2012年02月

2012年02月22日

イスラム教徒の選挙の勝利2

昨晩は無事ロスに到着し,私の家族と会食した。時差があるので,夜は不規則におきてしまったが,仕方がない。今朝は4時に起きたと言うことは日本時間の夜9時に起きたと言うことで,結構厳しい一日になりそうだ。今日は通訳が手配出来なかったので,大変だ。明日中山さんが時間が空いていれば手伝ってもらおうと考えている。さて、今日は昨日の続きだ。

Why have the liberals, leaders of the Arab Spring revolution, fared so poorly in elections? In Cairo, as the votes were being counted, I heard a raft of explanations from disheartened liberals. They were almost identical to the ones I'd heard the previous week, in Tunis. The litany goes like this: The liberals only had eight months to prepare for elections, whereas the Brotherhood has 80 years' experience in political organization. The Islamists, thanks to their powerful financial backing from Saudi Arabia and Qatar, outspent the liberals. The generals currently ruling Egypt, resentful of the liberals for ousting their old boss Hosni Mubarak, fixed the vote in favor of the Islamists. The Brotherhood and the Salafists used religious propaganda — Vote for us or you're a bad Muslim — to mislead a largely poor, illiterate electorate.

なぜアラブの春の革命の指導者達である自由主義者達が選挙においてうまく出来なかったのか?カイロでは投票が計算されていた時に私は落胆 した自由主義者達から多くの説明を聞いた。それらは先週チュニスで私が聞いたものと殆ど同じだった。長い話はこうだ。:自由主義者達は選挙を準備するのにわず か8ヶ月しかなかった。それに反して,同胞団は政治組織において80年の経験を持っている。イスラム教徒達はSaudi ArabiaとQatarからの強力な資金援助のお陰で,自由主義者達よりも多くの金を使った。エジプトを支配している将軍達は彼等のかってのボスの Hosni Mubarakを追放した自由主義者達に憤慨して,イスラム教徒達に賛成して投票した。同胞団とサラフィスト達は宗教的なプロパガンダを使った。ー 我々に投票しなければあなたは悪いイスラム教徒だ。ー 大部分が貧しく,読み書きが出来ない選挙民を誤った方向に導くために。

These excuses are all plausible, as far as they go. But they don't go very far. After all, the Salafis had no political organization until 10 months ago, and they still managed to do well. The liberals were hardly penurious: free-spending telecom billionaire Naguib Sawiris is a leading member of the Egyptian Block. Even if you buy the notion that the generals — themselves brought up in strict secular tradition — prefer the Islamists to the liberals, international observers found no evidence of systematic ballot fixing.

これらの口実はそのことに関する限りはすべてもっともらしい。しかし、彼等は長く続かない。結局、サラフィスト達は10ヶ月前までは政治組織を持っていなかった。そして彼らはそれにもかかわらず、なんとかやってきた。自由主義者達は極貧ではなかった。:惜しみなくお金を使うテレコムの億万長者 Naguib SawirisはEgyptian Blockの指導的なメンバーだ。将軍達はー 彼等自身厳格な無宗教の伝統の中で育ったが,ー 自由主義者達よりもイスラム教を好むという意見にあなたが同意したとしても,国際的な観察者達は組織的な投票の特定の証拠を見つけることはなかった。

And to argue that voters were hoodwinked by the Islamists is to suggest that the majority of the electorate are gullible fools. This tells you something about the attitude of liberal politicians toward their constituency. And that in turn may hold the key to why they fared so badly.

投票者達がイスラム教徒達に騙されたと主張することは大多数の有権者達が騙されやすい馬鹿者だと言うことを提唱することだ。このことは彼等の有権者に対する自由主義の政治家達の態度に関して何かをあなたに語っている。そしてそのことは今度はなぜ彼等があまりにまずいことになったのかの鍵を持っているのかもしれない。

The Islamists, it turns out, understand democracy much better than the liberals do. The Ennahda and the FJP were not just better organized, they also campaigned harder and smarter. Anticipating allegations that they would seek to impose an Iranian-style theocracy in North Africa, the Islamists formed alliances with some secular and leftist parties and very early on announced they would not be seeking the presidency in either country.

イスラム教徒達は、はっきりしたことだが,自由主義者達よりももっと民主主義を理解している。Ennahda党とFJP党はちっとも良くは組織化されてはいなかったが,彼等はまたより一生懸命に、より賢く選挙活動をした。彼等は北アフリカでイランスタイルの神政政治を押し付けようとするだろうと言う主張を予測して、イスラム教徒達は幾つかの無宗教と極左翼の党と提携し,極めて早い時期にどっちの国でも彼等は大統領の地位を求めないことを宣言した。

 Like smart retail politicians everywhere, they played to their strengths, capitalizing on goodwill generated by years of providing social services — free hospitals and clinics, soup kitchens — in poor neighborhoods. And they used their piety to assure voters that they would provide clean government, no small consideration for a population fed up with decades of corrupt rule. Even the Salafis, who openly pursue an irredentist agenda and seek a return to Islam's earliest days, benefited from the perception that they are scrupulously honest.

至る所にいる抜け目のない一般大衆に迎合した政治家のように、彼等は彼等の強みに対して演じ、貧しい地域の中で,社会サービスー 無料の病院、診療所、無料食堂ー を何年にもわたって提供することによって生み出された善意を利用した。そして、 彼等がきれいな政治を提供し、何十年もの腐敗した支配でたらふく肥やしてきた人たちには一顧だにしないことを投票者達に請け合うために彼等の信心深さを利用した。民族統一主義の政策を公然と押し進め、そしてイスラムのもっとも初期に時代に戻ろうとしているサラフィスト達でさえ,彼等は節操がある正直な人たちだと言う認識によって得してきた。

Having shown themselves adept at winning elections, will the Islamists now prove to be good democrats? There's reason for hope. Ennahda and FJP leaders have for the most part sounded conciliatory rather than triumphal: they have sought to broaden alliances and bring more liberals into their tents. Critics say this is all a ruse, but Tunisian and Egyptian voters have insured their democracy against ruses by leaving Ennahda and FJP well short of absolute majorities.

選挙に勝つことに長けていることを彼等自身が示してきたので,イスラム教徒達は今や良い民主主義者であることを証明したのだろうか?希望が持てる理由がある。 Ennahda and FJPの指導者達は殆どが勝利に酔ったと言うよりかは和解を図ろうとする印象を与えてきた。:彼等は提携を拡大しようとし、また彼等の陣営にもっと自由主義者達を取り込もうとしてきた。批評家達はこれはすべて策略だと言うが、チュニジア人やエジプト人の投票者達はEnnahda and FJPを絶対的な大多数からはほど遠く下回らせることによって,策略に対して彼等の民主主義を保証してきた。

Having proved themselves poor campaigners, will the defeated liberals now play by the rules? These require them to play a constructive role in parliament's opposition benches rather than undermine the elections by returning to street protest. They also must prepare for elections expected in 2012 and '13. They still have time to learn to be better democrats — like the Islamists.

彼等自身が下手な選挙活動家だと言うことを証明してきているが、敗北した自由主義者達は現在ルールに従っているのだろうか?このことは彼等に街頭抗議に戻ることによって選挙を台無しにするよりも議会の反対派の席にいて,建設的な役割を演じることを必要としている。彼等はまた2012年と 2013年に予定された選挙の準備をしなければならない。彼等はまだもっと良い民主主義者であることを学ぶための時間はある。ーイスラム教徒達のように。

民主化運動と称してアラブの春はこの一年展開してきて,ここで言うようにその収穫の秋がやってきたが,その指導権はこの当初の民主化運動の人たちではなく、イスラム教徒によって政治が掌握された。こうした背景を理解すれば当然のことだが,そもそもこの中東に於いて民主主義国はトルコしかなかった。であるから、これからの中東諸国は政権の変化が起こっても,一党独裁体制が維持されるだろう。今日はここまで。今ここロスアンジェルスは午前5時を回ったところだが,日本は午後10時だ。先週引いていた風邪がなかなか抜けきれないのは仕方ない。ではまた明日。
続きを読む

swingby_blog at 22:08コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月21日

イラク戦争の教訓2/イスラム教徒の選挙の勝利

今日は一日この上海で研修をした後,夜の飛行機で,ロスアンジェルスに向かう。いよいよ佳境に入って行く。風邪の方はほぼ治ったので,心配ない。体調は問題なさそうだ。からだは疲れているので予断は出来ない。では今日も昨日の続きを始めよう。

The combination of the horrors visited upon Iraq under U.S. occupation, and the failure of the massive show of American military force to bend the Iraqis to their will, have sharply diminished U.S. influence throughout the region. The year of the Arab Spring has shown that Washington’s ability to persuade its allies and intimidate its foes into compliance is dramatically reduced from what it had been in 2003. (Important to note, however, is the fact that the Arab Spring has also reduced Iranian regional influence: The zero-sum view Iran vs. the U.S. view of the Middle East has little traction with the Arab public.)

恐ろしい事件の組み合わせがアメリカ占領下のイラクを襲った。そして、イラク人の意思を屈服させようとしアメリカ軍の巨大なショーの失敗はこの地域全体のアメリカの影響力を急激に減少させてきた。アラブの春の年は同盟国を説得し、敵を脅して服従させるワシントンの能力は2003年にあった時より劇的に減少したことを示してきた。(しかしながら,重要はことを記するが,アラブの春はイランの地域への影響力もまた減少させてきた事実がある。;中東におけるイランとアメリカのゼロサムの考え方はアラブの大衆にとっては何も引きつけるものはない。)

 The architects of the Iraq war had promised a “demonstration effect” that would intimidate challengers and subdue the troublesome region, enabling the construction of a “new Middle East” on terms favorable to America. Instead, the U.S. departure sees American influence diminished, with Islamist Parties the likely inheritors of the fall of the dictatorships of Tunisia, Egypt and Libya, and the rest of the region — notably such U.S. allies as Israel, Saudi Arabia and the Palestinian Authority — acting independently of Washington’s preferences. A new Middle East, indeed; one that has relinquished Pax Americana and is writing its own history on terms that hardly fit the vision that drove the Iraq invasion. The demonstration effect of “Operation Iraqi Freedom,” then, has been to show the limits of American military power to shape events.

イラク戦争の考案者達は挑戦者達を脅迫し、そして面倒な地域を制圧し、アメリカにとって好ましい条件の「新たな中東」の建設を可能とする「実証効果」を約束してきた。そのかわり、アメリカの撤収はアメリカの影響力を減少させて見えるし、イスラム教徒の政党はTunisia、Egypt、Libyaの独裁政権の崩壊後の有望な後継者であり、この地域の残りー Israel, Saudi Arabiaそしてパレスチナ自治政府のような顕著なアメリカの同盟国ー ワシントンが好んでいるかどうかには関係なく行動している。新しい中東は、本当に;パックスアメリカーナを放棄し,そしてイラクの侵略を動かしてきたビジョンには適合しがたい言葉で,彼等自身の歴史を書いている。「イラクの自由のための軍事行動」の実証効果は、だから、物事を形作る上でアメリカ軍の力の限界を示してきた。

以上だが,イラク戦争の背景が良くまとまっていると思う。次はイスラム教徒の実体を見てみよう。これはタイムの記事だ。

Why Islamists Are Better Democrats
By Bobby Ghosh
Monday, Dec. 19, 2011
なぜイスラム教徒はよりよい民主主義者達なのか。

If the Arab Spring was seeded by a liberal insurrection, the Arab Fall has brought a rich harvest for Political Islam. In election after election, parties that embrace various shades of Islamist ideology have spanked liberal rivals. In Tunisia, the first country to hold elections after toppling a long-standing dictator, the Ennahda party won a plurality in the Oct. 23 vote for an assembly that will write a new constitution. A month later, the Justice and Development Party and its allies won a majority in Morocco's general elections. Now, in perhaps the most important election the Middle East has ever witnessed, Egypt's Islamist parties are poised to dominate the country's first freely elected parliament.

アラブの春が自由な反乱によって種をまかれたのであれば,アラブの秋は政治的なイスラム教徒のために豊かな収穫をもたらしてきた。選挙の後の選挙で,イスラム教のイデオロギーの様々な影を受け入れている各党は自由主義の競争相手を叩いてきた。チュニジアでは長期政権の独裁者を倒した後で選挙を行った最初の国で、Ennahda党が新しい憲法を造る総会のための10月23日の投票で過半数を勝ち取った。一ヶ月後に,公正発展党とその協力者達がモロッコの総選挙で大多数を得た。中東がかって目にしてきた多分、もっとも重要な選挙において,エジプトのイスラム教徒の党はこの国の最初の自由に選挙された議会を支配しようとしている。

In the first of three rounds of voting, two Islamist groups won a clear majority between them: a coalition led by the Freedom and Justice Party (FJP) got 37% of the vote, while the al-Nour Party won 24.4%. The Egyptian Block, a coalition of mostly liberal parties, was a distant third, with 13.4%. The FJP is the political arm of the Muslim Brotherhood, a mostly moderate Islamist group; al-Nour represents more-hard-line Salafis. With momentum on their side, the Islamists are expected to do even better in the second and third rounds, scheduled for Dec. 14 and Jan. 3.

投票の3段階ある最初で、2つのイスラム教徒のグループがその中で明らかな大多数をとった。:自由公正党(FJP)率いる連立が投票の37%をとり,一方で、al-Nour党が24.4%をとった。もっとも自由主義の党のEgyptian Blockは距離が空いた3番目で,13.4%だった。FJPはもっとも穏健なイスラム教徒のグループのムスリム同胞団の政治部門だ。;al-Nourはもっとも強硬なサラフィスを代表している。イスラム教徒の側に勢いがあるので,12月14日と1月3日に予定された第2、第3ラウンドに於いてはもっと優勢になることが期待される。 アラブの春の結末は予想されないような結果になってきた。当初に反対運動をしてきた人たちが選挙で勝ったのではなく,長年人々を支援してきたイスラム教徒が勝った。選挙は日々に生活にどう貢献してきたのかと言う視点で立候補者と政党を選ぶ。そうした意味で,反対運動をしてきた人たちは選ばれなかった。

今日はこれまで。システムが日本のようにうまく稼働せず,写真がコピー出来なかったりしたが,なんとかアップ出来た。今日一日、上海にいて夜、ロスアンジェルスに向かう。ではまた明日。ただし明日とはいっても時差があるので,アップは明日の昼間になってしまう。
続きを読む

swingby_blog at 06:56コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月20日

イラク戦争の教訓

あっという間に研修も2日目になった。スケジュールに余裕を持たせているが,参加者には無理をしないように言っておかないと潰れてしまう。では今日はイラクの教訓だ。では始めよう。これはタイムの記事だ。

Ten Grim Lessons Learned From the Iraq War
Despite the upbeat talk of the Obama Administration, the eight-year war that ended this week has done plenty of long-term damage to both Iraq and the United States. And it has bequeathed lessons worth considering ahead of future conflicts

イラクの戦争から学んだ10の厳しい教訓
オバマ政権の楽天的な演説にもかかわらず,今週終わった8年の戦争はイラクとアメリカの双方に長期的な多くの損害をもたらしてきた。そしてそれは将来の紛争に先駆けて考慮する価値のある教訓を残して来た。

The Iraq War Weakened the U.S. in the Middle Eastbr
December 16, 2011

イラク戦争は中東におけるアメリカを弱くした。

U.S. soldiers carry an Iraqi national flag and an U.S. flag during a ceremony to retire the flags, marking the end of the U.S. military engagement at the Baghdad Diplomatic Support Center, December 15, 2011.

The no-show by Iraq’s President Jalal Talabani and Prime Minister Nouri al-Maliki at Wednesday’s departure ceremony that officially closed the U.S. military mission in Iraq spoke volumes: Chairs with name cards reserving them for the two Iraqi leaders were quickly occupied by U.S. soldiers, but the fact that the Iraqi leaders failed to show up to publicly thank the Americans for “Operation Iraqi Freedom” was a painful reminder of the limits of what the war had achieved.

 

2012年12月15日にバクダット外交支援センターで、アメリカの兵士達は国旗を撤収するための儀式の間、イラクの国旗とアメリカの国旗を携えて,アメリカの軍事戦闘の終了を祝った。 公式にイラクでの軍事任務を終了する水曜日の出発式典にイラクの大統領Jalal Talabaniと首相Nouri al-Malikiが出席しないことは多くのことを物語っていた。:2人のイラクの指導者達のために彼等に予約した名札のついた席は素早くアメリカの兵士達によって占拠されたが、イラクの指導者達が「イラクの自由のための軍事作戦」のために公式にアメリカに感謝するためにあらわあれなかったと言う事実はこの戦争が達成した限界の痛々しく思い起こさせるものがあった。

 

Saddam Hussein has gone, but at a cost to his own people of almost nine years of war, civil strife, terrorism and occupation that left more than 100,000 Iraqi civilians dead and millions displaced from their homes, infrastructure destroyed (water and electricity supplies in Iraq remain patchy even now) and the country’s social fabric torn apart. Of the 1.5 million American soldiers that cycled through Iraq, 4,487 were killed and tens of thousands left with debilitating physical and psychological scars. And the war has cost the United States some $1 trillion and counting.

 

Saddam Husseinはいなくなったが、 殆ど9年の戦争、内戦、テロ、侵略によって彼自身の国民を犠牲にし,それは10万人以上のイラク国民を殺し,数百万人を彼等の家から退去させ,インフラは破壊され,(イラクの水道と電力供給は現在でもつぎはぎだらけだ。)そして国家の社会組織は引き裂かれた。イラクに入れ替わって来た150万人のアメリカの兵士 のうち、4487人が死に、物理的もしくは精神的な傷で数万人が衰弱した。そしてこの戦争はアメリカ合衆国におよそ一兆ドルと今でも増え続けている費用をかけてきている。

 

Yet for all that horror and sacrifice, the Iraq that American forces leave behind is not especially stable, riven as ever by dangerous ethnic, political and sectarian fault-lines. Nor can the Iraq that the U.S. invasion has created be counted as a U.S. strategic ally in a wider Middle Eastern context. Iraq’s elected government is closer to Tehran than it is to Washington, although it is a puppet of neither, and in all likelihood uses the rivalry between them to enhance its own independence.


恐怖と犠牲にもかかわらず、アメリカ軍が置き去り にしたイラクは特に安定している訳ではなく、相変わらず,危険な民族的、政治的、宗派の断層によって引き裂かれている。アメリカの侵略が造り出したイラクはより広範囲な中東の状況の中でアメリカの戦略的な同盟国として見なすことはできない。イラクの選挙された政府はいずれの傀儡政権ではないけれどもワシン トンよりかはテヘランに近い。そして、十中八九彼等自身の独立を高めるために彼等の間の対立関係を利用している。

 

But the Iraqi government is on the wrong side of U.S. policy throughout the region, from its attitude to Israel and its efforts to oust Syria’s President Bashar al-Assad, to its rejection of the U.S. effort to isolate Iran over its nuclear program. It’s an open secret in Baghdad that a key reason for Maliki’s government declining the agreement needed to keep U.S. troops in Iraq beyond this month was deference to Iran’s wishes.

 

しかし、イラクの政府はイスラエルに対する態度やシリアの大統領Bashar al-Assadを追放する努力からイランの核開発に対して孤立化させるアメリカの努力に対する拒絶に至るまでこの地域全体のアメリカの政策とは違った方向にいる。バクダッドでは公の秘密であるが,マリキの政府が今月以降にイラクのアメリカの軍隊を駐留させるために必要な合意を辞退した主な理由はイランの要望に対する服従であった。


Tehran’s strategic position, on the other hand, has been vastly enhanced by the elimination of its most dangerous enemy, Saddam Hussein (who had waged a brutal eight-year war against Iran with Saudi backing), and has used its close political and religious ties with the Shi’ite majority to ensure that the democratically elected government in Baghdad is a friendly — and Shi’ite — one. Whenever intra-Shi’ite disputes have threatened to allow anti-Iran elements to regain power, Tehran has intervened to broker compromises.

 

テヘランの戦略的な位置づけは、他方,もっとも危険な敵Saddam Husseinの抹殺によって極めて高められてきている。(サウジアラビアの支援を受けて,イランに対して残虐な8年戦争を行ってきた。)そして、バクダッドで民主的に選ばれた政府が友好的であり,ーそしてシーア派であることを保証するために大多数のシーア派との緊密な政治的かつ宗教的な結びつきを利用 してきた。シーア派内部の論争が反イランの集団に権力を再び得させると脅してきてたらいつでも、テヘランは和解を仲介するために介入してくる。


イラン、イラクの人口の3分の2はシーア派。サダムフセインはスンニ派。注

今日はこれまで。明日も続く。

続きを読む

swingby_blog at 06:49コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月19日

核兵器のイラン2

さて、今朝は6時には家を出ないと行けない。今日から上海で、火曜日からロサンジェルスだ。8日間はちょっときついので、相当体調の管理をしないと行けない。今週は風邪を引いていたので尚更だ。今日も昨日の続きで、イランの制裁についての記事だ。早速始めよう。

 

Yet the latest sanctions are nevertheless worthwhile. Their impact may be cumulative and psychological rather than sudden and material. Iran’s rulers may regard any sacrifice for the sake of the nuclear programme as bearable, but ordinary Iranians, even if they patriotically support it, may feel differently and find ways to express their dissatisfaction. Iran’s threats to close the Strait of Hormuz and punish Gulf producers who make up the oil shortfall suggest a regime under strain.

 

これまでのところ、最新の制裁はそれでもやはり無駄になっていない。その影響は突然かつ物質的と言うよりも,累積的であり,かつ心理的であるかも知れない。イランの支配者達は原子力プログラムのための如何なる犠牲を我慢出来ると考えているかもしれないが,一 般のイラン人達は愛国心を持ってそれを支持したとしても,異なった感情を持ち,不満を表す方法を見つけようとしているかもしれない。ホルムズ海峡を閉鎖し、原油不足を穴埋めをする湾岸の生産国を罰そうとするイランの脅迫は政権が重圧の下にあることを示している。

 

Moreover time may not be on Iran’s side. Though Israel says that the recent movement of centrifuges to a facility in a mountain near Qom suggests that Iran could produce a device this year, American intelligence apparently reckons that Iran, however close to a breakout capacity, is still several years away from having the right sort of missile warheads. Iran has been slowed by the sabotage campaign being waged, presumably by Israel and assorted Western agencies. It has also been rattled by the Arab spring.

 

さらに、時間がイランの味方をしていないのかもしれない。Qom近くの山岳の中の施設へ最近、遠心分離機を移動した事はイランが今年、装置を生産すること ができることを示唆しているとイスラエルが言っているけれども、アメリカの諜報機関はイランが核開発を達成し得る能力に近づいているけれども、まさにミサ イルの弾頭の類いを持つにはまだ数年はかかるとどうやら推定してるようだ。おそらくイスラエルや西側の機関によって労働争議によるサボタージュ運動によってイラ ンは遅らせられて来ている。それはまたアラブの春によってもまた混乱させられてきている。

Don't forget the carrot.

ニンジンを忘れるな。

Iran’s divided regime has yet to reach the point of asking itself whether sticking to its nuclear guns is really worth the pain. It may never do so. Yet the West should persist in reminding it of the gains it would enjoy if it were to eschew deceit and show flexibility, say by letting spent fuel from reactors be taken to neutral third countries. A “grand bargain”, seemingly forgotten, is still worth tabling. In exchange for Iran abjuring nuclear weapons, the West would stop seeking regime change. An end to Iran’s theocracy is desirable, but the West is unlikely to get a nuclear deal unless it offers carrots as well as sticks. A bargain will be hard for Mr Obama to sell to voters; but he should ask the Republicans if they really want to start a war.


イランの分裂した政権は原子力の銃に執着する事が本当にこの痛みに見合うかどうかを自問する時にすでに到達していなければならない。イランは決してそうしないかもしれない。けれども、例えば,原子炉から使用済みの原子燃料を中立の第三国に持って行かせることによって、イランが策略を控え、柔軟さを示すのであれば,西側諸国はイランに享受するであろう利益を思い起こさせるよう固執するべきだ。「大取引」が忘れられているようだが,まだテーブルに載せる価値 がある。イランが核兵器を放棄する代わりに西側諸国は政権の変更を求めるのを止めるだろう。イランの神政政治を終わりにする事は望ましい事だが,むち同様に人参を提供しなければ核兵器の取引を得られそうにない。取引はオバマ氏が有権者達に納得させる事は難しいが,彼は共和党が本当に戦争を始めたいのか聞くべきである。

以上。ここに書いてある事がそううまく行くかなあと言うのがこの記事に対する私の感想だ。イランは譲歩しないだろう。アメリカが今戦争を出来ない事を知っているからだ。イスラエルもアメリカが参戦しなければ爆撃はしない。制裁が何処まで、イランを苦しめるかが問題で、中国が何処までイランの原油を買うかだろう。そのすべては買えない。

今日はこれから成田に向かうのでこれまで。続きを読む

swingby_blog at 05:19コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月18日

核兵器のイラン

昨晩は海野会があったが、風邪がはやっているので、参加者は少なかった。山辺さんはさすがにノーベル平和賞を取っているだけあって、話の内容はレベルが高 いものだった。ここでしか聞けない話が聞けた。やっとなんとか風邪が完治した。かと思ったら、明日から研修が始まる。今日は明日の準備をしなければならない。さて、今日のテーマはイランに制裁しようとしているエコノミストの記事だ。かねてから、アメリカ主導で、イランを制裁しようと国連を巻き込んだ活動が 活発だ。イランの軍事演習、ホルムズ海峡への封鎖の脅し、イスラエルのアメリカへの圧力、中国、ロシアの制裁反対への思惑が混沌と渦巻いている。さらに、 イスラエルはイランの核施設を爆撃するかもしれない。今日はその背景を勉強しよう。

Nuclear Iran
Not quite too late
Against a rising tide of warlike rhetoric, negotiation must still be the aim of sanctions
Jan 21st 2012

核兵器のイラン
遅すぎると言う事は全くない
戦争が起こりそうだと言う大げさな言葉が上げ潮のように出て来ているが、まだ、制裁の意図を持って交渉しなければならない。

 


IRAN is facing sanctions of unprecedented severity. On December 31st Barack Obama signed into law measures demanded by Congress to punish any foreign financial institution transacting business with Iran’s central bank, the conduit for most of its oil contracts. On January 23rd the European Union, which buys about a fifth of Iran’s exported oil, is set to ban future purchases.

 

イランは前例の無い過酷な制裁に直面している。12月31日にバラクオバマは石油契約の殆どのルートであるイラン中央銀行とビジネスの取引をする如何なる金融機関を罰するために議会が要求した法案に署名した。1月23日にヨーロッパ連合はイランの輸出される石油の5分の一を買っているが,将来の購買を禁止する事に着手した。

 

Under American prompting, Japan and South Korea, which together take a similar amount of Iran’s oil, are looking for alternative supplies. These measures follow November’s report by the International Atomic Energy Agency (IAEA), the UN’s watchdog, detailing aspects of Iran’s nuclear activity that make sense only if the aim is to be able to make nuclear weapons. The sanctions are also meant to show a jumpy Israel that there is an alternative to a military attack.


アメリカの要請に基づいて、日本と韓国は互いにイランの原油を似たような量を購入しているが、代替の供給業者を捜している。これらの法案は国際原子力機関(IAEA)の11月の報告書に従っていて,この機関は国連の監視団体で,その意図が核兵器を製造することができるためであると言う十分な理由があるというイランの原子力活動の側面を詳しく述べている。制裁はまた軍事攻撃への代替案がある神経過敏なイスラエルに示すことになっている。

 

This newspaper has favoured sanctions because an Israeli assault might start a regional conflagration, dragging in America—and even then might not succeed. But given that a variety of sanctions over the past 30 years has failed to change Iran’s behaviour, sceptics, and not just those in Israel, are entitled to ask if sanctions, or indeed anything short of an attack, is really likely to stop Iran getting a bomb now. That is the question posed by Republican candidates in America’s presidential campaign, sensing a chance to depict Mr Obama as weak.

 

当新聞はイスラエルの猛攻撃が地域の戦争を勃発させるかもしれず、アメリカを巻き込み,ーそしてそれでも成功しないかもしれないので、制裁を支持して来た。 しかし、過去30年にわたる様々な制裁はイランの行動を変更させる事に失敗して来ている事を考えると,懐疑論者達は、そしてイスラエルにいる彼等だけでな く、制裁、もしくは攻撃以外は何でも、現在、イランが原爆を製造するのを本当に止めさせるかどうかを聞く権利がある。それはアメリカの大統領選挙の共和党の候補によって述べられた疑問であり,オバマ氏を脆弱だと表現する機会だと感じている。


There is no certain way of getting Iran to drop its quest for nuclear weapons. The latest sanctions will cause it more pain, but in the short run are unlikely to weaken its resolve. China, which is Iran’s biggest trading partner and has little truck with sanctions, will probably take up much of the slack created by Europe and by America’s Asian allies. Barter deals will get around restrictions on Iran’s central bank. And the fragile economies of Europe and America would suffer if Iran’s oil exports disappeared from the world market. Libya’s oil may be flowing strongly again and the Saudis, ever eager to do Iran down, may pump a bit more. But a jittery oil market is likely to send prices higher, helping Iran but not oil consumers.

 

イランに核兵器を追求する事を止めさせる確かな方法はない。最近の制裁はより多くの苦痛を引き起こすだろうが,短期的にはその決意を弱めそうにない。中国はイランの最大の貿易相手国であり,そして、制裁に殆どつきあっていないが,ヨーロッパやアメリカのアジア同盟国によって造られた商売の殆どの停止した部分を持って行ってしまうだろう。バーター取引はイランの中央銀行の制約をうまく回避するだろう。そしてイランの石油輸出が世界の市場から消えてしまうと、ヨーロッパやアメリカの壊れやすい経済は苦しむだろう。リビアの石油は再び勢い良く流れるかもしれないし,そしてサウジアラビアはイランを倒したがってさえいて,少し余計に増産するかもしれない。しかし、神経質な原油市場は原油をより高くしているようで、イランを助けているが、石油の消費者ではない。

 

 バーター取引とは、現金を使うことなく商品やサービスの取引を行うことです。物々交換。


明日も続くが、ここでは如何に厳しいイランに対して制裁をしてもイランは核開発を止めないだろう。と言う考えで、多分そうだろう。このエスカレーションの結果何が起こるのかわからないが良い事ではない。イランの人たちが正し良いと思っている事を力で変える事は出来ない。イラクと同じだ。その轍をまた踏もうとしている。今日はこれまで。


続きを読む

swingby_blog at 08:39コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月17日

沖縄の海兵隊2

今日は海野会があるが、国連で唯一日本人で議長をしている山辺さんが講師なので、楽しみだ。明後日からの上海・ロス研修が目前だ。問題は朝6時にタクシーを呼んだ事がないので、果たして自宅まで来れるかどうか心配だ。では今日も始めよう。

While Obama said last week that budget cuts would not come at the expense of US forces in Asia, it’s certain the Marines on Okinawa will get a close look. Although 18,000 Marines are nominally based on Okinawa, the number has been closer to 12,000 to 14,000 in recent years because of deployments to Iraq and Afghanistan.  Due to training restrictions on Okinawa, most of those troops were sent to California for final pre-deployment training.

予算削減はアジアに於けるアメリカ軍の費用には手を入れないとオバマは先週言ったが、沖縄の海兵隊はきっと良く調査されるのは確かだ。18,000人の海兵 隊は名目上沖縄を基地としているが、その数は近年12,000人から14,000人近くで、イラクやアフガニスタンに配置されているからだ。沖縄での研修の制約からこれらの部隊の多くは最終的な配置前の研修の為にカリフォルニアに送られていた。

More than a thousand Marines on Okinawa – the exact number is unclear — are assigned to headquarters units that have few if any combat units specifically assigned to them. III MEB, 3rd Marine Division and III MEF each have full headquarters element, including a commanding general and his staff, but exist largely to build up to brigade, division or multi-division size units, respectively, in case of a large land war or contingency in Asia. Whether those headquarters elements could be located elsewhere and still get the job done – or whether the job is still required – is likely to get a close look. The Marines are currently planning to cut about 12,000 troops from their current strength of 200,000.

沖縄の1000人以上の海兵隊はー 正確な数字は定かではないがー 幾つかの司令部にアサインされていて、そこはたとえあるとしてもそこにアサインされているのはとりわけ少数の実戦部隊を持っている。第3海兵遠征旅団(III MEB)、第3海兵師団そして第3海兵遠征軍( III MEF)はそれぞれが完全な司令部の部隊を持っていて、総司令官とその武官が含まれるが、アジアに於いて大規模な地上戦争もしくは不測の事態の場合にそれぞれ、旅団、師団、もしくは複数の師団が大量に編成されて存在する。これらの司令部の部隊が何処にでも存在して、そしてなおかつ仕事を片付けられるのかどうかーもしくはその仕事が依然として必要とされるのかどうかーよく調べられそうだ。海兵隊は現在の20万人の兵力から約12,000人の兵士へと現在削減を計画している。

Even the Marines’ core combat element on Okinawa, the 31st MEU, is likely to get a close review.  The 31st MEU is one of seven amphibious groups that patrol various parts of the globe for up to six months at a time.  Three are based at Camp Lejeune, S.C., and three at Camp Pendleton, Calif.  Although Okinawa saves a week or more sailing time, it’s unclear whether the sailing time saved from the West Coast.  Each unit is limited to about 2,200 Marines, including support and logistics troops.  Obama announced last year that 2,500 Marines would be stationed in Darwin, Australia, but whether they would serve as a replacement for the 31st MEU is also unclear.

沖縄の海兵隊の中核の戦闘部隊である第31海兵隊遠征隊(MEU)でさえ詳しくレビューを受けそうだ。この第31MEUは7つの陸海空軍共同作戦のグループの一つで、このグループは一度に6ヶ月間まで地球の様々な部分をパトロールしている。3つは Camp Lejeune, S.Cに基地があり、そして3つはCamp Pendleton, Calif.にある。沖縄は一週間かそれ以上航行時間を節約できるが、その航行時間は西海岸からの節約時間かどうかはっきりしない。各部隊は約2,200 人の海兵隊に制限されていて、支援と兵站支援部隊が含まれる。オバマは2,500人の海兵隊がオーストラリアのダーウィンに駐留されるだろうと昨年発表したが、彼らは第31MEUの代替として勤務するのかどうかもまたはっきりしない。

Hornung says that until recently he was a strong supporter of keeping Marines in Okinawa, but he’s now convinced other forces in the region could do the job. “What are the Marines on Okinawa for? If you say they are there for deterrence, then you have to ask, deterrence from what?  If you are talking about China, then that would be the 7th Fleet.  If you are talking about North Korea, then I would say it’s the troops who are (based) in Korea,” Hornung says. “If you pull the Marines out, is that going to hurt Japanese national security or US national security? I don’t think so.”

Hornungは最近まで、かれが沖縄の海兵隊を維持する強力な支持者だったと言う。しかし彼は現在、 この地域の他の兵力がこの仕事を行う事が出来ると確信した。「沖縄の海兵隊は何のためなのか?彼らが戦争抑止の為にそこにいるとあなたが言うのであれば、 あなたに聞かねばならないが、何処からの戦争抑止か?もしあなたが中国について言うのであれば、それは第七艦隊だろう。あなたが北朝鮮について言うのであれば、それは韓国を(本拠地とする)軍隊だろう。Hornungは「もしあなたが海兵隊を撤退させたら、それは日本の国家安全保障もしくはアメリカの国家安全保障を害するのだろうか?私はそうは思わない。」と言っている。

日本の国防について考えさせられる論文だ。沖縄の海兵隊が必要なのかどうか。グアムに移される沖縄駐留米海兵隊の規模は06年に合意した8000人から4700人に縮小され、残り3300人はオーストラリアやフィリピンなど他の海外米軍基地に「ローテーション(巡回)」形式で派遣される見込みのようだ。さらに米政府が日本政府に対し、グアム以外に移る在沖縄米海兵隊3300人のうち、1500人前後を山口県岩国市の米軍岩国基地に移転、常駐させることを打診している。日本は日本の安全保障をどう考えるのかの正念場だ。尖閣諸島をどうするのか。中国との200海里の交渉をどうするのか。ガス田の扱いをどう考えるのか。その為の軍事をどうして行くのか。今回の海兵隊の縮小はアメリカがそろそろ日本の防衛を日本自ら考えてほしいと言う意思表現なのかもしれない。明日は最もホットは話題の一つのイランだ。今日はこれまで。
続きを読む

swingby_blog at 06:18コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓