2014年03月

2014年03月31日

清の時代に崇厚と言う役人が新疆のイリ地方をロシアから取り返す為に、最悪の交渉をロシアと行った。しかし、無能な彼がまずいのかそれとも彼を交渉につけた皇帝が悪いのか?(2)

When he managed a river, deadly flooding ensued. He was fired—then given another job. When he oversaw trade with foreigners in Tianjin, an important port, there was a horrific massacre of French clerics. He was fired again—and promptly sent to France as an imperial envoy. Less than three years later he was promoted to the emperor’s side in Beijing, as one of a team of advisers that botched an entanglement with Japan. How did this man keep getting work? 

ensue:結果として起きる 
horrific:ぞっとするような
massacre:虐殺 
cleric:聖職者 
envoy:特命使節 
botch:しくじる 
entanglement:もつれ 

河川の管理を任されていた際にひどい洪水が起き、彼は解雇され、別の職を与えられた。重要な港である天津における外国人との貿易を監督している際には、フランス人聖職者のひどい虐殺があった。彼は再び解雇され、すぐにフランスへ勅使として送られた。3年も経たないうちに北京でアドバイザーチームの一員として皇帝の側近に昇進している。しかし、そのチームは日本との関係のもつれへの対応にしくじった。この男はどのようにして仕事をし続けていたのだろうか。 

The unorthodox path
Accounts of the fall of empires often focus on the monstrous egos, vanities and excesses of out-of-touch dictators. This is a humbler tale, of the unsung role of an incompetent functionary who helped speed an empire to its demise. 

unorthodox:異例の
monstrous:巨大な
Vanity:うぬぼれ
out-of-touch :現実離れした
dictator:独裁者
humble:しがない/ささやかな 
unsung:有名でない/称賛されていない 
functionary:役人 
demise:崩御 

異例の進退
帝国の凋落の理由は巨大な慢心やうぬぼれ、過度に現実離れした独裁者に向けられる。これは清王朝の崩壊を早めた無能な役員のたわいもない話である。 

Chonghou chose the right parents in life and a good era to be born. True, the year 1826 was not the best moment to arrive if you wanted glory in the Qing dynasty: that was a century earlier. But it was an excellent time to embark on a life of privilege. The empire was in a state of decay—a highly exploitable condition.  The Qing regime still saw itself as supreme on the planet, because for so long it had evidently been so. But corruption and a costly rebellion had weakened the dynasty. Before Chonghou came of age, the Qing would suffer its first great humiliation at the hands of foreigners, the first Opium War, and be forced to pay a huge indemnity to Britain. From 1850 the country was in the grip of another costly uprising, the Taiping Rebellion, which would nearly bring down the empire. 

embark on:従事する/乗り出す 
decay:腐敗 
exploitable:搾取できる/利用可能な 
supreme:最高位の 
corruption:腐敗 
rebellion:反乱 
come of age:成年に達する
first Opium War:第一次アヘン戦争 
indemnity:補償金 
in the grip:に捕われて
uprising:反乱
Taiping Rebellion:太平天国の乱 

Chonghouは良い両親と良い時代を選んで生まれてきた。1826年は清王朝の栄華を望むならベストな時代ではなく、それは一世紀前であったが、特権的な人生を享受するには最高の時代であった。王朝は腐敗し、悪用されやすい状態にあった。 清政権は未だに自分達が世界でも最高位にあると考えていたが、腐敗や反乱によって弱体化していた。第一次アヘン戦争による英国への多額の補償金支払い、1850年からの太平天国の乱の対応に追われ帝国はほぼ崩壊した。 

The dynasty’s weakness was not immediately obvious to young Chonghou, whose family had served the emperor for generations. He wanted to serve, too. He knew he had been born well, that he had been “rewarded heavily” in life and “should return the favour”, as he observes in his family’s authorised biography of his life. “How can I repay my fatherly emperor?” When, in the 1850s, his time came, the Qing were constantly in need of money, and as corrupt as ever. The Manchu court still ostensibly relied on a Confucian exam system to make appointments. But it also needed officials it could trust, and who could be financially useful. 

reward:報酬を与える 
authorised :権限を与えられた
return the favour:恩返しをする 
biography:経歴
fatherly:父親のような
court:宮廷
Confucian exam system:儒教に基づいた科挙制度
ostensibly:表向きは 

一族が何世代にも渡って皇帝に仕えてきたChonghouにとって王朝の弱体化は分かりにくかった。Chonghouも一族と同じように皇帝に仕えたいと考えていた。 1850年代、清は常に資金が必要な状況にあり、相変わらず腐敗した状態にあった。満州の宮廷は未だ儒教に基づく科挙を採用していたが、その制度にはそのためには信頼できる役人が必要であり、金銭面で役に立つ者である必要があった。 

This all favoured Chonghou. His father was a senior Manchu official, as was his older brother. Both had passed the toughest imperial exam, the metropolitan test held once every three years in Beijing, putting them in a rarefied elite of jinshi degree-holders. For generations before Chonghou’s time, with a few exceptions only jinshi were qualified to become high officials. And only a tiny subset of jinshi were Manchu bannermen, kinsfolk of the emperor. This select club helped rule China for centuries. 

favor:有利に働く 
rarefied:高度な 
jinshi degree:進士号 
bannerman:旗手 
kinsfolk:一族 

Chonghouには全てが優位に働いた。彼の父親は長兄と同様、満州の上級役人であった。どちらも3年に一度の最難関の試験に合格し、進士エリート層となっていた。Chonghouの時代以前は何世代もの間、わずかな例外を除き、進士のみが高官になる資格を与えられた。ごく一部の進士のみが満州宮廷の旗手、皇帝一族であり、何世紀にもわたり中国の統治を支援してきた。 

月曜日。今日はこれまで。昨日は雨だったので、お助け隊の花見に行こうとしたのだが、その途中でお酒の一升瓶を割ってしまい、ついでにパソコンも壊してしまった。最悪の日だった。午後はいつもの通り、中国語と英語を勉強した。今日はその修理に行かなければならない。そのため一週間はこのパソコンが使えないことになる。今日は仲間の会食会が銀座である。今週から4月になる。今週は営業の方針をきちんと考え直そう。ではまた明日。


swingby_blog at 07:20コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月30日

清の時代に崇厚と言う役人が新疆のイリ地方をロシアから取り返す為に、最悪の交渉をロシアと行った。しかし、無能な彼がまずいのかそれとも彼を交渉につけた皇帝が悪いのか?

これはエコノミストだ。

China's worst diplomat
The fall guy
Bad emperors get all the credit for crumbling dynasties. What of the incompetent functionaries who do all the work?
Dec 21st 2013 | From the print edition

中国の最悪の外交官
間抜けなやつ
悪い皇帝達が崩壊しつつある王朝の功績を独り占めする。これら全ての仕事をして来た無能な役人はどうなのか?

 fall guy:まぬけ/かも
crumble:崩壊する
get all the credit for :の功績を独り占めする
incompetent:無能な
functionaries:役人
崇厚 Wanyan Chonghou:1864年、中国西部の新疆でイスラム教徒による反乱が起こります。「しめた!」と、これを契機にロシア帝国が侵入し、イリ地方を占拠します。理由は、反乱がロシアに及ぶことを防ぐためということです。そこで、左宗棠が派遣され、反乱を鎮圧し新疆を確保します。  さあ、反乱は終わりました、イリ地方を返してください。 「やなこった」  と、ロシアは返しません。事態を打開すべく、崇厚という人物が交渉に派遣されたのですが、なんと「○日までに帰還しないと、死ぬ」という占いを信じて、早く帰還するべくロシアの言い分を全部聞いて、イリから西・南という広大な範囲をロシアに割譲、さらにロシア駐留軍に500万ルーブルを支払うという、とんでもない条約を結んできました(リヴァディア条約)。これ、ロシア側も流石に驚いたんじゃないですかね?  もちろん、清の政府がそれを認めるわけがありません。崇厚はクビになり死刑を宣告され(のちに赦免)、左宗棠は武力でロシアと戦おうと考え出発、ロシア側も応戦の構えをみせ、一発触発の状況となります。これに驚いたのは李鴻章で、左宗棠を呼び戻し、駐英公使の曾紀沢をロシアに派遣し、イリ条約(正式名:サンクトペテルブルク条約)を結びました。すなわち、イリの東部を清に返還し、そのかわりロシア駐留軍に900万ルーブル支払うというものでした。  何故、最初の条約を撤廃し、イリ条約が結べたかというと、ロシアでアナーキスト(無政府主義者)による動きが活発になっていたため、軍が動かしづらかったという理由があります。実際、翌年にロシア皇帝アレクサンドル2世は暗殺されてしまいました。



IT WAS the summer of 1880. In China’s rugged north-west, Russian soldiers were skirmishing with Chinese forces. In the seas to the east, the tsar’s navy was approaching Chinese waters. Thousands of Chinese troops were dispatched to Tianjin, near the capital, Beijing, where an army was mobilising for a war the Qing empire did not wish to fight. Considering that China and Russia had just negotiated a treaty, things were not going terribly well. 

rugged:険しい
skirmish:小競り合いをする
tsar:ロシア皇帝
mobilize:軍隊が動員される
Qing:清
treaty:条約

1880年夏、中国北西部でロシア軍と中国軍が小競り合いをしていた。東方の海域ではロシア帝国海軍が中国海域に迫ってきていた。清朝皇帝はこの望まざる戦争のために数千の中国軍部隊が首都北京から近い天津に配置された。中国とロシアがまだ協定交渉をしていたことを考えると、事はそれ程上手く行っていなかった。

In Beijing the blame for all of this was falling heavily on the head of one plump, bewhiskered gentleman, Wanyan Chonghou. A wealthy nobleman and formerly a trusted confidant of the imperial family, Chonghou, then 54, was in prison awaiting decapitation. He had been sentenced to death, essentially for the crime of being China’s worst ever diplomat. Sent to Russia to extract concessions from the tsar, he made them instead. 

blame:非難 
plump:ふくよかな 
bewhiskered:ひげを生やした 
nobleman:貴族 
confidant:側近 
decapitation:斬首 
sentence:宣告する 
extract:引き出す 
concession:譲歩 

北京ではこの事についての全ての非難は一人の小太りでひげを蓄えた男(崇厚 Wanyan Chonghou)に向けられていた。裕福な貴族で以前は皇室の側近であった彼は牢獄で斬首を待っていた。彼は中国史上最悪の外交官として死刑判決を受けていたのである。ロシア皇帝から譲歩を引き出すためにロシアに送られながら、ロシアのためにそれをしてしまったのである。 

The Qing had negotiated humiliating treaties before, but that had been at the barrel of a gun. This was a different kind of indignity, achieved by way of incompetence and naivety. The empress dowager Cixi (pictured below), who for a second time held power while a young boy sat on the throne, refused to abide by the treaty, and her court condemned Chonghou for treason. 

humiliating:屈辱的な 
barrel:銃身 
indignity:侮辱 
incompetence:無能力
naivety:馬鹿正直 
empress dowager Cixi:西太后 
throne:王座 
abide:順守する 
condemn:有罪の判決を下す 
treason:反逆罪

清朝は以前、侮辱的な条約を結んでいたが、それは紛争直前であった。今回は無能さ、馬鹿正直さによってなされた異なる種類の侮辱であった。幼い息子が王位にある間に2度目の権力を手にした西太后はその協定に従うことを拒否し、裁判所は反逆罪で崇厚に有罪判決を下した。 

A “war party” agitated for his death. Foreign diplomats, meanwhile, pleaded for his life. Many feared that if Chonghou were executed, Russia would invade, or that a newly bellicose China would also reject its “unequal treaties” with the West, inciting new conflicts. Chonghou had so thoroughly failed as a peacemaker that the only thing keeping him alive was the threat of war. 

agitate:扇動する 
plead:嘆願する 
execute:処刑する 
invade:侵略する 
bellicose:好戦的な 
incite:駆り立てる/扇動する 
thoroughly:完全に/すっかり

「戦争論者達」が彼の死を扇動する一方、外国の外交官は彼の命を嘆願した。多くの人は、もし死刑が執行されればロシアが侵略してくるか、好戦的になった中国が新たな対立を扇動し西欧との「不平等条約」をも拒否するのではないかと恐れていた。 崇厚は戦争調停者として完全に失敗してしまったので彼を生かしておく唯一の理由は戦争の脅威だった。

One man’s life hung in the balance. But should the defendant have been Chonghou or the dynasty that made him? What is strangest about the case of China’s worst diplomat is that he was given this fateful mission at all. For he had bungled things before. 

life hung in the balance:生死の縁をさまよっている
defendant:被告 
dynasty:王朝 
fateful:運命を決する/重大な 
bungle:へまをする

1人の男の命がかかっていた。しかし、被告は崇厚であるべきだったのだろうか、それとも王朝の方であろうか。中国の最悪の外交官のこの件で一番変なのは、彼がとにかくこの重大なミッションを与えられたということである。なぜなら彼は以前にもしくじったことがあった。 

日曜日。今日は是まで。昨日は8時間の研修があり、そのあとの反省会も楽しく終了することができた。また、孫子の勉強会も始めることを決めたので、これからは研修が毎週土曜日にあることになった。今日は朝雨なので、スケートは中止。午前は英語の予習、午後から中国語と英語の勉強があり、家に戻るのは5時過ぎだ。ではまた明日。


swingby_blog at 07:57コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月29日

日本と国家安全保障島嶼防衛(2)

Mr Abe made his first move to toughen the country’s defensive posture with a white paper released in July that accused China of taking “dangerous actions” in the East China Sea. As part of Mr Abe’s new security apparatus, a recently formed national-security council met for the first time last week. Last week’s document, which Mr Abe calls an “historic” step, promises that Japan will respond “calmly and resolutely to the rapid expansion and step-up of China’s maritime and air activities”. It characterises North Korea as a “grave and imminent threat”. The document also calls for the cultivation of “love of country” among the Japanese, and for “expanding security education” in the country’s universities. China’s foreign ministry responded this week by criticising Japan’s “hyping of the China threat”. 

apparatus:機構 
冷静に 
 resolutely :断固として 
と見なす 
grave:深刻な 
 imminent:切迫した 
cultivation:養成 
hyping:誇大に宣伝する 

安倍首相は国防強化の最初の一歩として中国の東シナ海における「危険な行動」を非難する白書を7月に発表した。新たな安全機構の一環として、新たに設立された国家安全保障会議の1回目の会合が先週開かれた。その書面で安倍首相は「歴史的な」一歩だと述べ、急激な拡大・強化される中国の海域・空域における活動に対し、日本は冷静かつ断固とした対応を取ることを宣言している。同じく、北朝鮮を「深刻で切迫した脅威」と見なしており、日本人の「愛国心」の育成や大学における「安全保障教育の強化」も呼びかけている。中国外務省は今週、日本による「中国の脅威の誇大表現」を非難した。 

Perhaps the most controversial element of the new strategy is its promise to review Japan’s self-imposed ban on arms exports. The policy began in 1967 as a prohibition on selling weapons to some countries, such as those that were under United Nations sanctions, and eventually grew into a blanket ban on all such exports. The overall defence budget expanded slightly this year, for the first time in 11 years, but the money Japan has available to spend on military hardware is nevertheless shrinking as equipment-maintenance costs rise. The arms-export ban keeps costs high by obliging the local defence industry to produce materiel in relatively small batches. 

controversial :議論の分かれる 
self-imposed ban:自主規制 
United Nations sanctions:国連制裁 
eventually:最終的には 
blanket ban:全面禁止 
military hardware:軍需品 

恐らく最も議論が分かれるのは武器輸出の自主規制の見直しである。その政策は国連制裁下にある国への武器販売を禁止するものとして1967年に始まり、最終的には全面禁止へと発展した。国防予算全体は今年、11年振りに増えたが、機器メンテナンス費用の増加により、軍備に使える金額は縮小している。武器輸出規制は国内軍需産業に少ロットでの生産を強いていることによりコスト高を招いている。 

There was at least one important sign of restraint. For the time being Japan will not plan to develop the capability for pre-emptive missile defence that some observers had expected. Its purpose would be to prevent the possibility of a North Korean missile attack and many LDP politicians have been advocating it, as a defensive measure. But that would alarm Japan’s neighbours—China and South Korea, most notably—more than any of the moves that were signalled this week. Though the new strategy looks like a five-year plan, defence stances are subject to redefinition each year. And the idea of building first-strike-capable force is still on the table for 2014, according to a government official. 

restraint:自制 
pre-emptive:先制攻撃の 

少なくとも自制の兆候は見られている。日本はしばらくの間、何人かの観察者達が期待していた先制的なミサイル防衛体制を取る計画はしないだろう。その目的は北朝鮮のミサイル攻撃の可能性を抑えることであり、多くの自民党の政治家達が防衛手段として主張してきている。しかし、その方針は今週発っせられたどの動きよりも周辺国、特に中国、韓国を警戒させるだろう。新たな戦略は5ヶ年計画のように見えるが、防衛体制は毎年見直される。政府関係者によれば、先制攻撃態勢を持つという考えは2014年はまだ議論の段階にある。 

土曜日。今日はこれまで。昨日は一日大忙しだった。旭化成の会長、小堀常務との会食。キャプランの森本社長と鈴木本部長との会合。今朝は1時半に目が覚めて今このブログをアップしている。ちょっと早すぎるので、少し休憩するが、今日はこれから研修だ。2テーマは今回が初めてだ。今朝はその準備をしなければならない。いつもの通り、9時から7時までだ。長丁場だが、この研修が一番楽しい。ではまた明日。




swingby_blog at 03:14コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月28日

日本と国家安全保障島嶼防衛

これはエコノミストだ。 
Japan and national security Island defence 
Dec 16th 2013, 8:17 by T.B. | TOKYO 

日本と国家安全保障島嶼防衛


THE TIMING could hardly have been better. Japan published drafts of its first-ever national-security strategy, together with a review of its future military needs, on December 11th; the final versions are due this week. The strategy is to harden the country’s defence posture, and it comes just weeks after China declared a new air-defence zone (ADIZ) in the East China Sea which covers the islands that Japan administers and calls the Senkakus (which China claims for its own and calls the Diaoyus). 

posture:姿勢
first-ever:史上初の 
declared:宣言する 
air-defence zone (ADIZ):防空識別圏 

絶妙なタイミングだった。12月11日、日本は将来の軍隊の必要性に関する説明を含めた、初めてとなる国家安全保障戦略(ドラフト)を発表した。最終版は今週の予定。戦略は国家の防衛体制を強固にすることであり、日本が管理し尖閣と呼ぶ島を含む東シナ海における防空識別圏を中国が発表した数週間後である。 

Japan’s government had been delighted with America’s muscular response to the Chinese ADIZ. Its ally sent two B-52 bombers to fly through the zone with no notification to China. But America did not go as far as Japanese officials would have liked, in that it stopped short of demanding the ADIZ be scrapped. That hesitation played on a long-held fear that America might not commit its military might to defending the Senkakus, even if the need should arise. Though they are but a few uninhabited specks of rock, they are covered by the Japanese-American mutual-defence treaty. Now Japan must quickly “strengthen its own capabilities and expand its own roles”, urges the draft strategy paper, even as it pursues closer military ties with America. 

muscular :力強い 
ally:同盟国 
go as far as :まで行く
stop short of:~するには至らない 
hesitation:ためらい 
 long-held fear :長年の懸念 
uninhabited:無人の 
speck:小さい点 
Japanese-American mutual-defence treaty:日米相互防衛援助協定 
even as:と同時に

日本政府は中国の防空識別圏に対するアメリカの力強い反応に喜んでいた。この同盟国は2機のB-52爆撃機を中国への通告なしに圏内を飛行させた。しかし、それは日本の政府関係者が望んだほどではなく、防空識別圏を取り下げるよう要求するには至らなかった。そのためらいは、もしその必要性が生じたとしてもアメリカは尖閣諸島の防衛に軍事力を行使すると約束できない可能性があるという長年の懸念に基づくものである。尖閣諸島は無人の岩礁ではあるが、日米相互防衛援助協定に含まれている。日本は、国家安全保障戦略(ドラフト)でアメリカとのより緊密な軍事連携を目指すのと同時に、直ちに「日本自身の防衛力と役割を強化」しなければならない。

In a weekend meeting in Tokyo with leaders from South-East Asia, Japan’s prime minister, Shinzo Abe, suggested his guests should consider China’s establishment of the ADIZ in the East China Sea as a matter of concern for their entire region. Many of the South-East Asian states have tetchy relations with China over questions of sovereignty in the South China Sea. China’s foreign ministry responded on December 15th by accusing Japan of “malicious slander”. 

matter of concern:憂慮すべき事態
tetchy :ピリピリした 
sovereignty:主権 
accusing:非難する 
malicious:悪意のある 
slander:中傷 /名誉毀損

東南アジアの首脳を招いて開かれた東京での会議で、安倍総理大臣は東南アジアを含む地域全体の憂慮すべき事態だとして、東シナ海における中国の防空識別圏の設置についてよく考えるべきだと提案した。東南アジアの多くの国は東シナ海の主権を巡って中国と緊張関係にある。中国外務省は12月5日に日本の「悪意のある中傷」であると非難した。 

Malice or not, Japan’s strategy is in effect a five-year plan for a military build-up. The most noteworthy additions to Japan’s defence capability are to be aimed at further strengthening its sea and air control of the space around the disputed islets. A second unit of 20 F-15 fighter jets will be deployed at Naha air base on the southern island of Okinawa, near to the Senkakus. Early-warning aircraft will be deployed to Naha from Japan’s north, and the Self-Defence Forces will add new unmanned aerial vehicles, or drones, to its air force. To take back the islands in case of Chinese invasion, Japan will form its own version of America’s Marine Corps. Shigeru Ishiba, the secretary-general of the ruling Liberal Democratic Party (LDP) and a former defence minister, recently said it was “unbelievable” that Japan does possess such an amphibious force. 

malice:悪意
 in effect :事実上 
noteworthy :特筆すべき 
Early-warning aircraft:早期警戒機
disputed:係争中の 
unmanned:無人の 
invasion:侵入 
Marine Corps:海兵隊 
secretary-general :幹事長 
ruling:与党 
amphibious force:上陸作戦部隊 

悪意があろうとなかろうと、日本の戦略は事実上、軍事力を築き上げるには5年かかる。日本の防衛力への特筆すべき補強は係争中の尖閣諸島周辺の制空・制海権の更なる強化に向けられるべきである。2隊の20機のF15戦闘機が尖閣諸島に近い那覇の空軍基地に配備されるだろう。早期警戒機が那覇に配備され、自衛隊は新たなドローンを空軍に導入されるだろう。中国が島を占拠した際にそれを取り戻すために、日本はアメリカ海兵隊と同じものを組織することになるだろう。与党自民党幹事長で前防衛大臣の石破茂はそのような上陸作戦部隊を未だに持っていないことが「信じられない」ことだと言った。 

金曜日。今日はこれまで。昨日は吉武さんとかれのお孫さんとで会食。それと研修資料の最終修正がをした。今日の午前中は資料の最終レビュー。昼は旭化成の伊藤会長と会食。5時からはキャプランと研修事業の打ち合わせだ。そしていよいよ明日は研修だ。ではまた明日。


swingby_blog at 07:44コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月27日

アラブに対する西欧諸国の陰謀(2)

Phase two came with Western funding of revolutionary movements made up of internet activists, NGOs and human rights agitators, whose seditious scheming helped spawn the Arab spring. As Arab regimes toppled helter-skelter, Western powers swept in to magnify the disorder. In Libya, NATO bombs obliterated another Arab army, even as Western arms fed the competing militias which have carved up what was left of the Libyan state.

agitators:扇動者
seditious :煽動的な
scheming:陰謀、策謀
spawn:引き起こす
regimes :政権体制
toppled:倒れる
sweep in:堂々と入ってくる/襲ってくる
disorder:混乱
helter-skelter:慌てふためいて/confused
feed:養う
competing:競合する
carve up/destroy
magnify:悪化させる/拡大する
obliterated :全滅させる

第2段階は、インターネットの活動家、
NGOや人権を煽動する者達によって起こった革命運動への西側からの資金である。こうした煽動的な陰謀はアラブの春を引き起こす助けとなった。アラブの政権が混乱して崩壊したので、西欧の勢力はこの混乱を拡大する為に入って来た。リビアでは、NATOの爆撃がもう一つのアラブ軍を全滅させ、と同時に、西欧軍はリビアに取り残されものを破壊して来たその競合している軍隊を養った。

The plan for Syria was different, but equally devastating. Western powers encouraged its people to revolt, but instead of promoting victory over the regime they have drip-fed the opposition with just enough ammunition to sustain a ghastly civil war. The result has been the destruction of yet another Arab army, the creation of a crippling humanitarian disaster, the deepening of sectarian schisms and the evisceration of another Arab country.

devastating:壊滅的
revolt:反抗する
have drip-fed:点滴注入する/only enough survive
ammunition :爆薬
 just enough:かろうじて/過不足のない 
ghastly:恐ろしい
yet:さらに
crippling:ひどい打撃となる
disaster:惨事
humanitarian:人道主義的な
sectarian schisms:宗派の分裂
evisceration:空洞化/内蔵のはみ出し/totally destroy

シリアに対する計画は異なっていたが、破壊的なことは同じだ。西側勢力は人々に反乱をけしかけたが、この政権に対して勝利を助ける代わりに、かろうじて恐ろしい内戦を続けるだけの弾薬で反対勢力を養って来た。その結果は、さらにもう一つのアラブ軍の壊滅、人道的なひどい惨事の発生、宗教間の分裂の激化、もう一つのアラブ国の完全な崩壊となってきた。

The ultimate target of this plot, so the conspiracy theorists explain, is Egypt itself, the Arabs' most populous, strategic and culturally influential Arab state. Having achieved the fall of Hosni Mubarak in the revolution of 2011, Western agents fomented strife between Muslims and Christians. Secretly, America formed an alliance with the Muslim Brotherhood in the hope that once in power, the Brothers would subdue Egypt's army. Indeed, the Americans planned to use the Brothers as a spearhead across the region, undermining governments and curtailing intellectual, scientific and economic progress everywhere.

plot:陰謀
populous:人口の多い
foment:煽動する
strife :対立
Brotherhood:宗教や政治に従事する団体や組合
subdue :制圧する
spearhead:先鋒/推進力
curtailing:奪う/縮小する

陰謀の理論によればこの陰謀の究極の目標は、アラブで一番人口が多くアラブ圏で文化的、戦略的な影響力があるエジプトである。2011年の革命よるムバラクの失墜を達成してから、西側の機関はキリスト教徒とムスリムの対立を煽動した。秘密裏に、アメリカはムスリム同胞団が政権の座につけばエジプト軍を支配するだろうと言う期待を持ってムスリム同胞団との関係をつくった。実際にはアメリカは同胞団をこの地域の全てのところで政府を弱体化し、知的な、経済的な、科学的な発達を阻止する為の先鋒隊として利用しようとした。

But in June of this year the Egyptian people rose up to fend off this plot by overthrowing President Muhammad Morsi and his cabal of Brotherhood plotters. Now, under army leadership and with the backing of wealthy Arab allies in the Gulf, Egypt will lead a revival of Arab power. Among subscribers to this vast conspiracy theory, views vary, particularly regarding Western motives. For some it is obviously all about Israel, with its Western allies simply picking off its potential Arab challengers, one by one. But some see America itself as the prime conspirator, whose objective is to control the world.

rise up :立ち上がる
fend off:払いのける/回避する
overthrow:ひっくり返す
cabal:陰謀団/徒党
plotters:陰謀者達
Arab allies:アラブ連合国
Gulf:ペルシャ湾岸諸国
subscriber:支持者/購読者
vary:変化する
motive:動機
all about Israel:イスラエルが全てだ
 pick off:狙い撃ちする

しかし今年の6月に、エジプトの人々はムハンマド・モルシ大統領と彼の共謀者たちを崩壊させることで、この陰謀を回避するため立ち上がった。現在、軍隊の支配と裕福な湾岸のアラブ連合国の支援もとで、エジプトはアラブの勢力の復活に導くだろう。この巨大な陰謀の理論に対する支援者の間では、見解、特に西洋側の動機に対して見解が異なる。幾人かの人たちはそれは明らかにイスラエルに全てが関連していて、西側の同盟国が潜在的なアラブ挑戦者達を単に一つずつ狙い撃ちしていると考えている。しかし、アメリカ自身が世界をコントロールする目的をもった主要な陰謀者とみる人もいる。

This may all sound preposterous to most Westerners. Yet the very simplicity of the story makes it oddly appealing to people living amid wrenching political upheaval. In conversations with this correspondent, the gist or the whole of this unified theory of Middle Eastern conspiracies has been related credulously by a broad range of Egyptians, from the apocryphal taxi driver to highly paid financial risk consultants, from university students to tourism executives and government officials. Moreover, to judge by articles in Egyptian newspapers that are known to carry plants by security agencies or to derive from interviews with retired intelligence officers, conspiratorial views appear to permeate Egypt's state-security apparatus.

preposterous:不条理な、本末転倒の/ばかげた
oddly:奇妙に/奇異に
amid:真っ最中に
political upheaval:政治的な激変
wrench:ねじる/もぎ取る、苦しむ
unified:統一された
correspondent:特派員/記者
gist:主旨/要点
credulously:軽率に信じて/十分な証拠がないのに信じて
broad:幅広い
apocryphal:真偽の怪しい
derive from:引き出す
conspiratorial views:陰謀/諜報員
permeate:浸透する
apparatus:組織

これは恐らくほとんどの訪米人にとって全くもって馬鹿げたように聞こえるだろう。しかしかなりのこの話の単純さが、政治的な激変の苦しみの中に住んでいる人々に奇妙に訴えかけている。特派員の会話では、その要旨即ち中東の一体化した陰謀の理論の全体像は、怪しいタクシーの運転手から高給取りの財務リスクコンサルタント、大学教授から旅行経営者、そして政府高官達によって幅広く証拠がないのに信じられていることだ。さらに言えば、情報機関から情報を仕入れたり、退職した情報将校からのインタビューから引き出していることで知られているエジプトの新聞社の記事から判断すると、陰謀の考えがエジプトの国家治安組織に浸透しているようだ。

One irony among many is that, with the odd change in detail, this theory of an evil grand Western design is eerily familiar. It is nearly identical to the narrative of victimhood long purveyed by those now being hounded by those same police and intelligence officers—the Muslim Brothers and their Islamist fellow-travellers.

odd change:奇妙な変化
eerily:薄気味悪いほどに
familiar:なじみにある話だ
narrative of victimhood:被害者意識の話
identical:そっくりな
purveyed:噂を広める
hounded:追跡する
fellow-traveller:同調者/シンパ

一つ奇遇と言えるのは、細部での奇妙な変化とともに、悪意のある壮大な西洋の陰謀のこの理論は、薄気味悪いほどになじみ深いということだ。これはこれらの同じ警察や諜報機関の人達によって現在追跡されている人々ーイスラム同胞団やその仲間ーによって広められている被害者意識のうわさ話とほぼそっくりだ。

木曜日。今日はこれまで。昨日は昼は保険会社の方と昼食会を行い、夜は西出さんの会にでた。皆さんよりも早く帰った。それでも、自宅に戻ったら、9時を過ぎていた。今日は久しぶりに元気な電通の吉武じいさんに会う。ではまた明日。


swingby_blog at 09:18コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月26日

中国の改革:共産党の新しい青写真 三中全会での決議(2) アラブに対する西欧諸国の陰謀


Mr Xi’s speech is larded with reformist phraseology. He quoted Deng Xiaoping’s warning in 1992 of a “dead end” if the country failed to reform and improve living standards. (He made no mention of Mao Zedong, despite having shown a proclivity for Maoist rhetoric in many of his other recent speeches.) Mr Xi was blunt about the challenges China faces: a mode of development that is “unbalanced, uncoordinated and unsustainable” (though he is by no means the first Chinese leader to have said that); an increase in “social contradictions”; and a “severe” struggle to contain corruption.  Public expectations of reform were “high”, he said. “We absolutely must not waver”. Mr Xi said it was impossible that all reforms proceed smoothly, without risk: “Things that we have to do, we have to do with courage.”

larded:飾り立てる/ラードを塗る
phraseology:言葉使い
quoted:言葉を引用する
living standards:生活水準
dead end:「袋小路/手詰まり」
proclivity:傾向/性癖
rhetoric:言葉使い
blunt: 単刀直入の/率直な
mode:style/system
uncoordinated:ぎくしゃくした
contain:封じ込める
waver:ためらう
contradictions:矛盾

習近平のスピーチは、改革者としての言葉遣いで飾り立てられている。彼は、もし生活水準の向上と改善することを国が失敗した場合には、1992年には「袋小路」入ってしまうと言った小平の警告を引用した。(彼の近年の他の多くのスピーチでは毛沢東主義者の言葉使いを好んでいるにもかかわらず、彼は毛沢東に言及しなかった。)習近平は中国が直面している挑戦に単刀直入であった。すなわち、それらは(彼は決して、そうしたことを言って来た中国の最初のリーダーではないにも関わらず)「安定しておらず、ぎくしゃくしていて、持続可能でない」開発のやり方、「社会の矛盾」の増加、そして汚職を抑制するための「厳しい」争いだ。改革に対する一般大衆の期待は「高い」と彼は言った。「我々は絶対に改革をためらうべきではない。」全ての改革はリスクなしに順調にすすむことは不可能だと習近平は言った。「我々が行わなければならないことは、勇気をもって行わなければならない。」

More details of what Mr Xi has in mind are likely to emerge in the weeks ahead. Party and government leaders will hold another meeting in December to decide an economic strategy for the coming year. A similar meeting devoted to rural issues will be held later in the month. The rhetoric is very positive. But Mr Xi will have to battle a deep resistance to change among state-owned enterprises, local governments, and even an urban middle class that likes his notion of “social fairness” but does not want to see its own privileges eroded by the granting of equal access to health care and education to migrants from the countryside. As the resolution rightly said, reforms have entered “deep water”.


devote:時間を割く
resistance:抵抗運動
state-owned enterprises:国営企業
privileges:特権
erode:浸食する

習近平が思っていることの更なる詳細は、これから数週間以内に公になるだろう。共産党と政府の指導者達は、来年の経済戦略を決定するために12月にもう一つの会議を開催するだろう。農村問題に向けた同様の会議がその月の後半に開催されるだろう。彼の言い方はかなり積極的である。しかし習近平は、国有企業、地方政府、そして彼の「公平な社会」の考え方を好んでいる都市部のミドルクラス層を変えるために、根深い抵抗と戦わなければならないだろう。しかしそのミドル層は、健康医療や教育を農村からの移住者に対して公平に与えることによって彼ら自身の特権が浸食される事を好んでいない。決議がまさしく言っているように、改革は「困難なところ」に入って来ている。

これはエコノミストだ。

  Arab conspiracy theories
A Western plot to dish the Arabs
Nov 12th 2013, 18:07 by M.R. | CAIRO

アラブに対する陰謀:西側諸国のアラブをやっつける計画

conspiracy:陰謀
plot:計画
dish:料理する/やっつける



THE Middle East has seldom been more confusing. Not only is the region more politically turbulent than in decades, with old certainties everywhere challenged by unexpected twists and shifting alliances. The volume of news has swollen, too. New media and new freedoms generate more and more information and a wider range of views, yet this is filtered through ever more kaleidoscopic prisms of cant, wishful thinking, prejudice, deliberate disinformation and propaganda. If only the picture could be clearer and more simple, sigh the region's people. If only there were some overarching narrative to explain the one big, pressing question: why are we in such a mess? 

turbulent:不穏な/騒然とした
certainties:確実性/確実に起きること
twists:ねじれ/思わぬ展開/confusing situation
shifting alliances:変わりやすい同盟
swollen:増大する
kaleidoscopic prisms:万華鏡のようなプリズム
cant:上辺だけの言葉
wishful thinking:甘い考え
prejudice:ひいき、偏見
deliberate :故意な
disinformation:〔真実を隠すため・人を欺くため・人を混乱させるためなどに故意に発信される〕偽情報、虚報、がせネタ、デマ
sigh:ため息をつく
pressing:差し迫った
overarching :全てにかかわる、重要な、包括的な

中東はめったにこれほどまで混乱することはなかった。ここ数十年、この地域はさらに政治的に不穏なだけでなく、予期せぬ思わぬ展開や同盟関係の変化によって、以前は確かだとされていたものが何処でも挑戦された。そうしたニュースの量も増加してきた。新しいメディアや新しい自由が、ますます多くの情報や様々な考え方を生み出している。しかしながらこのことは、今まで以上の上辺だけの言葉による万華鏡のようなプリズムや甘い考え、偏見、故意なデマ情報、プロパガンダを通して流れてくる。もしその映像がより明確でシンプルだったら、この地域の人々はため息をつくだろう。もし大きな差し迫った質問を説明する包括的な言葉があるとすれば、なぜ我々はこんな乱雑状態にいるのだろうかと言うことだ。


According to many in Egypt, there is. The story goes something like this. Western powers, led by America, are realising their long-held aim of dividing and weakening the Arab and Muslim worlds. 

long-held:長年抱いて来た

エジプトにいる多くの人によればにその通りだ。その話は以下のようなことだ。アメリカによって導かれている西洋の力は、アラブとムスリムの世界を弱め分割するために彼らが長年抱いて来た狙いを実現している。

The first phase of this plan—so the theory goes—unfolded in Iraq, where the Americans achieved a double purpose. They destroyed a powerful Arab army and ignited a civil war, driving a wedge between Sunnis and Shias that has sent fissures streaking across the region. Western meddling also broke Sudan in half, detaching a freshly hatched and hostile new state in the south from the Arab and Muslim north.

so the theory goes:そう言う理論だが、
ignited:点火する
unfolded:展開され
wedge:分裂させる
fissures:亀裂
streak across:猛スピードで通り過ぎる
meddle:干渉する
hostile:非友好的な、敵意を持った
detach:引き離す
hatched:ふ化したての

この計画の第1フェーズは、イラクにおいて展開され、そこではアメリカ人は二つの目的を達成した。彼らは力強いアラブ軍を撃破し、内戦に火をつけ、この地域でのシーア派とスンニ派の分裂を加速させた。西側の干渉はスーダンを半分に分割し、アラブとイスラムの北部から南部に新たに出来た敵対する新しい国家を分離させた。

水曜日。今日はこれまで。昨日は一日自由な時間だったので、午後は今までたまっていた所用を消化した。雑事はほっておけば幾らでもたまってしまう。疲労と一緒だ。夜は9時まで仕事をした。今日は昼には会食があり、夜は西出さんの会がある。気をつけないと過食になる。酒は先週日曜日から止めた。ではまた明日。


swingby_blog at 07:43コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓