しも示していない。

As a result, Landis predicts, the opposition will quickly turn to arms, as it did in Libya. The result, at least in the short term, may prove quite different. An armed rebellion is likely to eventually be led by the most intractable and battle-hardened opponents of the regime, which would be the Islamists. And at least in the short term, a turn to a more violent confrontation would likely reinforce the reluctance of the urban elites to back the rebellion. In the long term, he argues, their calculations will be changed by the likely economic collapse, which will eventually bring down the regime. But it could be a protracted and bloody demise.

結果として、Landisが予言するのは反対派はリビアにしたように、速やかに武器を持つようになるだろう。その結果、少なくとも短期間に於いて、全く異なった結果となるかもしれない。武装した反乱はこの政権の最も扱いにくい、 かつ百戦錬磨の相手によって、いつかは指導されそうだ。それはイスラム過激派だろう。そして、少なくとも短期間で、より暴力的な衝突への転換は都市部のエ リートが反乱軍を支援することにその気を無くしてしまうだろう。長期的には、彼が言うには、彼等の計算はありそうな経済崩壊によって変化するだろう。それはついにはその政権を崩壊させるだろう。しかし、それは長引いた、血塗られた終焉になり得る。


以上。結構、難しい英語だった。昨日の英語の勉強会の質問者のようにこの文章は英語の勉強には最適だ。一番良い題材は昨年2月のブログで特集したマイケルフィネガンの論文が最高に難しい。是非一度再読をお進めしたい。本題の内容だが、核心を突いている。明日も新しい記事だが、シリアを勉強しよう。今日はこれまで。









続きを読む

swingby_blog at 05:06コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月22日

シリアのアサドの一族の不和2

昨日はグローバリゼーション研究会ご苦労様でした。新宿の新しいところで行ったが、快適なところでだった。大久保駅の目の前で、交通も至便で、Ustreamも最初トラブっただけで、後は順調のようだった。青木さんご苦労様。次回は6月11日で、テーマは今回とあまり変わらないかもしれない。イスラエルがどう動いて行くのか。リビアは変化しないだろう。シリアもたいして変わらない。アフガニスタン、イラク、イラン、エジプト、ヨルダンも同様だと思う。ユーロではギリシャについで、ポルトガルが混乱しているので、少し勉強したい。中国は何かネタがでてくるかもしれない。元高圧力はは暫くないだろう。商務長官ロック氏の動向の記事があれば取り上げよう。

昨晩はスケート仲間のパメラの上海転勤パーティがあった。食べ過ぎと飲み過ぎで、昨夜はやっと帰って来た。いつも夜が早いのと、酒は飲まないし、食事はあまり食べないようにしているので、昨晩と今朝は過労感が抜けないが、楽しかった。今日は午前中は晴れなので、スケートが出来る。天気予報ははずれだ。では始めよう。今日も昨日の続きだ。

Like Mundher and Zawwaz, the president's cousins live like militia leaders in the Alawi mountains, the family's birthplace in Western Syria. "The family gives them some leeway and the current crisis is a perfect opportunity," says an expert on Syrian affairs.

MundherやZawwazのように、大統領のいとこ達は西部シリアのこの家族の故郷Alawi山脈の中で民兵の指導者のように生活している。「この家族は彼等に多少の自由を与え、そして、この現在の危機は絶好のチャンスだ。」とシリアの事情通は言っている。

Residents of Latakia and Banias accuse them of having stirred up religious tensions between Sunnis and Alawis at the beginning of the uprising by sending text message warnings: "Alawis are descending from their mountains to attack Sunnis" and "Sunnis are out on the streets to massacre Alawis." Residents also accused their militia known as the Shabiha of attacking their town.

LatakiaやBaniasの住人達は携帯メールで警告を送ることによって、この騒動の始まりにSunnisとAlawis間の宗教的な緊張を煽動している彼らを非難した。「ArawisはSunnisを攻撃する為に彼等の山から下りてくる。」そして、 「SunnisはArawisを殺戮する為に通りに出ている。」住民達も又、彼等の町を攻撃するShabihaとして知られている彼等の民兵を非難した。

There is another powerful family besides the Assads: the Makhlouf family. The ties between the two Alawi families date back to Hafez's wedding to Anisa Makhlouf. During the bitter battle between Rifaat and Hafez, the Makhloufs took Hafez's side and obtained wealth and influential positions in return. Rami Makhlouf, a rich businessman, is seen as the symbol of the regime's corruption. He is nicknamed "the king of Syria" while Bashar is only the president. His brother Hafez Makhlouf is the head of the Damascus security forces.

 Assad家の近くにもう一つの有力な家族がいる。:Makhlouf家だ。この2つのArawi家の絆はHafezのAnisa Makhloufとの結婚の日までさかのぼる。RifaatとHafezとの悲痛な戦いの間、Makhlouf家はHafez側につき、その代わり、富と影響力のある地位を得た。Rami Makhloufは金持ちのビジネスマンで、この政権の汚職の象徴として見られている。彼は「シリアの王」と言うあだ名で、Basharはただの大統領 だ。彼の兄弟のHafez Makhloufはダマスカスの公安部隊の長である。

"The president wasn't made for the position he is in today," says a Syrian political analyst. "You can't improvise being a dictator. His father had to work, scheme, eliminate to gain power and consolidate it, while Bashar belongs to a generation of young heirs like Mohammed VI in Morocco or Abdullah II in Jordan who received power without really understanding how it works."

「この大統領は彼が今日ある地位を作られていたのではなかった。」とシリアの政治アナリストは言っている。「あなたは独裁者を即興で作ることは出来ない。彼の父が力を得て、国を強固にする為に、働き、企み、抹殺しなければならなかった。一方で、Basharはモロッコの Mohammed VIもしくはヨルダンのAbdullah IIのような若い後継者の世代に属し、本当はそれがどのように機能するか理解することなしに、権力を受け継いだ。」

Brought to power by a system created by his father, but one that he doesn't control, Bashar al-Assad seems weakened. This could coalesce the family around new members who have become more powerful recently, and who would do anything to protect their interests.

彼の父によって作られたシステムによって権力がもたらされたが、彼はそれを管理しないので、Bashar al-Assadは弱体化したようだ。このため、最近より有力になって来て、彼等の利益を守る為なら何でもするような新しいメンバーの回りにこの家族を合体することになった。


以上だが、もう少し今日は勉強しよう。次もシリアだ。これはタイムだ。
Syria: There Will Be (Lots More) Blood
シリア:流血(もっと多くの)があるだろう。
Posted by Tony KaronTuesday, April 26, 2011

Unable to assuage their grievances with empty promises of reform, Syria's President Bashar al-Assad this week adopted the "Tiananmen Model" of dealing with a popular protest movement. Like the Chinese authorities in 1989, Assad on Monday sent in the tanks and thousands of troops to reclaim the streets of Deraa, where the rebellion began a month ago in protest at the arrest of schoolchildren for scrawling anti-regime graffiti.

改革の空約束の不満を和らげることが出来ずに、シリアの大統領Bashar al-Assadは今週、大衆の抗議運動を扱うのに「天安門モデル」を採用した。1989年の中国当局のように、月曜日のAssadはDeraaの通りを更正させる為にタンクと数千人の軍隊を送り込んだ。そこは反政府の落書きをした子供達が逮捕されて、一ヶ月前に抗議の反抗が始まったところだった。

Scores of Syrians have already been killed in the regime's crackdown, but sending in the tanks is a symbolic escalation: As Oklahoma University Syria expert Joshua Landis points out, there's no military reason to use armor against unarmed demonstrators; its purpose is to intimidate by demonstrating the overwhelming advantage in firepower of a regime willing to use it rather than yield power.

多数のシリア人達は既にこの政権の取り締まりで殺されて来ている。しかし、タンクを送り出すことは象徴的な拡大だ。:オクラホマ大学のシリアの専門家であるJoshua Landisが指摘しているように、武装していないデモ隊に対して機甲部隊を使う軍事的な理由はない。;その目的は力を譲るよりかはそれを利用しようとする政権の火力に於ける圧倒的な優位性を示すことによって脅迫するためである。

The regime hopes that an overwhelming display of ruthless force will put an end to the uprising. That may be its only choice if it remains unwilling to contemplate ceding its monopoly on power to a genuinely democratic political order. And the regime appears to be calculating that it can muster sufficient domestic support from the ethnic, sectarian and class interests protected by the regime -- and withstand any international pressure, given the West's ambivalence about ousting Assad -- to tough out the storm, and then offer more reforms, on its own terms, once its iron control of the streets is restored.

この政権は残酷な軍隊の圧倒的な誇示によってこの反乱を終わりに しようと望んでいる。純粋な民主的な政治秩序に対して権力の独占を譲歩しようとする考えがないのであれば、それがただ一つの選択肢かもしれない。そして、 この政権はこの政権によって保護された少数民族の、宗派の、そして階級上の利害関係者達からの十分な国内の支援を集めることが出来ることを計算しているようだ。-- そして、Assadを追い払うことについて西側のどっち付かずの態度を考えれば、どんな国際的な圧力に抵抗する-- この嵐に耐え、そして更なる改革を提供し、こちらの言う条件で、いつかは、この国の鉄の管理を復活させる。

Just as the regime of Saddam Hussein had relied on Iraq's Sunni minority to staff its administrative and security structures -- and to defend their relatively privileged status in the face of any challenge by the Shi'ite majority -- so does Assad's regime rely on his own Alawite sect (comprising 12% of the popuation) to run the security forces that are the regime's key pillar. That and the support, or at least quiescence of the Sunni and Christian urban middle class and elites, is what the regime will be counting on as it unleashes murderous violence on the rebellious towns of the impoverished and more socially conservative Sunni hinterland.

まさにSaddam Husseinの政権がイラクのスンニ少数派に依存したように、当局と公安の組織に配置し、-- シーア多数派の如何なる挑戦に直面しても比較的特権を持った状態を守り、-- Assadの政権も彼自身のAlawi派(人口の12%からなる)に頼り、政権の主要な柱である治安部隊を管理している。それとこの支援もしくは少なくともスンニ派とキリスト教の都市部の中産階級とエリート達の収まっている状態は、貧窮化した、そして社会的に保守的なスンニ派の後背地である反抗的な町に対しての殺人的な暴力を加えた時に、この政権が計算していたことである。

Beyond his own Alawite base, which has benefited most from the regime, Assad is expecting that key power centers inside and outside Syria will conclude that no matter how odious they find his regime, they're unwilling to help topple it for fear of the consequences. For now, that may not be a bad bet.

彼自身のAlawiの地盤はこの政権から最も恩恵を受けてきたが、これを越えて、Assadはシリアの内外の主要な権力の中心はどんなに彼等が彼の政権を嫌悪しても、彼等は結果を恐れて、政権を倒す支援はしようとしてないと結論しているだろうと期待している。さしあたり、それは悪い賭けではないのかもしれない。



今日はこれまで。




続きを読む

swingby_blog at 05:58コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月21日

シリアのアサドの一族の不和

シリアはアメリカが制裁を決定したが、アサドはそれに動じていない。オバマはオサマビンラディンを殺害したので、ア フガニスタンから、視点をイスラエルに移そうとしている。1965年当時の国境に戻すようにオバマは昨日主張した。これはイスラエルが第三次中東戦争でエジプ トからシナイ半島とガザ地区を、同戦争に参戦したシリアからゴラン高原を、ヨルダンから東エルサレムとヨルダン川西岸全域を奪取したが、それを元に戻せと言うことだ。首相ネタニヤフはそれを拒否している。昨日の金曜日にこの2人がホワイトハウスで会議することになっていたが、さてどうなるのだろうか。ファタハはともかくとして、ハマスは納得しないだろう。さて、始めよう。


Friday, Apr. 22, 2011
Syria: Is Assad's Clan Turning Against Him?

 シリア:Assadの一族が彼に敵対しているのか?


This post is in partnership with Worldcrunch, a new global news site that translates stories of note in foreign languages into English. The article below was originally published in the leading French daily Le Monde.

この投稿はWorldcrunchとの提携で、新しいグローバルニュースサイトで、外国語の一連の記事を英語に翻訳している。以下の記事は元はフランスの一流紙ルモンドで発行された物である。

Despite the end of the 48-year state of emergency, signed this week by President Bashar al-Assad, protests were continuing Friday. It is just one more outward sign of the sinking faith in the regime's durability. Decrees are signed, but "security forces don't obey the law," says one Syrian commentator on the Internet.

Bashar al-Assad大統領によって今週サインされた48年間の非常事態の終わりにもかかわらず、抗議行動は金曜日にも続いていた。それはこの政権の永続性に対して、信頼が減速しているまさに、もう一つの外からの兆候である。布告はサインされたが、「治安部隊は法に従っていない。」とあるシリアの解説者はインターネットで言っている。

Indeed, some now believe that inside the regime, the President isn't as powerful as he might seem. One activist said: "We wonder who really makes decisions in this country." 

確かに、政権の内部で、この大統領は彼が思っている程、権力を持っていないと現在幾人かの人たちは信じている。ある活動家は「誰がこの国で本当に意思決定をするのか疑問に思う。」と言っている。


Syria's President Bashar al-Assad

 シリアの大統領Bashar al-Assad

Assad's ability to govern has been questioned from the outset, in 2000 when he replaced his father as President of Syria. Critics wondered how the then inexperienced 34-year-old could lead a regime where many didn't want him as leader. More than 10 years later, however, he seemed to have proven his authority to the point where political analysts thought that he would avoid the wave of Arab uprisings sweeping the region's dictators.

統治するAssadの能力は2001年に彼がシリアの大統領として彼の父と入れ替わった時から疑問視されて来た。当時の34才の経験のない人が政権をリードすることが出来るのか、批判する人々は不思議に思った。この政権では多くの人が彼を指導者として求めていなかった。しかしながら、10年以上たって、彼の権力を証明したかのように思えた。しかし、それはこの地域の独裁者達を掃き散らしているアラブの暴動の波を彼が避けるだろうと政治のアナリスト達が考えたところまでだった。

Unlike his former Tunisian and Egyptian counterparts, Assad is seen as a zaim, or Arab leader, because of his openly anti-Israeli and anti-American stance. His popularity was bolstered by an all-powerful system of coercion and the work of the country's intelligence services.

彼の以前のチュニジアやエジプトの相方と違って、Assadはザイムもしくはアラブの指導者として思われた。彼の公然とした反イスラエルと反アメリカの態度のために。彼の人気は弾圧政治の全権力を握っているシステムとこの国の諜報機関の働きによって支えられていた。

However, since February, there have been several contradictory statements and rumors of rivalry within the Assad clan, which have revived the idea that the regime is facing internal struggles. "These divisions are real," says a Syrian businessman who has met Assad several times. "The President and his wife Asma are reformers but they don't make all the decisions. Bashar al-Assad is torn between his family's interests — his brother, his sister and his uncles have considerable influence — and his duty towards his country."

 しかしながら、2月以来、Assadの一族の中で幾つかの正反対の意見とか対立関係の噂があった。それはこの政権が内部抗争に直面していると言う考えが再び注目を集めて来ている。「これらの対立は本当だ。」と Assadに何度か会っているシリアのビジネスマンは言っている。「大統領と彼の妻Asmaは政治改革者だが、彼等は如何なる意思決定もしない。 Bashar al-Assadは彼の家族の利益のいずれを選択すべきか迷っているー 彼の兄弟姉妹と叔父達はかなりの影響力を持っているー そして彼の国家に対する義務。」

Relationships have always been troubled among the Assad children. The eldest, Bushra, is said to be influential and authoritative. Her relationship with Asma is strained. She accuses her sister-in-law of being too present in the media. Her youngest brother Maher shot her husband Assef Shawkat in the stomach in 1999 in the middle of the presidential palace.

関係が常にAssadの子供達の間で、問題であった。長女 Bushraは影響力があって、高圧的だと言われている。Asmaとの関係はこじれている。彼女は彼女の義理の妹がメディアに目だちすぎだと非難している。彼女の最も若い弟Maherは1999年に大統領府の中で、彼女の夫Assef Shawkatの腹部を撃った。

Despite Maher's warnings, Bashar made Shawkat a close ally by putting him in charge of the army's intelligence services. In late 2008, they had a falling out with rumors of an attempted coup. But Shawkat has reportedly since been forgiven.

Maherの警告にもかかわらず、BasharはShawkatと親密な関係となり、彼を軍隊の諜報機関の責任者にした。2008年の後半になって、彼等は不和になり、未遂に終わったクーデターの噂があった。しかし、Shawkatは伝えられるところによれば、以来許されて来た。

Maher also claimed his stake inside the clan, giving the President a much needed though sometimes intrusive support. He is the real "leader" of the army, applying pressure on all policy issues — even foreign affairs — and is thought to be more of a hard-liner than his brother, and is said to be hot-tempered. For critics, he personifies the regime's brutality.

Maherはまた一族内部の彼の権利を要求した。時々は出しゃばった支援ではあるが、大統領にずっと多くの必要とされている以上のものを与えて来た。彼は軍の真の「指導者」であり、すべての政策課題に圧力をかけ、ー 外交問題でさえもー そして、彼の兄弟よりも遥かに強硬路線支持者と考えられていて、短気だと言われている。批評家が言うには彼は政権の残忍性の権化である。

"This bickering comes from the lack of leadership," says a political analyst in Damascus. "The regime does not have a long term vision, which explains the stupidity of its reaction in Daraa," where protests started on March 15 after kids were arrested and tortured for painting anti-government graffiti.

「この論争は指導力の欠如から来ている。」とダマスカスの政治アナリストが言ってい る。「この政権は長期のビジョンを持っていない。それはDaraaでの反応の愚かな行為を説明している。」そこで、反政府の落書きを書いたかどで,子供たちが逮捕され,拷問を受けた後の3月15日に抗議行動が始まった。

The way the family works is still unclear. Only Hafez al-Assad's iron-fisted rule was able to quell his own brothers' personal ambitions. One of them, Rifaat became a dissident in 1983. The fighting that ensued nearly shattered the unity of the dominating Alawi minority, whose cohesion and support are the backbone of the regime.

家族が働くやり方は未だにはっきりしない。Hafez al-Assadの弾圧的な規則だけが彼自身の兄弟の個人的な野心を抑えることができた。彼等の1人、Rifaatは1983年に反体制派となった。続いて起こったその戦いは支配していたAlawiの少数派の団結を殆ど粉々に壊した。その団結と支援はこの政権の背骨である。

From Spain, where he now lives in exile, Rifaat and his sons Sumar and Ribal constantly challenge Bashar through their TV station ANN TV. Though their influence in Syria is questionable, other members of the clan who have stayed in the country could potentially turn against the president.

 彼は今スペインに亡命しているが、そこから、Rifaatと彼の息子SumarとRibalは彼等のテレビ局ANN TVを通じて、Basharに絶えず、挑戦している。シリアに於ける彼等の影響力は疑問だが、この国に留まっているこの一族の他のメンバーはこの大統領に敵対する可能性はありえる。


アサド一族の内情の話で、シリアが一般大衆をリビアと同様に弾圧しているが、アサド一族内部ではそれなりの葛藤があるようだ。今日はここまで。

続きを読む

swingby_blog at 05:07コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月20日

制裁を受けているイランの石油

昨日終わったと思ったが、イランの石油の続きがあった。イランは国連から核開発で、制裁を受けている。そのため、石油が売れないので、泣き言を言っている。珍しい記事だ。では始めよう。

The continued rise of Iraq's production capacity could, in the wake of an oil glut and international economic sanctions against the Islamic Republic, endanger Iran's standing as OPEC's second largest oil exporter. Already Iran has lost some of its market share to Iraq, which has better technology and can offer lower prices for similar grades of crude. "Some of Iraq's customers came to us after it occupied Kuwait and again in 2003 after Saddam Hussein fell with the U.S. invasion," says an official from Iran's national oil company, speaking from Tehran on condition of anonymity. "Now, because of Iran's political situation and difficulties with sanctions, those customers are going back to Iraq."

 イラクの生産能力の続伸は石油過剰、イ ランに対する国際経済制裁を受けて、OPEC第二の石油輸出国としてイランの立場を危うくしている。既にイランはイラクにマーケットシェアの一部を失って来ていて、彼等は技術がよりすぐれていて、同様の原油のグレードを安い価格で提供することが出来る。「イラクの顧客の幾人かはイラクがクウェートを占領した後に我々に戻ってきたが、サダムフセインがアメ リカの侵略で崩壊した後、2003年に再び、我々に戻って来ている。」イランの国有石油企業の役人は言っている。彼は匿名を条件にテヘランから話をしている。「いま、制裁によるイランの政治状況と障害の為にこれらの顧客はイラクに戻りつつある。」

Iran, currently the organization's second largest exporter after Saudi Arabia, says it harbors more than 150 billion barrels in proven oil reserves and can pump up to 4.3 million barrels a day. Production during the past six months has been upwards of 3.6 million barrels a day, keeping the Islamic Republic positioned above Iraq with its roughly 143 billion barrels in proven reserves and most recent daily production capacity of 2.7 million barrels, according to leading energy-research firm Platts.

イ ランは現在この組織で、サウジアラビアに次いで世界第二位の輸出国で、確認石油埋蔵量で、1,500億バーレル以上あると言われている。そして、一日に 430万バーレル産出できる。過去6ヶ月の生産高は一日あたり360万バーレル以上であった。エネルギー調査会社プラッツによると、イラクは確認埋蔵量でほぼ1430 億バーレルで、ごく最近の日産生産能力は270万バーレルで、イランがイラク以上のポジションを確保している。

The oil-price surge of the past few weeks to over $100 a barrel should, in theory, have benefited Tehran, which needs crude export prices around $90 a barrel to avoid running a budgetary deficit, according to government figures. However, unlike most of its counterparts in OPEC, which have raised production to take advantage of rising oil prices, Iran has been reducing production because of a decline in export sales, according to Iranian oil officials. "We've had trouble selling and reduced output to minimize the level of crude going into storage," the Iranian government official says.

 過去数週間で、1 バーレルあたり100ドルを越える石油価格の高騰は理論的にはテヘランに利益を与えて来たはずだ。政府の数字によれば、赤字予算での運営を回避する為には 原油の輸出価格を1バーレルあたり90ドル必要だ。しかしながら、イランの石油当局によれば、OPECの多くの相方は石油価格の上昇に便乗して生産量をあげて来たが、彼等とは異なり、イランは輸出販売の減少の為、生産量を減らして来た。「我々は販売に問題があって、原油の在庫水準を最小限にまで産出高を減少させた。」とイラン政府当局は言う。

Storing large quantities of oil in offshore facilities is not abnormal for Iran, whose ailing refineries can't process the highly sulfuric and heavier grades of oil that make up most of the country's exports. Storage levels usually rise in December, when foreign firms sometimes delay lifting their crude in order to avoid paying higher taxes, and between the months of May and August, when Iran typically conducts annual second-quarter refinery maintenance and witnesses a decline in sales of its heavier grades of crude oil.

海洋施設に石油を大量に貯蔵することはイランにとって異常ではなく、そこの調子が良くない製油所は硫黄濃度の高い、石油の重いグレードを処理できない。この石油がこの国の輸出の殆どを占めている。貯蔵水準は通常12月に上昇する。それは外国企業が時々、より高い税金の支払いを避ける為に荷揚げするのを遅らせるからであり、5月と8月の間もイランが通常は年度の第二四半期の製油所のメンテナンスを行い、原油のより重たいグレードの売上の減少を目撃している。

But for more than a year, Iran has been storing a consistent level of crude oil offshore and is currently harboring at least 20 million barrels of oil in tankers in the Persian Gulf, with additional crude stock on carriers in transit toward Egypt's Mediterranean coast, according to the senior oil official. U.N. sanctions imposed against the Islamic Republic last summer raised costs and lengthened the bureaucratic process behind purchasing Iranian oil, says the official. With OPEC supply at its highest level in two years, a number of Iran's longtime oil customers, including traditionally smaller purchasers like companies from Pakistan, have reduced or terminated their contracts. "With all the hassle, it's not worth a customer's time to buy from us if they can get it somewhere else," the Iranian official says. "If sanctions continue, this level of oil storage will, at a minimum, continue."

しかし、一年以上の間、イランは原油を一貫した水準でオフショアに貯蔵して来ていて、現在、ペルシャ湾のタンカーの中に少なくとも2,000万バーレルを貯蔵している。 それ以上の原油はエジプトの地中海沿岸に向けて、一時的に運搬船に貯蔵していると石油省の上級役人は言っている。国連の制裁が昨夏、イランに課されたので、イラン原油の購買の背後で、コストが上がり、役所の仕事が長くなったと役人は言っている。この2年間はOPEC供給が最も高かったが、イランの 長い間の石油の顧客の多くが、パキスタンの企業のように従来の比較的小さな購入者も含めて、彼等の契約を減らしたり、やめたりして来た。「どんなに張り切っても、顧客がどこかで買うことが出来るのであれば、我々から買うための時間を使うことは無意味だ。」とイランの役人は言う。「もし制裁が続くのであれば、少なくとも、石油貯蔵のこのレベルは継続するだろう。」

All that unsold oil comes at a bad time. In the wake of sanctions and dwindling foreign investment, the Islamic Republic has had to reinvest much of its oil revenue in the energy sector as it struggles to build new refineries and expand oil-production capacity. That provides the government with even less to spend on social programs as it tries to wean the Iranian populace off decades of expensive subsidies. All the new overseas political prestige may not help where it counts most — at home.

石油が売れないのはまずいタイミングだ。制裁と外国投資の減少の結果として、イランはエネルギー部門の石油収入の多くを再投資しなければならなくなって来て いて、イランは新しい製油所を建設し、石油生産能力を拡張しようと奮闘している。そのことが政府に社会プログラムの出費をさらに低くし、イランの国民に対 して数十年の高い助成金の支払いを止めようとしてる。すべての新しい海外の政治的な信望が最も肝心なところの助けにはなりそうにない。ー 自国において。
http://www.time.com/time/world/article/0,8599,2066791,00.html


 以上だが、面白い記事だ。最後のところの「すべての新しい海外の政治的な信望」と言っているのは制裁を受けているので、全く政治的な信望が無いと言う意味。今日はこれまで。明日はシリアだ。






続きを読む

swingby_blog at 05:54コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓