2013年04月

2013年04月30日

アメリカの製造業の再興3

それから生産性の数字をどのように見るかの問題がある。アメリカの生産性はここ数年のわたって、いわば、中国と比較して上がって来ていて、中国は変化していないし、(そしてまた賃金の上昇に苦しんでいる)ので、その大きな疑問はどれほど上昇するのかと言うことだ。材料科学や「企業のインターネット」の進展がアメリカの有利に製造業をどのように新たにしているかを考えると、我々はそこに成長の可能性を牽引する理由があると思う。

Then there’s the question of how to look at the productivity numbers. While U.S. productivity is up over the last several years relative to, say, China, which has been flat (and also suffers from rising wages), the big question is how much more it can go up. We feel there’s reason to be bullish on the growth potential there, given how materials science and the evolution of the “industrial internet” are fundamentally reshaping manufacturing in the U.S.’s favor. 

それから生産性の数字をどのように見るかの問題がある。アメリカの生産性はここ数年のわたって、いわば、中国と比較して上がって来ていて、中国は変化していないし、(そしてまた賃金の上昇に苦しんでいる)ので、その大きな疑問はどれほど上昇するのかと言うことだ。材料科学や「企業のインターネット」の進展がアメリカの有利に製造業をどのように新たにしているかを考えると、我々はそこに成長の可能性を牽引する理由があると思う。

The once separate steps of designing a product, making or buying the parts, and then putting everything together are beginning to blend — a consequence of technologies such as additive manufacturing and 3-D printing. It means that manufacturing wants to be closer to engineering and design — a dynamic that would likely benefit the U.S., which still rules those high-end job categories. Add the ability to include sensors in every part and process, and you’ve got a whole new manufacturing ecosystem that allows companies to accelerate product development cycles and deliver more variety and value more quickly to ever more fickle consumers.

製品を設計し、部品を製造、もしくは購買し、それから全てを一緒にするかっての個別のステップは混ざっていている。ー 積層造形や3-D印刷のような技術の結果として。そのことは製造業が設計や技術に近づこうとしていて、ー アメリカに利益をもたらすような原動力であり、それはまだハイエンドの職域に位置づけられている。この能力に全ての工程にセンサーを取り入れることに加え、そしてあなたは新しい製造業の環境を得ることになり、企業が製品開発サイクルを早め、より多くの多様性と価値をもっと多くのきまぐれな消費者により素早く提供することが出来る。

Of course, the jobs that are being created aren’t your father’s (or grandfather’s) factory jobs of knocking in four bolts a minute for eight hours a day. The new economics of Made in the USA are built in large part around acquiring cutting-edge technologies ahead of global competitors and then using those new techniques to produce more efficiently on super-automated factory floors. And while all the technology will translate into higher end jobs, it will also mean — barring dramatic growth — fewer jobs overall, especially in the middle. Positions will either be high end, or lower paid, since workers still have to compete with cheaper overseas labor (even with wage inflation in China, it will be years before the Chinese are on par with U.S. wages).

もちろん、造り出された雇用は1日8時間、一分間で4つのボルトを打ち込むようなあなたの父親のやったこと(もしくは祖父の)ではない。アメリカ製の新しい経済は主に、グローバルの競争相手に先んじた最新のテクノロジーを取得し、そしてそれから超自動化された工場でより効率的に製造する為にこうしたら新たな技術を利用することで形成されいてる。そしてこの全ての技術がよりハイエンドの雇用に転換されて、それはまたー劇的な成長がなければ、ー 特に中間層に於いて、全体的により少ない雇用を意味する。立場はハイエンドであるが、低い給与であり、労働者達は海外のより安い人たちと未だ競争しなければならないからだ。(中国に於いて給与のインフレかがったにしても、中国がアメリカの賃金に同等になるには何年もかかるだろう。)

It’s no accident that many of the new manufacturing clusters in the U.S. are in the South, where unions hold less power. “Yes, manufacturing is coming back, but it’s evolving into a very different type of animal than the one most people recognize today,” says James Manyika, director of McKinsey Global Institute, which recently did an exhaustive study on this shift entitled “Manufacturing the Future.” “We’re going to see new jobs, but no where near the number some people expect, especially in the short term.”

アメリカの多くの新しい製造業の集団は組合の力が弱い南部にあるのは決して偶然ではない。「そうだ、製造業は戻って来ているが、今日殆どの人たちが知っているものよりも全く違ったタイプの動物に進化している。」とMcKinsey Global Instituteの理事のJames Manyikaは言うが、そこは最近、「将来を製造する」と言うタイトルのこの変化に対しての徹底的な調査を行った。「我々は新しい雇用を探そうとしている。しかし幾人かの人々が期待している数に近いものは何処にもない。特に短期間では。」

火曜日、今日はこれまで。昨日は忙しかった。海外はいつも忙しい。今日はネットは繋がったのだが、このブログを更新出来なかったので、遅くなってしまった。ではまた明日。


続きを読む

swingby_blog at 11:17コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月29日

アメリカの製造業の再興2

しかし少なくとも一人の経済の予言者であるGoldman Sachsの主席エコノミストJan Hatziusはこの考え方に少しばかりの冷や水をかけている。彼は最近報告書を出し、インターネットで多くの関心を集めているが、アメリカの「製造業の再興」は循環的なもので、構造的なものではないと言っている。ー この部門が経済の回復期のこの時点で、あらゆる状況下に於いて予測されていたように、うまくやっていて、そしてその利益はアメリカの製造業の競争力に於いて劇的な変化を示していない。「測定された生産性の成長は力強かった。」とHatziusは「アメリカ製造業の復興」と言うタイトルの報告書の中で認めている。:真偽は?「しかし、アメリカの輸出実績はー ほぼ間違いなく、競争力のより信頼できる指標だが、ー せいぜいまあまあのところにある。

But at least one economic seer, Goldman Sachs’ chief economist Jan Hatzius, is throwing a bit of cold water on the idea. He recently released a report, which is getting a lot of attention on the web, arguing that the U.S. “manufacturing renaissance” is cyclical, not structural – meaning, the sector is doing as well as would have been predicted under any circumstances at this point in an economic recovery, and that the gains don’t point to a real seismic shift in U.S. manufacturing competitiveness. “Measured productivity growth has been strong,” admits Hatzius in the report, entitled “U.S. Manufacturing Renaissance: Fact or Fiction?” “But U.S. export performance – arguably a more reliable indicator of competitiveness—remains middling at best.”

しかし少なくとも一人の経済の予言者であるGoldman Sachsの主席エコノミストJan Hatziusはこの考え方に少しばかりの冷や水をかけている。彼は最近報告書を出し、インターネットで多くの関心を集めているが、アメリカの「製造業の再興」は循環的なもので、構造的なものではないと言っている。ー この部門が経済の回復期のこの時点で、あらゆる状況下に於いて予測されていたように、うまくやっていて、そしてその利益はアメリカの製造業の競争力に於いて劇的な変化を示していない。「測定された生産性の成長は力強かった。」とHatziusは「アメリカ製造業の復興」と言うタイトルの報告書の中で認めている。:真偽は?「しかし、アメリカの輸出実績はー ほぼ間違いなく、競争力のより信頼できる指標だが、ー せいぜいまあまあのところにある。

It’s a very interesting point, and it matters a lot to the broader economy. Nations that do better in manufacturing gain an edge in the global economy: For every $1 of manufacturing output in a community, there’s another $1.48 of wealth created. That’s why economic advisors to the President, like National Economic Council head Gene Sperling, have been pushing pro-manufacturing policies. 

それは極めて興味深い点で、そしてそのことはより広範な経済にとって大いに重要だ。製造業が向上する国家はグローバル経済に於いて優位に立つ。地域において製造業の産出高1ドルにつき、1.48ドルのもう1つの富が創造される。そのことが、国家経済会議議長Gene Sperlingのような、大統領に対する経済顧問団が製造業支持の政策を押し進めて来ている理由だ。

But the Goldman report would seem to indicate that the strength in U.S. manufacturing output reflects more the relative weakness of Europe (which is mired in a debt crisis) and Japan, rather than a long-term positive shift in the U.S. itself. “Over the next few years, the manufacturing sector should continue to grow a bit faster than the overall economy,” notes the report. “But the main reason is likely to be a broad improvement in aggregate demand rather than a structural U.S. manufacturing renaissance.”

しかし、このGoldmanの報告書はアメリカの製造業の産出高における強みはアメリカそれ自体の長期的な前向きな変化と言うよりも(債務危機に陥っている)ヨーロッパや日本の相対的な弱みをより反映していることを指摘しているようだ。「次の数年間にわたって、製造業部門は経済全体よりも少しばかり早く成長し続けるだろう。」とこの報告書は語っている。「しかし、その主な理由は構造的なアメリカの製造業の再興と言うよりも総需要の広範な改善のようだ。」

Hatzius was on holiday this week and unavailable for comment (we’ll be following up with him next week), but one immediate question is whether exports really do provide a more accurate picture, as the report suggests. It may be that more goods manufactured in the U.S. are staying in the U.S. As we’ve traveled around the country reporting on this topic over the last couple of years, a number of big industrial firms have pointed to growing demand for their products here at home – Caterpillar, which makes an increasing amount of its large earth-moving equipment for domestic mining, agriculture, and energy operations, is a great case in point.

Hatziusは今週休みで、コメントを得ることは出来なかったが、(我々は来週彼と会うことになっている。)1つの直近の質問はこの報告書が指摘しているように、輸出が本当により正確な実体を提供しているかどうかだ。アメリカで製造されているより多くの商品はアメリカに留まっているのかもしれない。我々が過去2年間この話題を報告する為にこの国の中を旅行してきたが、多くの大企業はこの母国で、彼らの製品の増大する需要に注意を向けて来ていた。ー Caterpillarは国内の鉱山、農業、エネルギーの事業の為の、量が増えている大きな土木設備を作っているが、適切な好例だ。

月曜日、今日はこれまで。昨日は朝から本の原稿の修正とか中国ヘッドラインの原稿書きで忙しかった。飛行機の中はブログの準備をしたが、前の席も後ろの席も赤子がいたので、集中出来なかった。文句が言えないので、しょうがなかった。ついうっかり席を前に取ってしまったのがまずかった。今日は一日外回りだ。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 08:45コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月28日

バラクオバマのトルコとイスラエル2/アメリカの製造業の再興

オバマは彼の第二期の最初の外国訪問で、この取引はすばらしい成果であった。このことは彼らのまわりの地域が混乱している時にイスラエルとトルコの間の外交関係を再び確立した。トルコとイスラエル双方はシリアと国境を接している。そこは内乱が3年目に入っている。「我々はこの2国間の通常の関係を持たなかったことを今やこの2年のあいだ、後悔して来ている。」と政府高官はヨルダンに向かう Air Force Oneの中で記者団に語った。「そして我々は彼らとともに仕事をして来て、双方に、彼らとの間に手を差し伸べ、相互の違いを乗り越えようとさせて来た。」

The deal was a coup for Obama, on his first foreign visit of his second term. It reestablished diplomatic relations between Israel and Turkey at a time when the region around them is in turmoil. Both Turkey and Israel border Syria, which is entering its third year of civil war. “We have regretted for a couple of years now the absence of normal relations between those two countries,” a senior Administration official told reporters on Air Force One en route to Jordan. “And we have worked with them and urged them both to reach out and try to put their differences between them.”

オバマは彼の第二期の最初の外国訪問で、この取引はすばらしい成果であった。このことは彼らのまわりの地域が混乱している時にイスラエルとトルコの間の外交関係を再び確立した。トルコとイスラエル双方はシリアと国境を接している。そこは内乱が3年目に入っている。「我々はこの2国間の通常の関係を持たなかったことを今やこの2年のあいだ、後悔して来ている。」と政府高官はヨルダンに向かう Air Force Oneの中で記者団に語った。「そして我々は彼らとともに仕事をして来て、双方に、彼らとの間に手を差し伸べ、相互の違いを乗り越えようとさせて来た。」

Netanyahu on Saturday said the deteriorating situation in Syria and both countries’ concerns about the regime’s chemical and biological weapons prompted the reconciliation. Still, Erdogan warned on Sunday that normalization of relations would not be immediate. Turkey will wait for Israel to pay the families compensation before embassies in either country would reopen.

土曜日にNetanyahuはシリアの悪化している状況とこの政権の化学並びに生物兵器についての両国の懸念が和解を促したと言った。まだ、Erdoganは関係の正常化はすぐではないだろうと日曜日に警告した。トルコは両国の大使館が再開する前にイスラエルが家族の補償費用を支払うのを待つだろう。

Netanyahu told Erdogan that Obama had spent the last two days convincing him of “the importance of regional relations, the importance of Turkey-Israel cooperation, and that is what led him to take this initiative now,” the Administration official said. Up until the flotilla incident, Turkey and Israel had enjoyed close relations. Turkey was the first Muslim country to recognize Israel, though tensions began to fray in 2003 after Erdogan, who has Islamist ties, was elected Prime Minister of Turkey.

Netanyahuはオバマが最後の2日間を使って、「地域の関係の重要性、トルコとイスラエルとの協力の重要性を彼に納得させ、そして現在、そのことが彼にイニシャティブをとらせたことだ。」と言うことをErdoganに語った。と当局は言った。小型艦隊の事故まではトルコとイスラエルは親しい関係を享受して来た。イスラム教徒と連携を持っているエルドアンがトルコの首相に選出された2003年に緊張が始まったけれどもトルコはイスラエルを理解する最初のイスラム教の国家だった。

次の記事はタイムだ。
Is the U.S. Manufacturing Renaissance Real?
By Rana Foroohar and Bill Saporito
March 28, 2013

アメリカの製造業の再興は本当か?

welder

A worker welding the outside of a safe at the Champion Safe Co. manufacturing facility in Provo, Utah, on Wednesday, Feb. 22, 2012.

2012年2月22日水曜日にユタのプロボのChampion Safe Co.の製造工場で金庫の外部を溶接している作業者

U.S. manufacturing is back. That’s been the conventional economic wisdom now for several months, and there’s plenty of proof to back it up – rising factory output, strong manufacturing production gains, and lower labor costs that make American workers more attractive. Couple that with the natural gas boom underway in the U.S., which many experts believe will lower energy costs for U.S. manufacturers, and you’ve got a resurgence of a sector that has been shrinking as a percentage of the economy for several decades. 

アメリカの製造業は戻っている。それが現在数ヶ月の間世間一般の経済の見解であった。そしてそれを裏付ける数多くの証拠がある。ー 増大する工場の生産高、強い製造の生産損益の増加、アメリカの労働者をより魅力的にさせる低い労務費。それに合わせて、アメリカで進行中の天然ガスブーム。それはアメリカの製造業者のエネルギーコストを下げると多くの専門家は信じている。そしてあなたは何十年もの間この経済の割合を縮小させて来た部門が復活している。

“We are probably the most competitive, on a global basis, than we’ve been in the past 30 years,” says GE CEO Jeff Immelt. “Will U.S. manufacturing go from 9% to 30% of all jobs? That’s unlikely. But could you see a steady increase in jobs, over the next quarters and years. I think that will happen.”

「我々は多分過去の30年に於いて、グローバルベースで最も競争力があるだろう。」とGE CEOのJeff Immeltは言っている。「アメリカの製造業は全ての雇用のうちの9%から30%まで行くのだろうか?そんなことはありそうもない。しかし、次の数四半期と数年にわたって、あなたは雇用の着実な増加を見ることが出来るだろうか。私はそれが起こると思う。

日曜日、今日はこれまで。昨日は1日、2冊目の本の最終稿をチェックしていた。結局終わらず、羽田の出発まで、かかりそうだ。それでも今日中に終わる。中国ヘッドラインの原稿書きは飛行機の中だろう。今日は台北に移動だ。ではまた明日。明日からが暫く台北からの寄稿だ。時差が1時間ある。

続きを読む

swingby_blog at 07:02コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月27日

バラクオバマのトルコとイスラエル

アメリカの大統領バラクオバマがBen Gurion国際飛行場に降り立った殆どその瞬間から彼はトルコと仲直りするためにイスラエルの首相Benjamin Netanyahuに圧力をかけ始めた。イスラエル人がガザ地区に援助しようとしに来ていたトルコの小型船隊を襲撃してから、以前の良い関係は2010年に決裂した。9人の活動家が殺害された。

これはタイムだ。

How Barack Obama Brought Turkey and Israel Back Together
By Jay Newton-SmallMarch 25, 2013

バラクオバマはトルコとイスラエルをどのようにして仲直りさせたのか?


U.S. President Obama acknowledges the audience after delivering a speech on mideast policy at the Jerusalem Convention Center

U.S. President Barack Obama at the Jerusalem Convention Center, March 21, 2013.

アメリカの大統領バラクオバマが2013年3月21日にエルサレムのコンベンションセンターで。

From almost the moment President Obama touched down at Ben Gurion International Airport, he began to push Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu to make up with Turkey. The previously good relations broke down in 2010 after the Israelis raided a Turkish flotilla bringing aid to the Gaza Strip. Nine activists were killed.

アメリカの大統領バラクオバマがBen Gurion国際飛行場に降り立った殆どその瞬間から彼はトルコと仲直りするためにイスラエルの首相Benjamin Netanyahuに圧力をかけ始めた。イスラエル人がガザ地区に援助しようとしに来ていたトルコの小型船隊を襲撃してから、以前の良い関係は2010年に決裂した。9人の活動家が殺害された。

ガザ:地中海沿岸のイスラエル西部の幅5Km長さ40Kmの地域。パレスチナ自治区

Since then the U.S. has pushed Israel and Turkey – both close allies – to work through their issues. Officials at meetings at nearly every level from the President down brought up rapprochement. Secretary of State John Kerry pressed Turkish Prime Minister Recip Erdogan on Israel on March 1 on a trip to Ankara.

それ以来アメリカはイスラエルとトルコに圧力をかけて来た。ー 双方とも親しい同盟国だ。ー 彼らの課題に取り組む為に。この大統領から下のほぼ各レベルでの会議で当局者達は親交関係の確立を提起した。国務長官John Kerryはアンカラへの日程に於いて、3月1日にトルコの首相Recip Erdoganにイスラエルの件で圧力をかけた。

By day two of Obama’s visit, Netanyahu had agreed to set up a call with Erdogan. Given the two leaders’ busy schedules, it was not until just as Obama and Netanyahu were arriving back at the airport for the President’s departure to Jordan a day later that a call was possible. Obama and Netanyahu ducked into a trailer off of the red carpet set up for the departure ceremony.

オバマの訪問の2日目に、NetanyahuはErdoganとの電話会議をセットアップすることに合意した。Obama and Netanyahuが1日後のヨルダンに向けてのこの大統領の出発の為に、まさに飛行場に戻る時まで電話会議が可能ではなかった。ObamaとNetanyahuは出発のセレモニーの為に準備されたレッドカーペットを離れて、ハウストレーラーに身を潜めた。

For nearly half an hour Netanyahu and Erdogan spoke through translators. Obama briefly got on the phone to say hello to Erdogan and ask that they follow up with another call soon. Netanyahu offered Turkey an official apology for the flotilla incident and promised compensation to the victims’ families. He said a subsequent Israeli investigation into the incident revealed “several operational errors,” according a statement released by the Israeli embassy in Washington.

ほぼ30分の間、NetanyahuとErdoganは通訳を通して話をした。オバマはErdoganにハローと電話で短く言って、すぐに別の電話でフォローアップすることを求めた。Netanyahuはトルコに小型船隊の事件に対して公式な謝罪を申し出て、そして被害者の家族に補償することを約束した。彼はワシントンのイスラエル大使館によって発行された声明書に従って、「幾つかの軍事行動の間違い」によって露呈したこの事故に於けるその後のイスラエルの調査を語った。

Netanyahu also thanked Erdogan for his remarks condemning anti-Semitism to a Danish paper on March 20. Erdogan had been quoted last month calling Zionism “a crime against humanity,” and he told the Danish paper those remarks had been misinterpreted. During his Ankara visit, Kerry had condemned Erdogan’s statement on Zionism, urging the Turkish Prime Minister both publicly and privately to clarify them.

Netanyahuはまた3月20日のデンマークの新聞に対してのユダヤ人差別を非難したErdoganの意見に感謝した。Erdoganはシオニズムを「人道に反した犯罪」と言ったことが先月引用されたが、彼はこうした意見は誤訳だったとデンマークの新聞に語った。彼のアンカラ訪問中にKerryがシオニズムに対してのErdoganの声明を非難していて、トルコの首相に公私にわたって、それをはっきりさせることを求めていた。

 シオニズム:ユダヤ主義 ユダヤ人国家建設を目的とする運動(19世紀〜)。英がユダヤ人(第二次世界大戦で英側について枢軸国と戦った)にアフリカ・ウガンダでのユダヤ人国家建設を提案したが拒否された。その後、パレスチナをユダヤ人・パレスチナ人居留地に分割し聖地エルサレムは国連統治とする国連決議によって、現イスラエル建設になった。

土曜日、今日はこれまで。昨日の研修会は布施さんが北京から参加してくれて、大いに助かった。昨晩は打ち上げをしたが、3時間も書けて、遠方から飯田さんが駆けつけて来てくれた。嬉しかった。今日は先週やり残した仕事が山ほどある。まず朝は久しぶりに英語の先生だ。予習もしていない。ではまた明日。


続きを読む

swingby_blog at 07:17コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月26日

観光できないサウジアラビア2

車で20分とは慣れていないところに、もう一つの特別な情景を見つけることができる。:一世紀のナバテア人の貿易センターの彫刻が施された石墓であるMada’in Salehは現在ユネスコの世界遺跡に分類されていて、ー サウジアラビアで最初のものである。Al UlaとMada’in Salehの間にあって非常に奇妙で理解しがた岩の層の広大な集積、赤紫色と金色の尖った先端そして砂丘から隆起しているねじ曲げられた、風によって形作られた砂岩の断崖が横たわっている。それはあたかもパルテノン神殿、グランドキャニオンやコロラドの神々の庭園がマンハッタンよりもさほど大きくない地域にすべてがすし詰めになっているかのようだ。

Not 20 minutes away by car, another extraordinary scene can be found: the carved stone tombs of the 1st century Nabataean trading center, Mada’in Saleh, now classified as a UNESCO World Heritage site — Saudi Arabia’s first. In between Al Ula and Mada’in Saleh lies a vast gathering of surreal rock formations, magenta and gold spires and tortured, wind-carved sandstone escarpments rising out of the dunes. It’s as if the Parthenon, the Grand Canyon and Colorado’s Garden of the Gods were all crammed together in an area not much larger than Manhattan.

車で20分とは慣れていないところに、もう一つの特別な情景を見つけることができる。:一世紀のナバテア人の貿易センターの彫刻が施された石墓であるMada’in Salehは現在ユネスコの世界遺跡に分類されていて、ー サウジアラビアで最初のものである。Al UlaとMada’in Salehの間にあって非常に奇妙で理解しがた岩の層の広大な集積、赤紫色と金色の尖った先端そして砂丘から隆起しているねじ曲げられた、風によって形作られた砂岩の断崖が横たわっている。それはあたかもパルテノン神殿、グランドキャニオンやコロラドの神々の庭園がマンハッタンよりもさほど大きくない地域にすべてがすし詰めになっているかのようだ。

If it were anywhere else in the world, the sites would be crammed with camera-toting tourists. Instead, de Tinguy and her husband have the entire place to themselves, alone with their voluble and informed Saudi guide, who is in the process of explaining the mechanics of a primitive sundial that alerted local farmers when it was time to plant crops. “I could just spend days exploring this place,” says de Tinguy. “I would tell all my friends back home to visit.”

もしそれが世界のどこかにあるとすれば、その場所はカメラを持った旅行客でギューギュー詰めになるだろう。その代わり、de Tinguyと彼女の夫は、多弁でよく知っているサウジのガイドだけで、彼等自身のためにすべての場所を占有している。彼は穀物を植える時期が来た時を現地の農民に警告する原始的な日時計の仕掛けを説明している途中であった。「私はこの場所を探索するのにとにかく何日もかかるだろう。」とde Tinguyは言う。「私は故郷に戻ったら私の友人すべてに訪問するよう話をしよう。」

De Tinguy’s friends, however, would likely have a hard time getting here even if they listened to her advice. Saudi Arabia opens its doors to some 5 million religious pilgrims a year, but it displays a polite yet firm “do not disturb” sign to any would-be foreign tourists. Those who want to visit the country’s wealth of potential tourist sites, from the turquoise waters of the Red Sea coast, to desert oases, mountain fortresses and ancient souks dating back to the days of Abraham and later, the Prophet Muhammad, must do so in the course of a business trip or while visiting a family member, which is how the de Tinguys were able to come.

しかしながら、De Tinguyの友人は彼女のアドバイスを聞いたとしてもおそらくここに来るのは大変だろう。サウジアラビアは毎年5百万人ほどの宗教の巡礼者達に解放しているが、外国人の旅行を希望する人たち誰にでも丁重だが、断固とした「入国禁止」のサインを出している。紅海沿岸の青緑色の海から砂漠のオアシス、山岳の要塞そしてアブラハムやその後のモハメッドの予言者の日々に戻ったような古くからある市場まで、この国の豊富な可能性のある観光地を訪問したい人たちはビジネスの出張の特に、もしくは家族を訪問している時にそうしなければならない。そうしたことがde Tinguysがどうして来れたかかだ。

There are no tourism visas for Saudi Arabia, a fact made all the more frustrating for would-be visitors enchanted by the tantalizing glimpses of the country’s fantastical archaeological record found in the Roads of Arabia exhibit currently traveling between a series of U.S. and European museums. “We have so much to show the world,” laments the de Tinguys’ guide, Abdulaziz. “From the outside, I think, Saudi Arabia doesn’t look like such a nice place. But once you are here, you fall in love. If more people could visit, they would better understand our country and our traditions.”

サウジアラビアに観光ビザはない。一連のアメリカやヨーロッパの博物館を現在移動している「アラビアの道」の展示に見られるこの国のとてもすばらしい、考古学的な記録の興味をそそられるものを垣間みることによって魅了された自称観光客にとって一層失望感を抱かせてきた事実だ。「我々は世界に見せるたくさんのものがある。」とde TinguysのガイドであるAbdulazizは残念に思っている。「外部から、私が思うに、サウジアラビアはそれほどすばらしいところだとは思われていない。しかし、一度あなたがここにくれば好きになってしまう。より多くの人々が訪問することができれば、彼等は我が国とその伝統をもっと理解するだろう。」

Prince Sultan bin Salman bin Abdul Aziz al-Saud, a former astronaut and president of the Saudi tourism commission, couldn’t agree more. Still, he cautions, the kingdom is not yet prepared for an onslaught of tourists, no matter how much opening the country’s doors to the nonpilgrim visitors might help increase understanding of a country that has often been portrayed in the West as a bastion of religious extremism. “When you want to invite people to your house, you want a house that is ready to receive them,” he tells TIME in an interview at Riyadh’s National Museum, a hulking edifice packed full of archaeological wonders spanning millennia — and about as empty as the heritage city in Al Ula.

 bin Salman bin Abdul Aziz al-Saud皇太子は元宇宙飛行士で、サウジ観光委員会の会長だが、大賛成だろう。まだ、彼は警告していて、どれだけ巡礼でない訪問者達に国の門戸を開放する事が宗教的な過激思想の要塞としてしばしば西側に描かれて来た国の理解を深める手助けをするかもしれないとしても、この王国は観光客の到来の準備ができていない。「あなたがあなたに家に人を招待したい時にあなたは彼等を受け入れる準備ができている家でありたい。」と彼はリヤドの国立博物館でタイムのインタビューに語った。そこは数千年にわたった考古学的に驚嘆するものが一杯詰まっている巨大な建造物ー そしてAl Ulaの中の遺産都市のように殆ど誰もいない。

金曜日、今日はこれまで。昨日は午後は製薬会社の関係で、韓国企業と台湾企業の人にあった。夜は今日の研修の準備をした。今朝はこれから講演に向かう。1日研修があるので、今日は大変は日だ。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:25コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月25日

シリアの反乱軍のラッカ市6/観光できないサウジアラビア

一方で、ヌスラ戦線とその他のイスラム教徒としては何も強要していないし、彼らの考えを示し選択肢を提供しているだけだと言っている。「我々は、イスラム聖典の中に、異教徒の服装規定と信者の服装規定と呼ばれるものを持っていない。」とSheikh Abu Aliは言うが、彼はOmana al-Raqqa(Ahrar al-Sham) の一部であると同時に、ラッカのヌスラ戦線に於けるイスラム聖典の当局者でもある。「我々の指針は女性が男を誘惑するような服装をするべきではないと言うことだ。」女性が彼女の顔を覆い隠すべきかどうかに関してはその問題は宗教学者の間で決められていないと彼は言った。「レバーント地方のイスラム教徒は穏健なイスラム教徒以外のものではなかったし、これからもそうではないだろう。」とシャィフは言い、キリスト教の女性は「男を誘惑」しない限りに於いて何でも着ることが出来るだろうと言うことを付け加えた。

For their part, the Jabhat and other Islamists say that nothing will be forced, and that they are merely presenting their ideas and offering a choice. “We, in Shari’a, do not have something called an infidel dress code and a believer’s dress code,” says Sheikh Abu Ali, who is at once part of Omana al-Raqqa (Ahrar al-Sham) as well as a Shari’a official in Jabhat al-Nusra in Raqqa. “Our guide is that a woman should not dress in a way to entice a man.” Regarding whether a woman should cover her face, he said the issue was undecided among religious scholars. “Islam in the Levant was not and will not be anything except a moderate Islam,” the sheikh says, adding that Christian women could wear what they wanted, as long as they did not “entice men.”

一方で、ヌスラ戦線とその他のイスラム教徒としては何も強要していないし、彼らの考えを示し選択肢を提供しているだけだと言っている。「我々は、イスラム聖典の中に、異教徒の服装規定と信者の服装規定と呼ばれるものを持っていない。」とSheikh Abu Aliは言うが、彼はOmana al-Raqqa(Ahrar al-Sham) の一部であると同時に、ラッカのヌスラ戦線に於けるイスラム聖典の当局者でもある。「我々の指針は女性が男を誘惑するような服装をするべきではないと言うことだ。」女性が彼女の顔を覆い隠すべきかどうかに関してはその問題は宗教学者の間で決められていないと彼は言った。「レバーント地方のイスラム教徒は穏健なイスラム教徒以外のものではなかったし、これからもそうではないだろう。」とシャィフは言い、キリスト教の女性は「男を誘惑」しない限りに於いて何でも着ることが出来るだろうと言うことを付け加えた。

レバーント地方:地中海の東側沿岸国、キプロス、エジプト、イスラエル、レバーノン、シリア、トルコを指すもので、主に15世紀以降に東方との交易を行うときに使われた。
シャィフ sheikh:アラブの族長

“We proselytize, and try to raise people’s awareness about Islam but we will not force anything on anyone. There are a lot of women around here who are in trousers, tight trousers, but all we can do is teach and invite.” Directing his remarks to me, he continued, “You are a woman and you are sitting here with us. As long as you are respectful, there is no problem.”

「我々は改宗し、そしてイスラム教に関しての人々の関心を高めようとするが、我々は誰に対しても何ものをも強制しないだろう。このあたりにはきついズボンをはいているたくさんの女性がいるが、我々が出来る全てのことは教え、お願いすることだ。」彼の意見を私に向けて、続けた。「あなたは女性だ。そしてここに私と一緒に座っている。あなたが礼儀正しい限りは問題はない。」

All of the key Mujahedin commanders in the city seem cognizant of the need to avoid antagonizing the local population, and know that Raqqa will be a test case in the new Syria. “Raqqa today is under the microscope,” says Abu Tayf. “If civil peace prevails, we will be an example for others to follow but if we fail people might even turn away from the idea of liberation.” 

この都市の主要なイスラム聖戦士の全ての司令官は現地の人々に敵対することを回避する必要性を認識しているようだ。そして、ラッカは新しいシリアのテストケースだろうと言うことを知っている。「ラッカは今日、顕微鏡の下にある。」とAbu Tayf は言っている。「もし国内の平和が広く行き渡るのであれば、我々は他の人たちが従う例となるであろう。しかし我々が失敗すれば人々は解放の考えからさえも背を向けるかもしれない。」

ムジャヒディン:イスラム聖戦士。アフガニスタンに侵攻した旧ソ連軍と戦い勝利したイスラム教徒集団。イスラム原理主義者Osmar bin Ladenも参加した。

次の記事はタイムだ。

Saudi Arabia to Tourists: We Are Just Not That Into You
By Aryn Baker
March 22, 2013

旅行者に対するサウジアラビア:我々はあなた方の中のそれほど入ってはいない。
 
Saudi Arabia Tourism
Saudi guides walk through the old city in Al Ula, near Maidan e Saleh, the UNESCO World Heritage site, in the Madinah region of Saudi Arabia, March 2, 2013.

サウジのガイドが2013年3月2日にサウジアラビアのメディナ地区のユネスコ世界遺跡のMaidan e Saleh付近のAl Ulaの旧市街を通り抜けている。

Draped in a long black abaya, French tourist Virginie de Tinguy gingerly picks her way up a majestic stone staircase, careful to lift the heavy folds of fabric out of the way of her feet, lest she stumble on steps made smooth by centuries of use. The perilous climb to the top of a 13th century citadel is rewarded with a breathtaking view. Below her sprawls the ancient walled city of Al Ula, a labyrinthine warren of stone houses built so closely together that the second-floor balconies practically kiss, casting the alleys below into perpetual shade. Gray-green date-palm orchards lap at the city walls; beyond them a jagged red rock massif looms, tinting the horizon a dusty rose. “This is exceptional,” de Tinguy utters in rapturous French to her husband. “I never would have guessed there were places so beautiful in Saudi Arabia.” As if on cue, the call to prayer curls through the deserted alleys, beckoning long-departed residents to the recently restored 630-year-old mosque nearby. All that’s missing from this 1,001 Nights tableau is a flying carpet or a mustachioed genie.

長く黒いアバヤ(アラビア半島の女性の全身を覆う伝統的な衣装)をまとい、フランス人の旅行者Virginie de Tinguyは何世紀も使ったために滑りやすくなった階段に彼女がつまずかないように、注意深く彼女の足下の深い襞のついた衣服を持ち上げて、壮大な石の階段を用心深く足下に用心して登っていく。13世紀の要塞の頂上までの危険な登坂は息をのむような景色で報われる。彼女が大の字に寝そべっているところの下の方ではアルウラの古代の城壁に囲まれた都市であり、石の家の入り組んだごみごみしたところは密集し過ぎて家が建っていて、2回のバルコニーは実際にはくっついていて、永遠の影を下界の路地に投げかけている。灰緑色のナツメヤシの果樹園が城壁を包んでいる。;その向こうにのこぎりの歯のような赤い岩の山地が巨大な姿を現していて、その地平線をくすんだバラ色に染めている。「これは尋常ではない。」とde Tinguyは彼女の夫に有頂天になったフランス語を発した。「サウジアラビアにそれほど美しいところがあるなんて、想像したことはなかったわ。」ちょうどいいタイミングであるかのように、礼拝の呼びかけが人気のない路地を渦巻いていて、最近復元された近くの630年前のモスクにずっと以前に死んだ住人を招き寄せている。この千夜一夜の印象的な場面から足りないのは空飛ぶカーペットか口ひげを蓄えた精霊である。

木曜日、今日はこれまで。昨日は研修会の資料作成で10時まで1日作業した。今日は昨日同様昼間は忙しいが、明日が研修会なので、資料の最終調整がある。さあ、頑張ろう。ではまた明日。

続きを読む

swingby_blog at 06:15コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓