2015年02月

2015年02月16日

今まさに煤煙の中から現れてきている、生き長らえてきた王朝(5) オバマの外交政策への評価

Running water, which can damage sandstone carvings, has been a danger for centuries. During the Jurchen Jin dynasty, in the 12th and 13th centuries, a river that ran in front of the caves threatened the statues, and a great warrior ordered the river to be redirected, she said. 

Jurchen Jin dynasty:女真 金王朝

砂岩の彫刻にダメージを与える可能性がある流れ続ける水は、数世紀もの間危険な存在となっていた。12世紀から13世紀の女真 金王朝の時代、洞窟の前を流れていた川は彫刻の脅威となっており、そして一人の偉大な武将が川の流れる方向を変えるよう命令したと彼女は言った。

Cave numbers 16 through 20 have the oldest statues, built by the monk Tang Yao. The simple Buddhas here were carved from rock at the rear of the caves. Ms. Ma said one enemy was the rainwater, which makes the sandstone brittle and more vulnerable to the wind. The wall surrounding the entrance of cave number 20 has collapsed, leaving the sitting Buddha there exposed. 

brittle:もろい
vulnerable:傷付きやすい

16番目から20番目の洞窟は、Tang Yao僧が造った中でも一番古い彫像がある。ここにある素朴な仏像は、洞窟の後ろの岩を彫って造られた。Ma女史が言うには、1つの敵は雨水であり、それらは砂岩を脆くし風の影響を受けやすくしてしまう。20番目の洞窟の入り口周辺の壁は崩れ、座っている仏像が剥き出しになってしまっている。

The oldest caves were used by the early Tuoba rulers of the Northern Wei to help spread the idea they had the divine right to rule over the conquered locals, Ms. Ma said. The Tuoba eventually moved the seat of their dynasty south to Luoyang, in present-day Henan Province. There, they built more grand Buddhist statues at the Longmen Grottoes. Officials at Longmen, which is also a Unesco site, have been carrying out preservation efforts similar to those at Yungang, following what is becoming standard practice for local governments that have sought international recognition. 

Tuoba:拓跋氏
Northern Wei:北魏
divine:神の、宗教的な
conquer:武力で征服する
dynasty:王朝
Luoyang:洛陽
Henan:湖南省
grand:盛大な、堂々とした
Longmen Grottoes :龍門石窟

最も古い洞窟は、武力制服された現地の地域の統治に対する神から授かった権利を持っているという考えを広める助けとして、最初の頃の北魏を統治する拓跋氏によって使われていた、とMa女氏は言った。拓跋氏は最終的には、王朝の位置を、現在の湖南省がある南の洛陽に移動させた。そこでは、彼らは龍門洞窟にさらに壮大な仏像を造った。龍門にいる役人は、そこもまたユネスコ世界遺産であるが、雲崗で行われた同じような方法の保存作業をずっと行っており、彼らは国際的に認められることを狙う地方政府のために、標準的技法になっている方法に従っている。

What Chinese officials have been unable or unwilling to control are the stratospheric levels of air pollution. Xinhua, the state news agency, reported that acid rain hit 135 cities in early 2013. Of those, 23 were severely affected. Mr. Huang said, “The current air pollution still poses a threat.” 

stratospheric:成層圏の

中国政府当局が管理できない、もしくは管理したくないことは、成層圏レベルの大気汚染である。国営通信であるXinhuaは、2013年の初めに135か所で酸性雨が観測された。当然、23か所では深刻な影響が出た。Huang氏は言う。「近年の大気汚染はいまだに脅威をもたらしている。」

これはニューヨークタイムズだ。

Grading Obama’s Foreign Policy
Ross Douthat
MAY 17, 2014

オバマの外交政策への評価

SECOND terms are often a time when presidents, balked by domestic opposition, turn to the world stage to secure their legacy — opening doors to China, closing out the Cold War, chasing Middle Eastern peace. 

balk:立ち往生する、邪魔する
world stage:晴れ舞台

しばしば大統領任期2期目は、国内の反対派によって邪魔されながらも、中国に対する扉の開放や、冷戦の終結、そして中東の平和の実現のような、自分たちの功績を確かなものにするための晴れ舞台となる時期である。

But the global stage hasn’t been a second-term refuge for President Obama; it’s been an arena of setbacks, crises and defeats. His foreign policy looked modestly successful when he was running for re-election. Now it stinks of failure. 

refuge:安全地帯
setback:逆行、停滞
arena:アリーナ、試合会場、競技場
defeat:挫折
stink:悪臭がする

しかし、、オバマ大統領にとっては、そうした晴れ舞台が2期目になっても整えらていない。むしろ停滞や危機、そして挫折の舞台となっている。オバマが再選した際、彼の外交政策は僅かながら成功しているように見えた。しかし現在は、失敗の気配が漂っている。

月曜日。今日はこれまで。昨日はスケートと英語の勉強があった。夕方からは小説を書いた。藤井パパから新しいスケートを買った。慣れるまでにはまだ時間がかかるが4輪は3輪よりもだいぶ安定している。今日の昼は昭和シェルの佐藤さんと会食。午後は海野研の経営会議。ではまた明日。

swingby_blog at 09:03コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月15日

今まさに煤煙の中から現れてきている、生き長らえてきた王朝(4)

The most intense preservation and restoration work is underway at four of the most stunning caves. Workers are building wooden roofs to shield the statues from rain. After that, experts from the Mogao Caves of Dunhuang, another sanctuary of Buddhist art, are expected to restore some of the paint. The last time the cave was painted was in the Qing dynasty, which ruled China from the 17th century to the early 20th century.

intense:努力して
stunning:すてきな、魅力的な
sanctuary:保護地域
Dunhuang:敦煌市
Mogao Caves:莫高窟(ばっこうくつ)
sanctuary:保護地域

最も注力して行われている保存と修復作業が、最も魅力的な4つ洞窟で現在行われている。作業者たちは雨から仏像を保護するために木の屋根を造っている。その後は、もう一つの仏像芸術の保護地域である敦煌市の莫高窟からやってくる専門家たちが、数か所の絵の修復を行う予定である。最後にその洞窟に絵が描かれたのは、17世紀から20世紀初頭まで中国を統治していた清朝の時代であった。


 

Buddhist nuns visited the Buddha statue at cave number 20 of the Yungang Grottoes. The front wall of the cave collapsed, exposing it to harmful elements. Credit Gilles Sabrie for The New York Times 

尼僧たちが雲崗石窟の20番目の洞窟にある仏像を訪れていた。洞窟の前面の壁は崩れており、有害物質にさらされている。ニューヨークタイムズのGilles Sabrie提供

Workers are also trying to make digital recordings of all the artwork. Those would help with construction of three-dimensional renderings of the caves that visitors and scholars can view. 

three-dimensional renderings:三次元見取り図

作業者たちはすべての芸術作業のデジタルな記録の作成にも挑んでいる。こうしたことは訪問者や学者が見られる洞窟の三次元見取り図の作成の助けとなるだろう。

A mine run by the Datong Coal Mining Group, a state-owned enterprise, is still operating within sight of the grottoes. But the company has closed some shafts, and “they do well with dust and pollution control,” Mr. Liu said.

国営企業である Datong Coal Mining Groupによって経営されていたる炭鉱が、いまだにその石窟が見えるところで操業している。しかし、その企業はいくつかの坑道を閉鎖し、「彼らは炭埃や汚染管理を上手く行っている」とLiu氏は言った。

On a recent morning, two photographers were setting up lighting equipment inside the first cave to take photos for the research institute. The cave has a stone pagoda in the center, typical of a sculpture in the middle period, said Ma Yexia, an official guide. A nearby twin cave also has a pagoda, though its base has been eroded by water that once filled the bottom of the cave. The water was pumped out sometime after 1949, when the Communists took over, Ms. Ma said. 

stone pagoda:石塔

最近のとある朝、二人の写真家が1番目の洞窟の中で、研究所で使用するための写真を撮影するために撮影器具を組み立てていた。その洞窟は中央に、中世期の典型的な彫刻のである石塔があると公式ガイドのMa Yexiaが言った。近くの2つの洞窟にも石塔があるが、かってその洞窟の最下部が浸水してしまったために、その塔の土台は浸食されてしまっていた。その水は、共産党が中国を奪取した1949年以降に時折くみ取りだされていたと、Ma女史は言った。

日曜日。今日はこれまで。昨日は海野塾があった。夜は英語の資料を整理したが、プーチンの記事が難しくて、何度か読んだが、今朝もう一度読む予定だ。今日は午前中はスケートで、午後は英語だ。中国語の先生はなしだ。夕方から小説を書く。ではまた明日。

swingby_blog at 05:51コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月14日

今まさに煤煙の中から現れてきている、生き長らえてきた王朝(3)

Restoration efforts, prompted by a bid for Unesco World Heritage List status, started in the late 1990s. Officials moved the highway in 1998 and barred coal trucks from using it. About 10 small coal mines were ordered shut, Mr. Huang said. Officials also moved six villages from the area, a total of 4,750 households, over the reported objections of some villagers, who said the compensation was too low.

status:資格
compensation:補償金

ユネスコ世界遺産認定を得ることがきっかけとなって、復旧の取り組みは1990年代後半に開始した。政府は1998年に高速道路を移動し、そこを利用している石炭輸送トラックの使用を禁止した。約10か所の小規模の炭鉱は、閉鎖するように命令を受けたとHuang氏は言う。また政府は合計4750家ある6つの村を強制的に移動させたが、その地域から、補償金が安すぎると言う反対者が出た村もあったという報告があった。



The Yungang Grottoes, a Unesco World Heritage site known for giant Buddha carvings. Credit Gilles 

ユネスコ世界遺産に認定されている大仏彫刻で有名な雲崗石窟。Gilles提供

Workers used soft brushes to remove the coal dust that coated the statues. Many of the Buddhas now appear in the golden glory envisioned by their creators. On some statues, vivid paint added during later dynasties is visible again. The biggest Buddha, a seated statue 56 feet tall, has a thin layer of gold paint on its face. 

envisione:心に描く
golden glory:黄金色に輝く栄光

作業する人達は、彫像を覆っていた炭粉を取り除くためにソフトブラシを使っていた。ほとんどの大仏は現在では、それを作った人達が心に描いた黄金色に輝く栄光の姿を現わしている。いくつかの彫像では、その後の王朝が付け加えた生き生きとした絵が、再び見られるようになっている。最も大きな大仏は56フィートの高さの坐像で、その顔に薄い黄金色が塗られている。

The grottoes were designated a World Heritage site in 2001, and further work began in 2008, including the banning of tour buses from the nearby national highway, expanding the park that includes the grottoes to six times its original size and planting trees. In a courtyard is a shiny copper statue of Tan Yao, a monk from the Northern Wei dynasty who oversaw the building of the first grottoes for the imperial rulers. 

designat:選定する
oversee:監督する
Northern Wei dynasty:北魏

その石窟は2001年に世界遺産に選定され、そして2008年に、国営高速道路近くからのツアーバス乗り入れの禁止、石窟を含む公園の広さをもともとの6倍へと拡大すること、そして植林などの更なる取り組みがはじまった。中庭には、その王朝統治者のために最初の石窟の製造を監督した北魏の修行僧であるTan Yaoの光り輝く銅像がある。

The numbers of Buddhist pilgrims and other tourists have grown. On a recent afternoon, dozens of nuns in gray robes arrived on tour buses. The park has 1.5 million to 2 million annual visitors, up from half a million a year less than a decade ago, Mr. Liu said. 

nun:尼僧

大仏の巡礼者や観光客の数は拡大している。最近のとある午後、灰色のローブを身にまとった数十人の尼僧たちがツアーバスでやってきた。この公園には年間150万人から200万人の訪問者がおり、10年経たずに50万人から増えたと、Liu氏は言う。

土曜日。今日はこれまで。昨日の昼は白川さんと会食。1日雑用。夜は今日の予習。今日は海野塾だ。

swingby_blog at 07:34コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月13日

今まさに煤煙の中から現れてきている、生き長らえてきた王朝(2)

Even the terra-cotta warriors of Xi’an, a symbol of Chinese civilization, may be under threat. Lee Shun-cheng, an engineering professor at Hong Kong Polytechnic University, has called for glass walls to be built around the warriors, now protected only by a roof.

terra-cotta:土偶
terra-cotta warrior:兵馬俑

中国文明のシンボルともいえる、西安の兵馬俑さえも危険にさらされている可能性がある。香港理工大学の工学教授のLee Shun-chengは、現在は屋根のみで保護している兵馬俑の周囲に、ガラス壁を建てるべきだと主張している。

Experts working on the Yungang Grottoes, in the heart of China’s coal country, are now advising officials seeking to preserve sites elsewhere. Mr. Huang visited the mountainside relics at Xiangtangshan and Yaowangshan, both in heavily polluted areas of northern China, and told officials there to shut down or move cement factories. In some cases, officials complied, and where they could not they built glass enclosures around the statues, Mr. Huang said.

Yungang Grottoes:雲崗石窟
Xiangtangshan:響堂山
Yaowangshan:药王山

中国の炭鉱地域の中心である雲崗石窟で作業する専門家たちは、ほかの場所も保護するよう政府当局者たちに現在助言している。Huang氏は、中国北部で深刻に汚染された地域である響堂山や药王山の山岳部の遺跡を訪れ、そしてそこの政府当局者たちにセメント工場を閉鎖するか移動させるように言った。いくつかのケースでは政府当局者たちは実際に実行し、実行できなかった地域では彫像の周囲にガラス壁の仕切り建てたと、Huangは言う。



At the Dazu rock carvings in Chongqing and the Longmen Grottoes in Henan Province, in central China, preservationists are using moisture-monitoring devices that were invented at Yungang. “All these things share something in common: they suffer from the air and the water,” Mr. Huang said. “So these places can draw directly from the Yungang experience.”

Dazu rock carvings :大足石刻
Longmen Grottoes :龍門石窟
Yungang Grottoes :雲崗石窟

中国中央部の重慶の大足石刻や湖南省の龍門石窟では、保存活動家たちは雲崗石窟で考え出された湿気監視装置を使用している。「これらのすべての物は、同じものを使っています。他のところでも空気と水で悩んでいるためです。」とHuang言う。「だからそれらの場所は、雲崗の経験を直接使うことが出来ます。」

A large part of the problem is coal. Burning coal emits sulfur dioxide, which further oxidizes in the atmosphere and then combines with water to produce sulfuric acid. In the 1980s and 1990s, as the coal industry here in Shanxi Province powered growth throughout China, the impact of acid rain and air pollution on the statues in the Yungang Grottoes was “severe,” said Liu Xiaoquan, a senior manager at the Yungang Grottoes Research Institute. A national highway ran in front of the grottoes, where 51,000 statues stand in 254 niches and caves. Up to 20,000 coal trucks passed each day. Villagers burned coal for cooking and heating.

sulfur dioxide:二酸化硫黄
sulfuric acid:硫酸
Shanxi: 陜西省
niche:壁龕(へきがん)

問題の大半の部分を占めているのは石炭である。石炭の燃焼は二酸化硫黄を排出し、それらはさらに大気中で酸化し、その後大気中の水分に溶解して硫酸となる。1980年代から1990年代の間に、ここ陜西省の石炭産業が中国全体の発展の原動力となっていたために、雲崗石窟の彫刻に対する酸性雨と大気汚染の影響が「ひどく」なったと、雲崗石窟研究所の上級局長のLiu Xiaoquanは述べた。254の壁龕と洞窟に5万1千の彫像が立って並んでいる石窟の前を、高速道路が走っている。毎日最大2万台の石炭輸送トラックが通過している。村人は料理や暖を取るために石炭を燃やしている。

金曜日。今日はこれまで。昨日は東洋経済の寺田さんを訪問した。携帯電話が壊れたので、大手町と田町のDOCOMOショップに行っって、電話を初期設定してもらった。修復に半日かかってしまった。夜は小説を8回まで見直した。今日はベンチャーキャピタルの白川と会食がある。英語の資料を4時間は読まなければならない。あとは小説だ。夜にはできるだろう。ただ、明日の海野塾の予習がある。ではまた明日。

swingby_blog at 08:43コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月12日

今まさに煤煙の中から現れてきている、生き長らえてきた王朝

これはニューヨークタイムズだ。

Outlasting Dynasties, Now Emerging From Soot
By EDWARD WONGMAY 17, 2014

outlast:長く続く
Dynasty:王朝、支配階級
soot:すす、煤煙

今まさに煤煙の中から現れてきている、生き長らえてきた王朝


DATONG, China — The colossal Buddhist statues in the cliffside caves outside this northern Chinese city, carved from golden sandstone by Turkic-speaking nomad conquerors in the fifth and sixth centuries, were so covered in coal dust that when visitors blew on them, black clouds rose up.

colossal Buddhist statues:大仏
cliffside caves :削られた崖
golden sandstone:黄金色の砂岩
Turkic-speaking:チュルク語で意思疎通することが出来る
nomad:遊牧民の
conqueror:征服者
coal dust:粉炭

中国、大同市―5〜6世紀の頃に、チュルク語を話す遊牧民の征服者が黄金色の砂岩を彫刻して作った、この北方都市の郊外に位置する削られた洞の中にある大仏は、粉炭ですっかりと覆われていて、訪問者はそれを息で吹きかけると、黒い埃の煙が舞い上がった。

Called the Yungang Grottoes, the relics had survived the rise and fall of dynasties, modern wars and the Cultural Revolution. But the scourge of a more prosperous China — industrial pollution — had been eating away at the sandstone.

relic:遺跡、面影
the rise and fall of dynasties:衰退を繰り返す王朝
scourge:(社会の)混乱、災難

雲崗石窟と呼ばれるその遺跡は、王朝の盛衰、近代の戦争や文化革命を生き長らえてきた。しかし、さらに発展している中国の災難―産業公害―が、その砂岩を侵食させてきた。

Chinese officials and preservationists have embarked on an ambitious effort to protect them that could become a model for saving antiquities at other sites. They have not only cleaned the statues here and created a vast park, but also shut down nearby coal mines and removed or regulated other sources of air pollution.

preservationist:環境保護、遺跡保護を求める人
embark:従事する
antiquitie:遺跡

中国政府役人と遺跡保存を求める人たちは、他の場所にある遺跡を保存するためのモデルになりえるように、その遺跡の保護に意欲的な努力を払ってきた。彼らは、その彫像を清掃したり広大な公園を作るだけではなく、そこの近郊にある炭鉱採掘場を閉鎖したり、大気汚染の他の原因となる物を取り除いたり規制をしたりしてきた。

“You don’t know how bad it was before,” said Huang Jizhong, the head engineer at the Shanxi Province Cultural Relics Bureau and former research director at the grottoes. “The contrast is very dramatic.” 

Cultural Relics:文化遺産

「あなたがたは以前のこの大仏がどれだけひどい姿だったかをご存じないでしょう」と、Shanxi Province Cultural Relics Bureauの技術部長で、この石窟の前研究部長だったHuang Jizhongは言う。「その違いは目覚しいものです。」

 
A nearly 50-foot Buddha is being restored. Credit Gilles Sabrie for The New York Times

50フィート近くある大仏が修復された。ニューヨークタイムズのGilles Sabrieより。

Vast parts of China have some of the world’s worst outdoor air pollution, and ancient sites across the country are falling prey to its effects, officials and scholars say. Among the antiquities damaged by acid rain are the giant Buddha at Leshan in Sichuan Province and an 800-year-old thousand-armed statue of Guanyin, a revered Buddhist figure, at Dazu, according to Chinese news reports. A professor in Guangzhou, a provincial capital in the south, warns that acid rain is also eroding the red sandstone buildings there from the Ming dynasty.

falling prey to:の犠牲になっている
site:遺跡
revered:崇拝されている
Ming dynasty:明朝
Guanyin:観音菩薩

中国の広大な地域は、世界の中でも最も外気が汚染された地域の1つであり、この国にまたがった歴史的な遺跡はその影響の犠牲となっていると政府当局者や学者たちは言っている。中国のニュースの報道によると、酸性雨によって被害を受けている遺跡の中には、四川省のLeshanにある大仏や、大足県にある崇拝されている仏像の、8百年前の千手観音菩薩像などがある。南部の省都である広州市の教授は、酸性雨は明朝時代からのその地域の赤色砂岩の建物をも腐食していると警告している。

木曜日。今日はこれまで。昨日は12時間以上小説を書いた。最後まで修正できたが、今日提出の第4回から第6回までが何度読んでも修正が入る。グローバルリーダーの核心部分なのかもしれない。今朝ももう一度修正をかける。今日は東洋経済の寺田さんと会う。それ以外の大部分の時間は小説にあてるつもりだ。ではまた明日。

swingby_blog at 07:17コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月11日

アフリカへの中国の荒々しい進出(5)

But because China seems to be in such a hurry, and is so often seen to be looking out for itself, the potential downsides for many Africans have begun more and more to stand out: accelerated environmental destruction via mining and other activities; disregard for labor rights; the hollowing out of local industry; and even the stalling of the continent’s democratization. 

look out for itself:自分に関心がある(自分勝手)
hollowing out:えぐる、内部を取り除く

しかし中国はこのように急いでいるように見えていて、そしてたびたび自分のことしか考えていないようであるために、多くのアフリカの国にとって否定的な側面の可能性がますます目立ち始めてきている。例えば炭鉱事業やその他の事業による環境荒廃の加速、労働者の権利の軽視、地元産業の空洞化、そしてこの大陸の民主化の失速までも。

This isn’t simply a matter of Beijing’s doing business with odious dictators, whether Omar al-Bashir of Sudan or Robert G. Mugabe of Zimbabwe. From Zaire to Equatorial Guinea to Rwanda, the West clearly has its own deep and insufficiently acknowledged history of doing much the same.

odious:憎むべき

これは単に、スーダンのOmar al-BashirやジンバブエのRobert G. Mugabeのような憎たらしい独裁者と行う中国のビジネスの問題ではない。ザイールから赤道ギニアやルワンダに至るまで、疑いようもなく欧米諸国は、まさしく同じようなことをやってきた自分たち自身の歴史に十分な深い認識を持っていない。

Rather, the problem (though not limited to China) is relying on shady arrangements made at the very top of the political system, often in the president’s office itself. Contracts are greased with monetary bribes and other enticements like expense-paid shopping trips to China and scholarships there for elite children. Adding to the opacity, China typically favors its state-owned companies for African projects and bypasses open, competitive bidding procedures. 

shady arrangement:いかがわしい提携
greased:摩擦を減らす
monetary bribes:金銭的わいろ
enticement:誘惑
expense-paid:費用先方持ちの
opacity:不透明

むしろ問題は(中国を限定することではなく)、しばしば大統領の政権自体でもあるのだが、政治体制の一番のトップと交わしたいかがわしい提携に依存していることである。契約は、金銭的わいろや、中国での費用先方持ちの買い物旅行、そしてエリートな子供たちへの奨学金のような他の誘惑が潤滑油となって結ばれている。こうした不透明さに加えて、中国は一般的にアフリカのプロジェクトに対して国有企業を用い、そしてオープンな、競争入札の工程を回避している。

The best way for the United States and other rich countries that have economic and political interests in Africa to respond is not by warning Africans about the advance of China — but rather, helping to strengthen African civil society and, thereby, governance. Washington should also encourage China and other up-and-coming players in the international economy, from Brazil to Turkey to Vietnam, to abide by higher transparency standards — and to rigorously abide by them, too. 

thereby:それによって、それに関して
abide by :従う、守る
transparency :透明性

アフリカの要求に応えるために経済的や政治的に関心を持っているアメリカ合衆国やその他の裕福な国にとって最善の方法は、中国の接近に関してアフリカに警告を与えるのではなく、―むしろその逆で、アフリカの市民社会やその結果として統治の強化を助けることである。アメリカ政府はまた、より透明性のある基準を順守するように、そしてまた、より厳密に順守するように、中国、そしてブラジルからトルコやベトナムのような国際経済の中で力を増してきている国を後押しするべきである。

In the end, though, what will minimize any downsides of China’s involvement in Africa is the deepening of African democracy. Grass-roots activism and vibrant independent media are, everywhere, the ultimate check on corrupt legislators and on foreigners who get lucrative but unsound deals by handing over bags of cash.

downside:デメリット、マイナス面
vibrant :活気に満ちた
lucrative:有利な、もうかる
handing over bags of cash:賄賂

最後に、一方で、アフリカにおけるあらゆる中国の関与のデメリットを最小化するのは、アフリカの民主化の浸透である。草の根的な活動や活発な独立したメディアが、いたるところで、腐敗した政治家や賄賂によってもうかるが不健全的な取引を行っている外国人に対して最大の抑制となっている。

Howard W. French is an associate professor of journalism at Columbia University, a former correspondent for The New York Times and the author, most recently, of “China’s Second Continent: How a Million Migrants Are Building a New Empire in Africa.”

associate professor:準教授
correspondent:特派員、担当記者

(この記事の執筆者である)Howard W. Frenchは、コロンビア大学のジャーナリズムの準教授で、以前ニューヨークタイムズの担当記者を勤めており、そして最近では「中国の第2の大陸:100万人の移民がアフリカに新たな帝国を築いている方法」の著者である。

水曜日。今日はこれまで。昨日の昼はいつもの仲間との会食会で、午後は日経BP社への訪問、それから深田さんとの面談があった。そのあとはエコノミストなどの記事を読んで1日が終わった。今日は殆ど小説に時間が使える。明日、提出する分があるので、今日しかきちんと見ることができない。ではまた明日。

swingby_blog at 06:49コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓