2012年06月

2012年06月30日

世界の不安定な経済2

さあ、 土曜日だ。今日は朝から英語の勉強と昼からは徳山の墓参りだ。大学の仲間も一緒だ。もう彼が亡くなってから、10年以上は経つ。さて、今日も昨日の続きだ。

 “Weak data to prompt effective support,” is how Barclays headlined a typical report Friday. 
There are two problems with this optimistic take. The first is about will: authorities may be more willing to tolerate a slowdown and less enthusiastic about stimulus of the kind used in 2008 since it would delay rebalancing away from investment.  The second is about ability. China’s record of managing growth is not to be taken lightly but the policy that guarantees 8% growth with no booms or busts has yet to be invented. If China suffers a hard landing this year, it will only prove its leaders are human. Odds of a good outcome: 80%.

「効果的な(経済を)支援を促進する迫力の無いデータ」がバークレイが金曜日に象徴的な報告書に大見出しをつけたやり方だ。この楽観的な解釈に2つの問題がある。第1は意思についてだ。:当局は景気下降を寛容に扱い、そして投資を回避して、バランスを取り戻すのが遅れているので、2008年に利用した類いの景気刺激策についてはあまり熱心ではない傾向があるのかも知れない。第二は能力に関してだ。成長を管理する中国の記録は軽んじられるべきではなく、急成長もしくは不況に関係なく8%成長を保証すると言う政策はまだ考案されねばならない。中国が今年ハードランディングに苦しむとすればその指導者達が人間だと言う事を証明するだけだろう。良い結果の確率は:80%だ。

2. The most insoluble is Europe. It has faithfully followed Robert Feldman’s CRIC cycle: crisis, response, improvement, complacency. The European Central Bank bought the euro zone valuable time with its long-term loans to banks earlier this year; that time has been wasted. This is hardly a novel observation, but Greece isn’t about Greece; the euro zone can survive without it (the reverse is not necessarily true).  Whether it can survive a sudden and disorderly departure that precipitates runs on banks throughout the periphery is another matter. 

2. 最も解決できない問題はヨーロッパだ。それは忠実にRobert FeldmanのCRICサイクルに従って来た。:危機、反応、改善、怠慢。ヨーロッパ中央銀行は今年に入って既に,銀行に対して長期ローンの件で貴重な時間をユーロ圏に費やした。;その時間は無駄だった。このことは新奇な見解とは言いがたい。しかし、ギリシャはギリシャについてではない。;ユーロ圏はそれなしでやって行ける。(その反対は必ずしも当てはまらない。)存続することができるかどうかにかかわらず,周辺諸国の至る所で銀行の取り付け騒ぎを引き起こす突然の、かつ無秩序の離脱はもう一つの問題だ。

CRICサイクル:危機(Crisis)→反応(Response)→改善(Improvement)→怠慢(Complacency)→危機、というサイクルを繰り返すこと。モルガン・スタンレー証券チーフエコノミストのロバート・フェルドマンが指摘しているもの。危機が来ると急場しのぎの対策をとるが、事態が改善し景気が回復してくると、危機の根源を除去する努力を怠ってしまう。構造問題に手をつけないままの状態なので、景気が下降局面に入ると再び危機が顔を出してくる。このサイクルのつながりを根元的に断ち切らない限り、経済の再生はあり得ないと識者は指摘している。

To fireproof the euro zone, most everyone outside Germany thinks euro members should share responsibility for each other’s banks (via common deposit insurance) and sovereign debt (via Eurobonds). Germany has refused to countenance this, and presumably won’t until Greece is in the process of leaving the euro. The optimists are convinced that Germany will bend if that’s the price of saving the euro. What they may not appreciate is that there is no single “Germany” to nod his head when some line is crossed; the country is a mosaic of competing power bases who may not coalesce around a solution in time to save the region. Odds of a good outcome: 60%.

ユーロ圏を燃え上がらないようにするためにはドイツ以外の殆ど誰もがユーロメンバーはお互いの銀行(共通の銀行預金保険を通じて)そして公的債務(ユーロ債を通じて)に対して責任を共有しなければならないと考えている。ドイツはこれを支持することを拒否して来た。そして多分ギリシャがユーロを離れるプロセスの中に入るまでそうしないだろう。楽観主義者達はドイツがそのことがユーロを救う値段であれば屈服するだろうと納得している。彼等が耳を傾けようとしないのはある方針が一線を越えている時にうなずくような一つの「ドイツ」はない。;この国家はこの地域を救うためにそのうちに解決について連合しないかもしれない競合する権力の基盤の寄せ集めだ。良い成果の可能性:60%。

3. The most perplexing is America. The fiscal cliff at the end of the year is a problem in itself, and symptom of a larger problem. If all the tax increases and spending cuts programmed to take effect at year-end do so, GDP will suffer a 5% hit. Neither party wants this to happen. The larger problem this symptomises is the parties' inability to agree on any sort of stable fiscal policy that would take the place of the cliff. If they could, there wouldn't be a cliff in the first place. Optimists love to quote Winston Churchill’s line about Americans always doing the right thing after exhausting all other possibilities. 

3. 最も当惑しているのはアメリカだ。今年の終わりの「財政の崖」がそれ自体問題だ。そして、より大きな問題の兆候だ。年末に効果が現れるようにプログラムされたすべての増税と支出削減がそうするのであればGDPは5%の打撃に苦しむだろう。どの党もこのことが起こるのを求めてはいない。これが兆候であるより大きな問題はこの崖に取って代わる安定した財政政策の類いに合意する上でのこれらの党の無能である。もし彼らがそれが出来るのであればそもそも崖はなかっただろう。楽観主義者達はウィンストンチャーチルの言葉を引用する事を好むが、アメリカ人はいつもすべて他の可能性が無くなってから正しい事を行うと。

Yet Congress and the administration have precious little time and incentive to do the right thing. Countless things could happen: Republicans who thought their leaders gave away too much before could force the government to shut down or default on the debt; a lame duck Barack Obama could refuse to override the fiscal cliff and bail out president-elect Mitt Romney; and who knows what the campaign may bring. Odds of a good outcome: 70%.

けれども、議会と当局は正しいことをする為の貴重な時間とやる気を殆ど持っていない。数えきれない事が起こりえる。:共和党は彼らの指導者達が以前あまりに譲りすぎてしまったと考えていて、政府を停止させてしまうか、債務不履行をさせてしまうかも知れない。;レームダックのバラクオバマは財政の崖を乗り越える事を拒み、大統領候補のミットロムニーを救済するかも知れない。;そしてこの選挙運動が何をもたらすのか誰も知らない。良い結果の可能性:70%

The key takeaway is that while a good outcome is the likeliest scenario for each, the combined probability of all three turning out well is only one-third. And by the way, that’s without throwing in all sorts of other risks such as: Israeli attack on Iran; civil war in Syria; a victory by the populist Lopez Obrador in Mexico; and so on. Is it any wonder that the marginal investor or business would prefer to hold Treasury bonds or sit on cash? And that sort of disengagement can make economic pessimism self-fulfilling.

主要な取り上げられる事は、良い結果がそれぞれ最も可能性のあるシナリオだが、結果的にうまく行く3つすべての結合した可能性はわずか3分の一だということだ。そして、ところで、次のような他の類いのリスクを投げ出さない事だ。:イランに対するイスラエルの攻撃;シリアの内戦;メキシコの大衆主義者Lopez Obradorの勝利;など。利益が殆ど出ていない投資家や企業が国債を持つか現金を持つかのいずれかを好んでもおかしくないだろう?そしてこうした類いの離脱は経済的な悲観主義を自らその通りにさせてしまいうる。

今日はこれで終わり。
続きを読む

swingby_blog at 06:25コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月29日

世界の不安定な経済

久しぶりにアウトソーシング時代の劉が会社の来てくれた。3ヶ月ぶりで懐かしかった。この7月から大連に転勤になるので、そのお別れにやって来た。送別会もしなかったので、残念だったが、双方とも忙しかったのでやむを得ない。又いつか会えるだろう。いつも別れは寂しいものだ。彼は単身赴任で、大連に行くようだ。たいしたものだ。さて、今日は世界の経済の話だ。これはエコノミストの記事だ。

The many things that prey on our minds
A big hairball of risk
Jun 4th 2012, 3:09 by G.I. WASHINGTON

心の中で、祈っている多くの物事
リスクの大きな毛玉

PERHAPS the most disconcerting aspect of the world’s current flight to safety is the lack of a single overriding threat to justify it. China is slowing, but hardly in recession. Europe is in crisis—but when has it not been in the last three years? And America—well, there’s that fiscal cliff later this year but it’s hard to find any investor thinking that far ahead. The puzzle was underlined by May’s weak jobless report in America. What fundamental factors could explain it? Consider the usual suspects:

多分世界の現在の安全な状態に向けての飛行の最も当惑した局面はそれを正当化する為の単一の決定的な危険な兆候がないことだ。中国は景気が緩慢であるが、不況ではない。ヨーロッパは危機にあるが、ー それは過去3年の中でいつまでなかったのか?そしてアメリカー さて、今年中にその財政の崖があるが、その遥か先を考えている投資家を見つける事は難しい。この難題はアメリカの5月の弱い失業報告書によって明確に示された。どんな根本的な要因がそれを説明することができるのだろうか?よくある疑わしいものを考えてみよう。:

1. Petrol prices rose much less this year than a year ago, and peaked in the first half of April. Retail sales, the most obvious place where petrol prices would be felt, didn't signal distress. 

1. 原油価格は一年前よりも今年はあまり上がっていない。そして、4月の前半が頂点であった。原油価格が影響される最も明白な所である小売は苦痛の信号を送っていない。

2. The current episode of European stress can be traced to Spain’s announcement in early March that it would miss its deficit targets, but equity markets in America didn’t take notice until the Greek elections in the first week of May. That’s too late to explain a slowdown that began in April.

2. ヨーロッパの緊張の現在の出来事はスペインの3月初めの発表にさかのぼれるが、赤字削減目標に失敗した事だろう。しかし、アメリカの株式市場は5月の第一週のギリシャの選挙まで気に留めなかった。それは4月に始まった景気後退を説明するには遅すぎた。

3. Emerging markets are slowing sharply. But even after extraordinary growth, exports to China, Brazil, India and Russia only equal 1.3% of American GDP. And a slowdown in emerging markets would be ambiguous for America by both hurting exports and pulling down oil prices.

3. 新興市場は急激に緩慢になって来ている。しかし異常な成長の後でさえ、China、Brazil、India、Russiaへの輸出はアメリカへのGDPの1.3%でしかない。そして新興市場に於ける景気後退は輸出に損害を与え、原油価格を引き下げる事の双方に於いて、アメリカに対してあいまいだ。

It’s tempting to chalk it up to technicalities. Consider the following contrast. GDP grew 2.2% annualised in the first quarter and Macroeconomic Advisers thinks it’s growing 2.4% in the current quarter. But employment growth shows a completely different picture: it plummeted from 225,000 per month in the first quarter to 73,000 so far in the second. 

そのことは専門的なことだと決めてしまいそうだ。次の差異を考えてみよう。GDPは第1四半期に年率で、2.2%増加し、マクロ経済顧問団はこの四半期では2.4%成長していると考えている。しかし、雇用の増大は完全に異なった絵を描いている。:第1四半期の月あたり225,000人から第二四半期において今までのところ、73,000人まで急落した。

Perhaps in reality employment grew 165,000 every month from January to May but warm winter and off-kilter seasonal adjustment telescoped most of it into the first three months at the expense of the next two. However, I have learned over the years that blaming bad data on seasonalities or technicalities usually reflects wishful thinking. Better to take it at face value. What I think preys on the minds of financial and business-world risk takers is not a single threat but a multitude of them, regurgitated in one big hairball of risk. And all are about policy.

多分、実際には雇用は1月から5月まで毎月165,000人増加したが、暖冬と不調の季節調整が次の2ヶ月を犠牲にして、最初の3ヶ月の中のその多くをはめ込んだ。しかしながら、私は季節性や専門的な事項による悪いデータを責める事は甘い考えを反映していると言う事を長年にわたって学んで来ている。額面通りにそれを受け止めた方が良い。金融上で、そしてビジネス世界でリスクを負う人の心を苦しめていると私が思っている事は一つの
危険な兆候ではなく、リスクの大きな毛玉の中に繰り返された複数の危険な兆候である。そしてすべてが政策に関する事だ。

1. The easiest to understand is China. The fall in credit, property prices and industrial activity are the result of a deliberate government effort to corral inflation and rebalance from investment towards consumption. The downsides of China's tiao kong  (”macro control”) are well known: state-directed allocation of credit and investment is wasteful and distortionary. But the upside is that when the taps are opened, the effect is almost immediate. 

1. 理解が最も簡単なのは中国だ。与信枠、不動産価格、産業活動の低下はインフレを取り囲み、投資から消費へのバランスを取り戻す為の入念な政府の取り組みの結果だ。中国の宏观调控(マクロコントロール)の否定的側面はよく知られている。:与信枠と投資の国家の直接の割当は無駄があり、歪みがでる。しかし、肯定的な側面は準備ができていればその効果は殆ど直裁的だということだ。

For example, businesses routinely pay their bills with bank drafts. When the authorities increase bank reserve ratios, those drafts immediately become harder to come by. Investors have learned to put enormous faith in tiao kong: as quickly as the authorities put the brakes on, they can release them. 

例えば、通常、商取引は銀行の手形でその請求書を支払う。当局が銀行の準備金比率を引き上げると、こうした手形は直ちに手に入れにくくなる。投資家はマクロコントロールに多大な信頼を置く事を学んで来た。:当局がブレーキを踏むや否や、彼らはそれを始動する事が出来る。

今日はこれまで。明日も続く。
続きを読む

swingby_blog at 03:57コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月28日

中国経済の今後3

昨日は両親の介護認定の立ち会いに参加し、彼らの毎月の支払いをした。驚いた事に、50m以上家から出ては行けないと言われているのに、一狙茲龍箙圓泙任金を下ろしに行っている。夫婦一緒に行っているので、仲がいいのには羨ましい。さて、今日も昨日の続きだ。

On the Chinese internet, the apathy of the bystanders prompted an outpouring of hysteria about the moral vacuum in China, blamed on prevailing consumerism. Yet is that fair? I can attest that there are few countries where people are quicker to help a foreigner who speaks the national language poorly or more genuinely surprised to receive a tip. The problem is more likely the wish to steer clear of trouble of any kind, fostered by an overly stern state.

中国人のインターネットで,見物人の無関心が中国に於ける道徳の真空状態についてほとばしる興奮状態を引き起こし,浸透している消費者主義を非難した。けれどもそのことはフェアなことか?人々がその国の言葉をあまりうまく話せない外国人をすぐに助けたり,チップを受け取るのにより純粋に驚いたりする国は殆どないことを私は断言出来る。問題は
過度に厳格な国家によって発展してきているので、どんな種類のトラブルでも避けようとする願望がどちらかと言えば高い。

China’s courts discourage people from helping strangers by arbitrarily punishing people who come to the aid of, say, an elderly person who falls off his bicycle. State media have also so effectively demonised the restive Muslim majority province of Xinjiang that the country’s Han Chinese majority appear to believe Xinjiang people have superhuman powers. I travelled with a Chinese friend and his partner in Kashgar a couple of years ago and he half expected the locals to riot when we were out on the streets.

自転車から落ちた老人を、言ってみれば,助けに来た人を恣意的に罰することによって中国の裁判所は見知らぬ人を助ける事を思いとどまらせる。国のメディアは
手に負えない新疆のイスラム教が大半の地域をあまりに事実上悪魔扱いしてきたので、この国の大半の漢民族の中国人は新疆の人々を超人的な力を持っていると信じているようだ。私は中国人の友人と彼のパートナーと2年前にカシュガルに旅行して、彼は我々が通りに出た時に現地の人たちが暴動を起こすことを半分期待していた。

But China’s propaganda machine is nothing if not agile; it swung into motion heralding Mr Oliveira as a hero. He was given a plaque as part of a campaign to encourage “good deeds”. Mr Oliveira really is a saint; he promptly donated to an orphanage the RMB100,000 ($15,800) he was given by a businessman.

しかし、中国の政治宣伝機関は機敏なのが一番の取り柄だ。;政府は
Oliveira氏を英雄として歓迎する行動にさっと移った。彼は「善行」を奨励する政治宣伝の一環として,記念の楯が与えられた。Oliveira氏は実際に聖者だ。;彼は直ちにビジネスマンからもらった10万人民元(15,800ドル)を児童養護施設に寄付した。

Proletariat paradise
At a lunch last week in Hong Kong, attended by local manufacturers, the conversation turned to the southern Chinese factory boom town of Dongguan. The city is the worst, sighed a stylishly dressed garment manufacturer. He was complaining about the new pickiness of migrant labourers. A labour shortage in southern China had made them believe they were in, erm, a proletariat paradise. Many had not returned after the Lunar new year holidays. Ruing that Dongguan’s output growth had dropped to little over 1 per cent in the first quarter of this year, he said manufacturers were looking to invest elsewhere.

プロレタリア階級の天国
先週香港での昼食時に、現地の製造業者が参加して、会話が南方の中国の工場のブームに沸く
東莞の話になった。この町は最悪であって、流行の、裁断加工された衣類製造業者を切望して来た。彼は出稼ぎ労働者達の新たなえり好みに不満を持っていた。中国南部の労働不足は、えーと、プロレタリア階級の天国の中にいることを信じさせてきた。多くの人たちは旧正月が終わっても帰って来なかった。東芫の生産高が今年の第1四半期に1%を少し超えるところまで落ちた事を残念に思って、製造業者達は他のどこかに投資をしようとしていると彼は言った。

I find it hard to sympathise with rich Hong Kong factory owners who complain that China’s young people are spoiled for demanding double-digit pay rises and hot water in dormitories where most bunk six to a room. Yet perhaps the new realities of China’s labour market will spread investment to the rest of the developing world. The lunch at the Kowloon Tong Club also featured a presentation by the Hong Kong Chinese owner of a shoe factory in Addis Ababa, which he took over from the state for less than $3m.

私は金持ちの香港の工場所有者達に同情し難いことがわかった。彼らは中国の若者が2桁の賃金の昇給と殆どが一部屋6人の寝床の宿舎に温水を要求して甘えている事を不満に思っている。けれども多分中国の労働市場の新たな現実は他の発展途上世界への投資の拡大だろう。また、Kowloon Tong Clubでの昼食会はAddis Ababaでの靴工場の香港の中国人の所有者によるプレゼンテーションを呼び物とした。そこをかれは300万ドル以下で、国家から引き継いだ。 

He flipped from a photograph of the factory in 1965 to a shot in 2011, which looked much the same. The next slide said, without preamble: “Opening by the Emperor.” There stood Haile Selassie. It was hard to see what he was doing – cutting a ribbon or unveiling a plaque perhaps. A white executive hovered to his right while an Ethiopian executive grovelled on his left.

彼は1965年の工場の写真から2011年の場面までめくってみせた。それは殆ど同じに見えた。次のスライドは前置きなしに言った。:「皇帝による落成式典」。Haile Selassieが立っていた。彼がしている事を理解する事は難しかった。ー リボンをカットし、多分、記念の額の覆いをとっていた。白人の経営者達は彼の右手にうろついていて、一方、エチオピアの経営者達は彼の左手にひれ伏していた。

It’s hard to imagine as much fanfare for the new Hong Kong owner, but I propose trumpets across the capital to mark every move from China. The nascent shift in foreign direct investment from Dongguan to Addis Ababa is exciting. The trouble is, many of the businessmen at the lunch didn’t seem convinced. The shoe factory’s new owner had also told them about the creaky railways built more than 100 years ago and the inadequate roads. His anecdotes made them nostalgic for Dongguan.

新しい香港の所有者にとって盛大なファンファーレを想像する事は難しい。しかし、中国からのすべての動きを記念する為にこの首都全体に言い広める事を提案する。東芫からAddis Ababaへの外国の直接投資の発生しようとしているシフトはエキサイティングだ。悩みの種はこの昼食会のビジネスマン達は説得されていないようだったと言う事だ。この靴工場の新しい所有者はまた100年以上も前に作られた古ぼけた鉄道と不十分な道路について彼らに話をした。彼の逸話は東芫に対する郷愁の念を彼らに与えた。

今日はこれまで。 
続きを読む

swingby_blog at 06:52コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月27日

中国経済の今後2

やっと一回目の原稿のドラフト読み終えそうなところまで着た。あと5ページだ。今日は両親の介護認定の日で、今回は母親の認定で、重度の5級から3級になるので、その立ち会いだ。両親とも88才と84才なので、もう外に出ることができないので、支払いなどの銀行処理をしてあげないと行けない。母親は少しぼけているが、未だしっかりしていて、両親とも血色はいい。この一年は親孝行をしている。さて、今日も中国の経済がどうなるかの記事の続きだ。

With the apparent success of its tighter monetary policy, Beijing now finds it awkward to reverse course by lowering interest rates to keep activity on a steady course and instead has to rely on cutting bank reserve requirements to recharge the system. But if with repressed commercial demand, this option may not suffice.

より厳しい金融政策の明らかな成功とともに,
安定した流れに活動を維持するために金利を低くすることによって北京は現在、流れを逆にすることはぎこちないと思っていて,そしてその代わり、そのシステムの元気を取り戻すために銀行の準備金の要件を軽減することに頼らねばならない。しかし、抑制された商業需要を伴っているのであればこのオプションは十分ではないかも知れない。
 
Although political pressures to appreciate the renminbi have lessened with declining trade surpluses, more flexible two way currency movements will have little impact in altering trends in the real economy over the coming months.

人民元の価値を上げる政治的な圧力が貿易黒字の減少とともに減少して来たけれども,よりフレキシブルな2方向の通貨の動きは来るべき数ヶ月に於いて実際の経済への傾向を変える上でのインパクトは殆どないだろう。

Hopes that consumption can play a more dynamic role are probably unrealistic. Consumption has in fact been relatively strong accounting for 43 per cent of GDP growth in the first quarter compared with 28 per cent a year earlier. But by its very nature, consumption is not amenable to special incentives, which typically end up borrowing against the future and thus are not sustainable. Nevertheless, consumption growth averaging 8 per cent annually does provide a solid base that would help cushion all but a total collapse in the global economy triggered by events in the eurozone.

消費がよりダイナミックな役割を演ずることができると言う希望は多分非現実的だ。消費は実際には昨年の28%に比較すると第1四半期のGDP成長の43%を占めていて、比較的強くなって来ている。しかし、まさにその性質上、消費は特別な誘因に影響を受けない。それは一般的には将来に対する借入で終わるし、だから持続可能ではない。にもかかわらず、年間8%平均の消費の成長は堅固な基礎を提供していて、それはユーロ圏の事象が引き金となったグローバル経済に於ける殆ど全体が崩壊寸前の状況を和らげる手助けをするだろう。

Chastened by the explosive growth of credit-financed expenditures from the past stimulus programme, China’s system now has to rely on the recently announced fiscal efforts to accelerate expenditures on infrastructure projects including roads, rail and power plants. While more transparent and less prone to waste, the fiscal channel is more bureaucratic with its expansionary impact less readily felt compared with the banking channel. Thus there continues to be a risk that Beijing’s fine-tuning of macro policies will fail to keep growth on the desired trajectory. 

過去の景気刺激プログラムからの信用融資による支出の爆発的な成長に懲らしめられているが、中国のシステムは現在、道路、鉄道、発電所を含めたインフラプロジェクトへの支出を加速するための、最近発表した金融の取り組みに依存しなければならない。より透明に、そして無駄遣いをしないようにする一方で、金融の流れは銀行業務の流れと比較してすぐに感知されない拡張効果に於いてかなり官僚的だ。だから、マクロ政策の北京の微調整は望んでいる軌道への成長を維持しそこなうリスクが持続する。

4兆元が未だに信用融資の問題を抱えているようだ。さて引き続き次は中国の人道的な正義感についてだ。これはファイナンシャルタイムの記事だ。

Give chivalry a chance in China
By Rahul Jacob in Hong Kong
May 29 2012

中国に騎士道のチャンスを与える

If you saw a thief reaching into a young woman’s handbag at a crowded street crossing, what would you do? Mozer Rhian Oliveira, a Brazilian manager living in the southern Chinese factory boom town of Dongguan, didn’t hesitate. The 27-year-old hit the man with his umbrella. Two accomplices came to the thief’s aid, however, and chased Oliveira to the lobby of an office building where they beat him with the buckle end of their belts. The Brazilian suffered a bad head wound.

もしあなたが人ごみの大通りの十字路で,若い女性のハンドバックの中に泥棒が手を伸ばしているのを見たら,あなたは何をするだろうか?Mozer Rhian Oliveiraは南方の工場で発展した町の東芫に住んでいるブラジル人のマネージャーだが,ためらわなかった。この27才は彼の傘で,男を叩いた。2人の共犯者がこの泥棒を助けにやって来て,しかしながら、
Oliveiraをビルのロビーに追い込んで,それで、彼等はベルトのバックルで,彼を叩いた。このブラジル人はひど頭の怪我で苦しんだ。

There were witnesses – lots of them, in fact. About 50 people stood by while the good Samaritan was beaten. When this easily cowed correspondent arrived on the scene a couple of days later, there were once again scores of people milling around – including well-built employees of the Peace Fitness gym, who said the security guards ought to deal with such situations.

目撃者達がいた。ー 実際に数多くの人たち。この善良な男が叩かれている間,約50人がそばに立っていた。この安易におびえた記者が2日後に現場に来た時,再び,数多くの人々がうろうろしていた。ー 
Peace Fitnessジムの体格のいい従業員達もいて、彼等は保安員がそうした状況に対応するべきだと言った。

At the barbershop just feet from the site of the attack, a barber said he had heard a commotion but the shop had been very busy. Then he whispered that the assailants were people from the border province of Xinjiang. People had been afraid to intervene because they were known to be such violent people, he said.

攻撃の場所からわずかに数フィートのところにある床屋ではそこの店員は騒ぎを聞いたが店がとっても忙しかったと言った。それから,彼は襲撃者は新疆の国境の地域から来た人たちだったと囁いた。人々はかかわるのを恐れていた。彼等がそうした暴力を振るうのを知っていたからだと彼は言った。

今日はこれまで。

続きを読む

swingby_blog at 03:28コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月26日

中国経済の今後

昨日は苦しい思いをしながら、本の原稿を100ページまで読んだ。あと少しだ。今日は2回目を読む事にしている。3回目から編集をして、本の体裁を考える。7月中には原稿を完成させたいと思っている。こうした書き物は集中できないと進まないので、頭のサイクルを調整している。こうした作業は一月以来なので、未だ順調ではない。体調を整えるのに、数日はかかりそうだ。さて、今日は中国の経済の話だ。これはファイナンシャルタイムの記事だ。

Is China running out of options?
May23 2012
Yukon Huang

中国は万策尽きているのか?

China’s economy seems to be going gradually downhill but with the dips particularly steep at times. When Premier Wen Jiabao announced in March that the growth target would be 7.5 per cent this year, no one took him too seriously since outcomes have always been significantly higher. Beijing was comfortable with growth moderating to around 8.5 per cent for this year compared with last year’s 9.2 per cent but prolonged uncertainties in the eurozone combined with the continuing lid on housing purchases now suggest that a soft landing may be more difficult to realise.

中国の経済は徐々に悪化しているようで、時々特に大幅に下落している。温家宝首相が3月に成長目標は今年7.5%だろうと発表した時に,成果がいつもかなり高かったので,誰も彼の言ったことを真剣に取り上げなかった。北京は昨年の9.2%に比較して今年は8.5%あたりの中程度の成長に満足していたが、ユーロ圏の不確実性が長引き、住宅購買に於ける継続している制限とあわせて,現在、ソフトランディングを実現するのはさらに困難かもしれないことを示唆している。

April’s economic indicators took markets and seemingly even Beijing by surprise in the uniformity of the shortfalls from forecasts. Some have speculated that the leadership has been distracted by the Bo Xilai and Chen Guangcheng affairs on top of the manoeuvring relating to the leadership transition. Industrial production grew by only 9.3 per cent year-on-year compared to the consensus forecast of 12 per cent. Growth in investment and retail sales were also below expectations particularly since various business surveys had been more reassuring. All this was corroborated by the slow growth in electricity sales and tax receipts. 

予測から一様に不足しているという驚きによって、4月の経済の指標は市場の、そして、一見したところ北京でさえも関心を引いた。指導者の移行に関連した駆け引きのトップに薄煕来と陳光誠の事件によって指導部は取り乱されて来ていると幾人かは憶測している。工業生産高は合意した12%の予測と比較して,対前年比9.3%しか成長しなかった。投資と小売りの成長もまた、期待を下回った。特に様々なビジネスの調査がそれをさらに再確認して来ている。このことすべては電力販売と税金の申告書の緩慢な伸びによって裏付けられた。 

Particularly worrisome, bank lending has fallen off sharply – with medium and long-term loans down nearly 50 per cent from last year. Firms find profits evaporating with demand becoming increasingly uncertain for those depending on export markets. The problem is not lack of liquidity in the banking system but lack of credible borrowers.

特に懸念すべき銀行貸出は急激に下落して来ている。ー 中長期のローンは昨年から50%近く減った。企業は輸出市場に依存する人たちにとって、ますます不確かになっている需要によって利益が消滅していることがわかった。この問題は銀行システムに於ける流動性の欠如ではなく、信用出来る借り手の欠如である。

But the final straw came with demand from Europe collapsing last month along with the US market remaining tepid. The reality now is that external demand by itself could subtract a full percentage point from this year’s growth. China analysts have responded by lowering their growth estimates closer to 8 per cent with some even predicting a collapse. This morning the World Bank lowered its forecast to 8.2 per cent.

しかし、最後の一撃は熱意に欠けているアメリカ市場と、先月、崩壊しているヨーロッパからの需要とともにやって来た。現実は現在,外部需要はそれだけで今年の成長から1%の全額を引くことができるということだ。中国のアナリストは幾人かは崩壊を予言してさえいるが,8%により近く彼等の成長予測を低めることによって,答えて来ている。今朝,世銀はその予測を8.2%に下げた。

Beijing still has ample financial resources, however, to avoid a crisis. The premier’s recent statement on “giving more priority to maintaining growth” signalled that decisive actions would now be taken. But with its infrastructure-cum-land sales fueled growth model under stress and exchange and interest rates still tightly managed, it does not have all the necessary policy options at its disposal.

しかしながら、北京はまだ危機を回避するための豊富な金融資源を持っている。「成長を維持するための更なる優先度を与える」主席の最近の声明は断固たる行動が現在とられるだろうという合図だった。しかし、そのインフラと土地とともに、販売は圧力があるままで成長モデルに拍車をかけた。そして為替と金利は未だに厳しく管理され,自由に使える必要なすべての政策の選択の自由を持っていない。

圧力があるままで:銀行が貸出制限をしていると言う意味。注
Prospects have worsened in part because of the legacy of China’s enormous 2008 stimulus programme. That programme, which relied heavily on credit expansion, pushed growth above sustainable levels and fostered the borrowing spree that spawned the property bubble and inflation, which has absorbed the attention of policy makers ever since. Even as macro conditions have seemingly been brought under control over the past six months, China’s longer-term strategy of becoming less reliant on external demand and investment and more dependent on consumption to drive growth is becoming harder to realise.

見通しは一部には中国の膨大な2008年の景気刺激プログラムの遺産のために悪くなって来ている。そのプログラムはかなり与信拡張に頼ったが,成長を維持可能な水準以上に押し上げ,不動産バブルとインフレを生み出した借入ブームを助長した。このことはその後政策作成者の注意を引きつけて来た。マクロの条件は一見したところ,過去6ヶ月にわたって,管理されて来ているが,外部の需要と投資に依存しなくなり,成長をおし進める消費にさらに依存する中国の長期戦略は実現がより難しくなって来ている。

Premier Wen has shown no inclination thus far to remove the lid on the commercial housing sector, which broadly defined accounted for some 10 per cent of gross domestic product in recent years. Losing this demand driver cannot be easily offset even if efforts are made to accelerate construction of social housing.

温家宝首相は今までのところは商業住宅部門の制限を取り去ろうと言う意向は示して来ていない。それは近年、総国内生産の約10%を占めていると広く定義されている。この需要ドライバーの喪失は仮に低所得者向けの住宅建設を加速するための取り組みがなされたとしても容易に埋め合わせることはできない。

今日はこれまで。
続きを読む

swingby_blog at 05:20コメント(2)トラックバック(0) 

2012年06月25日

アメリカ軍のアジア戦略2

昨日は110mmのスケートで山王溜池まで行ったが、新品なので、重いし、滑らなかった。暫くはだめなんだろうか。いつもの1.5倍疲れてしまった。午後は久しぶりに、一日勉強した。そのため、6時頃にはもうへとへとだった。さて、今日は昨日の続きだ。

The Pentagon recently launched one such rotational deployment in Australia, and others are being discussed in the Philippines and elsewhere, although defense officials declined to specify additional countries. One key aspect of the plan, Panetta said, is building multilateral ties through economic and diplomatic avenues, as well as militarily. The advantage of working with several other countries at once is the ability to force Beijing to deal with smaller countries in Asia as a collective and to prevent China from bullying them individually when disputes arise, experts say.

ペンタゴンは最近、オーストラリアで一つのそのような交替の展開に着手し,他についてもフィリピンやその他のところで,検討しているが,防衛当局者達は追加の諸国について明確に述べようとしなかった。この計画の一つの主要な側面は、とパネッタが言っているが,軍事同様に、経済的かつ外交的な手段を通して多国間の連携を構築することだ。早急に幾つかの諸国と作業をするメリットは紛争が起こった時に、
北京にアジアのより小さな諸国を共同体として取り扱わせ、中国が彼らを個々にいじめるのを阻止することが出来ることだ。

“This is not about containment of China,” Panetta said. “This is about bringing China into that relationship to try to deal with common challenges we all face,” such as humanitarian assistance and proliferation of weapons of mass destruction. Taking a multilateral approach means overcoming significant hurdles that have kept some Asian countries from cooperating in the past, said Dean Cheng, an Asian military analyst at the Heritage Foundation.

「これは中国を封じ込める事ではない。」とパネッタは言った。このことは人道主義的な支援や大量破壊兵器の拡散のような、「我々すべてが直面している共通の課題を取り扱おうとするためにその関係に中国を取り込もうとしていることについてだ。」多国籍のアプローチを取ることは過去に於いて幾つかのアジアの諸国に協調させなかったような重要なハードルに打ち勝つ事を意味するとヘリテージファンデーションのアジアの軍事アナリストDean Chengが言った。

“These are countries that often don’t like or trust each other. They have unsettled borders, historical grievances. Some of them can’t even agree on basic things like what to call this sea or that island,” Cheng said. “But you need that cooperation because there’s nothing in the region equivalent to NATO.” Panetta’s message also included a note of caution to some allies to not misinterpret an expanded U.S. presence as cover for more aggressive actions.

「お互いに好きでなかったり、信頼していない国家がある。彼らは未解決の国境、歴史的な不満を持っている。そのうちの数カ国はこの海とかその島をどう呼ぶかと言う基本的なことすら合意することができない。」とChengは言った。「しかし、この地域にはNATOに匹敵するようなものが何もないので、あなた方はその協調が必要だ。」パネッタのメッセージはまた、より積極的な行動を支援するものだとしてアメリカの存在を拡張して誤解されないようにする為に幾つかの同盟国に対して警告の意図が含まれている。

In recent weeks, the Philippines, especially, has taken a more bellicose tone in its fight with China over territories in the South China Sea. The area, rich in oil and natural gas, is increasingly the subject of an acrimonious dispute among several countries attending the Singapore conference.

最近の数週間で、フィリピンは、特に、南シナ海の領土に関して中国とその紛争において、より好戦的な傾向をとって来ている。この地域は石油と天然ガスが豊富で、シンガポールカンファレンスに出席している幾つかの諸国の間で、ますます辛辣な議論の課題になってきている。

“We do not take sides on the competing territorial claims,” Panetta told those countries in his address, “but we do want this dispute resolved peacefully.” China — the country claiming the largest portion of the sea and also attracting the sharpest criticism — sent a low-ranking delegation to the conference. The snub was intended as a signal, said Ernie Bower, a Southeast Asia expert at the Center for Strategic and International Studies. “Because the conference is so important to the Singaporeans, it’s basically China telling them, ‘You guys need to do more to control your ASEAN brethren — Philippines and Vietnam,’ ” Bower said. “There’s clear nervousness over how Philippines are playing their hand.”

「我々は競合する領土の主張の何処にも組しない。」とパネッタは彼の演説でこれらの諸国に語った。「しかし、我々はこの紛争が平和裏に解決される事を望んでいる。」中国はー この海の最大の部分を主張していて、また最も激しい批判を招いている。ー このコンンファレンスに下級の代表団を送っている。鼻であしらう事がその合図として意図されたと戦略的国際研究センターの東南アジアの専門家である
Ernie Bowerは言った。「このコンファレンスはシンガポール人にとっては極めて重要なので、要するに『君達はあなたのASEANの同胞ー フィリピンとベトナムー をもっと管理する必要がある。』と彼らに語っている中国が問題だ。」とBowerは言った。「フィリピンがどのように彼らの役割を果たしているかについてははっきりした緊張感がある。」

The Obama administration’s overall Asia strategy was developed out of a belief that China responds best to a position of strength, when the United States has other countries working with it. According to senior U.S. officials, the policy reflects an intense study of historical hegemonic shake-ups: the rise of the United States as a global power; Germany’s rise in Europe after World War I; Athens and Sparta. The idea was to turn to history for answers as the United States confronts the next rising superpower: China.

オバマ政権の全般的なアジアの戦略はアメリカ合衆国が一緒に他の諸国と連携している時に中国が最も強い立場にあると返答していると言う意見から展開して来ていた。上級のアメリカの役人によれば、この政策は歴史的な覇権の変革の熱心な研究を反映している。:グローバルパワーとしてのアメリカ合衆国の台頭;第一次世界大戦後のヨーロッパに於けるドイツの台頭;アテネとスパルタ。アメリカ合衆国が次の台頭する超大国:中国と対決する時この考えは答えを歴史に頼るべきだと言う事だった。

While the “Pivot to Asia” policy last year was meant to reassure Asian allies, many Chinese leaders interpreted it as a U.S. conspiracy to interfere with China’s regional goals and slow its development. The notion of a pivot also prompted concern among European and Middle East leaders that U.S. attention to their regions would wane. As a result, the administration has discarded the word “pivot” in favor of “Rebalance toward the Asia-Pacific.” That new term was the title of Panetta’s speech on Saturday and a message he will try to hammer home as he continues on to Vietnam and India.

「アジアへの軸足」政策は昨年、アジアの同盟国を安心させる事を意味している一方で、多くの中国の指導者達は中国に地域の目標を妨害し、その開発を遅らせようとするためのアメリカの陰謀だとそれを解釈した。この軸の考え方はまたヨーロッパと中近東の指導者の間で、彼らの地域に対するアメリカの関心が萎えたのだろうと言う懸念を促した。結果として、この当局は「アジアパシフィックのバランスを取り戻すこと」を支持して、「軸」と言う言葉を放棄して来ている。この新しい言葉はパネッタの土曜日の演説のタイトルであった。そしてベトナムそしてインドへと旅を続けるときの力説しようとするだろうメッセージであった。

今日はこれまで。明日は中国の経済についての記事を取り扱う。
続きを読む

swingby_blog at 06:15コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓