2014年07月

2014年07月31日

シェールオイルの経済 サウジアラビアとアメリカ シェールオイルの利益は多くのアメリカ人が認識しているよりも大きい。政策がまだそれに追いついていない。(2)

Until the early 1970s, America was the world’s largest oil producer and the Texas Railroad Commission stabilised world prices by dictating how much the state’s producers could pump. When Arab states slapped an oil embargo on Israel’s Western allies after the six-day war in 1967, Texas cushioned the blow by allowing a massive production boost. But rising consumption and declining production eroded the state’s spare capacity, and in March 1972 Texas called for flat-out production. “This is a damn historic occasion and a sad occasion,” the Texas Railroad Commission’s chairman declared. When Arab producers imposed another embargo the next year, prices rocketed. America had lost the role of world price arbiter to OPEC, a cartel dominated by despotic regimes. American politicians tried desperately to curb consumption (for example, by lowering speed limits) and to conserve supplies (by banning crude-oil exports in 1975).

Texas Railroad Commission:テキサス鉄道委員会
stabilise:安定させる
dictate:規制する、指定する
slap:課す、上乗せする
embargo:禁輸措置
the six-day war:6日戦争
cushion:緩和する、和らげる
erode:徐々に失わせる
flat-out:徹底的な、全力な
damn:忌まわしい
arbiter:決定者
despotic regime:独裁的な政権、体制
dominate:支配する
desperately:必死になって

【6日戦争】
第三次中東戦争、6日戦争◆1967年6月5〜10日、イスラエルが電撃攻撃により、シナイ半島、エルサレム旧市街、ゴラン高原を占領。
【テキサス鉄道委員会】
1891 年に鉄道の管理を目的として設立された組織であるが、その後、テキサス州内の産油割当てあるいは生産制限規則を策定し、実施するようになって著名になった行政機関である。

1970年代初期ごろまではアメリカが世界最大の石油産油国であり、テキサス鉄道委員会がテキサス州の採掘業者が採掘できる量を規制することで、石油世界価格を安定させてきた。1967年の第三次中東戦争後にアラブ諸国がイスラエルの西欧諸国連盟に対して石油の禁輸措置を課した際、テキサス州は大幅な生産量の増大を許可することによってその衝撃を和らげた。しかし増加する消費量と減少する生産量がテキサス州の余力生産能力を徐々に失なわせていき、そして1972年3月にテキサス州は最大限の生産を求めた。「これは忌まわしい歴史的な出来事であり、悲しい出来事だ」とテキサス鉄道委員会の議長は言った。アラブの産油国が翌年再度の禁輸措置を課した時に石油価格が急上昇した。アメリカは、独裁政権によって支配されていたカルテルであるOPECに対して世界価格の決定者としての役割を失ってしまった。アメリカの政治家達は必死になって石油の消費を抑制しようとし(例えば速度制限を下げることによって)、そして供給量を確保しようとした(1975年に原油の輸出を禁止したことで)。

American production declined steadily from a peak of 9.6m barrels a day in 1970 to under 5m in 2008. About then, independent producers began adapting the new technologies of hydraulic fracturing (“fracking”) and horizontal drilling, first used to tap shale gas, to oil. Total American production has since risen to 7.4m barrels a day, and the Energy Information Administration, a federal monitor, reckons it will return to its 1970 record by 2019. The International Energy Agency is more bullish; it reckons that by 2020 America will have displaced Saudi Arabia as the world’s biggest producer, pumping 11.6m barrels a day. 

水圧式破砕法:水圧式破砕法
fracking:フラッキング=水圧破砕 水圧式破砕法と同義語
horizontal drilling:水平採掘法
tap:開発する
Energy Information Administration:エネルギー情報事業団
International Energy Agency:国際エネルギー機関
displace:置き換わられる

アメリカの生産量は次第に1970年のピーク時の1日あたり960万バレルから2008年の500万バレルまで減少した。そのときくらいから、独立系生産業者が水圧式破砕法(フラッキング)と水平採掘法という新しい技術を導入し始め、最初はシェールガスを開発するために使用しその後石油の開発に使用した。合計のアメリカの生産量は1日あたり740万バレルまで増加し、連邦監督局であるであるエネルギー情報事業団は、生産量は2019年までに1970年の水準まで回復するだろうを推測している。国際エネルギー機関はより楽観的である:当機関は、2020年までにアメリカがサウジアラビアと置き換わり、1日あたり1160万バレルの産出という世界最大の生産国になるだろうと考えている。

Besides directly creating new jobs and income, the fossil-fuels boom could help growth by reducing America’s vulnerability to oil-price swings, in two ways. First, as production rises and imports shrink, more of the cash that leaves consumers’ pockets when the oil price rises will return to American rather than foreign producers. David Woo of Bank of America/Merrill Lynch notes that America’s petroleum deficit has narrowed to 1.7% of GDP while Europe’s has widened to nearly 4%, which seems to have made both the dollar and the economy less sensitive to oil prices.

vulnerability:脆弱性
swing:変動/変化
deficit:不足、赤字

直接的な新しい雇用と収入の創出に加えて、2つの方法で、化石燃料ブームがアメリカの成長を助け、アメリカの石油価格の変動に対する脆弱性が減少するだろう。1つ目が、生産量の増加と輸入量の縮小のために、石油価格の上昇が外国の産油国よりもむしろアメリカに還元されることで消費者の懐に残るお金がますます増えることである。バンク・オブ・アメリカ/メリルリンチのDavid Wooは、ヨーロッパの石油による赤字が4%近くまで拡大する一方で、アメリカの赤字はGDPの1.7%まで狭まり、そしてそのことは米ドルと経済の両方が石油価格の影響を受けにくくなるだろうと述べている。

木曜日。今日はこれまで。昨日は日本ハムの人たちと会食した。午後は上海から森松集団の真田さんが来られてた。9月に上海に行くので、その時に現地で研修をする旨話が進んだ。今日の昼は大阪から@ストリームの平山さんが来るので、青柳さんと一緒に京橋でカレーを食べる。ではまた明日。


swingby_blog at 07:24コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月30日

シェールオイルの経済 サウジアラビアとアメリカ シェールオイルの利益は多くのアメリカ人が認識しているよりも大きい。政策がまだそれに追いついていない。

これはエコノミストだ。

The economics of shale oil
Saudi America
The benefits of shale oil are bigger than many Americans realise. Policy has yet to catch up
Feb 15th 2014 | MIDLAND, TEXAS | From the print edition

シェールオイルの経済
サウジアラビアとアメリカ
シェールオイルの利益は多くのアメリカ人が認識しているよりも大きい。政策がまだそれに追いついていない。



Frackin’ the Bakken
DENNIS LITHGOW is an oil man, but sees himself as a manufacturer. His factory is a vast expanse of brushland in west Texas. His assembly line is hundreds of brightly painted oil pumps spaced out like a city grid, interspersed with identical clusters of tanks for storage and separation. Through the windscreen of his truck he points out two massive drilling rigs on the horizon and a third about to be erected. Less than 90 days after they punch through the earth, oil will start to flow.

Frackin’:hydraulic fracturing 《石油・天然ガス開発》水圧破砕(法) 
Bakken:ノースダコタ州のシェールオイル産地
brushland:未開発地
space out:空間を空ける
storage:保管、貯蔵
separation:分離
interspersed with:散在している、偏在している
windscreen:風よけガラス、フロントガラス
on the horizon:めどが立って
about to:まさに〜しようとしている

バッケン地区での水圧粉砕
Dennis Lithgowは石油関連会社を経営しているが、しかし彼は自分を製造業者として見ている。彼の工場は西テキサスの広大な未開発地にある。その組み立てラインは街の碁盤目状のように広がっていて、貯蔵と分離のためのタンクの全く同じような集団とともに散在している何百もの明るい石油パイプである。トラックのフロントガラス越しで、彼はめどが立っている2つの大きなドリルの掘削装置と組み立て途中の3番目を指し示している。90日未満にそれらが地面に穴をあけ、石油が流れ始めるだろう。

What if they’re dry? “We don’t drill dry holes here,” says Mr Lithgow, an executive for Pioneer Natural Resources, a Texan oil firm. In the conventional oil business, the riskiest thing is finding the stuff. The “tight oil” business, by contrast, is about deposits people have known about for decades but previously could not extract economically.

be about~:一番の目的である
tight oil:タイトオイル シェールオイルのこと 頁岩(シェール)層などの岩盤層から採取される非在来型の原油。

もし石油がなかったらどうするのだろうか?「我々はここで空井戸は掘らない」とテキサスの石油会社であるPioneer Natural Resourcesの経営者であるLithgowは言う。伝統的な石油ビジネスにおいては、一番のリスクは石油を見つけ出すことだ。対照的に「シェールオイルビジネス」は、既に数十年間も人々に知られてきていたが、以前は経済的な問題で発掘することが出来なかった埋蔵物を掘り起こすことである。

Pioneer’s ranch sits at the centre of the Permian Basin, a prehistoric sea that, along with Eagle Ford in south Texas and North Dakota’s Bakken, are the biggest sources of tight oil, a broad category for the dense rocks, such as shale, that usually sit beneath the reservoirs that contain conventional oil. Since 2008 tight-oil production in America has soared from 600,000 to 3.5m barrels per day (see chart 1). Thanks to tight oil and natural gas from shale, fossil fuels are contributing ever more to economic growth: 0.3 points last year alone, according to J.P. Morgan, and 0.1 to 0.2 a year to the end of 2020, according to the Peterson Institute, a think-tank. Upscale furniture stores and luxury-car dealerships have sprung up in Midland since the boom began. Mr Lithgow has truck drivers who earn $80,000 a year. Local oil-service firms have been known to hire fast-food workers on the spot. In all, the unconventional-energy boom will create up to 1.7m new jobs by 2020, predicts McKinsey, a consultancy.

prehistoric:有史以前の
shale:頁岩(シェール)
reservoir:貯蔵層
dealership:代理店
on the spot:即座に
unconventional-energy:被在来型資源

開拓者の大牧場はバーミアン盆地の中心に位置している。そこは有史以前の海で、南テキサスのイーグルフォードと北ダコタのバッケンにあって、タイトオイルの最大の原産地であり、それはシェールのような質量が大きい岩盤の広義なカテゴリーであり、伝統的な石油を含んでいる貯蔵地帯の下に通常存在している。2008年からアメリカのタイトオイルの生産が1日あたり60万バレルから350万バレルまで上昇してきた(図1参照)。シェール層から出るタイトオイルと天然ガスのお陰で、化石燃料が経済成長にこれまでよりも更に貢献している。:JPモルガンによれば昨年だけで0.3ポイント押し上げ、シンクタンクのPeterson Instituteによると2020年の終わりまでに年間で0.1ポイントから0.2ポイント押し上げる。こうしたブームが始まってから上流階級向けの家具店や高級自動車の販売代理店がミッドランドに突然に現れてきている。Lithgow氏は年間8万ドルでトラックドライバー達を雇っている。地元のオイル会社が即座にファストフードの従業員を雇っているのは良く知られている。非在来型資源ブームが2020年までに合計で170万人の新しい雇用を創り出すことになるだろうとコンサルタント企業のマッキンゼーは予測している。


シェールガスの突然の出現
1日あたりのバーレル 単位:百万
薄い青:原油 濃い青:タイトオイル

And that is only part of the story. Another benefit of tight oil is that it is much more responsive to world prices. Some economists think this could turn America into a swing producer, helping to moderate the booms and busts of the global market. Pioneer is rapidly boosting production. But Scott Sheffield, the company’s boss, worries that in a few years he will run out of customers; America has prohibited the export of crude oil since the 1970s. At $100 a barrel, the price of West Texas Intermediate (the most popular benchmark for American oil) is comfortably above the break-even cost of tight oil. But the prospect of a glut has futures pricing it at $20 less in 2018. “There will be a lot less oil-drilling when you take $20 out of everybody’s margin,” says Mr Sheffield.

swing producer:スイングプロデューサー; 生産量を加減できる石油生産国
bust:不況
West Texas Intermediate:通称WTI  
break-even cost:損益分岐価格
glut:供給過剰 
prospect:可能性

そしてこうしたことは、これらの物語の一部にすぎない。タイトオイルのもう1つの利益は、タイトオイルは世界価格にこれまでよりも更に敏感であるということである。ある経済学者達は、このことがアメリカを生産量を加減できる石油生産国に変え、世界市場の好不況を緩和する手助けをするだろう。;開拓者は急速に生産を増加している。しかし、企業の経営者であるScott Sheffieldは数年で顧客を失うことを懸念している。アメリカ人は1970年代から原油の輸出を禁止してきている。1バレル100ドルで、WTI(最も一般的なアメリカの石油の標準価格)は、タイトオイルの採算原価を楽に上回っている。しかし2018年に、供給過剰によって、タイトオイルの将来的な価格を20ドル未満にしてしまう可能性がある。「全員の利益から20ドルを取ったら、石油掘削はかなり縮小することになるだろう」とSheffield氏は言っている。

※WTI
アメリカ合衆国のテキサス州西部とニューメキシコ州南東部で産出する低硫黄の軽質原油のことをいう。本原油は、硫黄分が少ないため、ガソリンや灯油などを多く取り出せる高品質なのが特徴となっている。WTIの原油先物は、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で"Light Sweet Crude Oi"として取引され(1982年に登場)、取引単位は1000バレル、取引時間はニューヨーク時間の10:00〜14:30であるが、電子取引(24時間取引)が導入されているため、実際には時間外取引も活発に行なわれている。また、現物の引渡しを受けることも可能であり、取引参加者はNYMEXへ通知することにより、手持ちの先物を現物に交換することが可能になっている。

水曜日。今日はこれまで。昨日は日立の安田さんと会食をした。彼はもとACで一緒に仕事をしていた。久しぶりだ。日立が中国で活発に動いてることがわかった。昨晩の仕事は9時半まで粘った。今日は日本ハムの相田さんと昼食をとる。夕方には上海から来ている真田さんと中国での研修の打ち合せがある。昨日、今日の朝食は人形町で買ったたい焼きだ。いつもは長蛇の列なのだが、月曜日の夜はたまたま列が切れていた。珍しい。ではまた明日。


swingby_blog at 07:56コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月29日

マレーシアの政治と法律 隅々まで及ぶ権威 野党はさまざまな理由で非難を受けていることを知っている。(2)

Certainly, the sodomy cases seem to come at the most inconvenient times. Mr Anwar’s latest sentencing came only a few days before he was due to be nominated as a candidate in a critical by-election for an assembly seat in Kajang in the state of Selangor, Malaysia’s richest. People in the court were surprised at how quickly the three judges wrapped up the trial and handed down the jail term. Had he won in Kajang, he was expected to become Selangor’s chief minister. That would have afforded him a good perch from which to assail the government. Mr Anwar is now disqualified from holding political office. 

crucial by-election:極めて重要な補欠選挙
sentencing:刑の判決手続き
trial:公判
hand down:言い渡す
jail term:刑期
perch:有利な場所
assail:激しく非難する 

男色の訴訟は確実に、最も都合の悪い時に起きているように思える。Mr.Anwarについての最後の判決手続きは、彼がマレーシアで最も豊かなセランゴール州のカジャンでの議席をめぐる非常に重要な補欠選挙の候補者として指名される予定であった僅か数日前になされたのである。裁判所にいた人達は3人の裁判官が公判をまとめ、刑期を言い渡した迅速さに驚いていた。彼はカジャンで勝利していたら、セランゴール州知事になると予想されていた。それにより、彼は政府を攻撃するために格好のポジションを彼に与えることができただろう。Mr.Anwarは現在、公職に就く権利を剥奪されている。

The legal basis of the conviction of Mr Karpal has, if anything, caused even more outrage. The lawyer has been found guilty of sedition for a remark he made during a press conference in 2009, when he merely expressed his legal opinion on a political dispute in the state of Perak. He said that the sultan could be legally challenged for his decision to remove the then-incumbent chief minister during a political crisis. This was deemed to be an attack on the sultan. The Sedition Act, dating from 1948, is so outmoded that the government itself promised in 2012 to remove it from the statute book. Yet not only is it still in place, but it is now being used with renewed vigour, belying government claims before the election that it had embarked on a great reform of Malaysia’s outdated and oppressive British colonial laws. The office of the UN High Commissioner for Human Rights is one of many international organisations and NGOs to have condemned the continued use of the Sedition Act in general, and its use in this case in particular.

legal basis:法的根拠
outrage:激しい憤り
sedition:治安妨害
make a remark:何か言う
find guilty:有罪になる
sultan:イスラム教国の君主
then-:当時の
incumbent:現職の
challenge for his decision:彼の決定に異議を述べる
outmoded:時代遅れの
statute book:法令集
vigour:法的な効力/正当性
belie:矛盾する
embark on:に乗り出す/着手する
oppressive:圧政的な/暴虐的な
condemn:を非難する

Mr.Karpalの罪の法的根拠はどちらかというと、より大きな憤りを引き起こしている。その弁護士が単にペラ州での政治的な争いに関する法的な見解を述べた2009年の記者会見で言ったことが治安妨害罪に問われている。彼は、君主が当時の現職首相を政治危機の時に解任する彼の決定に異議を述べることが法的に出来ると述べた。これが君主への攻撃とみなされたのである。1948年から始まる治安法は政府自身が2012年に法令集から除くことを約束したほど時代遅れなものである。しかし、未だに実施されていないだけでなく、現在、新たな法的効力を持って使用されているのである。これは、政府は時代遅れで圧政的な英国植民地の法令の大規模な改革に乗り出しているという選挙前の政府自身の主張に矛盾している。国連人権高等弁務官事務所は治安法が一般的に継続使用され、特にこの訴訟で使用されていることを非難してきている国際機関、NGOの1つである。

Another group, the Asian Forum for Human Rights and Development, accused the Malaysian government of “an ongoing systematic persecution” of the opposition. The government denies any meddling in judgments reached by a judiciary it insists is independent. And the verdicts may indeed be a mixed blessing for it. PR hopes they will help an often fractious alliance to unite in adversity. Indeed, the public outrage against the convictions may give it an immediate bounce in the Kajang by-election where Mr Anwar’s wife, Wan Azizah, a political figure in her own right, will now contest the seat in his stead. This will not be the first time that she has had to take her husband’s place in an election, and may not be the last.

persecution:迫害
meddle in:~に干渉する
judiciary:裁判官/司法制度
judgments:判決
mixed blessing:良くもあり悪くもあること/痛し痒し
fractious:手に負えない/対立が絶えない
adversity:逆境
bounce:跳ね返り/活気
political figure:政界の実力者
queen in her own right:女王としての権利を持つ人、生得権で王位を継承した女王

もう一つのグループである“人権と開発のためのアジアン・フォーラム”は野党に対する「継続的で組織的な迫害」であるとマレーシア政府を非難した。政府は彼らが独立していると主張している司法が達した判決へ干渉していることを否定している。その判決は政府にとって痛し痒しであろう。人民連盟はその判決が対立の絶えない同盟が団結して逆境に向かう助けになることを望んでいる。実際に、その有罪判決に対する一般市民の怒りはカジャンの補欠選挙に即座に跳ね返りを見せているようである。その選挙ではMr.Anwarの妻であり自分自身が政界の有力者であるWan Azizahが彼の代わりに議席を争うことになる。彼女が選挙で夫の代わりを務めなければならないのは初めてではなく、恐らく最後でもないだろう。

火曜日。今日はこれまで。昨日は朝からスケートの練習、昼はPWCの内田会長との会食。午後はEdとのセミナーの打ち合せ。夜は大学の仲間との会食で、帰ったのは10時を過ぎていた。大変な一日だった。一昨日の日曜日も華僑の連中との会食があったので遅かったから、月曜日と言う感覚はなかった。今日は久しぶりにもとACの安田さんと会う。彼は今たしか日立にいる。ではまた明日。
 

swingby_blog at 08:38コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月28日

エド・ミリバンドは英国がEUメンバーであることについての国民投票に反対の意思を表明する。 (2) マレーシアの政治 野党はさまざまな理由で非難を受けていることを知っている。

Oddly, though, the speech may help the Conservatives as well as Labour—because the two parties are competing for different voters. Mr Miliband was never likely to win over die-hard Eurosceptics. Mr Cameron, however, depends on their votes and frets that many will support the populist, anti-EU UK Independence Party (UKIP). Mr Miliband’s new policy makes the prospect of a Labour government more distasteful to such voters, bolstering Conservative warnings that voting UKIP will split the Eurosceptic vote. Tories also plan to use it to rebut UKIP’s claims that they, Labour and the Lib Dems are all the same. Ironically, that was the aim of Mr Cameron’s original referendum pledge, which had little effect on polls. Mr Miliband’s effort to put clear water between the two main parties may succeed where the prime minister’s failed. 

oddly:奇妙にも 
fret:心配する/思い悩む 
distasteful:不快な 
rebut:反証する/を退ける 
Lib Dems:Liberal Democratic Party 自由民主党
ironically:皮肉にも 

しかしながら、奇妙なことにそのスピーチは労働党と同様に保守党をも助けている。なぜなら、その2つの政党は異なる有権者を獲得するために競っているためである。ミリバンドはこれまで頑固な欧州統合懐疑派には勝てそうもなかった。しかしながら、キャメロンはその票に依存しており、多くの人が大衆主義である反EUのイギリス独立党を支持することを心配している。ミリバンドの新たな方針はその有権者にとって労働党政権に対する見込みをより不愉快なものにし、イギリス独立党への投票が欧州統合懐疑派の票を分けてしまうという保守党の警告を支持している。保守党はそのスピーチを労働党と自由民主党は全く同じだというイギリス独立党の主張を退けるために使うことも計画している。皮肉なことに、それはキャメロンの元々の国民投票公約の狙いであった。それは支持投票では余り影響がなかったが。ミリバンドの2大政党を明確に分ける動きは首相が失敗しているところで上手くいっているのである。 

これはエコノミストだ。 

Malaysian politics and the law 
Long arms 
The opposition finds itself in the dock for all sorts of reasons 
Mar 15th 2014 | SINGAPORE | From the print edition

in the dock:非難を受けている 

マレーシアの政治と法律 
隅々まで及ぶ権威 
野党はさまざまな理由で非難を受けていることを知っている 。



Anwar has been here before 
SHOCK has turned to anger after two court rulings in the space of a few days in effect suspended, if not finished, the careers of two of Malaysia’s most prominent opposition politicians. First, on March 7th, the veteran leader, Anwar Ibrahim, of the opposition’s alliance, Pakatan Rakyat (PR), had his acquittal in 2012 on a charge of sodomy overturned by the Court of Appeal; he now faces five years in jail. And then on March 11th Mr Anwar’s lawyer, Karpal Singh, also an MP and chairman of one of the three parties that make up PR, was convicted of sedition. He escaped prison, but was fined 4,000 ringgit ($1,250). The conviction was enough to ensure that by law he has to stand down as an MP. 

court ruling:判決
if not:~とまではいかなくても 
prominent:目立つ/有名な 
acquittal:無罪判決 
sodomy:男色 
overturn:ひっくり返す 
Court of Appeal:控訴裁判所 
convict 有罪判決を出す 
MP:Member of Parliament
sedition:治安妨害 
stand down:身を引く 

アンワールは以前ここにいた。
2つの判決が数日のうちに事実上、最も有名な二人の野党の政治家の職を終わらせたとはいかなくとも一時的に止めた後、衝撃は怒りになっている。1つ目は、3月7日、野党連合“人民連盟”のベテランリーダーであるAnwar Ibrahimが、男色の容疑について2012年に得た無罪判決を控訴裁判所によって覆されたことである。彼は現在、5年間、刑務所に入ることになっている。そして、3月11日にMr.Anwareの弁護士で“人民連盟”を作った3つの政党の1つの議長であり国会議員でもあるKarpal Singhが治安妨害で有罪判決を受けたことである。彼は刑務所に入ることを免れたが、4,000ringgit($1,250)の罰金を科された。その有罪判決は法律によって彼が国会議員としての身を引かなければならないことを確かなものにするのに十分であった。 

Both are appealing against the verdicts, which have drawn widespread condemnation, from Malaysia’s own lawyers among others. In the case of Mr Karpal, even the UN has joined criticism of the prosecution for using outdated and discredited legislation to secure the conviction. The opposition alleges that the prosecutions amount to a concerted offensive to hobble it after its best-ever result in the general election held last May. Sedition charges are hanging over several other activists and opposition politicians, including Tian Chua, vice-president of Mr Anwar’s party. 

appeal against:上告する 
verdict:判決 
draw condemnation from:~からの批判を招く 
among others:とりわけ 
allege:を申し立てる/主張する 
prosecution:起訴 
amount to:~を意味する 
concert:計画する/ひねり出す 
hobble:進行を妨げる 
general election:総選挙 
offensive:攻撃
best-ever:これまでで最高の
hang over:危険が差し迫る/を脅かす 

両者はその判決を上告しており、それはとりわけマレーシア自身の弁護士達から幅広い非難を招いている。Mr.Karpalのケースでは、国連さえも有罪判決を確実にするために旧態依然とした信頼に値しない法律を使う起訴を批判した。野党は、その訴追手続きは昨年5月に行われた総選挙での過去最高の結果の後、その党の進行を妨げるために計画された攻撃であると主張している。治安妨害罪はAnwarの党の副党首であるTian Chuaを含めたその他の活動家や野党の政治家達にも迫ってきている。 

There was a strong sense of deja vu about Mr Anwar’s conviction. His case has been rumbling on since he was accused in 2008. Known locally as Sodomy 2.0, it followed Mr Anwar’s conviction and jailing for the same offence in 1999, a verdict that was overturned in 2004. Since colonial times, sodomy has been illegal in Malaysia, which has a Muslim majority, but prosecutions are rare. Mr Anwar argues that he is a victim of politically motivated charges designed to knock him out of politics. 

have a deja vu:既視感を覚える、〔初めての経験のはずなのに不思議と〕前にも同じことがあったような気がする
rumble:騒ぎを起こす 

Mr.Anwarの罪については強い既視感を感じた。彼の訴訟は2008年に告発されて以来の騒動となっている。地元ではSodomy2.0として知られているように、今回の件は2004年に覆された判決である1999年の同氏の有罪判決と同じ罪での投獄に続くものである。植民地時代からマレーシアでは男色は違法であり、それはイスラム教での主流である。しかし、起訴されることは稀である。Mr.Anwarは彼を政治から追い出すことを意図した政治的動機に基づいた攻撃の犠牲者であると主張している。 

月曜日。もうあっという間に8月だ。昨日は朝のインラインスケートに続いて、午後からは英語の勉強。夜は華僑のパーティと9時過ぎまで忙しかった。そのため昨晩は珍しく就寝が11時なってしまった。今日の昼はPWCの内田会長との会食。午後はEdとの新たなセミナーの打ち合せ。夜は大学の仲間との会食がある。7月も終わりになると夏休み前なので、忙しい。ではまた明日。

swingby_blog at 08:09コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月27日

エド・ミリバンドは英国がEUメンバーであることについての国民投票に反対の意思を表明することは労働党を盛り立てることになると考えている。 (2)

The gambit is optimistic, in two ways. First, Mr Miliband might have guessed wrong about Europe: moves to integrate the euro zone could, just, trigger Labour’s referendum lock earlier than he expects. Second, his move suggests he is confident of winning power despite holding only a small lead in the polls. Rather than offering a crowd-pleasing referendum, he is moving to mitigate risks to his future premiership—at the head of a Labour government or a coalition with the Liberal Democrats. (The announcement roughly aligns his policy with that of the smaller pro-European party.) 

gambit:作戦/策略 
crowd-pleasing:大衆を喜ばせる/庶民感情を揺さぶる 
mitigate:緩和する 
referendum lock:『英国政府からEUへ、今まで以上の/何か新しい/追加の国家権限を委譲しなければならない場合、国民投票の実施を保証する法律』言い換えれば、EU加盟国による統合強化が深化され、英国が現在保有している国家主権の一部を譲渡せざるを得ない状況になった場合、又は国家主権の一部を断念しなければならないような事態が起きた場合には、決断をするのは政治家ではなく’’国民がその是非を決定する’’法律のこと。
premiership:首相の地位 
pro-European:西ヨーロッパ統一主義の 
align with:協調する

その作戦は2つの意味で楽観的である。第1に、ミリバンドがヨーロッパについて誤った見立てをしていたかもしれないことである。つまり、ユーロ圏を統合する動きは彼が思った以上に早く労働党による国民投票を引き起こしうるということである。2つ目は、彼の動きは、投票でわずかなリードしかしていないにも関わらず、彼が政権を勝ち取ることに自信を持っていることを示唆していることである。大衆を喜ばせる国民投票をすることよりもむしろ、労働党政権あるいは自由民主党との連立による将来の首相の地位に対するリスクを緩和するために動いているのである。(その声明は、彼の政策において小規模の欧州派政党と大まかに同じ立場を取っている) 

Even if Mr Miliband were desperate for votes, anti-EU posturing would probably be a mistake for him. The union inspires little affection among Britons, but few are particularly exercised about it. Despite the recent turmoil in the euro zone, the proportion classing Europe as a big priority is much lower today than it was in the 1990s (see first chart). In January Lord Ashcroft, a Tory peer and pollster, reported that surprisingly few voters even knew a referendum was on the agenda. They were “nonplussed when they found out it was”, he added. Mr Miliband’s new position on the subject is a bet that such polls are accurate. 

posturing:見せ掛けの態度・行動 
affection:好意 
turmoil:混乱/騒動 
Tory peer:上院議員 
pollster:世論調査員 
nonplussed:全く困惑して/途方に暮れて 

たとえミリバンドが投票に絶望していたとしても、反EUの姿勢は恐らく彼にとって間違いになるだろう。EUは英国民にわずかな好意しかもたらさないのであるが、少数の人たちはとりわけ好意を示している。最近のEU圏における混乱にもかかわらず、ヨーロッパを重要事項だとする割合は1990年代よりもずっと低い(1つ目のチャート)。1月、保守党の上院議員であり世論調査員であるアシュクロフト卿は、驚くべきことにわずかな有権者しか国民投票が議題となっていたことを知らなかったという報告をした。彼は、有権者がそれを知ったとき非常に困惑していたと付け加えている。この件についてのミリバンドの新たな立場はその調査が正しいということへの賭けである。 




イギリス国民の意見
左図:共同市場/EU/単一通貨はイギリスが直面する最重要項目の一つである。数値は支持の%。
右図:党の指導者の支持率

The speech was also part of a plan to make character central to the next election. According to YouGov, a polling firm, fewer voters think Mr Miliband “sticks to what he believes in” than think the same of the prime minister, though the gap is closing (see second chart). But Mr Miliband certainly believes in European co-operation. Labour strategists hope voters will warm to an honest display of his pro-European instincts—and contrast them with Mr Cameron’s craven efforts to please his Eurosceptic backbenchers. Even if Britons care little about the issue, they like politicians who seem authentic. 

make character central:中心人物にする
polling firm:世論調査会社 
warm to:に共感を寄せる/乗り気になる 
pro-European:欧州支持の 
instinct:生来の素質/強い動機 
craven:臆病な/意気地のない 
Eurosceptic:EU懐疑派 
backbencher:一般議員 
authentic:真の/信頼のおける 

そのスピーチは次期選挙にむけて中心人物にするための計画の一部でもあった。世論調査会社であるYouGovによれば、キャメロン首相とミリバンドの支持率の差が縮まっていても、わずかな有権者だけがミリバンドは首相と同じことを考えるより、自分の信じることを突き通すと考えているようである(2つ目のチャート)。しかし、ミリバンドは確実に欧州協力を信じている。労働党のブレーン達は、有権者は彼がEU支持の強い想いを正直に示すことに共感を持つことに希望を持ち、EU懐疑派の一般議員を満足させるためのキャメロンの意気地のない取り組みと対比している。英国民はその問題に殆ど関心を持っていなくても、信頼できそうな政治家を好むのである。 

Mr Miliband’s proud Europhilia is also intended to burnish his image with corporate bosses. Business-bashing policies like freezing energy prices and capping banks’ market share have sapped support among firms and weakened Labour’s economic credibility. The party’s pro-European stance strengthens it, at least among the influential manufacturing and financial firms that benefit most from the single market. Mr Miliband’s speech was conceived with such companies in mind and was well-received by them. The Engineering Employers’ Federation praised it for “reducing uncertainty” about Britain’s place in the EU. 

-philia:~に対する病的愛好 
burnish:磨き上げる 
cap:上限を定める 
sap:を弱らせる 
conceive:着想する/~と考える 

ミリバンドが誇りにする欧州主義は集団のボスであるという彼のイメージを磨き上げることを意図してもいる。エネルギー料金の凍結や銀行の市場シェアに上限を定めるといった業界バッシングの政策は企業の支持を弱らせ、労働党の経済的な信頼性を弱めている。党のEU支持のスタンスは少なくとも単一市場から多くの利益を得ている大きな影響力を持つ製造業や金融機関の間では労働党を強固にしている。ミリバンドのスピーチはそういった企業を念頭に考えられており、それらの企業には受け入れられた。エンジニアリング事業者連盟はEUにおける英国の立場の不確定さを減少させるとしてそれを称賛した。 

日曜日。今日はこれまで。昨日は一日海野塾であった。新たに佐々木さんと三ツ森さんが講師となった。3セッションは時間が足りない。次回から2セッションにしよう。議論がだんだん深まって来た。良いことだ。今日の朝はインラインスケートで溜池山王へ。久しぶりに藤井パパに会うことが出来る。午後は3時まで英語の勉強。夕方からは中国人の3winclubの日本での会合に出席する。日比谷公園の松本楼だ。凌晨さんが主催するクラブだ。今中国人の経営者は息が荒い。ではまた明日。

swingby_blog at 08:34コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月26日

イスラエル人はパレスチナ人が彼ら自身の石油を開発することを許すだろうか?(2) エド・ミリバンドは英国がEUメンバーであることについての国民投票に反対の意思を表明する。

Mr Mustafa’s decision to explore Area C without Israeli approval may bolster a Palestinian campaign to recover the territory’s raw materials and to develop its agriculture, both of which Israel has exploited for the past 45 years. A host of Western powers, including the so-called Quartet that groups together the United States, the European Union, Russia and the United Nations, have given the Palestinians their support. The Quartet’s representative, Tony Blair, a former British prime minister, has prepared an eight-point plan to spend $12 billion to regenerate the Palestinian economy, with an emphasis on tourism, farming and the mineral exploitation of Area C. But without the Israeli military administration granting easier access and permits, the Palestinians’ oil is unlikely to flow soon. 

bolster:強化する 
campaign:軍事行動

イスラエルの了解なしでエリアCを調査するというMr.Mustafaの決断はイスラエルが過去45年間不当に占拠してきた領土の原材料を取り戻し、農業を開発するためにパレスチナの軍事行動を強化するかも知れない。米国、EU、ロシア、反枢軸連合国がグループであるいわゆるカルテットを含む西欧列強はパレスチナ人を支援している。カルテットの代表である前英国首相のトニー・ブレアは観光、農業、エリアCの鉱物開発に重点を置いたパレスチナ経済を再生するため、120億ドルを支出するための8項目からなる計画を準備している。しかし、イスラエルの軍政がもっと容易なアクセスと許可を認めなければ、パレスチナ人の石油はすぐには実現しそうもない。 

これはエコノミストだ。 
Labour and Europe  
Europhile and proud   
Ed Miliband reckons that coming out against a referendum on Britain’s EU membershi
p will boost Labour. It may help the Tories, too 
Mar 15th 2014 | From the print edition

reckon:~と考える 
come out against:反対の意思を表明する 
referendum:国民投票 
Tories:保守党 

労働党と欧州
ユーロびいきと高いプライド
エド・ミリバンドは英国がEUメンバーであることについての国民投票に反対の意思を表明することは労働党を盛り立てることになると考えている。それは保守党を助けることにもなり得る。 



TWO recurring European nightmares trouble the Labour Party’s strategists. In the first the Conservative Party wins the next election, scheduled for May 2015, by taunting Labour for its opposition to a referendum on EU membership. In the second Labour commits to a referendum and wins the election. It spends two years urging voters to back membership—but loses the vote, sending Britain out of the union.

recurring:繰り返し発生する 
taunt:あざける/なじる 

2つの繰り返し発生するヨーロッパの悪夢が労働党のブレーン達を困らせている。第1に、労働党がEUメンバーであるについての国民投票に反対していることをなじることによって2015年5月に予定されている次回選挙で保守党が勝利することである。2つ目は、労働党は国民投票を約束し、選挙に勝つことである。有権者にEUメンバーにもどることを促して2年を費やすだろうが、結果として票を失い、英国をEUから離脱させてしまうだろう。 

In January 2013 David Cameron, the prime minister, pledged to hold a referendum by the end of 2017 if his Conservative Party wins the next election. Labour shuffled its feet, saying it would monitor developments in the EU before setting out its stall. But two camps quickly emerged within the party. Some, including Ed Balls, the shadow chancellor, worried about Labour seeming out of touch and distrustful of voters. Pointing to polling suggesting that most Britons want a say, they urged Ed Miliband to echo Mr Cameron’s commitment. A second camp, including Douglas Alexander, the shadow foreign secretary, was more worried by the prospect that Labour could inadvertently propel Britain out of the EU. 

shuffle feet:足を引きずる 
setting out its stall:手はずを整える
shadow chancellor:影の財務大臣 
out of touch:実情を把握していない
distrustful of:に不信感を抱く 
polling:投票 
echo:同調する 
inadvertently:うかつにも
propel:を推進する 

2013年1月、デビッド・キャメロン首相は、もし保守党が次の選挙で勝利すれば、2017年末までに国民投票を行うと約束している。労働党は足を引きづりながら、意見を表明する前にEUでの進展を監視すると言った。しかし、すぐに党内に2つの陣営が生まれた。影の財務大臣であるエド・ボールズを含む陣営は労働党が実情を把握しておらず、有権者に不信感を抱いているように見えることを危惧した。多くの国民が発言の場を欲していることを示唆する投票を指摘して、エド・ミリバンドにキャメロンのコミットメントに同調するよう促した。影の外務大臣であるダグラス・アレクサンダーを含む2つ目の陣営は労働党がうかつにも英国がEUから脱退することを推進してしまうことをより気にかけていた。 

In a speech on March 12th Mr Miliband tried to split the difference, but came down more firmly on the Europhile side. He said that, as prime minister, he would hold an in-out vote only in the event of a further transfer of powers to Brussels. This is “unlikely” to happen before 2020, he claimed. 

split the difference:妥協する 
come down :~するはめになる/に帰着する

3月12日の演説でミリバンドは妥協を試みたが、EUびいきにはっきりと支持する意向を示した。彼は、首相として、ブリュッセルへのより一層の権力移行が行った時にのみ、残留か脱退の投票を行うと述べた。ミリバンドは2020年以前には起らないだろうと主張した。 

土曜日。今日はこれまで。イスラエルはパレスチナに対してエリアCの利権で強硬な態度を取っているが、今のガザ地区へのイスラエル侵攻もそうだが、四面楚歌の状況を考えると国家そのものの存続の危機を感じる。時代の変化だろう。そのあとのミリバンドの記事は英国がEUとの関わりをどうしようとしているかの苦悩がよく書かれている。さて、昨日の昼は渡邊五郎さんと会食。いつも思うが80才とは思えない元気さだ。日本人の鏡だ。今日は朝から一日海野塾だ。13人が参加する。今日は日本語なので楽しい一日だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:35コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓