2011年12月

2011年12月15日

イラクのシリアへの支援3

昨日は20台のカメラを引っ越しの為にパッキングした。今はカメラは趣味ではないので、いろいろな部品がなんだか忘れてしまった。後は本棚の雑品とライティングデスクの中の雑品だけとなった。万年筆はあるが、これは引っ越し直前に整理する。よくもまあ、貯め込んだものだ。今回の引っ越しで、整理できて良かった。今日は海野会があり、講師は久々に原先生が来てくれる。旦那のマーチンも来るそうだ。彼女の話もすごいが、久々に会食できるので、楽しみだ。さて、今日も昨日の続きで、イラクのシリアに対する支援についての記事だ。では始めよう。


But other experts say Iraq’s support for Syria underscores the influence of Iran, which has staked billions of dollars on ensuring Assad’s survival. Pollock, the former State Department adviser, said Iraqi leaders fear repercussions from Iran and its Syrian protege as much they covet increased revenue from trade.

 

しかし、他の専門家達はシリアに対するイラクの支援はイランの影響力を浮き彫りにしていると言っていて、イランはアサドの存続を確保する為に数十億ドルをつぎ込んで来ている。前国務省顧問のPollockはイラクの指導者達はイランとその貿易による増大する収入を切望しているシリアにいるイランの子分の反撃を恐れていると言っ た。 

 

“Iran is certainly important behind the scenes, and the Iraqis know the Iranians are looking over their shoulders,” said Pollock, now a researcher for the Washington Institute for Near East Policy, a think tank. Pollock noted that Iranian-backed cleric Moqtada al-Sadr — a firebrand Iraqi Shiite with tens of thousands of devoted followers — has publicly backed Assad, calling him a “brother.” Iraqi leaders know that hostility toward Syria could invite reprisals against politicians and ordinary civilians in Baghdad, or perhaps against the estimated 1 million Iraqi refugees living in Syria, he said.


「イランはこの舞台の背後で明らかに重要であり、そしてイラン人が彼等を監視していることをイラク人達は知っている。」とPollockは言った。彼は現在、シンクタンクである近東政策のワシントン機関の研究員だ。 Pollockはイランが支援している聖職者Moqtada al-Sadrがー 数万人の献身的な追従者達がいるイラク人シーア派の扇動者であり、ー 公にアサドを支援して来ていて、彼を「兄弟」と呼んでいる。イラクの指導者達はシリアに対する敵対行為はバクダッドの政治家や一般市民への報復を招きうる事を知っている。もしくは多分、シリアに住んでいる大体百万人のイラクの避難民にたいしても。


Still, U.S. officials have privately expressed disappointment over Baghdad’s reluctance to take a more forceful stance against Syrian brutality, which millions of Iraqis witness daily on Arab-language cable news networks. Only in mid-September, after six months of worsening violence, did the Iraqi government issue a statement that appeared to call for Assad’s ouster. In that statement, on Sept. 20, Iraqi spokesman Ali al-Moussawi was quoted as telling New York Times reporters in Baghdad that Iraq had privately urged Assad to step down. “We are against the one-party rule and the dictatorship that hasn’t allowed for free expression,” Moussawi was quoted as saying.


依然として、アメリカ当局はバクダッドのシリアの残虐行為に対してより強い立場を取る事に乗り気でない事に対する失意を非公式に表明して来ている。そのことは数百万人のイラク人達がアラブ連盟のケーブルニュースネットワークを通じて毎日見て来ている。9月中旬に於いてだけ、悪化している6ヶ月の暴力の後で、まさにイラクの政府はアサドの追放を要求するように思われる声明を出した。その声明の中で、9月20日に、イラク のスポークスマンAli al-Moussawiはイラクは非公式にアサドの辞任を強く迫って来たとバクダッドのニューヨークタイムズの記者に語った事を引用した。「我々は表現の自由を許していない一党の規則と独裁に反対している。」とMoussawiは言ったと伝えられていた。

 

But less than 24 hours later, the Iraqi government began to backpedal. The same spokesman, Moussawi, told reporters on Sept. 21 that Iraqi leaders had never called for Assad’s resignation and said he had been misquoted. “It was neither the nature nor the followed discourse of the Iraqi government to intervene in the affairs of other countries,” Moussawi said.


しかしその後24時間も経たないうちに、イラク政府は撤回し始めた。同じスポークスマン Moussawiが9月21日に記者団に語ったところによるとイラクの指導者達はアサドの辞職を求めたことはなかったし、彼は間違って伝えられたと言った。「他の国の出来事に干渉するようなイラクの政府の本質とかそれに伴った談話はあり得ない。」とMoussawiは言った。

 

Maliki’s broadcast interview Sept. 30 reflected a further retreat. While calling for an end to violence, the prime minister rejected regime change as destabilizing and said the crisis should be resolved gradually through reforms. Assad has survived by relying on hard-currency reserves and Iranian loans to maintain subsidies for Syria’s military and business elites, ensuring their continued loyalty and preventing the further spread of the country’s pro-democracy uprising, which took hold in March.


マリキの9月30日の報道のインタビューでは更なる後退を反映していた。暴力を止めるように要求をする一方で,首相は不安定になるとして,政権変更を拒否し、この危機は改革を通じて,徐々に解決されるべきだと言った。アサドはシリアの軍隊とビジネスエリートのための助成金を維持するために通貨準備金とイランの借入金に頼ることによって存続して来ていて、彼等の継続した忠誠心を確保し,3月に開花した, この国家の民主化暴動の更なる広がりを防いで来た。

 

Faced with international sanctions — including a new European Union ban on oil imports — Syria also has found support from Iraq and other neighbors as it scrambles to refill its hard-currency coffers, now hemorrhaging at a rate estimated at $1 billion a month.


国際的な制裁に直面して,ー 石油輸入の新たなEUの禁止も含めて、ー シリアはまたイラクや他の近隣諸国から支援を得て来ていて,通貨の財源を急いで補充し、毎月、10億ドルと推定される額が現在流出している。


Iraq and Syria, which share historical and cultural ties, have long been trading partners, and smuggling in border towns has generated immense profits even during times of war. Scores of private traders regularly ferry tons of diesel fuel and other goods in vans and pickup trucks, specially modified with heavy suspensions that cause their backsides to jut out like monster trucks at a car show.


イラクとシリアは歴史的にも,文化的にも結びつきがあって、長い間の貿易のパートナーであり,国境の町で密貿易をして来たが,戦争のときでさえ、非常に大きな利益を生んできている。多数の民間の貿易業者達が定期的に何トンものジーゼル燃料や他の商品をバンやピックアップトラックで運び、特にサスペンションを固くして、自動車ショーのモンスタートラックのように彼等の後部を張り出させている。

 

Officials in both countries are cracking down on the black market in favor of legitimate ventures, particularly in the energy field. In early August, as other Arab countries were recalling their ambassadors to Syria, Iraq put on an unusual tour for 100 of Syria’s top government and business leaders. The visitors, led by Syria’s trade minister, were shown factories and refineries and applauded by Iraqis eager to cut deals with their Syrian neighbors.


両国の役人達は特にエネルギー分野において,合法的なベンチャーに味方して,ブラックマー ケットを取り締まっている。8月の初めに、他のアラブの諸国は彼等の大使をシリアにたいして召還していたので,イラクはシリアの政府高官とビジネスの指導者達のために例外的なツアーを行った。シリアの貿易大臣に引率された訪問者達は工場や製油所を案内され,シリアの隣人と取引をしたがっているイラク人達に拍手喝采を得た。


The week-long visit yielded a new pact designed to boost a soaring bilateral trade that already tops $2 billion a year and will solidify Iraq’s status as Syria’s biggest trading partner. Iraqi Trade Minister Khayrullah Babakir, praising the pact, spoke of a new focus on “empowering the private sector in both countries.” There was no mention of sanctions, or of the Syrian uprising.

Staff researcher Julie Tate and staff writers Greg Miller and Liz Sly contributed to this report.


と言う事で、イラクがシリアを支援していることがわかった。アラブ連盟が支持しても、アサドを倒す事は容易ではなさそうだ。今日はこれまで。明日からは中国とロシア国境の貿易がテーマだ。ではまた明日。
続きを読む

swingby_blog at 06:29コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月14日

イラクのシリアへの支援2

師走だ。この12月は他の月と違って、時間が早い。あっという間にもう月も半ばになってしまった。昨日も東奔西走だった。結局予定はこなせなかった。今日はわりかし余裕がありそうだが、まだ引っ越しの準備が終わっていない。昨日も両親のところに段ボール箱12箱を預かってもらうので、持って行ったが、高齢の両親がそのスペースを空けてくれていたのには涙が出る思いだった。さて、このブログも幾ら書いても幾ら書いても日々新たに書かなければならない。嫌になるくらい大変だが、世の中の変化は面白い。今日のイラクも話もなるほどと思う。だから、与えられた時間内で、どうこなすかの戦いかもしれない。今日は昨日の続きだ。では始めよう。


On other issues as well, the Maliki government in recent months has hewed closer to Iran’s stance — Iraq, for example, has supported Iran’s right to nuclear technology and advocated U.N. membership for Palestinians — as the U.S. military races to complete its troop withdrawal over the coming months.

 

同様に他の課題についてもここ数ヶ月間、マリキ政府はイランの立場により近くに進んで来ている。ー 例えば、イラクは原子力技術に対してイランの権利を支援して来ていて、パレスチナ人達の国連加盟に対して支持して来た。ー アメリカ軍が急いでこの数ヶ月でその軍隊の撤退を完了しようとしているので。

 

Few policy objectives are more important to Iran than preserving the pro-Tehran regime in Syria, longtime Middle East observers say.“This is Iran’s influence, because preserving the Assad regime is very much in Iran’s national interest,” said David Pollock, a former adviser on Middle East policy for the State Department during the George W. Bush administration. “Iran needs Iraq’s help trying to save their ally in Damascus.”


シリアのテヘラン(イランの首都)支持の政権を保護するほどイランにとって重要な政策目標はないと長年の中東の観察者達は言う。「この事はイランの影響力だ。と言うのはアサ ド政権を保護する事はイランの国家利益にとって極めて多くのものがある。」とブッシュ政権時代の国務省の中東政策の以前の顧問であるDavid Pollockが言った。「イランはダマスカス(シリアの首都)の彼らの同盟国を救おうとするイラクの支援を必要としている。」

 

U.S. officials acknowledged disappointment with Iraq over its dealings with Assad, while noting that other Middle East countries also have been reluctant to abandon Assad at a time when the outcome of the uprising remains uncertain. “The Iraqis should be more helpful, absolutely,” said a senior administration official involved in Middle East diplomacy.

 

アメリカ当局はイラクのアサドに対する扱いに失望していて、一方で、他の中東諸国もまた暴動の結果がまだ明確でないときにアサドを放棄する事に気乗りしてきていない事に気づいている。「イラク人はもっと役に立たなければならない。全くのところ。」と中東政策に関与している当局の上級役人は言った。


ここでいう「役に立つ」と言う意味はアメリカの側に立つと言う意味。注

 

Some of the proposed financial deals with Syria, however, “turn out to be a lot of talk,” said the official, who spoke on the condition of anonymity to candidly discuss sensitive issues. U.S. intelligence officials predict that Syria’s uprising will eventually topple Assad, most likely after the mounting cost of sanctions causes the business elite to turn against him. But the timeline for change is far from clear.

 

しかしながら、シリアとの提案された幾つかの金融の取引は「多くの協議が必要だとわかっている。」と当局者は言っているが、率直に微妙な課題を議論するためには匿名の条件でと言う事で話をした。アメリカの諜報当局は多分、制裁の増大する費用によってビジネスエリート達がアサド政権に反対するようになったのちに、シリアの暴動は結局アサドを倒すだろうと予言している。しかし、変化に対するこのスケジュールはまっ たくわからない。

 

The Obama administration hailed a decision in August by three Persian Gulf Arab states — Saudi Arabia, Kuwait and Bahrain — to recall their ambassadors to Damascus to protest Assad’s violent suppression of anti-government demonstrators. And Turkey — like Iraq, a major trading partner with Syria — has repeatedly denounced the crackdown and has established Syrian refu-gee camps and hosted meetings of opposition groups.

 

オバマ政権は3つのペルシャ湾沿岸アラブ諸国による8月の意思決定を歓迎した。ー Saudi Arabia、Kuwait、Bahrain ー 彼らは反政府へのデモ隊へのアサドの暴力的な弾圧を抗議する為に大使をダマスカスに呼び戻した。そして、トルコはー イラクのように、シリアとの重要な貿易のパートナーだが、ー 繰り返し取り締まりを非難して来ていて、シリア人の避難キャンプを作り、反対派グループの会合を主催した。

 

Iraqi leaders also have criticized Assad’s brutality, as, indeed, Iran’s Ahmadinejad has done in public remarks. But Iraqi officials have refused to call for Assad’s ouster, or accept Syrian refugees, or even offer symbolic support for the anti-Assad opposition. Instead, the Iraqis have courted trade delegations and signed pipeline deals with Syria. “Iraq is sending a lifeline to Assad,” said Andrew Tabler, a Syria expert and author of “In the Lion’s Den,” a portrait of Syria under the autocrat.

 

イラクの指導者達はまた、たしかに、アーマディネジャドが公式な見解の中でしたようにアサドの残虐行為を批判して来た。しかしイラク当局はアサドの追放の要求を、もしくはシリアの難民を認める事を、もしくは反アサド派に対する象徴的な支援を提供する事でさえ拒否して来ている。その代わり、イラク人は貿易の代表団を招いて、シリアとのパイプラインの取引に署名した。「イラクはアサドにライフラインを送っている。」とシリアの専門家であり、「ライオンのねぐらの中で」という独裁者の支配下にあるシリアの描写を書いた Andrew Tablerは言った。

 

Middle Eastern experts note that Maliki — a Shiite Muslim who lived in exile in Syria for nearly 15 years — has strategic and sectarian reasons for avoiding a direct confrontation with Assad. Members of Iraq’s Shiite majority and Syria’s ruling Alawite Shiite sect share a common worry about Sunni-led insurgencies. Some Iraqis fear that a violent overthrow of Syrian Alawites will trigger unrest across the border in Iraq.


中東の専門家が言うにはマリキはー 15年近くシリアで亡命生活を送ったシーア派のイスラム教徒でー アサドとの直接の対決を避けるための戦略的な、かつ宗派な理由を持っている。イラクのシーア派の大多数の人たちとシリアが支配するアラウィー派のシーア宗派はスンニ派主導の暴動について共通の不安を分かち合っている。幾人かのイラク人はシリアのアラウィー派への暴力による打倒がイラクの国境にまたがって不安を引き起こす事を恐れている。

 

アラブはスンニ派、イランはシーア派 シリアは国民の7割はスンニ派で、シリアの現政権はシーア派のアラウィー派なので、少数派

続きを読む

swingby_blog at 06:43コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月13日

中国のユーロ救済3/イラクのシリアへの支援

いよいよ年末だ。昨日は会社から持って行った資料が足りなくなってしまった。こうした事は普通はないのだが、年末は会う人が予定以上に多い。昨日は夜も家にビルの売却の件で不動産業者が来た。今日も一日早朝から忙しい。引っ越し荷物のパッキングがあるからだ。今日の午後は愚息が引っ越し荷物の移動を手伝ってくれるので、出社前に荷造りしておかないと間に合わない。さて、今日は昨日の続きの中国の話と、イラクがシリアを支援する話 を取り上げよう。では早速始めよう。

 

These concerns were already raised in July by the European Council on Foreign Relations, which published a paper titled "The Scramble for Europe" on China's "game-changing" economic presence in Europe. It warned that if China became too involved in major financial, investment and public issues, it would leave the Europeans little leverage to improve their access to the same sectors in China, which are mostly closed or controlled.

 

こうした懸念は外事ヨーロッパ審議会で7月に既に取り上げられ、彼らはヨー ロッパに於ける中国の「競争の流れを変える」経済活動の存在に対して「ヨーロッパにとっての緊急事態」と題した報告書を発行した。もし中国が財政面、投資、 公的な課題にあまりに関与し出すようになったとしても、大部分が閉鎖的で管理されている、中国の同様な部門に対してヨーロッパ人が彼らのアクセスを改善する為に影響力を発揮する事は殆ど出来ないだろうとこの報告書は警告した。

 

The political implications are potentially even more troubling for Europe, which has long considered it a right, even a responsibility, to criticize China on issues like human rights and environmental protection. It could mean, for example, that the E.U. lifts its ban on arms sales to China, imposed in the wake of the 1989 Tiananmen Square massacre, or that the Dalai Lama receives fewer invitations to meet European leaders.

 

この政治的な含みが潜在的にヨーロッパにより多くの問題を引き起こして来ていて、それは人権や環境保護のような課題について中国を批判するための権利、さらには責任として長い間考えられて来た。例えばそれはEUが天安門事件をきっかけに課した、中国への武器の輸出禁止を解除し、もしくはダライラマがヨーロッパの指導達とあう為の招待がさらに少なくなってしまうと言う事を意味する事もあり合える。

 

Fredrik Erixson, director of the European Centre for International Political Economy, a Brussels-based think tank, says that even if there are no formal trade-offs, Beijing could expect generous favors from Europe after years of what it considers intrusive interference. "China wants something more: international recognition in one way or the other, or a Europe that in Beijing's view stops poking its nose in internal Chinese politics," Erixson says.

 

Fredrik Erixsonはブラッセルを本拠地とするシンクタンクの国際政治経済のヨーロッパセンターの理事だが、公式の見返りが無いとしても、北京は押し付けがましい干渉と思われる事を数年行ってから、ヨーロッパから寛大な恩恵を期待するかもしれない。「中国が何かもっと欲しい。:それは様々なやり方での国際的な承認、もしくは北京の考えによれば内部の中国の政治に口を出す事を止めるヨーロッパとして。」と彼は言う。

 

At Cannes, Chinese leader Hu will doubtless refrain from any early commitment on the euro-bailout scheme, while soaking up the flattery from Europe's pleading leaders. But he will be aware that as China consolidates its emergence as a world player, any investment risks in the program would be a small price to pay for the wave of European goodwill it would generate.


カンヌで、中国の指導者胡錦濤はユーロ救済計画への如何なるより早いコミットメントを疑いなく繰り返すだろう。一方で、ヨーロッパの懇願する指導者達からのへつらいに浸るだろう。しかし、中国が世界のプレーヤーとしての出現を強固にし、また、このプログラムに於けるいかなる投資リスクはヨーロッパの善意がもたらした波のような動きの為に払う小さな代償のつもりだと言う事に中国の指導者は気づいているだろう。

このテーマはこれで終わりだが、かなり現実的で生臭いし、中国の魂胆が垣間みられる。果たしてどうなるのだろうか。さて続いて、次のテーマを少し取り上げよう。これはワシントンポストの記事だ。

Iraq, siding with Iran, sends essential aid to Syria’s Assad
By Joby Warrick,
Sunday, October 9, 8:36 AM

イラクはイランに同調して、シリアのアサドに重要な援助を送る。

More than six months after the start of the Syrian uprising, Iraq is offering key moral and financial support to the country’s embattled president, undermining a central U.S. policy objective and raising fresh concerns that Iraq is drifting further into the orbit of an American arch rival — Iran.


シリアの暴動が始まってから6ヶ月以上が経って、イラクはこの国の戦闘態勢に入った大統領に対して重要な精神的、かつ財務的な支援を提供し、中核となっているアメリカの政策目標を弱体化させ,イラクがアメリカの一番の敵ー イランに対する軌道からさらにそれて来ていると言う新たな懸念を引き起こしている。

 

 

Iraq’s stance has dealt an embarrassing setback to the Obama administration, which has sought to enlist Muslim allies in its campaign to isolate Syrian autocrat Bashar al-Assad. While other Arab states have downgraded ties with Assad, Iraq has moved in the opposite direction, hosting official visits by Syrians, signing pacts to expand business ties and offering political support.


イラクの立場はオバマ政権に対して当惑させるほどつまずかせて来ていて、この政権はシリアの独裁者Bashar al-Assadを孤立させる為の運動にイスラム同盟国に参加を求めてきている。他のアラブ諸国はアサドとの結びつきを引き下げて来ているが、イラクは反対の方向に動いていて、シリア人の公式訪問を接待し、事業提携を拡張する為の協定にサインしたり、そして政治的な支援を提供している。

After Iraq sent conflicting signals about its support for Assad last month, Iraqi Prime Minister Nouri al-Maliki spoke firmly against regime change in Syria in an interview broadcast on Iraqi television Sept. 30. “We believe that Syria will be able to overcome its crisis through reforms,” Maliki said, rejecting U.S. calls for the Syrian leader to step down. His words echoed those of Iranian President Mahmoud Ahmadinejad, who weeks earlier proposed that Syrians should “implement the necessary reforms by themselves.”


先月イラクがアサドへの支援について相反する合図を送っ た後に、イラクの首相Nouri al-Malikiは9月30日のイラクテレビのインタビュー放送で、シリアに於ける政権変更に対して断固反対すると話をした。
シリアの指導者が辞任するべきだと言うアメリカの要求を退けて、「我々はシリアが改革を通じて危機を克服する事が出来る信じている。」とマリキは言った。彼の言葉はその類いのイラ ンの大統領Mahmoud Ahmadinejadをまねしていて、彼は数週間前にシリア人は「自分自身で必要な改革を実行する」べきだと言う提案をした。


明日もまだこのテーマは続くが、そうだったのかと言う感じだ。もしくはそうだろうなと言う事だ。アメリカはフセインを消したかったのだろうが、それ以上の事をした事が意味のない事だったのかもしれない。そもそもアラブには民主化がいそしまない国が多い。このイラクもそうだ。民主化運動と言っているが、実は民主化ではなく又別の独裁政権が出来る事になる。アメリカはアラブの春がなかったら、イスラエルと一緒にイランを攻めるつもりだったのだろうが、今となっては議会が承認しないだろう。そうなると、イスラエルが単独で行動を起こすのだろうか。そんな事でもしたら、このアラブの世界がどうなるかわからない。今日はこれまで。

続きを読む

swingby_blog at 05:21コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月12日

中国のユーロ救済2

昨日は24日の引っ越しを前にして、午後一日を整理に充てた。何と電話とインターネットの移転だけで、2時間半もかかった。しかも、今までは光電話ではなく、又一戸建ての料金で支払っていたので、毎月5千円も余計に払っていた。電話会社は多くもらえるので黙っていたのだろうが、変な話だ。結局、両親の家の段ボール箱で、10箱分を預かってもらう事にした。それでようやく私の荷物はカメラと万年筆、衣類を除いて段ボール5箱になった。それでも、ものすごい量のものを廃棄した。10年も住んでいるとそうなるのかもしれない。

今日から2週間は一年で一番忙しい時だ。年末年始 はこの夏に書いて来た本を書き直そうと思っている。内容がつまらないので、もう一度書き直したい。なかなか思うように時間がとれないので、この冬休みを使おうと思っている。さて、今日も昨日の続きで、中国のしたたかなEUへの対応だ。民主主義国家でない国家がヨーロッパを制覇しようとしている。一体どうなるのだろうか。G20は100年前の第一次世界大戦のドイツの賠償の時の会議に似ている。会議は踊る。そこに中国が入り込もうとしている。アメリカが黙っている事はないだろう。そこで、日本はどうするのだろうか。こうした企業研修を来年から始める。では今日も昨日の続きを始めよう。

 

China is being targeted as a potential investor as part of a complicated scheme agreed to at the summit to leverage Europe's bailout fund up to €1 trillion ($1.4 trillion), along with other potential outsiders like Russia, Brazil, Middle Eastern countries and the International Monetary Fund. On Oct. 27, French President Nicolas Sarkozy, who is hosting the Cannes G-20 gathering, phoned Chinese President Hu Jintao to seek backing.


ヨーロッパの救済資金を1兆ユーロ(1.4兆ドル)までてこ入れする為に、このサミットで、 合意された複雑な計画の一部として、中国が潜在的な投資家として目標とされている。ロシア、ブラジル、中東諸国のような他の潜在的な第三者やIMFに加えて。10月27日にフランスの大統領ニコラスサルコジはカンヌのG-20の集まりをホストしているが、中国の胡錦濤主席に電話して、後ろ盾を求めた。

 

"If the Chinese, who have 60% of global reserves, decide to invest in the euro instead of the dollar, why refuse?" Sarkozy said after his call. "Why would we not accept that the Chinese have confidence in the euro zone and deposit a part of their surpluses in our funds or in our banks?"

 

「もし、世界の準備金の60%を持っている中国がドルではなくユーロに投資する事を意思決定するならば、なぜそれを断るのか?」とサルコジは電話の後で言った。「中国がユーロ圏に信頼を置いていて、彼らの黒字の一部を我々の国債や銀行に預ける事を我々はなぜ認めようとしないのか?」

 

China can certainly spare the €100 billion ($140 billion) reportedly being discussed among officials. The real question is why China would want to plant it in a low-growth region like the euro zone. The bond-leverage scheme has already generated its share of criticism, and Greece's recently announced euro referendum only adds to the uncertainty and risk. The Chinese government's official news agency, Xinhua, cautioned in an editorial that "emerging economies should not be seen as Europe's Good Samaritans."

 

中国は伝えられるところによれば、当局者達の間で議論されているが、1000億ユーロ(1400億ドル)を明らかに余分に使う事が出来る。本当の疑問はなぜ中国がユーロ圏のような低成長地域にその金を入れたがるだろうかである。公債てこ入れ計画は既に多くの批判が出て来ている。そして、ギリシャが最近発表したユーロに対する国民投票が不安定とリスクを加えただけだ。中国政府の公式な報道機関である新華社通信は「新興経済諸国がヨーロッパの良きサマリア人 (困っている人の真の友)として見なすべきではない。」と社説で警告した。

 

Yet there are still strong reasons that China might park some of its funds in the bailout scheme or some other bond offering. One is that it is already heavily involved: a quarter of China's currency reserves are thought to be held in euros, and Beijing has been a regular buyer of euro-zone bailout bonds in the past. Over the past year, the Chinese government has made several pledges to purchase European debt issues, both at the bilateral level with indebted countries — including Portugal, Greece and Hungary — and toward the euro zone as a whole.

 

けれども、中国が救済計画の国債の一部もしくは何か他の公債発行に関わるかもしれないと言う今もなお強い理由がある。一つは中国が既にかなり関与している。:中国の通貨準備金の4分の一はユーロで保有されていると考えられていて、北京は過去に於いて、ユーロ圏救済債券の安定的な買い手であった。この 一年で、中国政府はヨーロッパの起債を購入する幾つかの約束をして来ている。借金のある国家ー Portugal、Greece、Hungaryを含めてー との二国間のレベルで、そしてユーロ圏全体として、その双方で。

 

China also has a vested interest in shoring up its biggest trading partner, with which it had bilateral dealings worth €363 billion ($503 billion) last year, almost 10% of the total global-trade flow. China's growth prospects depend heavily on Europe's consumers, whose average per capita GDP is about $32,500, compared with about $4,500 in China. A weaker euro would make Chinese exports more expensive for Europeans. And maintaining the euro as a reserve currency aids China's efforts to counterbalance the U.S. dollar and create a multipolar global economic system.

 

中国はまた、その最大の貿易パートナーを支える既得権利を持っていて、そことは昨年、3630億ユーロ (5030億ドル)相当の二地域間取引をして来ていて、世界全体の貿易の流れのほぼ10%にあたる。中国の成長の見通しはヨーロッパの消費者に深く依存し、 中国のほぼ4500ドルに比べると彼らの一人当たりのGDPの平均は32,500ドルだ。弱いユーロはヨーロッパ人にとって中国の輸出品はより高価になるだろう。そして、ユーロを準備通貨として維持する事はアメリカのドルとの釣り合いを取り、そしてグローバルな多極経済システムを構築する中国の試みの手助けをする事になる。

 

But significantly, this hands China a remarkable opportunity to extract concessions, both economic and political. In September, Chinese Premier Wen Jiabao implied an effective quid pro quo when he asked Europeans to "put their houses in order," almost as a condition for China's "extending a helping hand."

 

しかし、著しく、この事は経済的にも政治的にも、中国に譲歩を引き出す為の顕著な好機をもたらす。9月に、中国の温家宝首相は中国の「援助の手を差し伸べる」条件とでも言うばかりに、彼はヨーロッパ人たちに「自分の振る舞いを正す」事を求めた時に実効的な代償をほのめかした。

 

In trading terms, this might be reflected in the recognition of China's status as a "market economy" when it comes to European Union trade sanctions, a measure that could boost exports otherwise hindered by tariffs. And since the E.U. currently has some 55 anti-dumping measures in place against China, individual member states might also be pushed to ease their stance on future sanctions. Other trade issues might slip from the agendas, to the chagrin of European exporters, who regularly gripe about Chinese rules on foreign ownership, subsidies reserved for Chinese firms, lack of access to the public-procurement market and selective enforcement of intellectual-property rules.


貿易の条件に於いて、この事はEUの貿易制裁になる時に「市場経済」として中国の地位を認識するように反映されるかもしれないし、これはもしそうでなければ関税によって妨害された輸出品を押し上げうる手段だ。そして、EUは現在、中国に対して55ほどの反ダンピング措置を行って来ているので、個々のメンバー 諸国は将来の制裁に対して彼らの立場を緩和するよう強いられるかもしれない。ヨーロッパの輸出業者に取っては遺憾ではあるが、他の貿易課題は議題から落ちるかもしれない。彼らは外国人持ち株比率に対しての中国の法律、中国企業にとってある助成金、公的調達市場へのアクセスの不足、そして知的財産権の選択的な施行を定常的に不満を言って来ている。


今日はこれまでだが、明日も少しこのテーマは残るが、現実的な話だ。中国は虎視眈々とヨーロッパへの侵略を狙っている。千戈一隅の好機だと見ているのだろう。さて、明日はイラクがシリアを支援している話だ。これも面白い。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:19コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月11日

中国の経済への不安2/中国のユーロ救済

昨日はグローバリゼーション研究会の忘年会があった。8名の参加があったが、楽しく過した。4月から英語で同様の研究会 を行う事も言った。彼らは毎回一万円は払えないので、ピク割りを発行してほしいと言ったのでそうする事にした。いずれにしてもこの会は15人が限界なので、あまり宣伝していない。英語の方も同じだ。さて今日は中国経済の話の続きだ。さらに中国のユーロ圏に対するたくらみの話も少しだけ扱う。では始めよう。


China’s government will be reluctant to ease monetary or fiscal policy while inflation remains high. That limits its scope to respond to a sharp slowdown in exports, if Europe and America continue to falter. But weakness in foreign sales will itself ease inflationary pressure, reducing the competition for men and materials. After exports fell off a cliff in 2008, Chinese prices began to drop. Thus the more the economy needs looser macroeconomic policy, the more scope the authorities will have to provide it.


中国の政府はインフレが高い間は金融もしくは財政政策を緩和する事には乗り気でないだろう。こうした事は、もしヨーロッパやアメリカがつまずき続けているのであれば、輸出において急激な減速に対応する機会を制限している。しかし、外国への販売の弱さがそれ自身、インフレ圧力を緩和するだろうし、人件費や資材に対する競争を減少させている。2008年に輸出が急減した後で、中国の価格は下落し始めた。こうして、経済がマクロ経済政策を緩やかにする必要性が出るほどに、当局はその機会を提供しなければならないだろう。


最後の文章はマクロ経済政策を行えと言っていて、それはとりもなおさず、金融もしくは財政政策を緩和する事であるが、そのことによって消費者物価がまた高騰してしまうかもしれない。注


What about the bad debts left behind by past excesses? Although some homebuilders are heavily indebted, households are not. Even if the price of their home falls below what they paid for it, it will be worth more than the mortgage they took out on it. Since the central government’s explicit debt is low (about 20% of GDP) it can afford to bail out lower tiers of government and the banks they borrowed from. Because the banks have ample deposits, and savers have few other options, banks can also earn their way out of a hole by underpaying their depositors. And since the banking system is still dominated by the government, the banks will not refuse to offer new loans, even if old loans sour.


過去の行き過ぎた行為によって残されたままの不良債権についてはどうか?幾つかの住宅建設業者はかなり借金があるけれども、個人世帯はそうではない。彼等の自宅の価格が彼等が支払ったものよりも低くなったとしても,彼等がそれに融資を受けたローンよりも価値はあるだろう。中央政府の顕在している債務が低いので (GDPの約20%)政府の下層の自治体や彼等が借金している銀行を救済することができる。なぜかと言うと,銀行はまた豊富な預金を持っていて,そして預金者達は他のオプションが殆どないので,預金者達に十分に支払う事をしないで、穴から抜け出る道を稼いで来た。そして、銀行システムはまだ政府によって支配されているので,銀行は古いローンが悪化していても新たなローンの提供を拒まないだろう。


China’s chronic problems need not, then, develop into an acute crisis any time soon. For the moment, its government can keep a lid on the financial system, albeit by virtue of financial controls and skewed incentives that were partly to blame for a lot of bad investments in the first place. That sort of response—alleviating the symptoms without tackling the fundamental causes—can’t go on for ever without a painful reckoning eventually. But it can go on longer in China’s closed system than it would elsewhere.


それから中国の慢性的な問題は必ずしも、今にも重大な危機に発展することはない。財務統制と、最初の段階で多くの不良投資を一部非難して来た偏った刺激策のお陰ではあるが、当面は政府は財務システムに蓋をしておくことができる。そうした類いの対応はー その基本的な原因に取り組まないで、兆候を軽減しようとして、ー いつかは痛みを伴う報いなしで、永遠に続く事は出来ない。しかし、それは他のどこよりも中国の閉鎖システムの中ではより長く継続する事が出来る。

中国の経済政策が欧米のようにはならないかどうか果敢に検討しているのだが、この国家は民主主義国家ではないので、政策が議会を通す必要がないので、国務院によって直裁的に行動が出来る。不動産価格の高騰に於いては金融政策で即時に対応して来たし、今年に入ってからの豚肉の高騰に対するインフレ対策も同様だ。かれが「
基本的な原因に取り組まない」と言っている不良債権の事だが、この不良債権は具体的に何を指しているのかはわからないが、もともとある不良債権だとすれば、放置されたままになるだろう。中国が今関心があるのはインフレの抑制で、元高と同様に経済を逼迫している。

今日は次のテーマを少し扱おう。中国のユーロ救済だ。これはタイムだ。これはきな臭い話だ。

Tuesday, Nov. 01, 2011
Why Would China Want to Help Bail Out the Euro Zone?

 

In years to come, economists and historians might hark back to this week as the moment the balance of world power tipped toward China. The signs have been there for a while, but the symbolism is especially potent now, in the few days between yet another euro-zone crisis summit, held in Brussels on Oct. 26, and the Nov. 3-4 G-20 summit in Cannes, France.


来るべき時代に、経済学者や歴史家達が世界権力のバランスが中国の方に傾く瞬間として、今週のことを思い起こすかもしれない。少しの間、兆候がそこにあった。しかし、その象徴的な意義は現在、特に説得力がある。10月26日にブラッセルで開催され た、さらにもう一つのユーロ圏の危機サミット、そしてフランスカンヌの11月3-4日のG-20サミットとの間の数日間の間に。

 

The reason for choosing this as the watershed is crudely financial: at the Brussels summit, European leaders made a previously unthinkable appeal for China to use its $3.2 trillion currency reserves to help dig the euro out of its debt hole. And while the euro zone is anxiously awaiting an answer, China — inscrutable about its intentions — is milking the moment.

 

重大な分岐点としてこれを選ぶ理由はありのままに言えば、財務上であり、:ブラッセルサミットで、ヨーロッパの指導者達は中国が債務の落とし穴からユーロを掘り出して助ける為に3.2兆ドルの通貨準備金を利用する為に前もって、考えられないような懇請を行った。そして、ユーロ圏が心配そうに答えを待っている一方で、中国はー その意図が不可解ではあるが、ー 最後の最後まで搾り取ろうとしている。


中国のしたたかさがここから伺える。もともとユーロでも準備金を持っているので、あながちこの話は不可能な話ではない。中国はこの外貨準備金を切り札にして、ヨーロッパを席巻してしまおうと言う魂胆が見え見えだ。それをサルコジが読んでいるのだろうが、ユーロ崩壊の前にしてなす術がないのかもしれない。果たしてどう言う展開になるのかパレスチナ同様に目が離せない。今日はこれで終わり。

続きを読む

swingby_blog at 07:49コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月10日

中国の経済への不安

昨日はグローバリゼーション研究会の英語バージョンを来年始めると言ったが、その講師として、昨日はニューヨークのアメリ カ人をスカイプで面談した。彼はスタンフォードを出ていて、英語とドイツ語を話す。日本語はだめだが、ブログに対して、コメントを書いてもらったが、きち んとした考えを持っているので、暫く、指導してからどうするか決めたい。彼には半年間の時間が必要だと言っておいた。47才だが、独身なので、日本に来る事は問題なさそうだ。こうした高い教育レベルのアメリカ人は日本には極めてすくないので、アメリカから探さなければならない。大変な事だが、日本人のグローバ ル化の為にはこうするしかない。かなり教養レベルの高い英語の教師と言ったところかもしれない。彼はアメリカでコンサルティングをしている。さて、最近は中国の記事を扱う事が多くなったが、それだけ欧米が中国の動向に関心が高いのだろう。さて今日も始めよう。これはエコノミストの記事だ。

Afraid of a bump
China’s economy is set to suffer hardship but not the hard landing that many fear



対前年比伸び率%

PERHAPS the only thing growing faster than China’s economy is worry about the country’s economy. Figures released this week showed China’s GDP still expanding briskly by anyone’s standards except its own: it grew by 9.1% in the third quarter, compared with a year earlier. But fears for China also boomed, judging by the dismal performance of Chinese stocks listed in Hong Kong, the rising price of insurance against a Chinese sovereign default, and rare, downward pressure on its currency.


多分、中国の経済よりも早く増大している一つの事はこの国家の経済に対する不安だ。今週公表された数字は自分自身を除いた誰の標準値によっても元気よくまだ拡大している中国のGDPを示していた。:それは一年前と比較して,第3四半期において,9.1%成長した。しかし、中国に対する懸念はまた、急速に増大し、香港に上場している中国株式の惨憺たる実績、中国の国家債務不履行に対する保険価格の上昇、そして、滅多にないが,通貨に対する下向きの圧力によって判定される。


Some of this worry reflects problems beyond China’s borders or the government’s control. Chinese sales to the European Union, for example, plunged by 7.5% last month, their worst September drop since 1995. But in recent weeks China has become a net exporter of anxiety. Inflation is falling, but it has remained higher for longer than the authorities expected. The property market is also slowing. Sales have fallen sharply, as developers wait in vain for demand to pick up rather than flogging their properties at a discount.

 

この懸念の幾つかは中国の国境もしくは政府の管理を越えた問題を反映している。例えば,EUに対する中国の売上げは先月7.5%落ち込み、1995年以来9月は彼等の最悪の落ち込みだった。しかし、この数週間で,中国は不安の純輸出国になって来た。インフレは沈静して来ているが、当局が期待している以上に高く、長く留まって来ている。不動産市場も沈滞している。売上が激しく落ち込んで来ていて、開発者達は彼等の資産を値引きして売るよりも、上向く需要を空しく待っている。

Kerbing Chinese enthusiasm

Their wait is all the more painful because credit is, belatedly, tightening. In China’s underground lending market, the most sensitive indicator of credit conditions, kerbside rates have reached extortionate levels of as much as 6% a month. Some indebted businessmen have done a runner, abandoning their homes and firms rather than parting with their pound of flesh.


抑制されている中国の熱狂

遅まきな金融引締めの為に彼らが待っている事はいっそう痛々しい。中国の貸付の闇市場では貸付条件の最も敏感な指標である場外金利は月次で6%もの法外な水準に達して来た。幾人かの借金のあるビジネスマン達は返済を強く求められている借金を何とかするよりも家や企業を放棄して、逃げてしまっている。


Much of this informal finance is either secured against property or invested in it. The fear is that overstretched borrowers will now dump their nouveau-classical villas and vulgar condominiums, upending the property market and inflicting wider damage on the economy. Land, for example, will fall in value, hurting the fragile finances of local governments, which raise revenue by selling turf.

 

この非公式な金融の多くは資産に対して担保されていたり、出資されている。過度に借り入れた人たちは新しい古典趣味の邸宅や派手なマンションをいまや、捨ててしまい、不動産市場に打撃を与え、経済に広範囲な損害を与えているだろうと言う不安がある。例えば、土地は価値を落とすだろうし、地方政府の脆弱な財政に損害を与え、彼らはホームグラウンドを売って収入を得ている。


Some analysts argue that informal finance is “the canary in the coal-mine”, an early sign of a broader debt crisis that will afflict the whole economy. Others contend that it is a “time-bomb”, big enough on its own to blow things up. But neither of these metaphors is quite right. Tighter credit is necessary to quell inflation. High kerbside rates are a sign that the government’s lending restrictions have at last begun to bite, even on the furthest fringes of finance.

 

幾人かのアナリスト達はこの非公式な金融は「炭坑のカナリヤ」で、経済全体を苦しめる広範囲な債務危機の前兆であると言っている。他の人たちは「時限爆弾」だと強く主張 していて、それ自身は物事を破壊するのに十分に大きい。しかし、これらの比喩は全く正しくない。更なる金融引締めがインフレを鎮静させる為に必要だ。高い場 外金利は金融の最も端の部分でさえ、政府の貸出制限がとうとう効果を出し始めたと言う兆候だ。


中国はこうして景気が過熱すると金融引締めを行い、不動産が最初に影響を受ける。また、温州が特に目立っているが、過剰な借入をしている企業が多く夜逃げしている。こうした事は数年おきに繰り返して来ているが、この国家は民主主義ではないので、国家統制の独裁体制の中で、こうした景気抑制を行っているのでこうなる。だから、その効果もすぐに出てくる。今日はこれまで。今日はグローバリゼーション研究会の忘年会だ。

続きを読む

swingby_blog at 05:59コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓