2014年11月27日

中国の革新 中国はグローバルの革新の活発な場所か?(18)

This gives Chinese entrepreneurs (as well as foreign businesses) more opportunities. Many of these people are driven by a strong desire to be successful. They can be fast on their feet and fluid in their actions. They often don't mind "giving things a try", observing the outcome and then adapting their approach to become better. They can be creative in their business models and innovative in their products or services. Of course, not all of them will be successful, and eventually only a small percentage will remain so. Nonetheless, a lot of these people are highly resilient. They bounce back even after multiple failures. TCL was cited as an example of failing in its European acquisitions. This is indeed true, but Li Dongsheng, its leader, has since learned the lessons the hard way and re-emerged as a much more prudent investor. Lei Jun, the founder of the now well-known Xiaomi, had started several businesses before launching the company. Even Jack Ma, now the high-profile and successful chairman of Alibaba, didn't have success in his first entrepreneurial attempts. As China evolves and continues to deregulate, Chinese entrepreneurs will become more experienced and their hit rate in driving more innovation will also improve. 

fluid ; 機動的
resilient ; 弾力の或る、回復力の或る
TCL ; TCL集団股份有限公司(TCL、TCL集団、TCL集团股份有限公司、TCL Corporation)は広東省恵州市に本社がある電気機器メーカーである。TCL集団は携帯電話、パーソナルコンピュータ、家電機器、照明、電子媒体を中国内外に販売している。TCLは深圳証券取引所と香港証券取引所に上場している。(Wikipediaより)
Li Dongsheng ; 李東生、TCL代表
prudent ; 用心深い、慎重な、懸命な
Lei Jun ; 雷軍(レイ・ジュン、1969年12月16日生まれ、拼音: lei jūn)は中国のエンジェル投資家,小米科技創始者、兼CEO、金山軟件有限公司董事長(取締役会長)である。(Wikipediaより)
Jack Ma ; 馬雲、アリババの創業者
high-profile ; 世間の関心をひきつける

このことは、中国の企業(外国企業もそうだが)により多くの機会をもたらす。これらの人々の多くは成功したいという強力な欲求によって突き動かされている。彼らは迅速に考え、機動的に行動することができる。彼らは多くの場合”試行錯誤”を気にも留めず、その結果を観察し、そしてもっと良くなるように、そのアプローチを順応させている。彼らはそのビジネスモデルにおいて創造的で、その製品やサービスにおいてイノベーティブになりえる。もちろん彼らの全てが成功する訳ではなく、結果的にわずかなパーセンテージが生き残るだけである。それでもなお、これらの人々の多くは挫けずに立ち上がる。彼らは度重なる失敗の後にも復活するのである。TCLがその欧州における買収失敗の例として引用された。これは実際真実であるが、そのリーダーである李東生TCL会長はこの多難な道から教訓を学び、そしてより用心深い投資企業として返り咲いた。いまやよく知られたXiaomiの創業者である雷軍は、この会社をたちあげるまえに多くの企業を創設した。いまや世間から注目され成功したアリババの代表である馬雲でさえ、彼の最初の幾つかの起業家的取り組みでは成功しえなかった。中国が発展し、規制緩和がすすむにつれ、中国の企業家達はさらに経験を積み、そしてさらなるイノベーションをもたらす成功率もまた改善するであろう。

China's innovative companies are not just the "new companies". Some of the most innovative are the "first-generation" companies formed as a result of Deng Xiaoping's call for economic reform. Haier, Gree, Midea, Lenovo, ZTE are some of the most innovative companies in this batch. Huawei, arguably the stand-out company, which was started in the late 1980s, is now the world's leading player in the telecoms equipment sector. Product innovation plays a big part in Huawei's success and over the years it continues to invest heavily in R&D. It has built a network of R&D centres not only in China but also in many other countries, and recently started to collaborate with Britain's Imperial College on big data research, signifying an open mind and a desire to push for continuous improvement. 

Deng Xiaoping ; 小平
calling for economic reform ; 経済躍進政策
arguably ; 間違いなく
stand-out ; 目立つ、際立つ
signify ; を意味する

中国に於けるイノベーティブな会社は、単に"新しい会社"だけではない。きわめてイノベーティブないくつかの会社は、小平の経済改革の結果として形成された"第一世代の”会社だ。ハイアール、Gree、Midea、Lenovo、ZTEはこの黎明期の最もイノベーティブな企業の数社である。1980年代後半に設立された、紛れも無く際立った企業であるファーウェイは、いまや通信機器市場における世界のトッププレーヤーである。製品イノベーションがファーウェイの成功における主要因であり、R&Dに対して長年にわたり多大な投資を続けている。中国はもとより諸外国にR&Dセンターのネットワークを確立し、昨今では英国の王立大学とビッグデータの研究で協業をはじめており、オープンな気風があり、継続的改善の推進を切望している。

China, similar to other markets, is not one where every company will be a success story, but there will definitely be some that will be. And the successful ones will serve to motivate more people to join the innovation race. The future of China belongs to Chinese entrepreneurs. They will lead China's innovations. Their impact will be felt not only within China but also increasingly in the rest of the world. 

その他の市場と同様、中国は全ての企業がサクセスストーリーとなるような市場ではないが、しかし間違いなく、そのいくつかには成功のチャンスがある。そして成功をつかみ取る起業家たちはより多くの人々にイノベーションの競争に参加しようという気にさせる役割を演ずるだろう。中国の未来は中国の起業家のものである。彼らは中国のイノベーションを牽引する。彼らの影響は中国のみならず世界の多くの国々にもますます波及していくだろう。

木曜日。今日はこれまで。昨日は朝3時半に起床して、午前中にデスクワークを終えて、昼はJIN-Gの三城さんと会食し、午後はインプレスの志度さんと会った。夜は10時過ぎまで仕事をしてしまった。今日は5時半に起きたが、人に会う予定がないので、資料の整理ができる。原稿を書く段取りもできるかもしれない。ではまた明日。


swingby_blog at 06:10コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓