2014年04月

2014年04月30日

バグダッドからベイルートにかけて、聖戦を行う人たちの過激派に対する増大する反感がシリアとイラクの内戦の行く末を変えるかもしれない。

これはエコノミストだ。

Syria, Iraq and al-Qaeda
The jihadists may have gone too far
From Baghdad to Beirut, a growing backlash against the most extreme of the jihadists may change the course of civil wars in Syria and Iraq
Jan 11th 2014 | CAIRO

backlash:大衆の反感、巻き返し
jihadists:聖戦を行う人たち
Beirut:ベイルート(レバノン共和国の首都)

シリア、イラク、そしてアルカイダ
聖戦を行う人たちは消え去ってしまったのかもしれない。
バグダッドからベイルートにかけて、聖戦を行う人たちの過激派に対する増大する反感がシリアとイラクの内戦の行く末を変えるかもしれない。



IN A region of opaque politics and oddly named actors, the Islamic State of Iraq and al-Sham (ISIS) lives up to its title. The group that started as an al-Qaeda affiliate in Iraq has prospered there since the Americans left in 2011, subduing much of the rural, Sunni-dominated north and pursuing an aggressive terror campaign against Shias further south. ISIS expanded into Syria in April last year; al-Sham denotes a Greater Syria encompassing—among swathes of what was the fertile crescent—Lebanon, Palestine and even Jordan. Better armed and financed, it has encroached steadily into areas freed from government control by other rebel groups, enforcing harsh, state-like authority along the Euphrates valley and across much of the north. But the group’s rapid rise may now be over.

The Islamic State of Iraq and al-Sham:イラクとシャームのイスラムの国
opaque:不透明な、不明瞭な
oddly:奇妙な
live up tp :期待に添う
affiliate:加入している、所属している、連携する
prosper:成長する、繁栄する
subdue:制圧する
aggressive :積極的な
terror:テロ
pursue:続ける/追求する
denote:意味する、示す
the fertile crescent:肥沃な三日月地帯
swath:帯状のもの:地域
Greater Syria:歴史的シリア
encompassing:を取り囲む
al-Sham:「シャーム」とは、現在のシリア・レバノンを含む「拡大シリア」を意味するアラビア語。欧米語ではLevant地方に相当する概念。
encroach:侵害する、侵入する
steadily:着実に、絶え間なく
harsh:厳しい
rebel:反乱軍

不透明な政治と奇妙な名前の役者たちの地域で、イラクとシャームのイスラムの国(ISIS)はその名前が応えている。アルカイダのグループとしてイラクで始まったこの組織は、2011年にアメリカがアフガニスタンから撤退してからその地で成長を続け、農村地帯のスンニ派が支配ている北部を制圧し、シーア派の更に先の南部に対して積極的なテロの軍事行動を続けてきた。ISISは去年の4月にシリアに拡大した。シャームとは、肥沃な三日月地帯に沿って、レバノン、パレスチナ、そしてヨルダンさえも取り囲んだ歴史的シリアという意味だ。軍備と財務状況は良く、ISISは他の反乱組織によって政府の管理から自由な地域に着実に侵入して来ていて、ユーフラテス流域とその北部の大部分に跨がって、厳しい、国家のような支配を実施して来た。しかしISISの急激な拡大は今終わってしまうのかもしれない。

Today ISIS’s fighters, who include as many as 7,000 would-be jihadists from across the globe, face battles on three fronts. In Syria a wave of disgruntlement with the group turned into a tsunami after December 31st when its men returned the torture-marked corpse of a doctor-cum-commander with Ahrar al-Sham, a Salafist rebel group which had hitherto been an ally. A final provocation came when ISIS abducted five employees of Medecins Sans Frontieres, a French-founded charity that is one of the few aid organisations still willing to work inside Syria.

disgruntlement :不満
torture-marked corpse:拷問の跡が認められる死体
doctor-cum-commander:医師兼指揮官
Salafist rebel group:反サラフィスト(反武装イスラム集団のアルジェリアの過激派イスラム教の一派)
hitherto:これまで、今まで
Ahrar al-Sham:アレッポ拠点シャームの自由人
provocation:挑発、煽動
abduct:誘拐する、拉致する
Medecins Sans Frontieres:国境なき医師団
解説:2013年10月にシリアで「イスラーム戦線」の結成が発表されたイスラーム戦線に加わると発表したのは、アラブ人主体の主要なイスラーム系民兵集団6つとクルド人主体のイスラーム系民兵組織1つである。タウヒード旅団(Liwa al-Tawhid):アレッポ拠点シャームの自由人(Ahrar al-Sham): サラフ主義シャームの隼(Soqour al-Sham):北部イドリブ拠点 真実の旅団(al-Haq Brigades):中部ホムス拠点 シャームの擁護者たち(Ansar al-Sham):北西部ラタキア周辺拠点 イスラーム軍(Army of Islam):ダマスカス拠点 クルド・イスラーム戦線(Kurdish Islamic Front)

世界中から集まる7000人ほどの自称聖戦を行う人たちを含めた今日のISISの戦士たちは、3つの前線での戦いに直面している。シリアではこれまで同盟者だった反サラフィストのAhrar al-Shamの人たちが医師兼指揮官の拷問の跡が認められる死体を送り返して来た12月31日以後、ISISの不満の波は津波に変わった。最近の挑発は、ISISがシリア国内で未だに意欲的に活動する数少ない組織の一つであるフランス人が創設した支援団体「国境なき医師団」の5人の職員を拉致した時に起こった。

Since then, rebels of all stripes, including al-Qaeda’s slightly milder Syrian affiliate, Jabhat al-Nusra, other Islamist brigades and moderate Western-backed groups known as the Free Syrian Army, have joined forces, rapidly sweeping ISIS from strongholds across a swathe of northern Syria. In Raqqa, the biggest town wholly controlled by the opposition, most recently by ISIS, its fighters are now said to be holding out in a single building. The group is also said to have lost all but one of the border crossings to Turkey it once held, as well as its headquarters in the rebel-held half of Aleppo, Syria’s biggest city. 

stripes:軍人
Jabhat al-Nusra:シリアの反政府イスラム勢力として、ヌスラ戦線: Nusra Front , al-Nusra Front。
brigades:旅団
moderate:穏やかな
Free Syrian Army:自由シリア軍
swathe:帯所のもの、列
strongholds:要塞、本拠地
sweep:掃除する、急激に広まる
hold out:抵抗する/持ちこたえる
border crossing:国境検問所
all but:の他は全て

その時から、アルカイダのわずかながら穏健的であるシリア加盟団体のヌスラ戦線や他のイスラム旅団、そして「自由シリア軍」として知られる穏健的な西欧諸国から支援を受ける組織などの全ての反乱軍が軍隊に参加し、彼らはシリア北部一帯に跨がって急速に本拠地からISISを一掃して来ている。ラッカは反対派によって完全に支配された最大の町だが、その大部分はISISのよってなされたが、その戦士達は現在、一つの建物の中で抵抗していると言われている。このグループはまたシリア最大の都市アレッポの反乱軍が確保している半分にある司令部同様にかって確保していたトルコとの国境検問所の一つの他は全て失ったと言われている。

水曜日。今日はこれまで。昨日は連休の初日だったが、父親の49日で静岡に墓参りに行って来た。その後は引越の片付けをした。今朝は久しぶりに2時に起きてしまったので、4時前から仕事をしている。今日も昼は日本郵便の淵江さんと会食し、4時からはアメリカ人講師の面接があり、その間の3時間に不要の家具をリサイクル屋がとりに来る。今日は特に忙しい。ではまた明日。

swingby_blog at 05:59コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月29日

だれがファルージャを失ったのか? アルカイダは10年前に100人のアメリカ人の生命を犠牲にしたイラクの都市を占領した。(3)

The fighting in Fallujah was up close, vicious, unpredictable and very manpower-intensive. Some buildings in the city were cleared multiple times. The tank was used often and with telling effect. Indirect fires from 155-mm artillery positioned less than 5 km away in Camp Fallujah were used on a daily basis before, during and after the heaviest period of fighting. Frequently, small-unit leaders would push ‘stacks’ of Marines or soldiers into buildings while employing laser-guided bombs, artillery and tank main-gun rounds on adjoining structures. The combat bulldozer was used by combat engineers and Seabees on several occasions to push the walls of buildings in on stubborn defenders. Insurgents used armor-piercing bullets and even sewed grenades inside their clothing to kill and maim U.S. troops at any opportunity.

up close:すぐ近くで
unpredictable:予測出来ない
vicious:残忍
clear:一掃する/取り除く
with telling effect:効果十分に
Indirect fires:遠距離射撃攻撃
camp:野営地
stacks:大量の
laser-guided bombs:レーザー誘導爆撃
artillery:大砲/迫撃砲
rounds:一斉射撃
adjoining:隣接する
Seabee:海軍の建設工兵隊
combat engineer:施設隊員、戦闘工兵
stubborn:頑強な
sew:縫い付ける
grenade:手投げ弾
maim:重傷を負わせる
armor-piercing bullets:装甲貫通弾

ファルージャでの戦闘は、近距離戦で残忍で、予測がつかず、そして極めて人海戦術的だった。この都市のいくつもの建物は何回も内部を一掃された。戦車が頻繁にそして極めて効果的に利用された。5km以内のファジャールの野営地から155ミリ砲による遠距離射撃攻撃が、戦闘の最も激しい期間の間中行われた。頻繁に小部隊のリーダ達は「大量の」海兵隊や兵士たちをその建物の中に押し込み、一方で、隣接する建物に対してレーザー誘導爆撃や迫撃砲、そして戦車の主砲による一斉射撃を行った。その戦闘用ブルドーザーは頑強な守備者達に対して建物の壁を押しのけて進むために幾度となく戦闘工兵隊や建設工兵隊に利用された。反乱軍は装甲貫通弾を使用し、いつでも、アメリカ軍を殺傷するために、自分たちの服の内側に手榴弾を縫い込んで攻撃さえしてきた。

The Iraqi government pledged on Sunday to retake the city in the coming days in a counteroffensive to be led by local tribes instead of the Iraqi military. That’s because Sunni lawmakers see the army — trained at a cost of $25 billion by U.S. taxpayers — as Prime Minister Nouri al-Maliki’s cudgel to eliminate Sunni rivals and consolidate power. 

counteroffensive:反撃
lawmaker:議員、立法者
cudgel:こん棒/ruling/power
consolidate power:権力基盤を固める

イラク政府はイラク軍の代わりに地元の部族による反撃で、数日以内にファルージャを取り返すと日曜日に約束した。その理由は、スンニ派の議員たちは、スンニ派の競争相手を排除し、権力基盤を固めるためのマリキ首相の権力として軍隊を見ているからだ。その軍隊はアメリカの税金を250億ドル使って訓練された。

Would it have turned out differently if U.S. forces were still in Iraq (the last GIs left on Dec. 18, 2011, after Iraq refused to grant legal immunity to any remaining U.S. troops)? Perhaps, at greater loss in U.S. blood and treasure. But Obama decided that, after more than eight years of war there, the U.S. public was ready to toss in the towel. Granted, he could have twisted additional Iraqi arms to try to get such legal protections, but the voters who had put him into office three years earlier weren’t interested. 

 legal immunity:外国主権免責(同意のない限り外国政府を訴訟の当事者とすることができないという原則)
toss in the towel:敗北を認める
granted:surely
twisted arm:convince/圧力をかける

もしアメリカ軍が依然としてイラクにいるとしたら、それは異なっていただろうか?(イラクが、居残るアメリカ軍へ外国主権免責を認めることを拒否した後、最後の軍隊は2011年の12月18日に撤退した)。恐らくアメリカの血と大切な物をさらに失っていただろう。しかしオバマ大統領は、そこでの戦争が8年以上経った後に、アメリカの民衆は敗北を認める状態にあったと判断した。確かに、オバマ大統領は、このような法的な保護を得ようとするれば更にイラクに圧力をかけることは出来たはずだ。しかし3年前にオバマを政権につけた有権者たちにはその戦争にもう関心がなかった。

Todd Bowers was a Marine who served in Fallujah during some of the toughest fighting. Who lost Fallujah? “We all did,” he said on Sunday. “I guess we all just decided it was easier to forget Fallujah and get on with life. Vets, politicians and the general public.” As the third battle for Fallujah looms, a passage from a 2011 Pentagon probe into the U.S. effort to build a new sewer system for the city could stand, in miniature, as the key lesson of the entire war: 

get on with life:嫌なことは忘れて人生を前向きに進む
loom:次第に迫ってくる
probe:証明する/示す/探る
sewer:下水道 
in miniature:要約すれば

Todd Bowersはファルージャで最も激しい戦闘に参加していた元海兵隊だった。誰がファルージャを失ったのか?「我々全員だ」。そう彼は日曜に答えた。「我々全員は、ファルージャを忘れて前向きに生きた方がましだと決めたんだと思う。退役軍人、政治家、そして一般大衆の全員がそう判断した。」 3回目の戦闘がファルージャに迫ってきているが、2011年のペンタゴンの資料の一節がこの都市に新たな下水道の仕組みを構築するためのアメリカの取り組みを示しているが、そのことが要約すれば、全体の戦争の重要な教訓なのだろう。

“Little planning went into the project, and there was minimal understanding of  conditions, no skilled workforce available, and no clear idea about how much the new system would cost,” the investigation concluded. “So many adverse conditions faced this project from the outset; thus, it is hard to understand why it was initiated and continued.” 

adverse :不都合な
from the outset:最初から

「このプロジェクトは計画されたことが殆どなく、そして状況に対しての最小限の理解で、スキルを持った利用可能な労働力もなく、さらに新しいシステムにかかるコストに対するはっきりとした案はなかった。」とこの調査を結論づけた。「そのためにたくさんの不都合な状況が、最初からこのプロジェクトに直面した。それ故に、このプロジェクトが着手され、そして続けられた理由を理解するのは困難である。」

火曜日。今日はこれまで。昨日の昼は渡邊五郎さんにごちそうになった。森ビルの特別顧問をお辞めになったが、もうじき80才にあるとはとても考えられない。日本のベルルスコーニだ。午後は引越の準備をした。意外と段ボールに荷物を入れてしまうと私財は余りないことがわかった。強いて言えば昔北京で買った書画ぐらいだろうか。今日はこれから静岡に行く。親父の49日だ。その後は今日の後片付けだ。ではまた明日。

swingby_blog at 07:39コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月28日

だれがファルージャを失ったのか? アルカイダは10年前に100人のアメリカ人の生命を犠牲にしたイラクの都市を占領した。(2)

Strangely, or perhaps not, the Pentagon was officially silent. 
“This is a fight that belongs to the Iraqis,” Secretary of State John Kerry said on Sunday in Jerusalem. “That is exactly what the President and the world decided some time ago when we left Iraq. So we are not, obviously, contemplating returning. We’re not contemplating putting boots on the ground.” But he pledged unspecified U.S. help in returning stability to western Iraq. 

Strangely:不思議なことに、
some time ago :先頃、先般
obviously:言うまでもなく
contemplate:予期する
pledge:約束をする
unspecified :明記されてない、不特定の
stability:安定性、固定 

不思議なことに、それともそうではないのかもしれないが、ペンタゴンは公式には口をつぐんでいる。
「これはイラクの戦闘だ。」ケリー国務長官はエルサレムで日曜日に言った。
「まさにこれは大統領と世界がイラクを退去した暫く前に決めた事である。だから我々は言うまでもなく戻ってくるつもりはない。我々は地上戦をするつもりはない。」しかし彼は、西イラクに安定を戻すためアメリカが詳細不明だが援助を行なう約束をした。

Some Republicans were quick to pin at least some of the blame on the White House. “When President Obama withdrew all U.S. forces from Iraq in 2011, over the objections of our military leaders and commanders on the ground, many of us predicted that the vacuum would be filled by America’s enemies and would emerge as a threat to U.S. national-security interests,” GOP Senators John McCain of Arizona and Lindsey Graham of South Carolina said in a joint statement. “The thousands of brave Americans who fought, shed their blood, and lost their friends to bring peace to Fallujah and Iraq are now left to wonder whether these sacrifices were in vain.” 

pin at least some of the blame on:すくなくとも某かの責任を負わせる
objections:反対、意義
commanders:指揮官
on the ground:現場の
vacuum:空白地帯
enemy:反対者
GOP:アメリカの共和党の一般的な呼称
joint statement:共同表明
shed:流す

共和党の中には、すぐにホワイトハウスへ少なくとも某かの責任を負わそうとした人もいる。「われわれ軍隊の現場リーダーや指揮官の反対を押し切って、オバマ大統領が2011年にイラクから全てのアメリカの軍隊を撤退させたとき、我々の多くは空白地帯には敵が入って来て、アメリカの国家安全保障上の利益への脅威となることを予測した。」と共和党の上院議員であるアリゾナ州のJohn McCainとサウスカロライナ州のLindsey Grahamは共同表明で述べた。「数千人もの戦った勇敢なアメリカ人がファルージャに平和をもたらす為に血を流し、戦友を失ったが、今現在こうした犠牲が無駄であったのかという疑問が残る。」

Outsiders, including Saddam Hussein, have always had trouble dealing with the restive city of 200,000, and foreign militaries have done no better. One reason: an errant British bomb during 1991’s Gulf War intended to take out a bridge over the Euphrates took out a market instead, killing about 100 civilians. Tensions spiked in March 2004 when Iraqi militants killed four U.S. contractors and hung their bodies from a bridge. That sparked two 2004 battles for Fallujah, during which about 100 U.S. troops were killed before the U.S. regained control. 

restive:手に負えない
errant British bomb:イギリスの誤爆
the Euphrates:ユーフラテス川◆トルコ東部に発し、シリアとイラクを通ってチグリス川に合流、ペルシャ湾付近でシャッタルアラブ川になる。下流域は古代文明の発祥地。
take out:破壊する

サダム・フセインなどの第三者は、20万の手に負えない都市に取り組む問題をいつも持っていたが、彼らと外国の軍隊は一向に良く出来ないでいた。ここに1つの理由がある:1991年の湾岸戦でイギリス軍による誤爆は、ユーフラテス川にかかっている橋の破壊を狙ったが、その代わりマーケットを爆撃し、およそ100人の市民を殺した。緊張が2004年3月に起こったが、その時イラク人の過激派が4人の米国の請負業者を殺害し、橋に死体を吊るした。そのことが2004年にファルージャで2つの戦闘を勃発させた。その間に米軍がこの地域を占拠するまで約100人の米国軍人が死んだ。

The U.S. battles for Fallujah are seared into the memories of the troops who fought there because of their brutality, according to Marine Colonel John Ballard: 

sear:焼き付ける
brutality:残忍な行為

海兵隊大佐のJohn Ballardによると、このファルージャでの米国の戦闘は残忍だったため、この戦闘で戦った兵士達の記憶の中に焼き付いていた。

月曜日。昨日はいつもの通りだが、引越の片付けをした。今日も昼には渡邊五郎さんとの会食があるが、午後は引越の荷物の整理がある。引越のせいで、毎日が慌ただしい。ではまた明日。

swingby_blog at 05:36コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月27日

だれがファルージャを失ったのか? アルカイダは10年前に100人のアメリカ人の生命を犠牲にしたイラクの都市を占領した。

これはタイムだ。

National Security
Who Lost Fallujah?
Al-Qaeda takes over Iraqi city that cost 100 American lives a decade ago
By Mark Thompson 
Jan. 05, 2014

国家安全保障
だれがファルージャを失ったのか?
アルカイダは10年前に100人のアメリカ人の生命を犠牲にしたイラクの都市を占領した。

Clashes in Iraq
Tribesmen block a road during clashes with Iraqi security forces in Anbar, Iraq
部族民は、イラクのアンバールでイラク治安軍との衝突で道路を封鎖している

The Iraqi government that the U.S. put into power during eight years of war lost the key city of Fallujah over the weekend. While you weren’t paying attention, al-Qaeda has returned to western Iraq with a vengeance, in the guise of the Islamic State of Iraq and the Levant.

vengeance:報復
the Islamic State of Iraq and the Levant:Islamic State of Iraq and al-Sham、Islamic State of Iraq and Syria、ISIS、ISIL/一部の反体制派組織が連合して国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系イスラム武装組織「イラク・レバント(地中海東岸地域)のイスラム国」
in the guise of:の名の下に

アメリカが8年の戦争の間権力を持っていたイラク政府は、この週末に重要な街であるファルージャを失った。我々の注意が向いていない間に、アルカイダは武装組織「イラク・レバント(地中海東岸地域)のイスラム国」の名の下に報復として西イラクに戻って来た。

Sunni insurgents seem largely in control of Iraq’s Anbar province, where an estimated 1,500 of the nearly 4,500 American troops killed in Iraq perished. Fallujah, the province’s second largest city, is the latest prize in the long-simmering war between the Shi‘ite and Sunni strains of Islam. The conflict has now come to a full boil, two years after the last U.S. troops, whose presence kept a lid on such internecine fighting, left Iraq.

insurgents:暴徒、反乱者
perish:崩壊する
long-simmering:長年鬱積している/長年くすぶり続けている
prize:目標
lid:ふた
internecine:内輪もめの/内紛の

スンニ派の反乱軍は、イラクのアンバール県を殆ど管理しているようだ。そこでは4500人近いアメリカ軍のうちおよそ1500人が崩壊したイラクで殺された。この県の第2の都市であるファルージャは、イスラムの逼迫したシーア派とスンニ派の間で長年くすぶっている戦争の最後の目標だ。この紛争は爆発寸前に達していて、アメリカ軍がイラクをさって2年が経ち、彼らの存在がこうした内輪もめのふたをして来ていた。

Within hours of the city’s fall, Americans who fought or covered the pair of bloody 2004 campaigns to keep Fallujah out of Sunni militant hands expressed concern over whether their fallen comrades had died in vain.

comrades:同士、仲間
in vain:無駄に、成果なく

街の陥落から数時間以内に、スンニ派の過激派をファルージャから守る為に血塗られた2004年の軍事行動を戦うもしくは防御したアメリカ兵は戦友が無駄に死んでしまったかどうかについて懸念を表明している。




“Is this,” wondered Phillip Carter, an Army veteran of the Iraq War, who also served in a senior civilian role in the Obama Pentagon, “what it felt like for ’nam vets in ’75?” 

Army veteran:兵役軍人

イラク戦争の兵役軍人で、オバマのペンタゴンで上級文官として働いていたPhillip Carteは「これは75年のベトナムの退役軍人のような感じだったのか? 」と言った。

“Why did they die?” asked former Marine Paul .
“If you think Fallujah’s fall suddenly means your Iraq service was in vain, then you’ve been oblivious for 11 years,” added Brandon Friedman, who also served there as an Army infantry officer and wrote a book about the experience. “It was always pointless.”

oblivious:忘れている
pointless:要領を得ない/無意味な

「なぜ彼らは死んだのか?」前出のPaul Szoldraは尋ねた。
「もしあなた方が、突然のファルージャの陥落が、これまでのイラクでの軍務が無駄であったと考え、その後の11年間を忘れていたというのであれば」。歩兵隊としてイラクで 勤務し、その経験を本にしたBrandon Friedmanは付け加えて言った。「そのことは今に始まったことではないが無意味なことだった。」

“Sick about Fallujah,” tweeted James Garamone, a reporter for the Defense Department’s own press service. “I remember walking through the city when people started returning and believing that now they have a chance.”

「ファルージャのことはうんざりしている。」 国防省の報道部のレポーターであるJames Garamoneはそうツイートした。「私は人々が戻り、今チャンスがあると信じ始めていた時に街を歩いていたことを覚えている。」

Veteran Middle East observer Jeffrey Goldberg summed it up this way: “One war, from Beirut to Baghdad,” suggesting that the latest battle of Fallujah is simply the latest fight across a wide region of the globe between the Sunni and Shi‘ite sects. 

sects:宗派

退役軍人で中東情勢の評論家であるJeffrey Goldbergはこのようにまとめた。「ベイルートからバグダットまでのひとつの戦争」であり、ファルージャでの最近の戦闘が単にスンニ派とシーア派との世界の広範囲な地域にまたがった最も最近の戦いであることを示唆している。

日曜日。今日はこれまで。昨日は一日研修があった。布施が最後の参加になったが、ご苦労様でした。今日はいつもの通りの行動パターンで、日曜日が一番忙しい。今朝は夜中に目が覚めたが、朝方寝られたので、今日は一日もつだろう。ではまた明日。


swingby_blog at 08:11コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月26日

アメリカ人の子供が欲しい!中国人女性が出産するためにアメリカに押し寄せている。(2)

All of which has led to a proliferation of so-called anchor babies. At least 10,000 such Chinese babies were born in America last year, according to an estimate by an online platform dedicated to monitoring and rating confinement centers for Chinese women giving birth in the States. Naturally, a thriving business catering to these tiny foreign passport holders has developed. The Jia Canadian and American Baby Counseling Services Center, with offices across China, charges between $30,000 and $40,000 to women who want to deliver babies in the States. The fee includes a plane ticket, accommodation in Los Angeles or Chicago in a two- or three-bedroom apartment or house, plus all the citizenship paperwork for the newborn. Women spend two months in the U.S. before delivery and one month postpartum. Nannies, drivers and a chef will be shared among three women, promises Jia Mei. Of course, Chinese-speaking doctors will be on call. 

anchor baby:在留許可のための赤ん坊◆米国で生まれた赤ん坊は無条件で米国の市民権が得られ、その家族にも在留許可が出るため、外国人の妊婦が正規あるいは不法に入国し、米国内で出産する子どものこと。
proliferation:急増
confinement:出産
naturally:必然的に
cater to:応える
accommodation:宿泊施設
postpartum:出産後の
nannies:乳母

それらすべてがいわゆる在留許可のための赤ん坊の急増を導いている。米国で子供を産む中国人女性のための出産センターをモニタリングし評価することを専門とするオンラインプラットフォームによる推定では、少なくとも1万人のこうした中国人の子供が去年アメリカで誕生した。必然的にこれらの小さな外国人パスポート保有者に応えるビジネスが発達してきた。中国全土にオフィスを構えるThe Jia Canadian and American Baby Counseling Services Centerは、アメリカで子供を産みたがる女性達に3万〜4万ドルの料金を請求している。この料金は、飛行機チケット、ロサンゼルスかシカゴで2、3のベッドルームがあるアパートなどの宿泊施設、更に新生児のための市民権手続きの代行料金も含んでいる。女性達は出産の2ヶ月前と出産後の1ヶ月をアメリカで過ごす。1人の乳母とドライバー、そして料理人が3人の女性を世話し、それらはJia Meiが請け負っている。もちろん、中国語を話す医者も待機している。

Last month, Jia Mei, which has been in business for seven years, helped eight clients give birth in the U.S. and another six in Canada, according to an employee surnamed Lu. The agency’s extensive website features pictures of cheerful blond kids — though it’s not clear how the average Chinese couple will produce such a child. A 24-hour online hotline allows clients in the U.S. or China to write in with any question they might have. The agency even offers a primer on how the U.S. welfare system works and recommends the best organic beauty products for pregnant Chinese staying in the States.

extensive:多方面にわたる
features:紹介する
primer:手引き

従業員のLuによると、7年間このビジネスをおこなってきたJia Meiは先月、8人の顧客を米国で、他の6人の顧客をカナダでの出産を支援した。この仲買業者の大掛かりなウェブサイトでは、ブロンドヘアーの元気のいい子供の写真を紹介している。どのように普通の中国人夫婦がこのような子供を産むのかは明らかではないが。24時間のオンライン・ホットラインは米国や中国にいる顧客が書き込んでくる如何なる質問に対しても対応している。この仲買業者はアメリカに滞在している中国人妊婦のために、アメリカの福祉制度がどのようなものかとか、最高のオーガニックな美容商品を推奨した手引書さえ提供している。

Jiang and his wife, the Shanghai couple, didn’t use an agency. An English-speaking sales manager, his wife simply procured a business visa to the U.S. — something she had successfully done before — and set up camp in Rowland Heights, Calif. The L.A. County community, among others, has become notorious for a proliferation of “maternity hotels” for privileged expectant mothers from China. Jiang’s wife has hired a nanny for her son and expects to return to Shanghai with the newborn in a month’s time, after the U.S.-passport paperwork is completed. 

notorious:悪評の
maternity hotels:出産ホテル
privileged:特別扱いされた/恩恵に浴した
expectant:妊娠している

上海の夫婦のJiangと彼の妻は仲買業者を利用していない。英語が話せるセールスマネージャーである彼の妻は、以前も彼女はうまくやってきたことだが、簡単に米国へのビジネスビザを入手し、そしてカリフォルニアのRowland Heightsに滞在場所を用意した。L.A.County communityはとりわけ、中国から特別扱いされた妊娠している母親のための「出産ホテル」が急増しているために悪評となっている。Jiangの妻は息子のために乳母を雇い、そしてアメリカのパスポート発給手続きが終了したら、一ヶ月以内に子供と一緒に上海に戻るつもりである。

China doesn’t allow for dual citizenship, so American-born babies will have to procure Chinese residency through sometimes shady means. (Yes, there are plenty of agencies that help with that task as well.) There are other catches. Eventually, young Americans, even those living abroad, are supposed to file tax returns and possibly pay taxes, something that’s not widely known among many Chinese parents. Jia Mei’s website, for instance, doesn’t mention this potential financial obligation. 

shady:いかがわしい
procure:(苦労して)手に入れる
catches:わな、問題点
tax returns :所得申告

中国は二重国籍を認めていないため、アメリカ生まれの子供は、場合によっては不正手段も使うことになるが、中国の住民権を手に入れる必要が出てくる(勿論、このような作業を助ける代行業者がたくさん存在する)。他にも問題点がある。外国に住んでいても、結局若いアメリカ人は所得申告の提出と税金の支払いをしなければならない。これはあまり中国人の両親の間では広く知られていないことである。例えばJia Meiのウェブサイトでは、金銭的な義務の可能性について言及していない。

Jiang, 31, doesn’t expect his son to return to America until he’s in junior high school and can profit from the relative freedom of the U.S. education system. But his wife has so enjoyed her time in California that she’s considering adjusting their timetable. “My wife thinks the air in L.A. is very good, and the food safety is good,” he says. “The weird thing is that many products are actually cheaper in America than in China. Maybe it makes sense for my son to live there sooner rather than later.” 

weird :奇妙な、変な
sooner rather than later:意外に早く

31歳のJiangは、彼の息子が中学校に在学しそして比較的自由なアメリカの教育システムからの利益が得る事ができるまでは、彼の息子をアメリカに戻すつもりではない。しかし彼の妻はカリフォルニアでの時間をとても楽しく過したので、彼女はアメリカで過せないか検討してる。「私の妻はロスが素晴らしく、食べ物は安全だと考えている」と彼は言う。「奇妙なのは、多く製品が中国よりもアメリカの方が実際に安い。恐らく、意外に早く息子がそこに住むことは道理にかなっているのかもしれない。」

土曜日。今日はこれまで。昨日はトクヤマの中原さんと恵比寿で会食した。彼が以前シカゴで食べていたステーキハウスの日本支店だそうだ。アメリカの肉も結構いけた。午後は4時前に自宅に戻り引越の準備をした。引越は5月3日に決めたが、その前に整理する作業が山ほどある。大物は3日に運ぶにしても8割方は事前に整理しておく必要がありそうだ。今日はいつもの研修だ。楽しい一日だ。これからその準備だ。ところで、英語の研修は7月から月2回だ。ブログの勉強会は平日の夜になる。ではまた明日。


swingby_blog at 06:42コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月25日

アメリカ人の子供が欲しい!中国人女性が出産するためにアメリカに押し寄せている。

これはタイムだ。

I Want an American Baby! Chinese Women Flock to the U.S. to Give Birth
Lured by U.S. citizenship for their children, thousands of Chinese women give birth annually in the States, supporting a thriving birth-tourism industry
By Hannah Beech Nov. 27, 2013

flock to:押し寄せる
Lure:おびき出す
thrive:繁栄する

アメリカ人の子供が欲しい!中国人女性が出産するためにアメリカに押し寄せている。
子供のためにアメリカ市民権に魅せられて、年間数千人の中国人女性がアメリカで子供を産み、繁盛する「出産旅行産業」を支えている。

chinese_baby_1127A woman feeds a baby in a residential area in Beijing on Aug. 8, 2013
1人の女性が2013年8月8日、北京市の住宅地で子供にミルクを飲ませている。

Jiang was getting ready to go to America. His wife, due to give birth to their son any day, was already there. Like any expectant parents, the Shanghai couple agonized over how best to prepare for the arrival — and upbringing — of their firstborn child. American citizenship, they decided, was one of the finest gifts they could bestow. “America is the strongest country in the world,” says Jiang, whose son was born just days after he eventually arrived in California this month. “We want our child to have the best future.”

expectant:妊娠している
agonize over:〜で必死に努力する
upbringing:養育
arrival :誕生
bestow:授ける、与える

Jiangはアメリカに向かう準備が既にできていた。いつでも息子を生めるように彼の妻は既にアメリカにいた。何処の妊娠している親のように、上海のこの夫妻は、第一子の誕生、そして養育のための最高の準備をするための必死な努力をしていた。彼らはアメリカの市民権が子供に与えることの出来る最高なプレゼントの一つだと決めた。「アメリカは世界で最強の国だ」と Jiangは言う。彼の息子は、彼が今月ようやくカリフォルニアに到着したわずか数日後に生まれた。「私たちは子供に最高の将来を手に入れる事を望んでいる。」

The U.S. is one of the few nations where simply being born on its soil confers citizenship on a newborn. That policy has spawned a birth-tourism industry, in which pregnant foreigners flock to American hospitals to secure U.S. passports for their babies. Although the foreign couple can’t acquire U.S. nationality themselves, once their American-born offspring turn 21 they can theoretically sponsor their parents for future U.S. citizenship. Another perk: these American-born kids can take advantage of the U.S. education system, even paying lower in-state fees for public universities, depending on where they were delivered. (California is a popular birth-tourism destination because of its well-known university system.) 

confer:与える
soil:国
spawn:引き起こす
pregnant:妊娠した
flock:集まる
secure:確保する
offspring:子
theoretically:理論上は、名目上は
perk:perquisite 役得

アメリカは国内で生まれた新生児に簡単に市民権を与えるごく少ない国家のひとつである。その政策は「出産旅行産業」を生み出し、そこでは妊娠した外国人が自分たちの子供のために合衆国のパスポートを手に入れるために、アメリカの病院に集まってきている。外国人の夫妻自身はアメリカ国籍を得られないが、ひとたびアメリカで生まれた彼らの子供が21歳になれば、子供達が建前としては彼らの両親が将来アメリカ市民権を得るための保証人になることができる。他にも良い事がある。生まれた地域にはよるが、公立大学へ州のより低い授業料を支払いさせすれば、こうしたアメリカ生まれの子供達は、アメリカの教育システムの恩恵を得ることが出来る。(カリフォルには良く知られた大学のシステムがあるため、出産旅行の目的地として有名だ。)

More rich Chinese than ever are sending their families and money abroad. One study of Chinese millionaires found that half had either emigrated or were thinking of doing so. Boston Consulting Group estimates that Chinese have some $450 billion stockpiled overseas. What’s driving the exodus? Some wealthy citizens are spooked about the impact of an anticorruption campaign on their murkily sourced income. Others worry about the long-term risks of raising their kids in a polluted environment with dirty air, water and food. The pressure-cooker atmosphere of Chinese schools makes overseas schooling attractive. And even though China’s draconian one-child policy is being loosened, some couples feel it’s easier to give birth overseas and circumvent meddling by Chinese family-planning bureaucrats.

than ever:以前に増して、かつてないほど
stockpil:大量に蓄える
exodus:集団移動
spook:怖がらせる、おびえる
murkily:murky:不正な
an anticorrption campaign:汚職撲滅キャンペーン
pressure-cooker:プレッシャーをかける
draconian:厳しい、残忍な
bureaucrats:官僚
meddle:干渉する
circumvent:避ける
family-planning:産児制限

かってないほどの裕福な中国人は、家族と金を外国に送り込んでいる。中国の大金持ちの調査では、半数が米国に移民をしたり、もしくはそうすると考えている事がわかった。ボストン・コンサルティング・グループは、中国人は海外に約4500億ドルを蓄えていると算出した。なにがこの集団移動を駆り立てているのだろうか? 裕福な国民の一部は不正な所得に対する汚職撲滅キャンペーンの影響におびえている。他の国民は汚れた空気や水、食べ物などの汚染された環境下での子供の発育への長期的なリスクについて心配している。中国の学校のプレッシャーをかける雰囲気は、海外留学を魅力的にしている。そしてたとえ中国の厳しい一人っ子政策は緩和されたとしても、中国人夫婦の中には海外で出産し、中国の産児制限を取り締まる官僚による干渉を回避する方がもっと簡単だと感じる人もいる。

金曜日。今日はこれまで。昨日は昼は磯村さんと三坂さんと会食し、そのあとはSamの面接を行った。彼は28才だが、よく勉強しているので、教育すればなんとかなりそうだ。今日はトクヤマの中原さんとの会食がある。その合間に引っ越しの荷物をまとめなければならない。ではまた明日。


swingby_blog at 06:02コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓