2013年03月

2013年03月31日

メキシコの新たな発展2

It’s Always Sunny in Mexicoの最新のエピソードは慣れ親しんだパターンを呼び起こしている。と言うのはメキシコは我々の南の国境に接しているので、ワシントンとウォールストリートジャーナルは彼らが実際に関与しなければならないと感じている唯一のラテンアメリカの国家だ。そうであっても彼らは渋々関与していて、メディアがその機能不全に焦点を当てるときイライラしている。ー 1980年代のあの事件のように、それは大規模な債務危機のメキシコの「失われた10年」だった。ハーバードで教育を受けたCarlos Salinas de Gortari大統領が就任して、北アメリカ自由貿易協定もしくはNAFTAを含めた資本主義的改革を提唱した後で、言葉がアメリカの当局と経営者達からメキシコにいる我々ジャーナリストに伝わって来た。国境の南のすべてを変革する。そのプログラムをしっかりやれ。

This latest episode of It’s Always Sunny in Mexico evokes a familiar pattern. Because Mexico is attached to our southern border, it’s the only Latin American country that Washington and Wall Street feel they actually have to engage. Even so, they engage it grudgingly, and they get irritated when the media focus on its dysfunction—as was the case in the 1980s, Mexico’s Lost Decade of epic debt crisis. After Harvard-educated President Carlos Salinas de Gortari took office in 1988 and called for capitalist reforms that included a North American Free Trade Agreement, or NAFTA, word came down to us Mexico-based journalists from U.S. officials and business executives: All is transformed south of the border. Get with the program.

 It’s Always Sunny in Mexicoの最新のエピソードは慣れ親しんだパターンを呼び起こしている。と言うのはメキシコは我々の南の国境に接しているので、ワシントンとウォールストリートジャーナルは彼らが実際に関与しなければならないと感じている唯一のラテンアメリカの国家だ。そうであっても彼らは渋々関与していて、メディアがその機能不全に焦点を当てるときイライラしている。ー 1980年代のあの事件のように、それは大規模な債務危機のメキシコの「失われた10年」だった。ハーバードで教育を受けたCarlos Salinas de Gortari大統領が就任して、北アメリカ自由貿易協定もしくはNAFTAを含めた資本主義的改革を提唱した後で、言葉がアメリカの当局と経営者達からメキシコにいる我々ジャーナリストに伝わって来た。国境の南のすべてを変革する。そのプログラムをしっかりやれ。

Always Sunny in Mexico:人気コメディ・ドラマ「It's Always Sunny In Philadelphia」がある。

Salinas and his Armani-clad technocrats sold that bogus Mexican Miracle of overnight development remarkably well. So effectively, in fact, that few in the U.S. took notice when Mexico’s Potemkin facade, cracked by an indigenous uprising and a spate of political assassinations, started collapsing in 1994, culminating in a calamitous peso crash that required a $50 billion U.S. bailout. So forgive some of us if, almost 20 years later, we’re a bit reluctant to declare another fast-track Mexican Miracle and set aside our concerns about Mexico’s lingering dysfunction. Not just the mafia bloodletting, but the nagging failure to modernize a corrupt and incompetent judicial system. Not just the social inequality, which is still too vast, but the shameless business monopolies that exacerbate it by choking off competition and inflating prices.

Salinasとアルマーニを着た技術出身の官僚達は一夜にして発生した偽のメキシコの奇跡が極めて良いと売り込んだ。あまりにうまく行ったので、メキシコのポチョムキンの見せかけは土着民の暴動と大量の政治的暗殺によってひびが入り、1994年に崩壊が始まり、悲惨なペソの崩壊が頂点に達し、500億ドルのアメリカの緊急援助を必要とした時には実際には、アメリカの中で気に留めていた人は殆どいなかった。だから、ほぼ20年後に、我々はもう1つの迅速なメキシコの奇跡を宣言し、メキシコの長引いた機能障害に関しての我々の関心を退けることに少しばかり気乗りしないのであれば我々の幾人かを許してくれ。マフィアの流血だけでなく、腐敗して、無能な裁判制度の近代化のためにつきまとう失敗。それは未だあまりに広範囲だが、社会的な不平等だけでなく、競争を妨げ、価格を高騰させることによって不平等を悪化させる恥知らずのビジネスの独占企業。 

ポチョムキンの見せかけ:ポチョムキン村、政治上の見せ掛け 1787年にロシアのエカテリーナ2世(Catherine II)がウクライナとクリミアを巡業した際に随行したポチョムキン将軍が行く先々で絵のような美しい村を作り、女帝はそれを本物だと喜んで見物したことより、好ましくない事実を隠すために企てられた政治上の派手で見事な外観を意味するようになった。

And we’re sorry if a lot of the new Mexican Miracle math doesn’t add up for us, either. The World Bank says 95% of Mexicans today are either in the middle or upper class. Really? Last I saw, Mexico’s official poverty rate was 45%. No wonder Mexicans themselves tend to chuckle when they hear these claims, as Puerto Vallarta construction worker Efrain Sanchez did last spring when I suggested that, according to World Economic Forum leaders visiting his city, he should consider himself part of the middle class. “Mexico’s definition of ‘middle class,’” I was told by Sanchez, 35, who was putting off marriage because he feared he still couldn’t afford a family, “is exaggerated these days.”

そして多くの新しいメキシコの奇跡の統計値がいずれも我々にとって合点が行かないし、我々は残念に思う。世界銀行は今日メキシコ人の95%が中産階級か上流階級のいずれかだと言っている。本当か?最後に私が見たのはメキシコの公式な貧困率は45%だった。それを私が去年の春に提案した時にPuerto Vallartaの建設作業員であるEfrain Sanchezがしたように、彼らがそうした主張を聞いたらメキシコ人がくすくす笑いがちなのも不思議ではないが、彼のいる都市を訪問している世界経済フォーラムの指導者達によれば彼が中産階級の一部だと彼自身が考えるべきだと言った。「メキシコの中産階級の定義は」と私は35才のSanchezに言われたが、彼は未だ家族を持つ余裕がないと恐れているので結婚を延期していたが、「近頃はその範囲が拡張されている。」

日曜日、今日はこれまで。昨日は1日、勉強だった。今日は朝スケートした後で、午後は仕事ができる。ではまた明日。
続きを読む

swingby_blog at 07:23コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月30日

メキシコの新たな発展

メキシコの経済が立ち直っていることはこれ以上幸せなことはない。2000年から2010年の間にかろうじて年平均で2%の成長があった後で、この国のGDPは2011年と2012年にほぼ4%拡大した。投資は活況を呈していて、中間層は拡大している。メキシコの製造業の輸出はラテンアメリカをリードし、GDPの貿易の割合は中国のそれを追い越している。世界銀行のビジネスのし易さのランキングで、53番目は主要な地域のライバルのブラジルの126位より遥かに輝いている。;メキシコは何処の国よりも多くの自由貿易協定(44)を結んで来ていて、Rio Grandeの何処の南の国家よりも多くの技術の学生が入学している。1年前に私が言ったように、それは賞賛するに十分な価値のある傾向だ。

これはタイムだ。

Mexico’s New Boom: Why the World Should Tone Down the Hype
By Tim Padgett
March 08, 2013

メキシコの新たな発展:世界はなぜ大げさな宣伝を抑えるべきなのか。

Mexico

Pilgrims hold images of the Virgin of Guadalupe outside Basilica's square before attending a mass during a pilgrimage to the Basilica of the Virgin of Guadalupe in Mexico City February 21, 2013.

2013年2月21日にメキシコシティでグアダルーペの聖母のBasilicaへの巡礼への集会に出席する前に、巡礼者達がBasilica広場の外で、グアダルーペの聖母の肖像を掲げている。

グアダルーペの聖母(Our Lady of Guadalupe)は、カトリック教会が公認している聖母の出現潭の一つであり 、メキシコで最も敬愛されている宗教的シンボルである。

I couldn’t be happier that Mexico’s economy is rebounding. After barely 2% average annual growth between 2000 and 2010, the country’s GDP expanded almost 4% in 2011 and 2012. Investment is booming and the middle class is enlarging. Mexico’s manufacturing exports lead Latin America, and its trade as a share of GDP tops China’s. Its No. 53 spot on the World Bank’s ease-of-doing-business rankings far outshines the No. 126 grade of its main regional rival, Brazil; it has signed more free trade agreements (44) than any other country, and it’s enrolling more engineering students than any south of the Rio Grande. As I noted a year ago, it’s a trend well worth applauding.

メキシコの経済が立ち直っていることはこれ以上幸せなことはない。2000年から2010年の間にかろうじて年平均で2%の成長があった後で、この国のGDPは2011年と2012年にほぼ4%拡大した。投資は活況を呈していて、中間層は拡大している。メキシコの製造業の輸出はラテンアメリカをリードし、GDPの貿易の割合は中国のそれを追い越している。世界銀行のビジネスのし易さのランキングで、53番目は主要な地域のライバルのブラジルの126位より遥かに輝いている。;メキシコは何処の国よりも多くの自由貿易協定(44)を結んで来ていて、Rio Grandeの何処の南の国家よりも多くの技術の学生が入学している。1年前に私が言ったように、それは賞賛するに十分な価値のある傾向だ。

But I emphasize: it’s a trend. It’s not the miracle, the economic version of the appearance of Our Lady of Guadalupe, that so many Mexico cheerleaders from government officials to foreign investors to embassy diplomats are insisting we call it. Yes, good news from Mexico is more than welcome after a decade overshadowed by horrific narco-violence; a more positive conversation about the country is a relief. But no matter how loudly the enthusiasts scold the media for dwelling on Mexico’s mayhem, the cartel killing hasn’t stopped, and many of the socio-economic ills that help breed the brutality persist. The media didn’t just make up the 60,000 gangland murders of the past seven years, or the relentless massacres and beheadings, or reports like the one released last week by Human Rights Watch about the 27,000 Mexicans who have disappeared during the drug war.

しかし、私は強調する:それは傾向だ。それはグアダルーペの聖母の出現の経済バージョンである奇跡ではない。政府の役人から外国の投資家、大使館の外交官に至るまでの数多くのメキシコのチアリ−ダー達は我々が聖母を呼んでいると主張している。確かに、恐ろしい麻薬の暴力によって影を投げかけられた10年のあとで、
メキシコのいいニュースは大歓迎だ。;この国家についてのより積極的な会話は安堵だ。しかし 熱心な連中がどんなに大声でメキシコの荒廃をくよくよ考えるメディアをガミガミ言っても、麻薬密売組織の殺人事件止まっていない。残虐行為を産み出す事を助けて来た社会経済の疾病が続いている。このメディアは過去7年間の6万人の暗黒街の殺人をまったく決着を付けて来なかった。もしくは過酷な大虐殺と断頭を。もしくは麻薬戦争の間に行方不明になった27,000人のメキシコ人についてHuman Rights Watchによる先週発行されたものような報告書を。

So as someone who has covered the country for almost 25 years, I tend to be wary when I see the blood-soaked headlines yielding all of a sudden to rose-colored banners hailing Mexico as “the Aztec Tiger” or “the New China.” Or when eminent columnists like the New York Times‘ Thomas Friedman rather hastily assert that Mexico will become a “more dominant economic power in the 21st century” than China. To his credit, Friedman points out that “crime syndicates, government corruption and weak rule of law hobble the nation.” But I worry about the emergence of an overweening boosterism that forgets what happened two decades ago—when belief in another Mexican miracle helped lead to one of the worst financial disasters in the country’s history.

殆ど25年間この国を報道して来た人として、私は「アステカ族の虎」とか「親中国」としてメキシコを讃えるバラ色の標語に突然屈した血まみれの見出しを見るとき、私はどちらかと言えば警戒している。もしくはメキシコが中国よりも、「21世紀により支配的な経済国に」なるとニューヨークタイムズのThomas Friedman のような署名なコラムニストがいささか慌てて主張しているときに。立派なことに、Friedmanは「犯罪組織、政府の腐敗、そして脆弱な法規則が国家を妨害している。」と指摘している。しかし、私は行き過ぎた熱狂的な支援の出現について心配していて、それが20年前に起こったことを忘れていて、ー もう1つのメキシコの奇跡の信仰がこの国の歴史の中で最悪の金融災害の1つをもたらした時だった。 

アステカ族 Aztec:1519年Cortsに征服されるまでメキシコ中部を支配していたナワトル系の種族

土曜日、今日はこれまで。今日は朝英語の勉強があって、午後からは早稲田で白木教授の講演会がある。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 07:16コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月29日

欧州中央銀行と欧州経済2

ECBが直面している主な問題は過去6ヶ月にわたる金融市場の改善が南ヨーロッパの企業
を助けて来なかったことだ。企業への銀行貸出はスペインのような地中海諸国の中で気を揉んでいる速度で落ちて来ていて、そして企業貸出金利はドイツよりも遥かに高い。ドラギ氏は公表する具体的な提案を持ていなかった。しかし、彼は「厳しい貸付条件」を認識していて、彼らの資金を銀行に頼っている中小企業はそのことに直面していて、この問題はまったく審議会の脳裏を離れないと言った。彼は増大する不良債権が銀行にリスク回避をさせてしまうような悪循環にECBが陥ってしまう方向について「あらゆることを考えて」いると言った。彼の言った趣旨はあまり長く時間をかけずに何かが手早く料理されることを示唆している。

The main problem facing the ECB is that the improvement in financial markets over the past six months has not helped firms in southern Europe. Bank lending to companies is falling at a worrying rate in Mediterranean countries like Spain and corporate loan rates are much higher than in Germany. Mr Draghi had no concrete proposal to unveil. But he acknowledged the “tight credit conditions” that small and medium enterprises, which rely on banks for their finance, are facing and said that the issue was very much on the minds of the council. He said that they were “thinking 360 degrees” about ways in which the ECB might be able to break into the vicious circle whereby rising bad debts make banks more risk-averse. The tenor of his remarks suggests that something may be cooked up before too long.

ECBが直面している主な問題は過去6ヶ月にわたる金融市場の改善が南ヨーロッパの企業を助けて来なかったことだ。企業への銀行貸出はスペインのような地中海諸国の中で気を揉んでいる速度で落ちて来ていて、そして企業貸出金利はドイツよりも遥かに高い。ドラギ氏は公表する具体的な提案を持ていなかった。しかし、彼は「厳しい貸付条件」を認識していて、彼らの資金を銀行に頼っている中小企業はそのことに直面していて、この問題はまったく審議会の脳裏を離れないと言った。彼は増大する不良債権が銀行にリスク回避をさせてしまうような悪循環にECBが陥ってしまう方向について「あらゆることを考えて」いると言った。彼の言った趣旨はあまり長く時間をかけずに何かが手早く料理されることを示唆している。

For the BOE, today marked the fourth anniversary of an historic meeting in 2009. That March the bank lowered its base rate to an all-time low, of 0.5% and launched its programme of quantitative easing, with a planned purchase of £75 billion ($112 billion) of assets by creating money. Since then the base rate has stayed on hold, but the size of the QE programme has ballooned to £375 billion, worth 24% of GDP. The initiative may have helped at the outset but its expansion from around £200 billion since late 2011 has not prevented GDP from stagnating over that period.

英国銀行にとって今日は2009年の歴史的な会議の第4回目の記念日だった。この3月にこの銀行は基準金利を今までで最も低く下げ、0.5%にし、量的緩和プログラムに着手し、資金を造ることに関して資産を750億ポンド(1,120億ドル)を計画的に購入した。それから、基準金利は保留されるが、QEプログラムの大きさは3,750億ポンド、GDPの24%相当に膨らんで来ている。この戦略は最初は役に立ったかもしれないが、2011年末以来約2,000億ポンドからの拡張はその期間にわたって
GDPの停滞を防がなかった。

base rate :基準金利 銀行が最優良顧客に適用する金利

The political pressure to get the economy moving means that the BOE won’t stay on hold for long. Of more importance than today’s decision will be what George Osborne says in his budget in two weeks’ time. The chancellor is expected to use the occasion to change the monetary framework under which the bank operates to give it a freer hand in stimulating the economy. Unlike the ECB, the BOE does not set its own inflation target. That crucial specification is up to the Treasury.

経済を盛り上げようとする政治的な圧力は英国銀行が長い間そのままでいないことを意味する。今日の意思決定よりもより重要なことはこの2週間で、彼の予算の中でGeorge Osborneが言うことだろう。この大蔵大臣が金融の枠組みを変更するチャンスを利用することが期待され、そこで、この銀行が経済を刺激する為にそのこと(
金融の枠組みを変更すること)により自由な裁量を与える働きをする。ECBと異なり、英国銀行はそれ自身のインフレ目標を設定していない。その極めて重要な取り決めは大蔵省次第だ。

One suggestion is that the inflation target—currently 2% at all times—should be explicitly put on a forward-looking basis. That is what the bank has done in practice, generally striving to hit the goal in around two years, but this discretion could be formally recognised. Another idea is to set a range, say between 1% and 3% (although the original reason why Gordon Brown adopted a “point” target in 1997 when he gave the bank operational independence was to stop it from aiming at the lower end of a range). A more radical though less likely policy would be to change the regime altogether so that the target became nominal GDP rather than inflation.

1つの示唆はインフレ目標はー 常に現在2%だがー 前向きな基準で明示的に設定されるべきだということだ。そのことはこの銀行が実務上やって来たことであり、大体約2年間で達成することを努力して来ているが、この裁量は公式に認められうるだろう。もう1つの考えは範囲を決めることであり、例えば1%から3%の間に。(Gordon Brownが運営上の独立性を与えた1997年に「点」の目標をなぜ採用したかの元々の理由は範囲の低い方に狙いを定めるのを止めさせる為だったが。)起こりそうもないがより過激な政策は制度を完全に変えることだろうが、そうすればこの目標はインフレよりも名目上のGDPになるだろう。

But one way or another Mr Osborne is expected to give the bank more leeway so that monetary activism by Mr Carney can offset his fiscal conservatism. Central banks are influenced by what their peers are doing. Even the prospect of Mr Carney stepping on the pedal in Britain might inspire Mr Draghi to do more in the euro area, whether through lowering interest rates or by measures to get bank credit flowing to businesses currently starved of it.

しかし、いずれにせよ、Osborne氏はこの銀行に行動の自由をもっと与えることを求められ、Carney 氏による積極的な金融政策が彼の財政面の保守主義を相殺することができる。中央銀行は彼らの仲間がしていることに影響される。イギリスの中でペダルを踏んでいるCarney氏の見込みが、金利を下げたり、現在不足している企業に流れていく銀行の与信枠を与える手段によって、ドラギ氏にユーロ圏でもっとするように刺激するかもしれない。

金曜日、今日はこれまで。昨日は朝から多忙だった。夜は西出さんパーティがあり、いつも盛大だった。今日はほぼ1日研修資料作成に専念できる。ではまた明日。
続きを読む

swingby_blog at 07:00コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月28日

欧州中央銀行と欧州経済

ヨーロッパ中央銀行 (ECB)もイングランド銀行(BOE)も今週彼らの政策決定を変えなかった。この巧妙な無活動はそれほど長く続きそうにない。ECBのボスであるMario Draghiは南ヨーロッパに於ける銀行の貸出がないことを十分に心配しているようで、ある種の具体的な戦略が実現しようとしていることを示唆した。そして、イギリスでは現在カナダの中央銀行の議長であるMark Carneyが7月初めにMervyn King卿から引き継ぐ時に政府が積極的な金融政策としてBOEに付託する権限の範囲をもっと拡張する為にその権限を変更する準備をしている。

次の記事はエコノミストだ。

Central banks in Europe
Marking time
Mar 7th 2013, 18:17 by P.W.

ヨーロッパの中央銀行
足踏みしている。



NEITHER the European Central Bank (ECB) nor the Bank of England (BOE) changed their policy settings this week. This masterful inactivity is unlikely to last that long. Mario Draghi, the ECB's boss, sounded sufficiently worried about the lack of bank lending in southern Europe to suggest that some kind of concrete initiative may be on the way. And in Britain the government is preparing to change the remit of the BOE in order to give it more scope for monetary activism when Mark Carney, currently Canada’s top central banker, takes over from Sir Mervyn King at the start of July. 

ヨーロッパ中央銀行 (ECB)もイングランド銀行(BOE)も今週彼らの政策決定を変えなかった。この巧妙な無活動はそれほど長く続きそうにない。ECBのボスであるMario Draghiは南ヨーロッパに於ける銀行の貸出がないことを十分に心配しているようで、ある種の具体的な戦略が実現しようとしていることを示唆した。そして、イギリスでは現在カナダの中央銀行の議長であるMark Carneyが7月初めにMervyn King卿から引き継ぐ時に政府が積極的な金融政策としてBOEに付託する権限の範囲をもっと拡張する為にその権限を変更する準備をしている。

The ECB’s staff had an unwelcome message for the bank’s governing council in their latest projections. Three months ago they had expected the euro-zone economy to shrink by 0.3% this year and to grow by 1.2% in 2014. Now they are forecasting a contraction of 0.5% in 2013 and growth of only 1% next year. Mr Draghi said, however, that the downward revision for 2013 mainly reflected the “carry-over” effect of the lower level of GDP in the fourth quarter of 2012 when output shrank by a larger than expected 0.6%. The ECB now expects inflation to be just 1.3% next year, well below its target of a little below 2%.

ECBの社員は最新の予測に於ける(ECBの)銀行の政策理事会に対して歓迎していない。3ヶ月前に彼らは2013年にユーロ圏の経済は0.3%縮小し、2014年には1.2%成長すると予想していた。現在彼らは2013年に0.5%の縮小をそして来年はわずか1%の成長を予測している。ドラギ氏は、しかしながら、2013年の下方修正は主に2012年の第四四半期に於けるGDPのより低い水準の「繰り越した」影響を反映していて、生産高が予想した0.6%よりも大きく縮小したと言った。ECBは現在インフレは来年丁度1.3%だと予測していて、2%より少しばかり低いその目標を遥かに下回っている。

Despite these gloomier GDP projections and the prospective undershoot of its inflation target the ECB’s council left policy rates unchanged—though Mr Draghi said that it had discussed cutting them. In particular the main rate at which the ECB lends was left at 0.75% while the rate on overnight money parked by banks in its deposit facility stayed at zero; both have been at these levels since last July. Asked about the possibility of actually charging banks for leaving money in the facility—negative interest rates—Mr Draghi sounded a warning about the “unintended consequences” of venturing into “uncharted waters”. What this suggests is that if the ECB does lower interest rates it would bring down the refinancing rate while leaving the deposit rate at zero.

これらの悲観的なGDPの予想とインフレ目標の下方予想値にもかかわらず、ECBの審議会は政策金利を変更しなかった。ー ドラギ氏はそれを下げることを議論して来たと言ったけれども。特にEDBが貸し出している政策金利は(過去最低の)0.75%で、一方、預金ファシリティの中に銀行によって預金されたオーバーナイト金利はゼロで、双方昨年の7月以来そのレベルであった。預金ファシリティー マイナス金利ー の中にお金を残しておくことに対する実際の銀行の負担する可能性について尋ねると、ドラギ氏は「未知の領域」への冒険の「意図しない成り行き」について警告した。この示唆することはもしEDBがより低い金利で行うのであれば、(政策金利を0.75%より低くすること)預金金利はゼロのまま、リファイナンス金利を下げるだろう(すなわちマイナス金利が更に大きくなると言う意味)ということだ。

main rate :Main Refinancing Operations Minimum Bid Rate 政策金利 無担保コール翌日物金利
deposit facility:預金ファシリティは、欧州中央銀行が決定する利子率の一つ。付利預金ファシリティとも訳される。欧州中央銀行におけるオーバーナイトの付利預金の利率である。すなわち、銀行が短期的に余剰となった資金を、一晩欧州中央銀行に預け入れた場合に付く利子の利率である。預入額に制限はない。銀行にとって、欧州中央銀行に預け入れれば、最低限、預金ファシリティ分の利子は確保できるので、実質的に市場金利の下限として機能するとされる。

refinancing rate:リファイナンス金利。 債務返済のために、債権者から新たな融資を受ける際の金利のこと。主要政策金利の1つとされる。リファイナンス金利は、中央銀行が決定する。

木曜日、今日はこれまで。今日のブログは短いが、私のように、金融の専門家でない人がこの文章を理解するのは難しい。解説だけではなかなか理解できない。昨日大阪から戻り、暫く東京だ。来月からは研修が始まるので、その準備が忙しい。本も出版される。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:47コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月27日

アメリカの強制予算削減3

「こうした削減が継続すればするほど、我々の経済に対する損害は大きくなる。ー 1日での過ぎれば過ぎるほど増大して行くゆっくりとした苦痛だ。」と彼は言った。多くの予算の節約は政府職員の無給の休暇によるだろう。そしてこうしたことは来月まで効力を生じないだろう。オバマは仮に来るべき予算削減に対しての如何なる責任に耐え、如何なる提案に困惑を表明するとすれば彼が共和党に同意させる事が出来ると言うことを否定した。

“The longer these cuts remain in place, the greater the damage to our economy — a slow grind that will intensify with each passing day,” he said. Much of the budget savings will come through unpaid furloughs for government workers, and those won’t begin taking effect until next month. Obama declined to say if he bore any of the responsibility for the coming cuts, and expressed bemusement at any suggestion he had the ability to force Republicans to agree with him.

「こうした削減が継続すればするほど、我々の経済に対する損害は大きくなる。ー 1日での過ぎれば過ぎるほど増大して行くゆっくりとした苦痛だ。」と彼は言った。多くの予算の節約は政府職員の無給の休暇によるだろう。そしてこうしたことは来月まで効力を生じないだろう。オバマは仮に来るべき予算削減に対しての如何なる責任に耐え、如何なる提案に困惑を表明するとすれば彼が共和党に同意させる事が出来ると言うことを否定した。

“I am not a dictator. I’m the president,” he said. “So, ultimately, if Mitch McConnell or John Boehner say we need to go to catch a plane, I can’t have Secret Service block the doorway, right?” He also declared he couldn’t perform a “Jedi mind meld” to sway opponents, mixing Star Wars and Star Trek as he reached for a science fiction metaphor. Neither the president nor Republicans claimed to like what was about to happen. Obama called the cuts “dumb,” and GOP lawmakers have long said they were his idea in the first place.

「私は独裁者ではない。私は大統領だ。」と彼は言った。「だから、結局はMitch McConnellもしくはJohn Boehnerが飛行機に乗る必要があると言えば、私は乗降口でシークレットサービスに妨害させることは出来ない。そうだろ?」彼はまた反対者を揺さぶる為に「ジェダイのマインドメルド」を行うことはできないと断言して、彼が科学フィクションの比喩に手を伸ばして、Star WarsとStar Trekをごちゃ混ぜにした。大統領も共和党も起ころうとしているような事をしたいと主張してはいない。オバマは削減を「馬鹿げている」と言っているし、共和党の議員達はそれらは最初から彼の考えだったと長い間言って来ている。

ジェダイ Jedi:スターウォーズの銀河共和国を守る騎士

Ironically, they derive from a budget dispute they were supposed to help resolve back in the fall of 2011. At the time, a congressional Supercommittee was charged with identifying at least $1.2 trillion in deficit savings over a decade as part of an attempt to avoid a first-ever government default. The president and Republicans agreed to create a fallback of that much in across-the-board cuts, designed to be so unpalatable that it would virtually assure the panel struck a deal.

皮肉なことに、それらは2011年の秋に戻して解決しようとした予算の議論に由来している。その時に、議会の超党派委員会は初めての政府のデフォルトを回避する為の試みの一部として10年間にわたって赤字削減で、少なくとも1.2兆ドルを確認する責任を負った。大統領と共和党は全面的な削減で、それくらいの代替の仕組みを作ることに合意したが、あまりに受け入れ難いので、それは実質的には委員会に合意させはしないだろうと設計していた。

The Supercommittee dissolved in disagreement, though. And while Obama and Republicans agreed to a two-month delay last January, there was no bipartisan negotiation in recent days to prevent the first installment of the cuts from taking effect. It isn’t clear how long they will last. 

超党派委員会はしかしながら意見の不一致を解消した。そしてオバマと共和党が先の1月に2ヶ月遅らすことに合意したが、削減の第一回目が実効するのを回避する為の最近の2党間の交渉はなかった。それらがいつまで続くのかはっきりしていない。

Of particular concern to lawmakers in both parties is a lack of flexibility in the allocation of cuts due to take effect over the next few months. That problem will ease beginning with the new budget year on Oct. 1, when Congress and the White House will be able to negotiate changes in the way the reductions are made. For his part, Obama suggested he was content to leave them in place until Republicans change their minds about raising taxes by closing loopholes.

両党の中の議員達にとっての特別な心配の種は次の数ヶ月間で実効することになっている削減の配賦に於いて柔軟性が欠けていることである。議会とホワイトハウスが削減がなされるやり方の変更を交渉することができれば、その問題は10月1日の新予算年度に始まりを楽にすることが出来るだろう。彼としては共和党が抜け穴を埋めることによって増税することについて彼らの考えを変えるまで彼はそのままにしておくことに満足していると提言した。

“If Congress comes to its senses a week from now, a month from now, three months from now, then there’s a lot of open running room there for us to grow our economy much more quickly and to advance the agenda of the American people dramatically,” he said. “So this is a temporary stop on what I believe is the long-term, outstanding prospect for American growth and greatness.”

「議会が今から一週間か、一ヶ月か、3ヶ月かしてその気になったなら、我々がより早く経済を成長させ、アメリカの人々の課題を劇的に前進させる為のそこには多くのオープンな運営の余地がある。」と彼は言った。「だからこのことは私が信じている長期的なこと、すなわちアメリカの成長と偉大さの為の傑出したビジョンの為の一時的な停止だ。
 
But Republicans say they are on solid political ground. At a retreat in January in Williamsburg, Va., GOP House members reversed course and decided to approve a debt limit increase without demanding cuts. They also agreed not to provoke a government shutdown, another traditional pressure point, as leverage to force Obama and Democrats to accept savings in benefit programs like Medicare, Medicaid and Social Security.

しかし、共和党はしっかりした政治的な根拠があると言っている。Williamsburg, Va.で、1月に撤退した時に共和党の下院メンバーは逆方向にコースを変更し、削減を要求しないで債務限度の増加を承認することを決定した。オバマと民主党がメディケア、メディケイドや社会保障のような福利厚生プログラムの削減を認めさせるための材料としての政府のシャットダウン、すなわちもう1つの従来からの圧力であるが、それを引き起こさないことに彼らはまた合意した。

Obama has said repeatedly he’s willing to include benefit programs in deficit-cutting legislation — as long as more tax revenue is part of the deal. “I am prepared to do hard things and to push my Democratic friends to do hard things,” he said at the White House on Friday. Republicans speak dismissively of such pledges, saying that in earlier negotiations, the president has never been willing to close a deal with the type of changes he often says he will accept.

オバマは赤字削減立法行為の中で福利厚生プログラムを含めようとしていることを何度も言ってきた。ー  より多くの税の収入が取引の一部である限りは。「私は大変なことをする、そして大変なことをするために私の民主党の友人達に働きかける準備をしている。」と彼は金曜日にホワイトハウスで言った。共和党はそうした公約に対して拒絶した口調で言っていて、始めの交渉の時に大統領が認めるだろうとしばしば言っている種類の変更に取引を成立させようとは決してしなかったと言っている。

水曜日、久しぶりの大阪出張は今日で終わりで、今夕東京に戻る。
続きを読む

swingby_blog at 06:23コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月26日

アメリカの強制予算削減2

共和党も赤字削減を求めると言ったが、増税はなかった。「大統領は1月1日に増税をした。」下院議長のJohn Boehnerは記者団に語り、今年の最初の日に議会を通った高所得者に対する6,000億ドルの増税に言及した。現在彼はミーティングの後で、「ワシントンのここでの支出問題」に挑戦する時だと言った。

Republicans said they wanted deficit cuts, too, but not tax increases. “The president got his tax hikes on Jan. 1,” House Speaker John Boehner told reporters, a reference to a $600 billion increase on higher wage earners that cleared Congress on the first day of the year. Now, he said after the meeting, it is time take on “the spending problem here in Washington.”

共和党も赤字削減を求めると言ったが、増税はなかった。「大統領は1月1日に増税をした。」下院議長のJohn Boehnerは記者団に語り、今年の最初の日に議会を通った高所得者に対する6,000億ドルの増税に言及した。現在彼はミーティングの後で、「ワシントンのここでの支出問題」に挑戦する時だと言った。

Senate Republican leader Mitch McConnell of Kentucky was equally emphatic. ” I will not be part of any back-room deal, and I will absolutely not agree to increase taxes,” he vowed in a written statement. At the same time they clashed, Obama and Republicans appeared determined to contain their disagreement.

上院の共和党の指導者ケンタッキー選出の Mitch McConnellは同じく断固とした態度を取った。「私は如何なる裏取引に参加しないだろう。そして私は絶対に増税に賛成しないだろう。」と彼は声明書の中で誓った。同時に、彼らは衝突し、オバマと共和党は彼らが合意しないことを盛り込むことに決めたようだ。

Boehner said the House will pass legislation next week to extend routine funding for government agencies beyond the current March 27 expiration. “I’m hopeful that we won’t have to deal with the threat of a government shutdown while we’re dealing with the sequester at the same time,” he said, referring to the new cuts by their Washington-speak name.

Boehnerは現在の3月27日(政府シャットダウンの可能性の日の事で、政府による一時しのぎの資金調達手段の終了する日)の期限切れを越えてから政府機関に従来形式での財政支援を延長する為に来週法案が可決するだろうと言った。「我々は同時に強制的な歳出削減に取り組んでいる一方で、政府シャットダウンの脅威に取り組む必要はないだろうと言うことを私は希望している。」と彼は言って、ワシントン用語を使って、新たな削減に言及した。

Obama said he, too, wanted to keep the two issues separate. Under the law, Obama had until midnight to formally order the cuts. Barring a quick deal in the next week or so to call them off, the impact eventually is likely to be felt in all reaches of the country.

オバマも又2つの課題を分けたいと言った。法律の下ではオバマは真夜中までに削減を公式に命令しなければならない。それらを取りやめる為に次週かそこらで、迅速な取引がなければ、その影響は最終的にはこの国の全ての範囲に及ぼしそうである。

The Pentagon will absorb half of the $85 billion required to be sliced between now and the end of the budget year on Sept 30, exposing civilian workers to furloughs and defense contractors to possible cancellations. Said Defense Secretary Chuck Hagel, only a few days on the job: “We will continue to ensure America’s security” despite the challenge posed by an “unnecessary budget crisis.” The administration also has warned of long lines at airports as security personnel are furloughed, of teacher layoffs in some classrooms and adverse impacts on maintenance at the nation’s parks.

ペンタゴンは現在から9月30日の予算年度の終わりまでに削りにとられることが要求されている850億ドルの半分を処理し、軍属には休暇を、納入業者には可能なキャンセルを行うだろう。国防長官のチャックヘーゲルは着任して未だ数日だが、こういった。:「無益な予算の危機」によって引き起こされた試練にもかかわらず、「我々はアメリカの安全を保障し続けるだろう。」政府はまた安全要員が休暇を取らされるので飛行場での長い列や幾つかの学級での教師の解雇や、国立公園の維持管理の不都合な影響を警告して来ている。

The announcement by the housing agency in Seattle was an early indication of what is likely to hit as the cuts take effect. It said it was taking the action “to cope with the impending reduction in federal funding,” adding that it normally issues 45 to 50 vouchers per month. After days of dire warnings by administration officials, the president told reporters the effects of the cuts would be felt only gradually.

シアトルで住宅局の発表はその予算削減が有効になると何が起こりそうになるのかを早い時期に予告した。それは「国の財政支援の間もなく起こる削減に対処する為の」アクションをとることだと言った。そこは通常毎月45から50の住宅購入支援の許可証を発行して来ているとつけ加えた。政府当局者による厳しい警告の数日後に、大統領は記者団に削減の影響は徐々にしか感じられないだろうと言った。

火曜日、今日はこれまで。昨日は午後の便で大阪に来た。忙しい一日だった。今朝は7時から台湾からのお客さんと朝食があり、それから三田の工場に行って一日会議で、夜は懇親会がある。今日も遅そうだ。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 05:54コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓