2014年06月

2014年06月24日

彼らのやり方で進んでいる。 市場は猛烈な勢いで拡大しているが、外国企業に取ってはますます難しくなっている。(3)

A massive push to urbanise is also under way, which should produce tens of millions of richer citizens seeking retail therapy. McKinsey, a consultancy, forecasts that consumption by urban Chinese households will increase from 10 trillion yuan in 2012 to nearly 27 trillion yuan in 2022 (see chart 1). 

urbanise:都会化する、洗練する 
under way:進行中で 
retail therapy:ショッピング療法 買い物でストレスを発散すること 

都会化への大規模な促進もまた進行中であるあり、それはショッピング療法を求めている数千万人もの更に裕福な市民を産み出すに違いない。コンサルティング会社のマッキンゼーは、中国の都市世帯による消費が2012年の10兆元(1.6兆ドル)から2022年には27兆元(4.32兆ドル)近くまで増加するだろうと予測している。(図1参照) 


都市住民(都会ずれした人達)左側:世帯数 百万単位 右側:個人消費 兆元
濃い青:裕福 薄い青:上中流 ピンク:下中流 アズキ:貧困層

Fickle sophisticates
How much China spends is striking. Even more so is the way it spends. This is now one of the world’s most sophisticated consumer markets, heavily skewed towards expensive goods. Local property barons are now building half the world’s new shopping malls in China, many of them in smaller cities, because even punters without big incomes are becoming big shoppers. Research by IDEO, a consultancy, has found that many young migrant workers earning less than 5,000 yuan ($830) a month will spend a month’s wages on an Apple iPhone.

Fickle:移り気な、気まぐれな、不安定な 
sophisticate:世慣れた人、教養人 
striking:目立つ/著しい
skew:歪ませる、曲解させる
property baron:大資産家
punter:顧客 

不安定な洗練された人たち
中国が消費する量はどのくらい際立っているのだろうか。その消費するやり方が尚更そうさせている。こうした中国は現在世界で最も洗礼された消費者市場の1つとなっていて、ひどく高価な商品に偏っている。地元の不動産の大資産家は現在中国に世界の半分にあたる新しいショッピングモールを建設しており、それらの多くはより小さな都市にあり、その理由は高い収入を持たない顧客でも大きな買い物客になっているからである。コンサルティング企業のIDEOによる調査では、月5,000元(830ドル)未満しか稼がない多くの若い農民工が、AppleのiPhoneに毎月の賃金を使っていることを発見した。 

That points to another difference from previous consumption booms elsewhere: with the world’s largest e-commerce market at their fingertips, Chinese shoppers are online from the start. As a result, what was once a foreign marketers’ fantasyland is now the world’s fiercest battleground for brands. Sanford C. Bernstein, a research firm, calls the Chinese “increasingly aspirational and conspicuous consumers” who routinely trade up to fancier labels even on staples. Newly middle-class types in cities in the interior are keen to try out new products, especially the ones they have seen on foreign television shows. Jeff Walters of the Boston Consulting Group (BCG) points out that even country bumpkins are consuming global media, thanks to the wild popularity of local online-video services. Chinese consumers, he says, were watching the latest season of “Downton Abbey” on Youku, a video-sharing website, well before it was released in America.

at their fingertips:すぐ手に入る
fantasyland:空想の世界、夢の世界 
from the start:元々、自体、ぶっつけ
fierce:激しい、猛烈な、険しい 
aspirational: 上流指向者好みの、向上心のある 
conspicuous:派手な買い物をする 
routinely:日常的に、いつものように
trade up:より高い物と買い替える
fancier:高級な
staple:生活必需品
label:ブランド
try out:試してみる
country bumpkin:田舎者 

こうしたことは、どこの他の地域の以前の消費ブームとのもう一つの差異を指摘している。:手の届く所にある世界最大のe−コマース市場で、中国人の買い物客は始めからオンラインを利用している。結果として、かつては外国企業にとって夢の世界だったが、今では商品ブランドにとっては世界で一番激しい戦場となっている。調査会社のSanford C. Bernsteinは中国人を「ますます上流思考で、派手な買い物をする消費者」と呼んでいて、彼らは常に生活必需品であってもより高価なブランドに買い替えている。内陸部の都市の新たな中流層は新しい商品、特に外国のテレビショーで見たものを試してみようとする。Boston Consulting Group (BCG)のJeff Waltersは現地のオンラインビデオサービスの高い人気のおかげで、田舎者でさえグローバルメディアを見ていると指摘する。中国の消費者はずっと前にアメリカで放映された “Downton Abbey” の最新シリーズをビデオサイトのYoukuを通じて見ていると言う。

This passion for fashion is, in theory, good news for multinational marketers. Unlike, say, Japan, where consumers heavily favour local brands, Chinese consumers hold foreign brands in high esteem. Torsten Stocker of AT Kearney, a consultancy, observes that foreign brands are doing well in sectors they introduced to China (chewing gum, chocolate); those that have “heritage” appeal (premium cars, luxury goods) and those where local brands are not trusted, such as powdered baby milk. The world’s fast-food and consumer-goods giants—Procter & Gamble, Pepsi, General Mills and so on—are also big in China, but they are increasingly dogged by local rivals. A recent study by Bain, another consultancy, found that although foreign brands still lead in some areas (biscuits, fabric-softener, bottled water), local brands are surging in others (toothpaste, cosmetics, juice). 

heritage:遺産、継承物
dog:悩ませる、徹底的にやっつける 
surge:殺到する、急増する、押し寄せる 
esteem:尊敬、評価 
fabric-softener:柔軟仕上げ剤
toothpaste:歯磨き粉 

こうした流行への熱狂は、理論的に、多国籍企業にとっては良い知らせである。消費者が自国ブランドをこよなく愛用すると言われる日本と違って、中国の消費者達は外国ブランドに高く評価している。コンサルティング企業のATカーニーのTorsten Stockerは、外国ブランドは中国に広めて来た分野(チューイングガムやチョコレート)ではうまくやっていると述べている;それは「受け継がれている伝統」をアピールできる商品(高級自動車や高級商品)や乳児用粉ミルクのような地元のブランドが信用されていない分野である。世界のファストフードや消費材の巨人達ーP&Gやペプシ、General Millsなどーは中国でも巨大な存在であるが、しかし彼らは徐々に地元の競合に悩ませられている。他のコンサルティング企業であるベインによる最近の研究では、外国ブランドはまだいくつかの分野(ビスケット、柔軟仕上げ剤、ペットボトル飲料)では優位であるが、一方で地元ブランドは他の分野(歯磨き粉、化粧品、ジュース)では台頭してきていることを明らかにした。

火曜日。今日はこれまで。昨日は珍しく朝から夜まで、人に会うこともなく、三菱樹脂の資料の準備をして来た。今日は昼には大連から来た柳田さんに会うがその他は昨日同様に資料準備だ。いよいよ発表は明日だ。楽しみだ。ただ準備に時間を使うと資料がだんだん重くなってしまう。ではまた明日。

swingby_blog at 07:36コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月23日

彼らのやり方で進んでいる。 市場は猛烈な勢いで拡大しているが、外国企業に取ってはますます難しくなっている。(2)

In the 1950s and 1960s the world economy was transformed by the emergence of the American consumer. Now China seems poised to become the next consumption superpower. In all likelihood, it has just overtaken Japan to become the world’s second-biggest consumer economy. Its roughly $3.3 trillion in private consumption is about 8% of the world total, and it has only just begun. 

poise:平衡を保つ、釣り合いを取る
In all likelihood:十中八九、

たぶん 1950年代と1960年代の世界経済はアメリカの消費者の出現によって変換して来た。今は中国が次の巨大な消費大国になることで釣り合いを保っているようにみえる。十中八九、中国は日本を追い越して、世界で第2位の大きさを持つ消費経済になるだろう。中国の個人消費の約3.3兆ドルは世界のトータルの8%であり、まさに始まったばかりである。

“The future of the world will be profoundly shaped by China’s rush toward consumerism,” says Karl Gerth, an expert on Chinese consumption at the University of California, San Diego. Although investment made the biggest contribution to China’s growth last year, and although private consumption’s share of output, now at 36%, fell between 2000 and 2010, that trend is unlikely to last, for several reasons. 

profoundly:大いに
rush:需要の激増、急激な増加
consumerism:大量消費 

「世界の将来は大いに中国の大量消費に向けての急激な流れによって形作られていくだろう。」とサンディエゴにあるカリフォルニア州立大学の中国消費の専門家であるKarl Gerthは言う。昨年投資が中国経済の成長にもっとも貢献したにもかかわらず、そして個人消費の割合が現在36%と、2000年から2010年の間に減少したが、こうした減少傾向は幾つかの理由で続かないだろう。

First, boosting the people’s desire to consume is a stated goal of China’s leaders. Higher government spending on health care and pensions may encourage households to save less for such things. Higher interest rates may, paradoxically, discourage thrift if people reach their savings goals faster. Rising wages and an ageing population will also shift the balance towards consumption rather than saving. And although household debt is growing fast, China still has relatively little. 

paradoxically:逆説的に 
thrift:節約
discourage:抑止する 
the balance:預金残高 
relatively:比較的に

第一に、人々の消費欲求を上げることが中国のリーダー達の公表している目標である。より高い政府の健康保険と年金への支出は、世帯のこうしことのための貯蓄を減らすことを助長するだろう。もし人々がより早く貯蓄目標に達することになれば、より高い金利は逆説的に言えば節約を抑止するだろう。上昇する賃金と高齢化する人口も、貯蓄よりもむしろ消費にバランスを変化させていくだろう。それ故に世帯負債が急速に拡大しするが、中国はそれでも比較的にその負債は殆どない。

Besides, consumption has not fallen in absolute terms. It has, in fact, grown briskly—just not quite as quickly as the economy overall. In dollar terms, China contributed more than any other country to the growth in global consumption in 2011-13, according to Andy Rothman of CLSA, a broker. Moreover, China’s official statistics understate some consumption—spending on housing, for example. 

in absolute terms:絶対的には/金額ベースで
briskly:活発に 
understate:控えめに述べる 

その上、消費は金額ベースで落ちる事はない。事実、消費は活発に拡大しているー経済全体ほど早くはないが。金融商品取引業者のCLSAの Andy Rothmanによると、ドル換算で、中国は2011年から2013年の世界消費の成長に対して他のどの国よりも貢献した。さらに中国の公式の統計では、例えば住宅に対する支出などのいくつかの消費は控えに発表されている。

月曜日。今日はこれまで。昨日は朝にスケーツは雨で中止になった。午後は今週水曜日の英語のプレセンテーション資料の最終化を行った。夜は朝出来なかったスケートの練習をした。日曜日なので道路が空いていたから快適だったが、競技用のスケート靴なので相当スピードが出るので、ヘルメットが必要だ。今日は一日プレゼンテーションの準備だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:16コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月22日

彼らのやり方で進んでいる。 市場は猛烈な勢いで拡大しているが、外国企業に取ってはますます難しくなっている。

これはエコノミストだ。

Doing it their way 
The market is growing furiously, but getting tougher for foreign firms
Jan 25th 2014 | MIANYANG AND SHANGHAI | From the print edition 

furiously:猛烈な勢いで 

彼らのやり方で進んでいる。
市場は猛烈な勢いで拡大しているが、外国企業に取ってはますます難しくなっている。



IN THE the heart of old Shanghai is a magnificent villa that serves as the workplace of Guo Jingming, a provocative young film-maker. “Tiny Times”, his recent blockbuster, follows the travails of some fashionable college girls (pictured, in the walk-in closet of one of them). Its depictions of the high life, rarely shown in Chinese films, have set social networks ablaze; they have also been attacked by the People’s Daily for “unconditional hedonism”. Mr Guo says: “So what? Materialism is neutral, neither positive nor negative.” After all, he goes on, China’s cosmopolitans know at any given moment what movies are playing in New York and what fashions are on the Paris runways.

Guo Jingming:郭敬明 
magnificent: 壮大な、立派な、堂々とした 
villa:大邸宅、郊外住宅
provocative:物議を醸す、挑発的な、欲情的な 
blockbuster:大ヒット作
travail:骨折り、苦労
depiction:描写、叙述 
high life:上流の生活
ablaze:激しく燃えて
unconditional:無条件の
hedonism:快楽主義 
Materialism:物質主義 
cosmopolitan:国際人
runway:花道

古い上海の中心に、挑発的で若い映画監督である郭敬明の仕事場となっている壮大な大邸宅がある。彼の最近の大ヒット作である「小時代」は苦労している何人かの今風の女子学生を追っている(写真は彼らの一人の家のウォークインクローゼットの中で)。その上流の生活の描写は、中国映画では滅多にないので、ソーシャルネットワークを炎上させてきた。:彼らはまた人民日報にも「無条件の快楽主義だ」という理由で非難されてきた。郭氏は「だから何なんだ?物欲主義は中立的だよ。肯定的でも否定的でもない。」と言っている。彼が続けるには、結局は中国の国際人はいつ何時でもニューヨークで上映されている映画やパリでどんなファッションが流行っているかについて知っているという。

Tiny Times:小時代/高校時代からの仲良し4人組の女の子が大学に進学し、学生生活を終え社会に出ていく過程で経験する恋愛、友情、仕事、家族に関する様々な問題を、この上なくゴージャスに描いた青春群像劇

China’s once-drab and Mao-suited interior is not so far behind. In Mianyang, a middling city in the province of Sichuan, an enormous billboard featuring Miranda Kerr, an Australian supermodel, draped in Swarovski crystals welcomes shoppers to the Parkson shopping mall. It is one of half a dozen high-end malls in town. Luxury sales are exploding there. Local Audi and BMW dealers sell more than 100 cars each a month; Land Rover, Jaguar and Cadillac have just muscled in on the market. 

Mianyang:綿陽市
middling city:2級都市
billboard:大きな広告看板 
featuring:取り上げる、載せている
drap:飾る、掛ける、被せる 
high-end :最高級の
muscle:強引に割り込む 

中国のかってのくすんだ茶色や毛沢東風の内装はそれほど昔ではない。四川省にある2級都市である綿陽市に、 オーストラリアのスーパーモデルでスワロフスキー・クリスタルを身につけたMiranda Kerrを掲げた巨大な広告看板が、 Parkson shopping mallに買い物客を迎えている。このモールはこの街で6つある最高級のモールのうちの1つである。贅沢品の売上げが爆発的に拡大している。地元のAudiやBMWのディーラーは月に100台以上も売っている。ランドローバー、ジャガー、そしてキャデラックがこの市場に強引に割り込んできている。 

Thirty kilometres (20 miles) away in Luxi, a town of 57,000 people, online shopping is hot. The first express-delivery office opened only three years ago, and handled perhaps ten packages a day; today, there are five, each handling 100 packages a day. Even 60km away, in rural Santai county where farm-workers are the customers, one modern shopping mall has sprung up and another is being built. “Customers are evolving very quickly from the low-end market to the middle and high-end,” says Yang Shuiying, proud general manager of the Zizhou shopping centre.

Luxi:中国四川省绵阳三台县鲁西街 
Santai:三台県 中華人民共和国四川省綿陽市に位置する県。
spring up:急に現れる
proud :横柄な、傲慢な、堂々とした、得意げな 

30キロ(20マイル)離れた人口57,000人の町である鲁西街では、オンラインショッピングが流行である。最初の速達便の営業所がわずか3年前に開き1日に恐らく10個の荷物を処理してしていた;今日に至っては5つの営業所があり、それぞれの営業所で1日100個の荷物を処置している。60キロ離れた、農民工が顧客である農村の三台県では、一つの近代風のショッピングモールが突然出現し、さらにもう1つが現在建設中である。「顧客は急速に大衆市場からミドル・ハイエンド市場へと進化してきている。」と Zizhou shopping centreの得意げになった総支配人であるYang Shuiyingが言っていた。

日曜日。今日はこれまで。昨日は一日英語研修があった。きつかったが、楽しかった。Edが一日一人でよくがんばった。今日は雨がふっているので、スケートは微妙だが、午後からは一日、翻訳がある。今日も大変な一日だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:47コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月21日

中国は自身の魅力を失っている。 外国企業にとってだんだん生きづらくなってきた。居続けたい企業は適応しなければならない。(3)

One China is over
First, rising costs mean that bosses must shift from going for growth to enhancing productivity. This sounds obvious, but in China the mentality has long been “just throw more men at the problem”. One way to get a grip on costs is to invest in labour-substituting technology, not only in manufacturing but also in services. Also, multinationals are falling behind local firms like Alibaba and Tencent in exploiting a surge of big data coming from e-commerce and smartphones. 

enhance:高める
mentality:見方、あり方、心の持ち方 
get a grip on:抑える
surge: 急増、押し寄せる 
exploit:利用する、活用する

かつての中国は終わった。
第一に、上昇を続けるコストは企業のボスは成長を選ぶことから生産性を高めることへとシフトしなければならないことを意味する。これは明らかなように思えるが、しかし中国では、そうした見方は長い間「問題に対してより多くの人を放り込むだけ」だった。コストを抑制する一つの方法は労働代替技術への投資であり、それは製造業だけではなくサービス業にたいしても。また多国籍企業はe-コマースやスマートフォンから生まれてきているビッグデータの急増を利用することにおいて、AlibabaやTencentのような現地企業に遅れをとっている。

Second, tighter control is another must. GSK’s bosses in London admitted that its problems in China were partly the result of executives acting “outside of our processes and control”. Managers in headquarters must ensure that executives’ behaviour and safety standards are as high as anywhere else in the world. Chinese consumers are even more active on social media than those in the West, so any scandal is instantly broadcast nationally.

tight:きつい、厳しい
admit:認める
executive:経営者
ensure:確保する
instantly:即座に 

第二に、より厳しい管理がもう一つの必須事項だ。ロンドンにあるGSKのボスは中国のこの問題はある程度は「我々の手順と管理からはずれて」経営幹部達が行動した結果であることを認めた。本社の経営者達は経営幹部の行動と安全基準は世界中他の国と同じように高度であることを保証しなければならない。中国の消費者達は欧米の人々よりもソーシャルメディアに対してより活発であり、それ故にいかなるスキャンダルも即時に国中に広がる。 


Our interactive Sinodependency index gauges China's influence on the fortunes of American multinationals

gauge:測定する

我々のインターラクティブな中国依存度指数はアメリカの多国籍企業の運に対する中国の影響力を測定する

Lastly, a One China policy no longer makes sense. Most firms set up their local offices when China’s economy was smaller than $2 trillion. Although it will soon be five times that size, many still try to run their operations from Shanghai. That makes little sense when tastes in food, fashion and much else vary between provinces and mega-cities that have populations as big as European countries. Some 400m Chinese do not speak Mandarin. So even as CEOs need to keep a closer eye on standards and behaviour, they should localise marketing and perhaps product development. China is still a rich prize. Firms that can boost productivity, improve governance and respond to local tastes can still prosper. But the golden years are over. 

even as:と同時に
prize:賞賛
taste:嗜好
prosper:繁栄する 

最後に、かつての中国の政策は最早意味をなさない。中国経済が2兆ドル以下の時に大抵の企業が中国に事業所を作った。中国の経済規模はすぐに5倍の規模になったにもかかわらず、多くの事業所は未だにそうしたオペレーションは上海から行なおうとしている。そうしたことは食料、ファッション、そしてその他多くの嗜好がヨーロッパ諸国と同程度の人口を有する省や大都市で異なっている時においては全く意味がなくなる。およそ4億人の中国人は標準中国語を話さない。つまりCEOが規範と行動に注視し続ける必要があると同時に、マーケティングと恐らく製品開発を地域毎に行なうべきである。中国はまだ魅力的な市場である。生産性の拡大、企業管理能力の改善、そして地域の嗜好に応えることが出来る企業はまだ成功する事ができるだろう。しかし黄金期は過ぎ去っている。

土曜日。今日はこれまで。この記事は日本企業にとって耳の痛い話だろう。さて、昨日はブライアンにあった。彼は私と同様にグローバル人材の育成をしている。いろいろ参考になった。午後には皇漢堂の社長と専務が来た。久しぶりだ。夜は来週の英語研修資料のレビューだ。明日の英語研修の資料はこれから見ないと行けない。ではまた明日。ところでこのYouTubeを見てね。http://youtu.be/eMRDu2l68I8

swingby_blog at 07:19コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月20日

中国は自身の魅力を失っている。 外国企業にとってだんだん生きづらくなってきた。居続けたい企業は適応しなければならない。(2)

Competition is heating up. China was already the world’s fiercest battleground for global brands but local firms, long laggards in quality, are joining the fray. Many now have overseas experience, and some are developing inventive products. Xiaomi and Huawei have come up with world-class smartphones, and Sany’s excellent diggers are taking on costlier ones made by Hitachi and Caterpillar. Consumers will no longer pay a hefty premium just because a brand is foreign. Their internet savvy and lack of brand loyalty makes them the world’s most demanding customers. 

fiercest:激しい
laggard:後発の企業・製品
fray:争い
inventive:創意に富んだ 
digger:切削機械
take on:対決する
costlier:高価な
hefty:高い 
savvy:実際的な能力
premium:割増料金

競争が激化してきている。中国は既に世界的なブランドにとって世界で最も激しい戦場であるが品質で大きく遅れをとっている地元企業はその争いに参加してきている。多くの企業が現在外国での経験を持っており、そして創意に富んだ製品を開発している企業もある。Xiaomi小米とHuawei華為技術はスマートフォンで世界クラスに追いついており、そしてSany三一重工の卓越した掘削機器は日立やキャタピラーのより高いコストの製品に対決している。消費者達は最早ただ外国ブランドというだけで高い割増料金を払わないだろう。消費者達のインターネットを使う能力とブランドにたいする忠誠真の欠如は、かれらを世界一要求が厳しい消費者にしている。

Some companies are leaving. Revlon said in December that it was pulling out altogether. L’Oreal, the world’s largest cosmetics firm, said soon afterwards that it would stop selling one of its main brands, Garnier. Best Buy, an American electronics retailer, and Media Markt, a German rival, have already left, as has Yahoo, an internet giant. Tesco, a British food retailer, last year gave up trying to go it alone, and entered a joint venture with a state-owned firm. 

afterward:その後 

いくつかの企業は中国を離れている。レブロンは12月に全撤退すると発表した。世界最大の化粧品会社のロレアルは、その後すぐにGarnierという主要ブランドの1つの販売を中止すると発表した。アメリカの家電量販業者であるBest Buyとドイツの競合であるMedia Marktは、既に中国を離れており、インターネットの巨人であるYahooもまた同様である。イギリスの食品小売業者であるテスコは昨年単独で中国に参入することをあきらめ、中国の国営企業と合弁企業を起こした。

Some of those who are staying are struggling. IBM this week said that revenues in China fell by 23% during the last quarter of 2013. Remy Cointreau, a French drinks group, reported that sales of its Remy Martin cognac fell by more than 30% during the first three quarters of last year because of a plunge in China. Yum Brands, an American fast-food firm, said in September last year that same-store sales in China had fallen by 16% in the year to date. Its problems were partly the result of a government investigation into alleged illegal antibiotic use by its chicken suppliers. 

cognac:コニャック 
plunge:急落 
allege:主張する、申し立てる year to date:累計で、年初来 antibiotic:抗生物質 government investigation:政府捜査 
chicken suppliers:ブロイラー 

こうした残っているいくつかの企業は奮闘している。IBMは今週、2013年の第4半期目の収益が23%減少したと発表した。フランスの飲料グループのRemy Cointreauは当グループのコニャックの売上げが、中国での停滞が原因で去年の3つの四半期で30%以上減少した。アメリカのファストフード会社であるYum Brandsは、去年の9月に中国の同じ店舗の売上げが年初来で16%低下したと発表した。この問題は、ある程度はブロイラー業者によるいわゆる違法な抗生物質使用への政府捜査の結果である。

Investors no longer celebrate firms with big investments in China. Our Sinodependency Index weights American multinationals by their China revenues. Sino-dependent firms used to outperform their peers, but in the past two years their share prices have done worse than others’. As Jeffrey Immelt, the boss of GE, puts it, “China is big, but it is hard…[other] places are equally big, but they are not quite as hard.” Companies that want to stay in China will have to put in even more effort. Many will have to change strategy. 

investor:投資家
weight:負わせる、圧迫する
Sinodependency Index:中国依存度指数
outperform:しのぐ、上回る
share price:株価

投資家達は最早中国での大きな投資を行なう企業を賞賛しない。我々の中国依存度指数が中国の収益でアメリカの多国籍企業を圧迫する。中国に依存した企業は彼らと同業他社を収益で上回っていたが、しかし過去2年間そうした企業の株価は同業他社よりも悪化している。GEの代表取締役であるJeffrey Immeltが述べたように「中国は大きいが、難しい…他の市場は同様に大きいが、しかしそうした市場は中国ほど厳しくはない。」中国に残りたいと考えている企業はもっと苦労もしなければならないだろう。多くの企業は戦略を変える必要がある。

金曜日。今日はこれまで。まさしく、今の日本企業が直面している中国の現状だ。政治問題だけではない。このマーケットに日本企業は真っ正面から挑む必要がある。そうしていない企業が大半だが。さて、昨日の昼は損保ジャパンの奈良さんとの会食。楽しい時間を過ごした。午後は東洋経済の訪問。後は講演資料のレビュー。今日は昼にはブライアンとの会食で、大手町まで行く。今日で講演資料の英訳が完了するので、その最終化に入る。明日は英語の研修だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:23コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月19日

中国は自身の魅力を失っている。 外国企業にとってだんだん生きづらくなってきた。居続けたい企業は適応しなければならない。

これはエコノミストだ。

China loses its allure
Life is getting tougher for foreign companies. Those that want to stay will have to adjust
Jan 25th 2014 | From the print edition

allure:魅力 

中国は自身の魅力を失っている。 外国企業にとってだんだん生きづらくなってきた。居続けたい企業は適応しなければならない。 



ACCORDING to the late Roberto Goizueta, a former boss of The Coca-Cola Company, April 15th 1981 was “one of the most important days…in the history of the world.” That date marked the opening of the first Coke bottling plant to be built in China since the Communist revolution.The claim was over the top, but not absurd. Mao Zedong’s disastrous policies had left the economy in tatters. The height of popular aspiration was the “four things that go round”: bicycles, sewing machines, fans and watches. The welcome that Deng Xiaoping, China’s then leader, gave to foreign firms was part of a series of changes that turned China into one of the biggest and fastest-growing markets in the world. For the past three decades, multinationals have poured in. After the financial crisis, many companies looked to China for salvation. Now it looks as though the gold rush may be over. 

claim:宣伝文句
over the top:超派手な 
absurd:ばかげた
disastrous:悲惨な、失敗した、ひどい
Mao Zedong:毛沢東
tatter:ぼろ、ぼろぎれ、ぼろ着
aspiration:熱望、野望、大志
Deng Xiaoping:小平(とうしようへい)
multinational:多国籍(企業)の
pour in:集まる
salvation:救済、保護 

コカコーラの元社長の晩年のRoberto Goizuetaによると、1981年4月15日は「世界の歴史の中で最も重要な日の1つ」だ。その日は共産主義革命以来、中国で建設された初めてのコーラのボトル詰め工場の開業を記念する日だった。その宣伝文句はやりすぎていたが、とんでもないものではなかった。毛沢東の失敗した政策は経済をぼろぎれ状態に陥れた。大衆が一番欲しいものは「行き渡っている4つの物」だった:つまり自転車、ミシン、扇風機、そして時計である。中国の当時の指導者である小平が外国企業に与えた歓迎が、中国を世界最大かつ最速で拡大する市場の一つへと変貌させるための一連の変化の一環であった。過去三十年間、多国籍企業が集まってきた。金融危機以降、多くの企業が中国を救世主として見ていた。現在はまるで中国はゴールドラッシュが過ぎさったかのようである。 

More pain, less gain
In some ways, China’s market is still the world’s most enticing. Although it accounts for only around 8% of private consumption in the world, it contributed more than any other country to the growth of consumption in 2011-13. Firms like GM and Apple have made fat profits there. But for many foreign companies, things are getting harder. That is partly because growth is flagging, while costs are rising. Talented young workers are getting harder to find, and pay is soaring. 

enticing:魅力的な
flag:衰える 
soar:大きくなる、高くなる 

痛みはますます増え、利益はますます減っている
ある点では、中国市場はまだ世界で最も魅力的である。中国市場は世界の個人消費の8%前後を占めているにすぎないが、中国は他のいかなる国よりも2011−2013年で個人消費の成長に貢献している。GMやAppleのような企業は中国でかなりの利益を作り出している。しかし多くの外国企業にとって状況は悪くなってきている。これは成長が衰えていて、一方でコストは上がっているのが一つの理由だ。優秀な若い人材を見つけるのが難しくなっており、それ故に給料が高くなっている。

China’s government has always made life difficult for firms in some sectors—it has restricted market access for foreign banks and brokerage houses and blocked internet firms, including Facebook and Twitter—but the tough treatment seems to be spreading. Hardware firms such as Cisco, IBM and Qualcomm are facing a post-Snowden backlash; GlaxoSmithKline, a drugmaker, is ensnared in a corruption probe; Apple was forced into a humiliating apology last year for offering inadequate warranties; and Starbucks has been accused by state media of price-gouging. A sweeping consumer-protection law will come into force in March, possibly providing a fresh line of attack on multinationals. And the government’s crackdown on extravagant spending by officials is hitting the foreign firms that peddle luxuries. 

brokerage house:証券会社
tough:苦しい、困難な
ensnare:陥いる
Snowden backlash:スノーデン効果
corruption probe:徹底した汚職調査 
humiliate:恥をかかせる、屈辱を与える
apology:弁明、謝罪
warranties:保証
inadequate:不十分な
sweeping:広範囲の/無差別の
crackdown:厳重な取り締まり 
extravagant spending:浪費
peddle:売り歩く
price-gouging:料金の不当なつり上げ 

中国政府はいつもいくつかの分野の企業にとって生き残るのを困難にしてきていたー政府は外銀や証券会社の市場参入を制限し、FacebookやTwitterを含むインターネット企業の参入を阻止しているーしかしその厳しい取り組みは拡大しているように思われる。シスコやIBM、クアルコムのようはハードウェア企業がポスト・スノーデン効果に直面している。製薬企業のグラクソ・スミスクラインは徹底的な汚職調査で困難な状況に陥っている;Appleは不十分な保証を提供していたという理由で、昨年屈辱的な謝罪を強制させられた;そしてスターバックスは料金の不当なつり上げを国営放送によって非難されている。広範囲な消費者保護法が3月に発動され、それは恐らく多国籍企業を攻撃する新たな方法を可能とするだろう。そして公務員の浪費に対する厳重な取り締まりは、贅沢品を販売する外国企業に打撃を与えている。

※スノーデン効果 米国家安全保障局(NSA)の元契約業者エドワード・スノーデンにより世界中へのアメリカの防諜行為の広がりが暴露されたことで、企業がアメリカ企業との取引を避けるようになったのだ。最近のグーグル、シスコ、そしてAT&T の海外での後退は、部分的には、このNSAスキャンダルで企業が果たした役割に対する国際的な抗議を原因としている 

木曜日。今日はこれまで。昨日は母親の見舞いに行って来た。一日がかりだ。それでも朝が早いので、仕事には支障がない。ただ、こうしたビジネスは物理的な作業ではないので、やるべき量が見えないので幾らやっても終わらない。今日の昼は損保ジャパンの奈良さんと会食があり、午後は東洋経済を訪問する。金曜日の海野会を中止にしたので、大分楽になった。ではまた明日。

swingby_blog at 05:48コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓