2011年12月

2011年12月27日

ファンロンパイ大統領2

昨日は大学の昔のクラスの仲間と忘年会をした。みんなよく勉強していて、いつもこの会ではいろいろ教えてもらっている。特に松下さんは世界的な環境問題の一人者なので、いつも助かっている。さて、今日は昨日の続きだ。では始めよう。


Those tensions reflect the bigger quandary facing the Europeans as they seek an endorsement of their latest rescue plan from heads of state, including President Obama, at an economic summit in Cannes, France, this week. A longer-term solution may require European leaders to do something they are largely reluctant to do: give up more power.


今週、フランスのカンヌの経済サミットで、オバマ大統領を含めた国家の首脳達から彼らの最新の救済計画の承認をヨーロッパ人たちが求めているように、これらの緊張は彼らが直面しているより大きな苦悩を反映している。より長期の解決策として、ヨーロッパの指導者達にあまり気の進まない事:より大きな権力をあきらめると言う事が要求される事になるかもしれない。


With a storied constellation of cultures eager to retain their identities, Europe is unlikely to ever resemble a true United States of Europe with a single central government. But effectively acknowledging flaws in their system, European leaders agreed last week to take fresh steps to strengthen central governance, with the first draft of a plan due next month.


ヨーロッパは彼らのそれぞれの主体性を維持する事に熱心で、文化の歴史的にきらびやかな一団であり、一つの中央政府によるヨーロッパの文字通りのアメリカ合衆国には全く似てはいない。しかし、実際上彼らのシステムの欠陥を認識しているので、ヨーロッパの指導者達は先週、中央統治を強化する為の新たなステップをとり、次月までに計画の最初のドラフトを作成する事に合意した。


Any further surrender of national sovereignty will be hard-fought. And few examples underscore the reluctance of European leaders to cede power to a central authority more than the position now occupied by Van Rompuy.


国家主権の更なる明け渡しは激しい論争になるだろう。そしてファンロンパイが現在持っている地位以上の中央の権限をヨーロッパの指導者達が不本意譲歩すると言う事を浮き彫りにした例は殆どない。


‘President of presidents’

A published poet who delights in writing haiku, Van Rompuy, 64, had held what is arguably the toughest job in Europe, as prime minister of Belgium, a bitterly divided country that has at times veered toward splitting in two. In late 2009, those credentials helped Van Rompuy beat out former British prime minister Tony Blair in the race to fill the newly created post as Europe’s “president of presidents.”


「大統領の中の大統領」

俳句をたしなむ事が好きで、本を出版している詩人、ファンロンパイは64才で、ベルギーは2つに分裂する方向に幾度となく変化して来たひどく分裂した国家だが、そこの首相として、ヨーロパの中で議論の余地はあるが、最も困難な仕事に就いて来た。2009年末に、こうした経歴がヨーロッパの「大統領の中の大統領」 としての新たなに創設されたポストを埋める競争に於いてイギリスの前首相トニーブレアをファンロンパイが打ち負かす手助けをした。


The position — officially the leader of the European Council, a body made up of the European Union’s elected heads of state — was billed at the time as a unifying force that could propel Europe’s image forward on the world stage.


この地位はー 公式にはヨーロッパ連合の選ばれた首脳からなる組織体である、ヨーロッパ審議会の議長であり、ー 世界の舞台にヨーロッパのイメージを前へ推進することのできる求心力としてその時点で、発表された。become official


Yet critics say the job was largely designed for another purpose entirely. Europe’s leaders were concerned that the European Commission — the bureaucratic and executive branch of the European Union charged with enforcing the region’s treaties — was growing too powerful. A new council president selected by Europe’s elected leaders could serve as a check on the commission’s power, ensuring that national governments remained at the forefront of major decisions.


しかしながら、批評家達が言うにはこの仕事は大いに全く違う目的で意図されていた。ヨーロッパの指導者達は欧州委員会がー この地域の条約を施行する事を託された欧州連合の官僚の、そして行政の部門ー ますます権力を持ちすぎて来た事に対する懸念があった。ヨーロッパの選任された指導者達によって選ばれた新しい審議会の大統領はこの委員会への抑制のために働き、各国の政府は主要な意思決定の最前部に留まる事を保証できるだろう。


今日はこれまで。明日まで続く。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 15:29コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月26日

ファンロンパイ大統領

昨日は1日引っ越しで、スケートの時間にはインターネットの設定をしていて、行く事が出来なかった。前回の設定は10年近 くも前だったので、忘れてしまった。以前の弊社の専務の都祭さんに教えてもらったが、彼は相変わらずのITの天才だ。朝から夜まで片付けをしたが、なんと か片付いたと言う感じで、この週末ももう一回時間を使わないと行けない。下手をすると年が明けてしまう。今年の年末年始は本を書く事にしている。今日も年 末なので、1日忙しい。さて、今日は久々にヨーロッパの話だ。ファンロンパイ大統領の記事だ。この著者はヨーロッパの記者だと思う。彼の事に気を使ってい るが、内容は彼が能力が無いと言うようにとれる。では始めよう。


これはワシントンポストだ。
Europe has a president, but no leader
By Anthony Faiola,
November 2
ヨーロッパには大統領はいるが、指導者はいない。

BRUSSELS — Facing a debt crisis, Europe’s sniping leaders are jockeying for the limelight, eager to push solutions that suit their national needs. But the man billed as the new “president of Europe” has remained largely behind the scenes.


ブラッセルー 債務危機に直面して、ヨーロッパの無駄足を踏んでいる指導者達は脚光を浴びようと画策し、彼等の国家の必要性にふさわしい解決策を押し進めるために躍起になっている。しかし、新たに「ヨーロッパの大統領」と言われる男はまったく舞台裏に留まってきた。

A Belgian politician-cum-poet, Herman Van Rompuy ascended to the new post with much fanfare in late 2009 but quickly faded into the background even as the region erupted in its worst turmoil since the advent of the euro. That is just as Van Rompuy — and Europe’s leaders — appear to prefer it: No one person, they argue, should overshadow the chancellors, prime ministers and presidents of the 17 nations that share the euro.


ベルギー人の政治家兼詩人のファンロンパイは2009年末に大きなファンファーレを持ってこの新たなポストに上り詰めたが、ユーロの出現以来の最悪の混乱が噴出した地域であったが急激に影が薄くなった。それは丁度、ファンロンパイー ヨーロッパの指導者達ー がそうしたい(舞台裏に隠れていたい)と思っている時である。:彼らが言うのは誰がなってもユーロを共有する17ヶ国の首相達、総理大臣達、大統領達よりも権限を持つべきだ。



But Van Rompuy’s self-described “quiet diplomacy” illustrates what critics say is a fundamental problem dogging the Europeans: How can you manage a crisis when no one is really in charge?


しかし、ファンロンパイの自ら表現した「静かな外交」は批評家が言っている事はヨーロッパ人につきまとう基本的な問題であると言う事を例証している。:誰も本当に責任を負っていない時にあなたは危機をどのように管理することができるのか?


The euro, unlike any other major currency, is rooted in an arcane set of treaties and a spirit of European unity rather than a formal central leadership vested with the authority to manage. Europe’s failed attempts to resolve a debt crisis that is threatening the global economy, observers say, are exposing the pitfalls of that governance system, with competing national interests and highly diffused leadership making it nearly impossible for the region to take bold, fast and successful action.


 ユーロは如何なる他の主要な通貨と異なり,管理するために権限を与えられた 公式な中央の指導力よりも難解な一連の条約とヨーロッパ連合の精神に根ざしている。観察者達が言うにはグローバル経済に脅威を与えている債務危機を解決するためのヨーロッパの失敗した試みはその統治システムの落とし穴をさらけ出していて,競合する国家の利益とかなり拡散した指導力が地域において大胆で,迅速で、成功した行動をとる事を殆ど不可能にしている。


To a great extent, the leaders of Germany and France — the two largest nations that use the euro — have sought to fill the void, becoming the chief architects last week of yet another new plan to save near-bankrupt Greece and expand the firepower of a rescue fund aimed at propping up the larger troubled economies of Italy and Spain.


大いに、ドイツやフランスの指導者達はー ユーロを使用している2つの最大の国家であり,ー 穴の空いた部分を埋めようとして来ていて,先週、殆ど破産したギリシャを救うために、既に新しいもう一つの計画の主要な考案者となり,そしてイタリアやスペインのより大きな問題のある経済を救済する目的の救済資金の火力を増強している。


But their presumption to make decisions for the region is increasingly frustrating smaller euro-zone nations, such as the Netherlands and Finland. Worse, their authority is being severely undermined by the Greeks, who shocked Berlin and Paris on Monday by calling a surprise national referendum on the terms of the hard-won deal struck last week. In one blunt stroke by Athens, Europe’s entire rescue plan could fall apart.


しかし、この地域のために意思決定するための彼等の見込みはオランダやフィンランドのような、より小さ なユーロ圏の国家をますます失望させている。さらに悪いことに,彼等の当局はギリシャによってひどく弱体化させられて来ていて,ギリシャは先週、苦労して取り決められた政策に関して、突然の国民投票にかけると言うので,月曜日にベルリンとパリにショックを与えた。アテネの一つの無神経な一撃によって、ヨーロッパ全体の救済計画は崩れてしまう事もあり得る。


今日はこれまでだが、彼はベルギー人だが、こうしたヨーロッパの大混乱の中で、それを政治的に取りまとめるのは容易ではない。その嫌な予感がそのまま的中し た感じで、ファンロンパイではそのとりまとめは出来ないまま時間が経過している。誰がなっても難しいが、彼にはどうも出来なかったようだ。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:14コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月25日

日本のTPP2

昨日は引っ越ししたが,今日も引き続き、荷物の整理だ。昨日は引っ越し屋が荷物の搬入を終わったのが結局夕方になってしまった。その間,この芝浦界隈をいろいろ歩くことができた。以前の住んでいるところよりも,港区のせいかもしれないが、いろいろある。田町までは歩いて7分ぐらいで,不便ではない。散歩するにも運河が以前と同じようにいっぱいあるので,困らない。近くに英語喫茶があって,すいているので,勉強するのには良い。ここは10時からなので朝は使えない。4時からやっているところがあれば,便利なのだがそれは無理だろう。家のインターネットはなぜか繋がらない。今日はス ケートの日だが,愚妻の顔色を見てからどうするか決めよう。まだ、整理していない段ボールが10箱以上あるので、今日のスケートは無理かもしれない。さて、今日も昨日の続きだ。では始めよう。

The trade pact also would give Japan new international weight, strengthening its ties with the United States at a time when South Korea has just signed a new free-trade deal with Washington. Japan’s new prime minister, Yoshihiko Noda, hopes to tell President Obama at the Nov. 12-13 Asia-Pacific summit in Hawaii that Japan will join the deal.


この貿易協定はまた日本に新たな国際的な負担を与え、韓国がまさに新たなフリートレードの取り決めをワシントンと署名したときにアメリカ合衆国との結びつきを強化するだろう。日本の新しい首相野田佳彦は日本がこの取り決めに参加する事を11月12-13日のハワイでのアジア太平洋サミットでオバマ大統領に語ろうと思っている。


But Japan rarely makes a major move without consensus, and for that reason, Japan’s farmers — who account for 1 percent of the GDP — pose an inordinate problem. Because of the country’s electoral system, rural areas hold disproportionate power and the farm lobby is among the most powerful. The lobby group said last week that 350 of Japan’s 722 parliamentarians oppose the trade deal.


し かし、日本は国民の総意なしで大きな動きをする事は滅多にない。だからそうした理由で、日本の農民達はー GDPの1%を占めるが、ー 問題を大げさにしている。この国家の選挙システムの為に農村地域は不釣り合いな力を持っていて、農業の陳情団が最も強力な団体の一つだ。この陳情団は先週、日本の722人の議員の350人がこの貿易の取り決めに反対していると言った。


For years, Japan has protected its farmers from cheaper imports by imposing high tariffs, including a tariff of nearly 800 percent on rice. Once those tariffs crumble, Japan’s farmers will struggle to compete.


何年もの間、日本は高い関税を課して、安い輸入品から農家を守って来て、米に対しては800%近い関税をかけて来た。こうした関税が消失すると、日本の農家は必死で競争する事になるだろう。


The average age of a farmer in Japan is 65. Most work part time, on tiny parcels of land. Some farmers know that reform is necessary — they are withering, trade deal or not — but they’d prefer to make changes more gradually. The TPP, the farm lobby says, would put 3.4 million farmers out of business, many of them in the northern coastal region that is still recovering from the March 11 earthquake and tsunami.


日本の農家の平均年齢は65才だ。多くの人は土地の小さな区画で、他に仕事を持って働いている。幾つかの農家は改革が必要だと言う事を知っていて、ー 貿易取引であろうとなかろうと彼等は衰えている。ー しかし、彼等はよりゆっくりと変化する事を好むだろう。この農業の陳情団が言っているのはこのTPPは3、4百万人の農民を失業に追い込むだろうし,北部の沿岸地域のそれらの人々の多くは3月11日の地震と津波からまだ回復途上だ。


“This is a very politically sensitive issue,” an official in the prime minister’s office said, speaking on the condition of anonymity to describe government deliberations. “And there is sizable opposition, even within the [ruling] party. It is not wise to say we have made up our mind” on whether to join the trade deal, the official said. The TPP began five years ago as a tiny agreement between Singapore, Brunei, Chile and New Zealand. It has widened into an Asia-Pacific deal that includes agricultural heavyweights Australia and the United States.


「この事は極めて政治的に敏感な課題だ。」と総理府の役人は言った。政府の審議を述べるためには匿名を条件に話をした。「そして与党の中にさえ,かなり大きな反対がある。貿易取引に参加するかどうか、我々が決心するのは得策とは言えない。」とこの役人は言った。このTPPは5年前にSingapore、Brunei、Chile、New Zealandの間で小さな協定として始まった。それはアジア太平洋に取引に拡大し,農業のヘビー級のオーストラリアとアメリカ合衆国が入っている。


Japan has been debating for more than a year over whether to join the pact. But Tokyo’s leadership remains divided. Masahiko Yamada, a former farm minister and a member of the ruling Democratic Party of Japan, said last week that if Japan jumped too quickly to a decision, some members might leave the already-fractious party. “If Noda does not make a wise decision on this, he may end up losing power,” Yamada said at a news conference.


日本がこの協定に参加するかどうか一年以上議論して来た。しかし、東京の指導者は意見が分かれている。山田正彦は全農業大臣で,与党民主党の議員だが,先週、日本があまりに急に意思決定を急いでしまうと幾人かの議員が既に手に負えなくなった党を離党してしまうかもしれないと言った。「野田がこの事で賢明な意思決定をしないと彼は結局権力を失うことになる。」と山田は記者会見で言った。


Noda said Friday that “serious discussion” was still necessary and that Japan “will reach a conclusion at the earliest stage possible.” In a recent editorial, the Yomiuri Shimbun, Japan’s largest daily newspaper, offered the prime minister some suggestions, providing an outline for an agricultural overhaul. Farmland should be consolidated, allowing for larger-scale operations, the paper said. Meanwhile, if Japan joins the TPP and tariffs drop, consumers will pay less for food. New taxes, then, could be funneled to farmers whose profits decline.


野田は金曜日に「真剣な議論」がまだ必要で,日本は「可能な限りの早い段階で結論に達するだろう」と言った。最近の社説で,日本最大の日刊紙の読売新聞は首相に幾つかの提案をして,農業の徹底的な点検にための要点を提供した。農地は統合整理されるべきで、大規模操業を認めるべきだとこの新聞は言った。差し当たっては日本がTPPに参加し,関税を落とせば、消費者は食料により少なく支払うことになるだろう。それから、新たな税金収入が利益が減っている農民に対して送ることができるだろう。


“Noda should exercise leadership by announcing a reform plan to realize a strong Japanese agricultural sector that will be able to stand waves of trade liberalization,” the editorial said. “At the same time, he should hurry up in deciding to join the TPP negotiations.”


「野田は強い日本農業部門を実現するために改革計画を発表し指導力を発揮するべきで,貿易の自由化の波に立ち向かうことができるだろう。」と社説は言った。「同時に、彼はTPP交渉に参加するために意思決定を急ぐべきである。」


この記事は海外の人の平均的な意見で,TPP自体がどうのと言う事ではない。日本にはこの交渉を詰めて行ける人材が極端に不足している。そもそも日本人は海外の報道に疎いし,外国人との交渉が出来る人があまりいない。今後は政府も民間人も、日本の高齢化を考えると海外でビジネスをして行かざるを得ない。今日はこれまで。今日は未整理の引っ越し荷物の山の中で書いている。いつものような環境ではないので,こうしてブログを書くのも大変だ。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:21コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月24日

アメリカの貧困者の状況2/日本のTPP

昨日から引っ越しが始まった。カメラは片付けてしまったので,もう出せなくなった。カメラは2台だけ出しておいた。他のカメラはもう数年出せなくなった。今朝8時に新しいマンションで仏教の儀式を行う。家具はすべて,今日運ぶ。片付けるのだが,新しいところは今までの半分もないので,段ボールから出してもおくところがない。なんと、昨日わかったのだが,愚妻の母が後一年日本にいるようだ。そのため、一部屋彼女が占拠するので,私は独身と同じ生活をしなければならない。元々私の両親は商売人だったので,私への教育で、生活の質素さを教えられた。寝るのは半畳、食事は粗食、衣類は何でも良い。そうした躾は今でも覚えている。だから大丈夫だ。さて、今日も昨日の続きだ。それと日本のTPPの話を少しだけしよう。では始めよう。


Welfare works! In addition to showing that anti-poverty initiatives actually keep people out of poverty, improved measures give us a more accurate picture of the distribution of poverty and near-poverty, providing policymakers intent on intelligently shoring up the safety net a sound basis for doing so. But what about all those poor people with Xboxes?!


生活保護は機能している!貧困撲滅の構想が実際に人々を貧困から救う事を示す事に加えて,改善された測定方法が我々にもっと正確な貧困並びに貧困に近い人たちの分布の状況を与えてくれている。セーフティネットを情報を基に強化しようとしている政治家にそうする事の適切な基盤を提供している。しかし、Xboxを持ったこうしたすべての貧しい人々についてはどうなのか?

While most scholars have called the fuller measure a step forward, Robert Rector, an analyst at the Heritage Foundation, argues that both census counts — old and new — sharply overstate the amount of deprivation in the United States. In a recent study, he cited government data showing many poor families had game systems like Xbox.


多くの学者達はこのより十分な測定方法を一歩前進したと呼んで来てるが,ヘリテッジファンデーションのアナリストであるRobert Rectorは双方の調査の計算はー 新も旧もー アメリカ合衆国の貧困の金額をひどく過大に評価している。最近の研究では多くの貧しい家族はXboxのようなゲーム機器を持っていたという政府のデータを引き合いに出している。

There is very little public support for programmes that would indefinitely provide assistance to households perfectly capable of economic self-sufficiency and full of modern conveniences. For my part, I favour fairly strict limits on the eligibility period for unemployment benefits, and fairly stiff job-seeking requirements for able-bodied, working-age recipients of public assistance.


完全に経済的に自立し、現代的な便宜をすべて受ける事の出来る家庭に無制限に援助を提供うするようなプログラムに対する公的な支援はまったくない。私としては失業手当には資格期間の公正な厳格の制限、そして、身体的に健全で、公的支援の労働年齢の受給者達の公正で断固とした求職活動要件に賛成だ。


And I think this is the prevailing opinion. But recessions happen. Millions lose their jobs and can't easily find new ones. A lot of these people, like Ms Melton, really do need help, and they ought to get it. Who cares if the likes of Ms Melton bought her kids an Xbox a couple Christmases ago, before she lost her job? That doesn't mean she can now afford to feed her kids. It's hard to see what that has to do with anything.


そ してこれは一般的な意見だと私は思う。しかし、景気が後退している。数百万人が職を失い,新しい職場を容易に見つけることができない。これらの人々の多くはメルトン婦人のように本当に援助を必要としている。そして彼等はそれを得なければならない。彼女が失業する前の2年ほど前のクリスマスにメルトン婦人のような人たちがXboxを子供たちに買い与えたことに誰が気にすると言うのだ?その事は彼女が彼女の子供たちに現在食事を与える余裕がある事を意味しない。その事が何であれどんな関係があるのか見極める事は難しい。


貧困者に対するアメリカ人の考えだが,アメリカの失業は日本と違い本当に職がない。日本の場合は景気が悪いと言っても,失業者達は3Kでは働こうとしない。その原因はアメリカと違って,日本は円高のためにデフレで,まだ豊かなのかもしれない。今日はもう少しやろう。次のテーマは日本のTPPだ。これはワシントンポストの記事だ。海外の人がこの日本のTPPをどう見ているのか興味深い。
 

In Japan, possible free trade deal comes with an argument
By Chico Harlan, 
October 31

日本では起こりえるフリートレードの取引が議論を呼んでいる。


TOKYO — In an upscale neighborhood where Japanese buy their handbags and smartphones, furious farmers drove their tractors down the main road last week in their latest protest against a controversial regionwide free-trade pact.


東京ー 日本人がハンドバッグやスマートフォンを買っている高所得層向けの地域で、激怒した農民達が論争中の地域全体のフリートレード条約に反対した彼らの最新の抗議行動として、先週、幹線道路を彼らのトラクターで走った。
 

The stunt was an illustration of the way the country’s agricultural forces are pushing up against modern glitz. As Japan nears a self-imposed deadline to decide whether to participate in the U.S.-backed Trans-Pacific Partnership, it must first resolve a clash between farmers who think the pact will ruin them and exporters who want to reach new markets with lower tariffs.


この人目を引く行為はこの国の農業の力が近頃のけばけばしさに反対して行動を駆り立てているやり方の実例だった。日本はアメリカが後押ししている環太平洋経済協定(TPP)に参加するかどうかを決定する為の自ら課した締め切りが近づいているので、この協定が彼らを破壊すると考えている農民とより低い関税で新たな市場を獲得しようとする輸出業者達との間の衝突をまずは解決しなければならない。


Nine other countries, including the United States, have committed to the agreement, which would eliminate tariffs and trade barriers within 10 years. In Japan, though, the prospect of across-the-board trade liberalization has raised fundamental questions about the nation’s shrinking economy — and which of its sectors, business or agriculture, need the most help.


他の9ヶ国はアメリカ合衆国も含めて、この協定にコミットしていて、10 年以内に、関税と貿易障壁を廃止することになっている。日本においては、しかしながら、全面的な貿易自由化の見通しがこの国家の萎縮した経済に基本的な疑問を持ち上げて来ている。ー そしてその経済はどの部門に於いても、ビジネスでも農業でも、最も多くの支援を必要としている。


Business leaders say the TPP is a necessary counter to the surging yen, which has made Japanese products more expensive overseas and forced some companies to relocate to China or Southeast Asia. (Japan lowered the value of the yen overnight with a massive sell-off.)


企業の指導者達はTPPが急騰する円に対しての必要な対抗手段だと言っていて、この円高が日本製品を海外でより高価なものにし、幾つかの企業を中国や東南アジアに移転させて来ている。(日本が円を大量に売却する事によって円の価値を下げた。)


今日はこれまで。明日も続く。

続きを読む

swingby_blog at 07:08コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月23日

アメリカの貧困者の状況

何と昨日が冬至で今日から日が長くなって行くようだ。名残惜しかった夏至が昨日のようだ。時の経つのは早い。また、あっと いう間に春が来るのだろう。このブログも毎日毎日書いていて、塵も山となってしまった。この塵も塵に終わらないように整理している。今日からの3連休は芝浦への引っ越しで、他の事は何も出来ないが、このブログだけは頑張ろう。さて、今日からはアメリカの貧困がテーマだ。では始めよう。

Measuring poverty
Welfare works
Nov 5th 2011, 14:45 by W.W. | IOWA CITY
貧困を測定する。
生活保護は機能している。

I COMPLAINED about the Census Bureau's faulty methods for measuring poverty in September, so I'm very glad to report that something is being done about it. Revised numbers that take into account previously excluded forms of assistance, such as food stamps and tax credits, as well as regional variation in the cost of living, show that the number of Americans living in poverty has increased less than half as much as the September report indicated. Writing in the New York Times, Jason DeParle, Robert Gebeloff, and Sabrina Tavernise report:


9月に貧困を測定する国勢調査局の欠陥のある方法について不満を述べた。そこで、それについて何らかの手が打たれていると言う報告することは大変うれしい。以前考慮に入れている改訂された数字は生活費に於ける地域格差のみならず、食料配給券や税額控除のような援助を受けている人たちを除外した。それは貧困で生活しているアメリカ人の数は9月に示された報告書の半分より少ない増加であった事を示していた。ニューヨークタイムズに書いてあるが、Jason DeParle、Robert Gebeloff、Sabrina Taverniseが報告している。:

One alternate census data set quietly published last week said the number of poor people has grown by 4.6 million since 2006, not by 9.7 million as the bureau reported in September. At least 39 states showed no statistically significant poverty growth despite surging unemployment, according to an analysis by The New York Times, including Michigan, New York, New Jersey, Ohio, Tennessee and Texas.


ある代替する一連の調査が先週そっと発行されたが、貧しい人々の数は9月に調査局が報告した 970万人ではなくて、2006年以来、460万人増加してきたと言った。少なくとも39州はMichigan, New York、New Jersey、Ohio、Tennessee、Texasを含めて、ニューヨークタイムズによる分析によれば、急増する失業率にもかかわらず統計上、重大な貧困の増加を示していなかった。

That's good news! It's better to measure things like this correctly rather than incorrectly, but sometimes stalwart supporters of generous anti-poverty programmes defend flawed measures that overstate the number of Americans living in poverty. My sense is that it is better to get as accurate a picture as possible, so that it is possible to show just how effective anti-poverty programmes really are. Who wants to throw more money at programmes that don't keep anyone out of poverty?


それはグッドニュースだ。不正確よりもこのように正確に物事を測定する事は良い事だ。しか し、時々寛大な貧困絶滅計画の熱烈な支持者達が貧困生活をしているアメリカ人の数を誇張する欠陥の測定方法を擁護している。私の考えでは出来るだけ絵を正確に描く事は良い事で、そうすれば、まさに効果的な貧困撲滅計画が実際にどうであるのかを示す事が出来る。誰も貧困から抜け出せない計画に多くの 金を誰が出そうとするのか?


The Times nicely illustrates how the standard measures fail to reflect the success of the safety net in rescuing Americans from the cruel indignities of real poverty:


ニューヨークタイムズは標準的な測定方法が本当の貧困の悲惨な屈辱感からアメリカ人を助けるセーフティネットの成功をもたらす事にどのように失敗したかをうまく説明している。

In Charlotte, Angelique Melton was among the beneficiaries. A divorced mother of two, Ms. Melton, 42, had worked her way up to a $39,000 a year position at a construction management firm. But as building halted in 2009, Ms. Melton lost her job. Struggling to pay the rent and keep the family adequately fed, she took the only job she could find: a part-time position at Wal-Mart that paid less than half her former salary. With an annual income of about $7,500 — well below the poverty line of $17,400 for a family of three — Ms. Melton was officially poor. Unofficially she was not.


シャーロットのAngelique Meltonは受給者であった。2人の子を持つ離婚した母で,42才で,建設管理会社で、苦労して年間39,000ドルのポジションにまでなった。しか し、建設が2009年に止まってしまったので,メルトン婦人は仕事を失った。家賃を支払い、家族に十分は食事を与えるために四苦八苦し、彼女は見つける事の出来る唯一の仕事に就いた。:ウォールマートのパートタイムの身分で,彼女の以前の給与の半分以下の支払いだった。約7,500ドルの年間収入でー 3人の家族で17,400ドルの貧困ラインより遥かにしたまわっていて,ー メルトン婦人は公式には貧しかった。非公式には彼女は貧しくなかった。


After trying to stretch her shrunken income, Ms. Melton signed up for $3,600 a year in food stamps and received $1,800 in nutritional supplements from the Women, Infants and Children program. And her small salary qualified her for large tax credits, which arrive in the form of an annual check — in her case for about $4,000. Along with housing aid, those subsidies gave her an annual income of nearly $18,800 — no one’s idea of rich, but by the new count not poor. “They help you, my God,” Ms. Melton said. “I would not have made it otherwise.”


彼女の減少した所得をやりくりしようとした後に,メルトン婦人は食料クーポン券を年間 3600ドル受領するために署名し,女性、幼児、子供プログラムから栄養補助食品として1800ドル受給した。そして、彼女の少ない給与は大きな税額控除の資格を彼女に与え,それは年一回の小切手という形で届いている。ー 彼女の場合には約4000ドルだ。住宅援助に加えて,これらの助成金は彼女にほぼ18800ドルの年間所得を与えた。ー 金持ちだと言う考えはないが,しかし、この新たな計算によれば貧しくない。「彼等があなたがたを助けている。やれやれ。」メルトン婦人は言った。「私はそうでなければやって行けないだろう。」


冒頭に言っているようにこのように援助を受けている人たちを貧困者から除外した事を説明している。ちなみに、アメリカの貧困者のグラフを示そう。そう多い数字ではないし、人口の増加に対して、貧困者は増加せずに管理されて来ている。



この表は2006年のものだが、貧困率は12.3%だ。貧困者は3,640万人。日本は2010年で16%。経済協力開発機構(OECD)の08年報告書では、加盟30カ国の平均は10.6%。だから日本の方がはるかに悪い。アメリカの人口は着実に伸びている事に注目してほしい。現在は3億を越えているが、もう既に、白人だけの国家ではない。今日はこれまで。

続きを読む

swingby_blog at 05:53コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月22日

ウォールストリート占拠と金持ち2

昨日は2時半に起きてしまったので、昨晩は早く寝た。さすがに年末で、師走だ。師も走る。とはよく言ったものだ。今日も昨日も忙しい。仕事は28日までで、今は引っ越しが重なっていて、大変だ。引っ越しは24日で、天王洲の荷物は今、芝浦に運んでいる。パッキングはすべて完了したので、23日からは芝浦で、3日間片付けがある。荷物がまだ全部入らないと思うので、その整理もある。さて今日は昨日の続きだ。

Finally, most of America’s rich — however defined — don’t escape taxation. In 2007, the richest 10 percent paid 55 percent of all federal taxes, estimates the Congressional Budget Office. The richest 1 percent paid the lion’s share of that: 28.1 percent of federal taxes. The average tax rate on the top 1 percent was 29.5 percent. Similarly, the richest 3 percent account for 36 percent of charitable contributions.


最後に、アメリカの金持ちの殆どはー 明確になっているけれどもー 課税を逃れていない。2007年には最も金持ちの10%はすべての連邦税の55%を支払ったと議会予算局は推定している。最も金持ちの1%がそのライオンのような実力者の分担を支払っていて、:連邦税の28.1%だ。トップ1%の平均税率は29.5%だ。同様に、最も金持ちの3%は慈善寄付金の36%を占めてい る。

There are many theories about why inequality has increased, though no consensus: New technologies reward the highly skilled; globalization depresses factory wages; eroded union power does the same; employer-paid health insurance squeezes take-home pay; a “winner-take-all” society confers huge rewards on an elite of celebrities, sports stars and business leaders.


意見の一致はないけれども、 不平等がなぜ増加したのかについての多くの理論がある。:新しい技術が高いスキルを持った人に褒賞を与える。;グローバリゼーションが工場の賃金を下落させる。;権力が損なわれた組合の力も同様だ。;雇用主が支払う健康保険料が手取額を圧迫している。;「勝者総取り」の社会が名士やスポーツスター、企業の指導差達のエリートに高い報酬を与えている。


Whatever the cause, inequality is a new political fault line. Just last week, Senate Majority Leader Harry Reid, D-Nev., proposed a 5.6 percent surtax on those making more than $1 million to pay for President Obama’s $447 billion jobs program. What could be easier? Millionaires are few in number (about 534,000, says the Tax Policy Center). They’re increasingly unpopular, and they can afford it.


その原因が何であれ、不平等は新たな政治の断層だ。丁度先週、上院多数党院内総のHarry Reid(民主党、ネバタ州)はオバマ大統領の4470億ドルの雇用プログラムの為に百万ドル以上をもらっている人への5.6%の累進付加税を提案した。 何かもっと簡単にできるないだろうか?大金持ちは数は少ない。(課税政策センターによれば約534000人だ。)政府はますます評判が悪くなるが、そして金持ちはその税金を提供する事は出来る。


The trouble is that the wealthy don’t fit the stereotypes: They aren’t all pampered CEOs, hotshot investment bankers, pop stars and athletes. Many own small and medium-sized companies. Half the wealth of the richest 1 percent consists of stakes in these firms. That’s double their holdings of stocks, bonds and mutual funds, according to figures compiled by economist Edward Wolff of New York University. Reid would pay for Obama’s jobs plan by taxing the people who are supposed to create jobs. Does that make sense?


問題は金持ちが型にはまってる訳ではない。彼らはすべての人が欲望に満足したCEO、やり手の投資金融業者、ポップスター、アスリートばかりではない。多くは中小企業のオーナーだ。最も裕福な人たちの1%の富の半分はこ れら企業の稼いだ金からなっている。ニューヨーク大学の経済学者であるEdward Wolffの作った数字によれば、課税をする事は彼らが持っている株、債券、投資信託への二重課税になる。雇用を造り出そうとしている人々に課税する事によって、オバマの雇用計画の為にリードは支払うことになるだろう。それは道理にかなっているのか?


The backlash against the rich is the start of debate, not the end. Are the rich to be punished for succeeding or merely asked to pay their “fair” share? Who is wealthy or who’s just well-off? Is $250,000 a reasonable cutoff for couples, as Obama once indicated, or has that been repudiated? If taxes do rise, what approach would best preserve incentives for hard work, investment and risk-taking? Are Obama’s assaults on wealthy business leaders just deserts or political cheap shots? However measured, the rich are besieged; the attacks almost certainly will intensify.


金持ちに対する反発は議論の終わりではなく、始まりである。金持ちは成功する事に罰せられるべきなのか、もしくは彼らの「適正な」分担を支払う為に単に求められるべきなのか?誰が金持ちで、もしくは誰が本当にうまくやっているのか?オバマがかって示したように、25万ドルが金持ちの少人数を決める為の合理的な分離点か、もしくはそれは拒絶されて来ているのか?税金を上げるのであれば、どのようなアプローチがハードワークや投資や、リスクをとる事に対するインセンティブを保つ為には一番良いのか?オバマの裕福なビジネスの指導者達への攻撃は応分の報いなのか、それとも政治的な不当な当てつけなのか?どんなに測定しようと、金持ちは責め立てられる。;攻撃はほぼ確実に激しさを増すだろう。

オバマの社会保障とか、金持ちへの平等対策とかは彼の生い立ちがそうさせている。彼は賢い男だが、経済はだめだ。だから今度の選挙は当選できない。このテーマはこれで終わりで、明日からはアメリカの貧困がテーマだ。ドル安の為に尚更アメリカが貧しく見える。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:10コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓