2013年02月

2013年02月28日

アメリカの内閣人事2

しかし、クリントン女史の中国に於ける人気のなさはそれを伝える彼女のスタイルとともに彼女が持っていたメッセージの中身に大いに関係があったのかもしれない。彼女の地位が与えられると、彼女は2001年にオバマ政権がアジアに向けたアメリカの「軸足」として知られるようになった政策に着手したとき、指導的な役割を演じる必要があった。北京ではこの事が中国の増大を抑制する目的で、攻撃的な表現として見られていた。それ以来、この政策はアメリカの戦略の焦点を「再均衡するもの」として新しいイメージで売り込まれていた。
But Mrs Clinton’s lack of popularity in China may have as much to do with the content of the message she has borne as with her style in delivering it. Given her position, she needed to take a leading role when the Obama administration launched the policy that became known as America’s “pivot” towards Asia, in 2011. In Beijing this was seen as being an aggressive gesture aimed at containing China’s rise. The policy has since been rebranded as a “rebalancing” of America’s strategic focus.

しかし、クリントン女史の中国に於ける人気のなさはそれを伝える彼女のスタイルとともに彼女が持っていたメッセージの中身に大いに関係があったのかもしれない。彼女の地位が与えられると、彼女は2001年にオバマ政権がアジアに向けたアメリカの「軸足」として知られるようになった政策に着手したとき、指導的な役割を演じる必要があった。北京ではこの事が中国の増大を抑制する目的で、攻撃的な表現として見られていた。それ以来、この政策はアメリカの戦略の焦点を「再均衡するもの」として新しいイメージで売り込まれていた。

Mrs Clinton also had to deliver the message that America, while declining to take a position on the “ultimate sovereignty” of the disputed islands, does believe that they are territory “under the administration of Japan”. And that they are therefore covered by a 1960 security treaty with Japan that would require America to “act to meet the common danger” in the event of an armed attack.

クリントン女史は紛争の諸島にたいしての「究極の主権」に対する立場をはっきりさせることを辞退する一方で、アメリカはそれらが「日本の管理下の」領土であると確信しているメッセージを伝えなければならなかった。そして、それゆえ日本との1960年の安全保障条約によってカバーされていることを。そのことは武装攻撃を受けた場合にはアメリカに「共通の危険に会ったとして行動する」ことを要求するだろう。

That message has since been repeated by another representative of the state department, other top officials, former senior officers, as well as in a bill passed by both houses of Congress—which was especially annoying to senior Chinese military officials.

そのメッセージはそれ以来、国務省のもう一人の代表、他のトップの官僚、元の高官、同様に両院を通過した法案の中で、繰り返されて来た。ー それは特に中国の軍の高級官僚をイライラさせて来た。

According to Mr Wang, it is in America’s interest to contain tension between China and Japan. Mr Obama’s new team confront a difficult balancing act. “But it is very difficult for many Chinese analysts and people to believe America is not taking Japan’s side, and the U.S. should be nervous when they see this Chinese perception,” he said.

Wang氏によれば、中国と日本との緊張を抑制することがアメリカの関心事である。オバマ氏の新しいチームは困難な綱渡りに直面している。「しかし、多くの中国人のアナリストと人々がアメリカが日本の味方にならない信じることは極めて困難であり、そしてアメリカはこの中国人の認識を見て、神経質になるべきだ。」と彼は言った。

Another new member of that team is likely to be a former senator, Chuck Hagel, who has been nominated by Mr Obama to replace the outgoing defence secretary, Leon Panetta, but still awaits final approval by the Senate. Republicans in opposition may manage to delay Mr Hagel’s confirmation, but they are not likely to succeed in blocking his appointment. Mr Hagel has already won praise from several Chinese analysts for his “cautious” attitude towards the use of military force and also for his “practical and moderate style”. In a recent interview, Mr Hagel said America should welcome China’s emergence as a world power, despite its “communist, authoritarian, opaque government”. “They are a great power today, and they going to continue to be a great power—and that's okay. But we shouldn't cower in the wake of that, or we shouldn't be concerned that they're going to take our place in the world,” he said. 

そのチームのもう一人の新しいメンバーは以前の上院議員であるChuck Hagelのようで、彼はオバマによって、退任する国防長官であるLeon Panettaに入れ替わるようノミネートされた。しかし、まだ上院による承認を待っている。反対派の共和党はHagel氏の承認をなんとか遅らせようとするかもしれない。しかし、彼らは彼の任命を阻止することに成功しそうにない。Hegel氏は彼の軍事力を利用する際の「注意深い」態度そしてまた「実務的かつ温和なスタイル」にたいして、幾人かの中国人のアナリストから既に称賛を受けている。最近のインタビューの中で、Hagel氏はアメリカが、その「共産主義者、一党独裁、不明瞭な政府」にもかかわらず、世界の権力者として中国の出現を歓迎すべきだと言った。「彼らは今日、偉大な権力者であり、そして彼らは偉大な権力者であり続けようとしている。ー そしてそのことは問題ない。しかし、我々はその結果として萎縮するべきではない。もしくは我々は彼らが世界の中で我々の立場を取ろうとしていることに憂慮するべきではない。」と彼は言った。

木曜日、今日はこれまで。昨晩は松田衆議院議員の政策発表会があった。盛大だった。横浜だったので、上村さんが家まで送ってくれた。今日は今年一番忙しい日だ。親の借地権を地主に売却する行事もある。両親の家の状況も見に行った方が良いかもしれない。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 07:28コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月27日

アメリカの内閣人事

中国が10年に一度の指導者の移行を実行してから数ヶ月の間に、アメリカの為政者達は人事に於ける変化がアメリカ合衆国に対する中国政策に於ける何らかの変化の兆候があるかどうか見る為に綿密に観察して来た。龍の年が終わりに近づき、バラックオバマが彼の第二期の為に彼の最も上級の官僚の多くを入れ替えようとして忙しい時に、彼の新しいチームが世界で最も重要な二国間の関係が何であるのか(議論の余地はあるが?)を意味することを懸念するのは中国の番だ。

これはエコノミストだ。 
Regarding the American cabinet
All the president's men and women
Feb 8th 2013, 11:21 by T.P. | BEIJING

アメリカの内閣について
大統領を取り巻く人々

IN THE months since China implemented its once-a-decade leadership transition, American policymakers have been watching closely to see whether changes in personnel might augur any change in Chinese policy toward the United States. As the year of the dragon draws to a close and Barack Obama busies himself trying to replace many of his most senior officials for his second term, it is China’s turn to wonder what his new team means for what is (arguably?) the world’s most important bilateral relationship.

中国が10年に一度の指導者の移行を実行してから数ヶ月の間に、アメリカの為政者達は人事に於ける変化がアメリカ合衆国に対する中国政策に於ける何らかの変化の兆候があるかどうか見る為に綿密に観察して来た。龍の年が終わりに近づき、バラックオバマが彼の第二期の為に彼の最も上級の官僚の多くを入れ替えようとして忙しい時に、彼の新しいチームが世界で最も重要な二国間の関係が何であるのか(議論の余地はあるが?)を意味することを懸念するのは中国の番だ。




Mr Obama’s cabinet reshuffle affects three top positions—the secretary of state, secretary of defence, and secretary of the treasury—whose holders must devote a great deal of their time and attention to China.

オバマ氏の内閣改造は3つのトップポジションに影響している。ー 国務長官、国防長官、財務長官ー その人たちは中国に多くの時間と関心を捧げなければならない。

Compared with their American counterparts, analysts in China have much more to work with as they try to sort the new scene. In contrast to the figures atop China’s black box of a political system, the incoming American officials have left career-long paper trails from their many public speeches, press interviews, congressional testimony and legislative votes.

アメリカ人の相方と比較すると中国に於けるアナリスト達は彼らが新しい場面を仕分けしようとするともっと多くの仕事しなければならない。政治システムの中国のブラックボックスの上にいる人物と対照的に、新しく就任するアメリカの官僚達は彼らの多くの公の演説、プレスインタビュー、議会での証言、選挙結果から終身の過去の記録が残っている。

Zhu Chenghu, a general in the People’s Liberation Army, told state-run media that the incoming secretary of state, John Kerry, a former senator and presidential candidate, “will be more moderate” on the issue of China’s dispute with Japan over a set of tiny, uninhabited islands in the East China sea. The islands are called the Senkakus by Japan, and the Diaoyus by China. On February 4th, when Mr Kerry replaced Hillary Clinton as America’s top-ranked diplomat, General Zhu was prompted to remark that the change “represents an opportunity to redirect Washington’s course”.

Zhu Chenghuは人民解放軍の将軍だが、新しく就任する国務長官のJohn Kerryは元上院議員で、大統領候補だったが、東シナ海の一連の小さな人の住んでいない諸島に対して中国の日本との紛争の問題に関して「穏健だろう」と国営のメディアに語った。この諸島は日本では尖閣諸島と呼ばれていて、中国では釣魚島と呼ばれている。2月4日にKerry氏がアメリカのトップの外交官としてHillary Clintonに入れ替わった時にZhu将軍はこの変更は「ワシントンの再び向きを変える機会を表している」と即座に述べた。

Wang Dong, the director of the Centre for North-East Asian Strategic Studies at the Beijing University School of International Studies, agrees. “We know Kerry well. He has a reputation for being moderate and thoughtful, not overly forceful or muscular with his language,” Mr Wang says, adding that this marks a contrast with the impression of Mrs Clinton that tends to be held in China. “If Kerry can put more emphasis on co-operation, it will make a big difference.”

Wang Dongは北京大学国際研究学院の北東アジア戦略研究センターの理事だが、合意している。「我々はKerryをよく知っている。彼は穏健で、思慮深いと言う評判があり、過度に強引になったり、口の聞き方が強くなったりしない。」とWang氏は言って、クリントン女史が中国で維持されがちであった印象と対照的であることを付け加えた。「もしKerryが協力をより強調することが出来れば、大きな違いを生むだろう。」

水曜日、今日はこれまで。今日は雨だが、だんだんこれから暖かくなって行く。今日は衆議院議員になった松田さんの報告会が横浜である。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 07:00コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月26日

イランとイスラエルとの戦争4

それを学習することは数ヶ月を要し、それ自体ヒズボラを暗示しているスパイ活動に必要なノウハウを表している。良く訓練されたグループは新たなテロの陰謀と公に結びついていることを避けたがっている。と言うのはワシントンと違って、EUはそれをテログループとして烙印を押しておらず、ヨーロッパでの資金集めを自由にしている。「「彼らは証拠を残さずに去るのが極めてうまい。」とヒズボラについての新しい本の共著の著者であるBenedette Bertiは言う。

Learning that much took months, indicating a level of tradecraft that was itself indicative of Hizballah. The disciplined group is keen to avoid being publicly linked to new terrorist plots because, unlike Washington, the E.U. has not yet labeled it a terrorist group, leaving it free to raise funds in Europe. “They’re very good at covering their traces,” says Benedette Berti, co-author of a new book on Hizballah.

それを学習することは数ヶ月を要し、それ自体ヒズボラを暗示しているスパイ活動に必要なノウハウを表している。良く訓練されたグループは新たなテロの陰謀と公に結びついていることを避けたがっている。と言うのはワシントンと違って、EUはそれをテログループとして烙印を押しておらず、ヨーロッパでの資金集めを自由にしている。「「彼らは証拠を残さずに去るのが極めてうまい。」とヒズボラについての新しい本の共著の著者であるBenedette Bertiは言う。

Also pointing toward the Iranian proxy was an apparently parallel plot in Cyprus, where a Hizballah operative was reportedly arrested on July 7 as a result of a tip from Israeli intelligence. The man carried a Swedish passport and offered clues that — after beating its brains out trying to hit hard targets — the Iranian side was swallowing its pride and taking aim at soft ones. Police said the operative had been scouting airports and plane schedules, including charters like the ones the Sibonis would deplane in Bulgaria 11 days later, then head toward the bus that would take them to their hotel.

また、イランの代理者を指し示飯ていると言うのはどうもキプロスに於ける似たような陰謀のようだだからで、そこではヒズボラの諜報員がイスラエル諜報機関の内部情報の結果として7月7日に伝えられるとことによれば、逮捕された。その男はスウェーデンのパスポートを持っていて、ー 達成が困難な目標を狙おうとして脳みそを絞った後で、ー イラン側はその面子を捨てて、やさしい目標に標準をあわせたと言う手がかりを提供した。諜報員は空港と飛行機のスケジュールを偵察していたと警察は言った。11日後にブルガリアでSibonis家族が飛行機から降りて、それから彼らをホテルに連れて行くバスに向かったようなチャーター機を含めて。

“The fact that you’re Israeli, you’re a target,” says Siboni, who would know. While his wife hurried to board, he was already in his seat, halfway down the aisle, when the bomb went off. When he had his wits about him, the disabled former sprinter, who is 60, pulled himself through a blown-out window and dropped to the ground. His landing was broken by a corpse, but as he rolled onto the tarmac Siboni heard bones in both of his legs breaking — including the one paralyzed since the last terror attack he survived. 

「あなたがイスラエル人であると言う事実であれば、あなたはターゲットだ。」とSiboniが言っているが、彼はもともと知っているのだろう。爆弾が爆発した時は彼の妻が乗ろうと急いでいて、彼は通路側の通路を半分行ったところで、既に座席にいた。彼は冷静な判断力を持っていたので、障害を持ったかっての短距離走者で、60才で、吹き飛ばされた窓を乗り越えて、地面に落ちた。彼の着地は死体によって失敗した。しかし、彼が駐機場に転がった時にSiboniは彼が生き残ったテロ攻撃以来片方の足は麻痺していたが、ー 彼の両足の骨が折れる音を聞いた。

That was in 2002, in his hometown of Beit She’an. Palestinian terrorists opened fire at random with grenades and AK-47s, killing six, very nearly including Siboni, who took rounds in the gut and left leg, where a bullet remains. The al-Aqsa Martyrs Brigades claimed responsibility for that attack. No one has for the one that put him back in rehab. “It’s not strange,” he says. “If someone takes credit, he’s making himself a target. Israel is not taking responsibility, either, for what it’s doing.”

それは2002年であった。彼の故郷 Beit She’anで、パレスチナのテロリストは手投げ弾と AK-47で無差別に発砲した。巻き込まれたSiboniのすぐ近くで、6人を殺し、彼は弾丸が残っているが、腸と左足に弾丸を受けた。ウェストバンクのパレスチナの軍組織であるal-Aqsa Martyrs Brigadesはその攻撃を表明した。リハビリに彼を病院に戻す責任を持っているものはいない。「それは変ではない。」と彼は言う。「誰かが手柄になるのであれば、彼はターゲットになっている。イスラエルはいずれにしても、そうすることに対して責任をとっていない。」

火曜日、今日はこれまで。又システムが落ちた。どうも、このソフトが安定していない。以前はそう言うことはなかったので、何かを修正したのだろう。日曜日に目一杯仕事をしたので、月曜日が楽だった。ようやく、中国3ヶ月研修に手を出せそうだ。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:59コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月25日

イランとイスラエルとの戦争3

次の日、タイでは大混乱が生じた。最初に、爆発がバンコクの借家の屋根を吹き飛ばした。煙が消えると、一団のイランの男達が通りに出て来て、彼らの動きはカラーの監視カメラに捕えられた。2人は大きなバックパックを背負っていて、急いでいる様子だった。ひとりは爆発物と磁石が詰まっている一組の中国製の安物のポータブルラジオをもっていた。ー どうやら一団が急いで組み合わせた爆弾のようだった。最初の爆弾は彼がタクシーに向かってなげ、そこで、それは爆発した。「あなたの車の中にいるその男を連れて行くな。」と他のタクシーに向かって激怒した運転手は叫んだ。

The next day all hell broke loose in Thailand. First, an explosion blew the roof off a rented house in Bangkok. As the smoke cleared, a string of Iranian men strode into the street, their progress captured by color surveillance cameras. Two wore large backpacks and harried looks. One carried a pair of cheap Chinese portable radios, packed with explosives and magnets — apparently the bombs the crew was hurrying to put together. The first he flung toward a taxi, where it exploded. “Don’t take that man in your car!” the enraged driver yelled.

次の日、タイでは大混乱が生じた。最初に、爆発がバンコクの借家の屋根を吹き飛ばした。煙が消えると、一団のイランの男達が通りに出て来て、彼らの動きはカラーの監視カメラに捕えられた。2人は大きなバックパックを背負っていて、急いでいる様子だった。ひとりは爆発物と磁石が詰まっている一組の中国製の安物のポータブルラジオをもっていた。ー どうやら一団が急いで組み合わせた爆弾のようだった。最初の爆弾は彼が
タクシーに向かってなげ、そこで、それは爆発した。「あなたの車の中にいるその男を連れて行くな。」と他のタクシーに向かって激怒した運転手は叫んだ。

When Thai police approached, the Iranian threw his second radio. It exploded at his feet, severing both legs. Another Iranian was arrested at Kuala Lumpur, en route to Tehran. Back in India, police linked him through phone records to the New Delhi and Tbilisi plots, and laid all three incidents on the Quds Force of the Iranian Revolutionary Guard Corps.

タイの警察が近づいた時このイラン人の一団は彼の2個目のラジオを投げた。それは彼の足下で爆発し、両足を切断した。もう一人のイラン人はテネランへ向かう途中で、 Kuala Lumpurで逮捕された。インドに戻ると、警察はNew DelhiとTbilisi への電話記録を通じて彼を結びつけ、
3つの全ての事件をイラン革命軍の特殊部隊によるものだとした。

There was more: in June, a pair of middle-aged Iranian men were arrested for plotting a string of bombings across Kenya. Police unearthed 15 kg of the heavy-duty explosive RDX on a golf course in the coastal city of Mombasa and tailed the pair casing possible targets, from the British embassy to Israel’s ambassador to a synagogue.

もっとあった。:6月に、一団の中年のイラン人の男達はケニヤ全域での一連の爆発計画の為に逮捕された。警察は沿岸都市のモンバサにあるゴルフコースに15kgの強力な爆発物RDXを暴き、イギリス大使館からユダヤ教の礼拝堂に向かうイスラエルの大使までの潜在的な目標を攻撃しようとしている2組を尾行した。

The Bulgaria attack was the first to produce deaths. And initial suggestion of Iranian involvement was circumstantial: it happened on the 18th anniversary of Iran’s last major terrorist attack on Israel, in Buenos Aires. But scraps of evidence emerged from the wreckage: circuitry that told forensic examiners the bomb had been detonated by remote control. There was also the severed head of the man carrying the bomb: blue-eyed and short-haired, he might have been the same man identified to the media as the bomber, a lanky young man with a large backpack seen in surveillance footage pacing (as people do) in the flight-arrivals area.

ブルガリアの攻撃は死傷者を出した最初のものだった。そしてイランの参画の最初の気配は以下の状況のとおりであった。:ブエノスアイレスで、イスラエルに対するイランの最近の主要なテロ攻撃の18回目の記念日に起こった。しかし、証拠の断片は残骸から出て来た。:爆弾は遠隔操作で爆発したことを科学捜査の調査官に教えた電気回路の明細図であった。この爆弾を運んだ男の切断された頭部でもあった。:青い目をして短い髪の毛で、彼は爆弾を仕掛ける人としてメディアに知られた同じ男かも知れなかったが、飛行機の到着するエリアで監視カメラ映像に、(人々がするように)行ったり来たりしているのが見えている、大きなバックパックを背負ったやせこけた若い男であった。

Also found in the debris was a Michigan driver’s license. It was not only a fake, but similar to another Michigan license picturing a heavyset man, also wearing a bad wig, and so poorly forged it was declined by a rental car clerk elsewhere in Bulgaria a few days earlier. Investigators traced both to the same source inside Lebanon. Investigators early on located the hotel room where the bomb was made, intelligence sources tell TIME. But the breakthrough was identifying two suspects who entered the country on valid passports, one Canadian, the other Australian. Both have retreated to Lebanon and were linked to Hizballah’s military wing, Bulgarian officials told reporters.

また残骸から見つかったのはミシガン州の運転免許証だった。それは偽物だったばかりではなく、がっしりした男で、またひどいカツラを着けていた写真のもう1つのミシガン州の免許証に似ていて、あまりにひどい偽造だったので、数日前にブルガリアの何処でもレンタカーの事務員によって断られていた。調査官はレバノン内部で同一の情報源に対して双方を追跡した。調査官は早い時期に爆弾が作られたホテルの部屋を突き止めたと諜報機関筋がタイムに話している。しかし、一人はカナダ人で、もう一人はオーストラリア人の正式なパスポートでこの国に入国した2人の容疑者達を同一人物として確認する成果があった。双方ともレバノンに逃げて、ヒズボラの軍事組織と結びついていたとブルガリアの当局は記者団に語った。

月曜日、今日はこれまで。やっと超多忙な週末が終わった。今週から3月だ。いよいよ春だ。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 07:45コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月24日

イランとイスラエルとの戦争2

しかしながら、イスラエルの官僚によって言われて来ていないが、海外で重大な攻撃のない何年かの休止期間の後に、イランの攻撃の急増の背景がある。「それは報復だ」とBurgasでの彼自身の傷を治療している車イスからGadi Siboniは言っている。「イスラエルは彼等の科学者達、原子力の取り組みに参加している人たちを狙っている。そして、彼等は一般のイスラエル人を狙っている。」

Left unsaid by Israeli officials, however, is the context for the surge in Iranian attacks, after a lull of years without significant strikes overseas. “It’s revenge,” says Gadi Siboni, from the wheelchair where he nurses his own wounds from Burgas. “Israel is aiming toward their scientists, people involved in their nuclear effort. And they’re aiming toward Israelis in general.”

しかしながら、イスラエルの官僚によって言われて来ていないが、海外で重大な攻撃のない何年かの休止期間の後に、イランの攻撃の急増の背景がある。「それは報復だ」と
Burgasでの彼自身の傷を治療している車イスからGadi Siboniは言っている。「イスラエルは彼等の科学者達、原子力の取り組みに参加している人たちを狙っている。そして、彼等は一般のイスラエル人を狙っている。」

Four Iranian nuclear scientists were assassinated in the streets of Tehran between January 2010 and 2012, and a fifth narrowly survived; all were blamed on Israel. But Hizballah and Iran have vowed to avenge other attacks as well. Israel’s Mossad arranged the February 2008 assassination of Imad Mugniyeh, mastermind of the militia’s military wing, killed when his car headrest exploded. And only last week, Iran and Hizballah pledged to retaliate for an Israeli air strike on a convoy carrying antiaircraft missiles out of Syria. “Maybe not in the northern front but in Bulgaria, Thailand, India,” warns Amos Yadlin, the most recent head of Israeli military intelligence. “They have already tried, and sometimes succeeded.”

4人のイラン人の原子力の科学者達は2010年1月から2012年の間にテヘランの街で暗殺された。そして5人目がかろうじて生き残った。;誰もがイズラエルを責めた。しかしヒズボラとイランはその上、他の攻撃の復讐をする事を誓って来た。イスラエルのモサドは2008年2月のImad Mugniyehの暗殺をアレンジしたが、彼は軍事集団の軍事組織の首謀者で、彼の車のヘッドレストが爆発して、殺された。そして、つい先週に、イランとヒズボラはシリアから対空ミサイルを運び出す軍用車両に対するイスラエルの空爆への報復を誓った。「北部の前線ではなく、ブルガリア、タイ、インドかもしれない。」イスラエルの軍事諜報機関のつい最近の長官であるAmos Yadlinは警告する。「彼等は既に試してきていて、時々成功した。」 

At first, the Islamic Republic appeared intent on responding not only proportionally — targeting Israeli diplomats, symbols of the state who also qualified as “hard” targets — but also with a precision that sent a message of its own. On May 26, 2011 a bomb went off on a busy street in an upscale neighborhood of Istanbul, wounding eight Turks but leaving undamaged the car carrying Israel’s consul general to his office. The charge had been waiting on the sidewalk, attached to an electric bicycle — just like the bomb attached to a parked motorcycle that killed the physicist Masoud Alimohammadi outside his Tehran home the previous year.

最初はイスラム共和国が釣り合いを取って対応する意図を持つばかりでなく、ー 「はっきりした」目標としてもまた適した国家の象徴であるイスラエルの外交官をターゲットにして、ー それ自身のメッセージを送る明確さもまた持っている。2011年5月26日にイスタンブールの近郊の高級住宅地の混雑した通りで、爆弾が爆発した。8人のトルコ人が負傷したが、イスラエルの総領事を彼の領事館に送る車は被害を受けなかった。爆発物は電動自転車に取り付けられていて、道ばたに置かれていた。ー まるで、昨年彼の故郷のテヘラン郊外で物理学者Masoud Alimohammadを殺害した、駐車してあったオートバイに取り付けられていた爆弾のように。

The next operation also targeted a neighboring country Iran suspects of cooperating with Western intelligence. In January 2012, not two weeks after the last scientist was killed in Tehran, police in the capital of Azerbaijan arrested men with a 15 kg of C-4 plastic explosives, a sniper rifle, and a plan to kill the Israeli ambassador. Police identified them as Iranian agents.

隣国イランをターゲットにした次の軍事行動は西側諜報機関との協力の疑いがある。2012年1月に最後の科学者がテヘランで殺されて、2週間もしない内にアゼルバイジャンの首都の警察はC-4プラスチック爆弾を15kg、狙撃用のライフル、そしてイスラエルの大使を殺害する計画を所有しいていた男を逮捕した。警察は彼等をイランの工作員と断定した。

But the big heave was set for Feb. 13, a day after the fourth anniversary of Mugniyeh’s death. Magnet bombs — the method used in three of the Tehran attacks — were attached to the cars of Israeli diplomats in Tbilisi, Georgia, and New Delhi. In the Georgian capital, the ambassador’s driver spotted the device under the chassis before it went off. In India, the bomb detonated, injuring the wife of the defense attache outside the school where she had come to collect their child. There were no fatalities. “They put the bomb on the right side of the car, but in India all cars have the gas tank on the left side,” notes Ely Karmon, a terrorism expert at the Interdisciplinary Center in Herzliya, Israel. “They thought they thought of everything.”

しかし、大きな変化がMugniyehの死の4回忌の翌日の2月13日に起きた。磁石爆弾がー テヘラン攻撃の三回に使われた方法ー 
トビリシ、グルジアとニューデリーでイスラエルの外交官の車に取り付けられた。グルジアの首都では大使の運転手がそれが爆発する前にシャーシーの下のその装置を発見した。インドでは爆弾が爆発し、子供を迎えに来ていた学校の外で、国防担当の大使館員の妻が負傷した。死者はいなかった。彼等は車の右側に爆弾を仕掛けたが、インドではすべての車は左側に燃料タンクがある。」とイスラエルのHerzliyaにある学際センターのテロの専門家であるEly Karmonは言及した。「彼等は何でも考えていると彼等は思った。」

日曜日、今日はこれまで。昨日は研究会の新年会があったが、楽しかった。一次会は新宿のヒルトンで行ったが、2次会は新宿駅の近くのスナックで行った。そこは昼間の経営を任されている定年したサラリーマンがやっていて、面白いところだった。今日はこれから西葛西臨海公園に行って、スケートで川登だ。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 07:46コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月23日

イランとイスラエルとの戦争

Raymonde Siboniはバスのドライバーが彼女の前でバラバラになるのを見た。そのブルガリアの男は爆風の影響をもろに受けて、それはツアーガイドがー 「早く、あなたが最後だ。」とー 彼女をいそがせたドアを通り抜けて、彼女が丁度、登った黒いゴムのステップを越えたところにSiboniを吹き飛ばした。そして彼女は意識を失った瞬間だった。彼女が気づいた時は、気晴らしを求めて彼女がわずか30分前に着いた黒海の飛行場の外にある駐車場に大の字に倒れているのをイスラエルの女性が見つけた。「我々は以前は良くトルコに行った。」と彼女の夫のDadiは言っている。「キプロスは何度か。ギリシャでは少しばかりごたごたしている。;我々は危ないことをしたくない。だから我々はブルガリアのことを聞いた。多くのイスラエル人がそこに行く。」
これはタイムだ。

The Shadow War Between Iran and Israel: The Bulgaria Front
By Karl VickFeb. 07 2013

イランとイスラエルとの間の秘密裏に行われている戦争:ブルガリアの最前線

The coffins of Itzik Colangi, Amir Menashe, Maor Harush, Elior Price and Kochava Shriki, who were killed in an attack in Bulgaria, are seen during a ceremony at Ben Gurion International Airport near Tel Aviv, July 20, 2012.

The coffins of Itzik Colangi, Amir Menashe, Maor Harush, Elior Price and Kochava Shriki, who were killed in an attack in Bulgaria, are seen during a ceremony at Ben Gurion International Airport near Tel Aviv on July 20, 2012


2012年7月20日のテルアビブの近くのGurion国際飛行場での儀式の間に、ブルガリアでの攻撃で殺された Itzik Colangi, Amir Menashe, Maor Harush, Elior Price、Kochava Shrikiの棺が見えている。

Raymonde Siboni saw the bus driver come apart in front of her. The Bulgarian man took the full impact of the blast wave that carried Siboni over the black rubber steps she had just climbed, through the door the tour guide had hurried her through — “Come on, you’re the last one” — and into a moment of unconsciousness. When she awoke, the Israeli woman found herself sprawled on the parking lot outside the Black Sea airport where she had arrived, barely half an hour earlier, in search of relaxation. “We used to go to Turkey,” says her husband Gadi. “Cyprus a few times. In Greece it’s a little bit messy; we don’t want to take any chances. So we heard about Bulgaria. Lots of Israelis go there.”

Raymonde Siboniはバスのドライバーが彼女の前でバラバラになるのを見た。そのブルガリアの男は爆風の影響をもろに受けて、それはツアーガイドがー 「早く、あなたが最後だ。」とー 彼女をいそがせたドアを通り抜けて、彼女が丁度、登った黒いゴムのステップを越えたところにSiboniを吹き飛ばした。そして彼女は意識を失った瞬間だった。彼女が気づいた時は、気晴らしを求めて彼女がわずか30分前に着いた黒海の飛行場の外にある駐車場に大の字に倒れているのをイスラエルの女性が見つけた。「我々は以前は良くトルコに行った。」と彼女の夫のDadiは言っている。「キプロスは何度か。ギリシャでは少しばかりごたごたしている。;我々は危ないことをしたくない。だから我々はブルガリアのことを聞いた。多くのイスラエル人がそこに行く。」

The Sibonis had been there five times already, wearing a path that on July 18 led them into the teeth of a war that, until then, had been fought mostly in the shadows, targeting scientists on one side and diplomats on the other. All that changed in the ignition flash of several pounds of triacetone triperoxide, the homemade explosive that detonated in Burgas, Bulgaria, killing, besides the Bulgarian bus driver, five Israeli tourists and the mysterious man who brought the explosives to the open luggage compartment.

Siboniの家族は既に5度そこに来ていた。7月18日に戦争に直面していた道をいつも通って来た。その戦争はその時まで秘密裏に戦って来ていて、一方では科学者を他方では外交官を目標にしていた。数ポンドの過酸化アセトンの引火でそのすべてが変わった。それは手製の爆弾で、ブルガリアのブルガスで爆発し、ブルガリアのバスの運転手の近くにいた5人のイスラエルの観光客と屋根の上の荷物置き場に爆発物を持ち込んだ謎の男を殺した。

On Tuesday, Bulgaria announced that the dead man and two fugitive accomplices were agents of Hizballah, the Lebanese militia that frequently works with the radical Iranian government that created it. The Bulgarian probe was formally coordinated with the E.U. criminal-intelligence agency Europol, with the discreet but substantial involvement of U.S. and Israeli intelligence. It brought credible detail to the conclusion Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu announced within hours of the blast, and Raymonde heard repeated when, skin still glistening with glass and bits of flesh, the Israeli grandmother looked up in a Burgas hospital and asked, “Who did this to us? Arabs?”

火曜日にブルガリアは死んだ男と2人の逃亡した共謀者達がヒズボラの工作員であると公表したが、それはレバノンの武装集団で、それを造った急進的なイラン政府としばしば連携している。ブルガリアの調査は公式にEUの犯罪諜報機関Europolと協力していて、アメリカとイスラエルの諜報機関が慎重だが、本格的に参加している。それはイスラエルの首相Benjamin Netanyahuは爆発後の数時間で公表した結論に対して信頼出来る詳細な情報をもたらした。そして、ガラスと肉片でまだ光沢のある肌を、イスラエル人のおばあさんがBurgasの病院の中を調べていて、そして尋ねた「誰が我々にこうしたことをしたのか?アラブ人か?」と言うのをRaymondeは何度も聞いた。

“No, no,” her nurse replied. “They came from Iran.”
  They often do. Eleven times in the previous six months — 20 times in the past year — an official in Jerusalem had found occasion to name either Iran or Hizballah for plotting against Israelis somewhere on the globe. Denied by the Islamic Republic and its proxy, the allegations have been confirmed by local investigators from Thailand to Azerbaijan to East Africa to, now, Sofia.

「いやいや、」と看護婦は答えた。「彼等はイランから来た。」
彼等はしばしばそうする。この6ヶ月間で11回。ー 過去一年で20回ー エルサレムの官僚は地球上のどこかでイスラエルに対して企んでいるのがイランやヒズボラの名を挙げる機会を見つけて来た。イスラム共和国とその代理国によって否定されたが、その主張はタイからアゼルバイジャン、東アフリカ、今ではソフィアまで現地の調査によって真実だと立証されて来ている。

土曜日、今日はこれまで。今朝は英語の勉強があって、そのあとはグローバリゼーションの研究会の新年会を新宿のヒルトンで行う。今週末は先週の残務があって、まったく休みになりそうにない。本の修正もある。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 07:25コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓